2018/12/03

三方五湖に行って来た


Img_3080_2

日曜の夜明け前、波静か。

楽しいと、思える毎日にしよう。
嫌だなと、思う日は、勿体無いだけ。

人生、短い。

| | コメント (0)

2018/11/25

活火山だったことをすっかり忘れてた

Img_3050
「いつもの場所」から定点観測。
この夏に縦走した抜戸岳から笠ヶ岳までの稜線、もう真冬だなぁ。テントの重さも雨の辛さもいい思い出だ。

最終に近い新幹線で帰宅。同じく出張続きで抜け殻の小池さんと日付が変わる直前に、”魂洗濯しに行こう”と急遽決めて、やはり行き先は奥飛騨しかないだろう、山を瞳に焼き付けに行くしかないだろうってことになる。

車の冬タイヤ交換したり色々手間取ってしまって、そのおかげで近畿一円の高速大渋滞にズッポリハマる。
それでも、山の近くに行ける高揚感が優っているんだから、人はなんて身勝手なんだろうと。

いつもの民宿で酒を飲み、飯を食い、お互いのここ数日をねぎらっていたら、突如「ズシン!」と建物が揺れて思わず箸を持つ手が止まった。
地震だ!?

しばらく身動きせずジッとしていても揺れが続かないので、気のせいだったことにして、また酒を飲むと、また「ズシン!」と来た。これは変だ、すぐにスマホを取り出し震源地の特定なんぞして見たけど、世間は特段騒いでる様子が無い。

実は、真横にある「焼岳」は当然活火山であり、わずか百数十年前に噴火して大正池を作ったばかりで、元気一杯だったこと忘れてた。で、この日は火山性微振動の活発な日だったらしく、
なんと、翌日まで1,000回を超える地震があり、寝ていても

生きた心地がしなかった。
Img_3023

翌朝、散歩に出てみると、静かに噴煙あげてる。

人って、無力だなぁ。当たり前だけど、無力だよなぁ。

| | コメント (2)

2018/11/14

どこまでもツールど沖縄

Img_2920
レース後に、沖縄民謡スナックに連れて行ってもらった。
どんな魔窟なんだろう興味津々で。知識がないので残穢なんだけど、ものすごく有名な民謡歌手の方の歌と演奏には正直痺れた。特に歌声。歌の合間に以前からづっと気になって居た質問を。

自分は生まれつき日本人だと当たり前すぎてなーんも思ったことないですけど、沖縄の人は、返還されるまで何人だったのですか?と無礼も甚だしい問いかけ。
日本人でもなく、アメリカ人でもなく、琉球人だと思ってましたという答えを聞いて、頭を撃ち抜かれてガーンってなった。

自分のアイデンティティなんて、勝手についてくるもんやと思いながら生きてる自分のお気楽なこと、その背中を正すような言葉。自分は一体誰なん?ってちゃんと考えた方がいいと思った。ただの酔っ払いのおっさんやったらあかん、、、かな。

Img_2914
飲みに来てたおっちゃんの踊りも、見事!

Img_2923

Img_2926
チェックアウトした後も、沖縄の二ホイを嗅ぎに歩き倒す。
今回印象に残ったのが「せんべろ」って言葉の多さ。何も無理して千円でベロベロになることはないと思うけど、このキーワードが沖縄では流行っているのかな?

Img_2936

LCCで帰るから、悔しいのでJALの写真を。
レースを観戦してまた自分もと思うんだろうかと「心配」したけど杞憂だった。
むしろ、ますます、もう自転車はいいかな、次、沖縄行くんだったらもっと今まで以上に、自転車レースでしかこなくて気がつかなかった沖縄に、顔突っ込んで見たいなと思った。

段取りしてくださったアニキたち、どうもありがとう。

また、行きます。

| | コメント (3)

自分と自転車レースと、何か

Img_2881
日本を代表するであろう自転車長距離選手たちが通り抜けてゆく。
それをぼんやり見送る。

Img_2905

クタクタに疲れた参加者に、さらに鞭打つような坂道が目の前に現れる。

よく、自転車選手は「ドM」だという投稿あるけど、
違うね。

苦しい自分、かっこいい!「ドS」だと思う。この坂道を登りきった自分LOVE、そんなことを遠い記憶の自分がいたな、確かに。
周りの人たちは見知らぬ選手すべてに向けて大声張り上げて応援してるそばに、自分は何の言葉も発せず、ただ、ただ、通過する自転車に乗った人をぼんやり見送ってました。これホンマ。

「楽しいのかな?」

これがこの時の正直な想い。
”レース”していたのは恐らく先頭集団の十数人で、あとはレースとは違う、「強度の強いグランフォンド」「レースとは違う我慢大会」に参加してひたすら足を回す人たち。

自分も7年前はその中に居たし、間違いなくそのカタルシスを愉しんで走って居たよな。

頑張ってる人を応援できない人は自分も応援してもらえないとはよく言われる言葉だけど、まさに今、自分はその「応援してもらえない」人だと思った。けれども、通過する選手を待つ間に聞こえてくる「ヤンバルクイナ」の激しい鳴き声や、得体の知れない沖縄のセミの声は、「よく来た」と勝手にいい方に解釈して聞いてたけど、

ま、人ってのは身勝手なんだ、それでいいよな、ツールド沖縄だって、楽しもうと思って来た人たちが最高に楽しい思い出になれば、それが一番だよなと。

随分日焼けしました。

| | コメント (0)

2018/11/13

ツールド沖縄に行って見たら

軽度の二日酔いで目覚めた。
朝飯、どーしょーとくぐもった頭で考えた。「旅の感」で、港に近い場所には少なからず、うまい朝飯を出す食堂があると思って、スマホで検索。

Img_2862

酒を抜くための散歩には丁度いい。30分ほど歩くと、鮮魚市場発見。

Img_2857

480万円の海鮮丼。この歳になるまで「沖縄のマグロは痺れるほど美味い」を知らなかったのは不覚。
自分なら、面倒臭いやとばかりに手軽な宿泊サイト見て、都市部のビジホに泊まっただろうに、こういう少し離れた場所に宿をとる機会に恵まれたこと、とてもありがたいです。

そして、

満腹の腹を抱えて名護へ。


Img_2875


Img_2877

ゴールに至るコースの最後の関門となる坂道で観戦。
国際カテゴリーの選手でさえ、喘ぎながら走ってくるのがわかるほど。
自分は、、、自分は、
んーと

目の前の死闘?ドラマ?情熱?を別次元の人の動きを壊れたテレビ映像のようにぼんやり見てました。


| | コメント (4)

沖縄の空気とはそーゆーことなのか

立ち飲みを出たあと、ぼんやり歩く。行くとこもないし、チェックインまで時間あるし。けど、さっきの時間が強烈すぎてとても1人で飲み直す気に慣れない。
方角だけ定めて闇雲に歩くことにして見たら、音楽が聞こえて来たので吸い寄せられてそっちへ。

Img_2847

どこかの小学校の校庭で、フラやってた。多分PTAの有志の方達。
那覇空港に立つと、ハワイの匂いがするなといつも思っていたんだけど、ここでフラを見ても全く違和感ないのは、やっぱりそうなんだろうな。
Img_2850

そばに立ってる人に聞いたら、この日は地域含めて小学校の文化祭だとか。
なので、こうやって先生たちが先頭切って楽しんで、楽しませて、生徒も、保護者も、臆することなく、参加して、

Img_2852
ドラムは、校長先生。
沖縄いいなぁ、その密度が煩わしくて嫌だと思う人も多分いるんだろうけれど、自分が今暮らしている大阪の都市部の小学校の希薄な液体のような人と人との関係からすれば、
羨ましいや。


| | コメント (0)

2018/11/12

一期一会?

Img_2832


Img_2833
自転車レースが終わった翌日、飛行機の時間潰して仲間と牧志市場の二階で良く飲み倒したなと思い出し、再訪したけど、そこはすでに中国の人の憩いの場になっていて、自分のように静かに一人飲みしたい者の場所じゃなくなっていた。

どこも、生き残りで必死なんだろう。寂しいけれど仕方ない。

その後、嗅覚を頼りに重い足を引きづり路地から路地へさまようと、一見の立ち飲み発見。

Img_2840
おまけに「せんべろセット」なんて張り紙してある。
オリオンビイルの生中(少し小さめ)を三杯+あて一品。そんなに飲むつもりなかったので、せんべろせずに、オリオンを二杯喉に流し込んで、大阪だと注文したら3秒で出てくるであろう「モツ煮込み」をオーダー。

これが、、、待てど暮らせどやってこない。

あー、多分通ってないわー、仕方ないわー、もーえーわーと思った矢先に

やっと来た。ちぇ、オリオン飲んでしまったやん。じゃ、仕方ないから日本酒飲んで終わりにしよかなと思ってオーダーしたら、突然、隣に立ってた1人飲みの女の子が
「沖縄の人じゃ無いですよね?」と。

そこに彼女がいたことはしってたけど、ええ歳のおっさんが旅先の立ち飲みやで声かけて変態を露わにするのもおかしいし、もとより、1人で自転車無しの沖縄をしみじみ味わいたい(これほんま)と思っていたので、正直、びっくりした。


Img_2839

立ち飲みやで女の子から話しかけれらて、これはもしかして「美人局」かとマジで用心したほうがええのかと思いつつも、お互いなぜここにいるかの話をボソボソ始めたら、なんと、
以前ゲゲゲの実家のあった同じ村の子だったとわかり、お互い、その偶然に呆然。
例えば、人口密度で言えば、お互い大阪らから来た、、、なんて行ったら、あー、まー、ありえるかなと思うけど、住んでる人の数わずか数百人の漁村から、向こうは仕事、こちらは気まぐれ旅でたまたま隣にたっただけの偶然で

ええ歳のおっちゃん、気絶しそうになりました。

飲みながら、いろいろな話をした。
話せば話すほど、お互い住んでいた場所と環境がオーバーラップしていて、自分はそうでも無いけど、彼女の望郷の膨れ具合は見ていてわかるほど。レベルも内容も全然違うけど、森鴎外の舞姫はこんななんでも無いとこでの何でもない出会いで、生まれた話なのかな。

ここ数年、男でも女でも楽しい出会いがあるごとに、別れ際に思うのは、「縁があったらまた会えますよね」ということ。確証は全くない。根拠だってない。けど、メアド交換したりLINEのアカウント教えあったりは違うよなと。
もう2度と会えないけど、ええとししたおっちゃんの記憶には強烈に刻まれた。彼女はどんな風に記憶したんだろうか。すぐに忘れるだろうか。

けど、それでいいと思う。

Img_284112

お互い元気で頑張ろうぜ。

| | コメント (5)

Okinawaに行って見た

生まれて初めてLCC乗って見た。噂通り、座席狭いけど、まぁ2時間のフライトなんでギリギリ我慢できる感じ。安さと快適さのトレードオフをどこにおくかって、結構難しいなと。
面白いのは、LCCの滑走路は全然離れたとこにある事。そしてそれは航空貨物のエリアと建物を間借りしている事。「乗れたらええねん」と言う割り切りは大事だが、「旅へのワクワク・いざない」と言う点ははっきり行って「ゼロ」。

ともあれ、那覇空港に着いて一番感じた違和感は、「手ぶら」である事。
本来ならば、かたわらに自転車を梱包した巨大な荷物があって途方にくれたりする(した)んだが、自分が持ってきた全財産はパンツ二枚、Tシャツ一枚、ちり紙が数枚。財布、スマホ。
どこへ行くアテもなく、義務も規則も無い、あるのは時間だけ。

とりあえずスマホで調べた沖縄ソバの店を、モノレール乗って目指して見た。

Img_2822

お店はすぐに見つかり、席につき、沖縄そばをオーダー。ジューシー(炊き込みご飯)も食べたかったが、多分食い切れないと思って我慢。ジューシーってどんな漢字書くんだろう?炊き込みご飯はそもそもジューシーな味しないよな、果肉とか無いもんな、そんなどーでもええ事考えてたら、ソバが来た。

Img_2821

スープをすする。薄口で鰹出汁が聞いてて美味しい。美味しいなと思って、麺を食べると

なんか違う。やっぱり違う。

沖縄そばは、ジグザクなので出汁と一緒にすすれないメカニズムになってる。
沖縄そばが大好きな人には申し訳ないけど、出汁飲むそして麺食べる出汁飲むそして麺食べる、、、同じ丼の中の世界なのに、違う惑星が同居している感はぬぐいようも無いわけで、、、、。

ここから歩いて首里城行って見た。

Img_2824

中国人が沢山観光していてやかましい。どーしてあの人たちは大きなサウンドでしか喋らないんだろう?景色を見て、黙って、思ったことを深めるとか出来ないんだだろうか?そーいえば、大阪のオカンと呼ばれる人種も、見たまんま思ったまんまをすぐに言葉に出さないと気がすまないから、
そーゆーもんか。


Img_2827

肝心の首里城は、沖縄戦争で焼失したので復元。ちょっと興ざめ。
それとやっぱり、琉球王朝のお城って、なんか寂しげな感じがして。
散々歩いて喉乾いたので、国際通りに戻って立ち飲み探すかと歩き出す。

そして、このあと、この旅最大の事件が。

| | コメント (0)

2018/09/18

小淵沢で迷走する

入笠山から下山。

このあと全くノープラン。翌日もあわよくば山に、、、って気持ちはもう湧いてこなくなった。我が家の”平成最後の夏山”はこれでおしまいなのかな。そんな事を思いながら、この日のねぐらを探しに、「温泉のある道の駅」を目指して、気がつけば小淵沢まで来てしまった。

JR小梅線は、真冬に乗りたいなぁ、、、なんてことを考えながら食料品店を探すんだが、、、、無い、無い、どこにも無い。結局、か細い記憶をたどって中央道・小淵沢IC横のコンビニ発見。陽もとっぷり暮れた19時過ぎにも関わらず、オフィス街のランチどきのような混雑っぷりにびっくり。

※あとでわかったけど、近くの道の駅に車中泊する家族連れの食材購入でごった返してたってワケ。我が家もその集団に加わり、あとはスバラシイ道の駅に車を停めて

Img_2509

暗闇の中でアウトドア宴会道を突き進むのだ。

芝生に寝転んで酒をがぼがぼ呑み、そのまま視線を漆黒の天に向けると、沢山の星がチカチカしてた。
山の上だとどれだけミルキィウェイが綺麗に見えていようが全然興味ないのに、なぜかこの日は真剣に星を見ていた。蚊もすっかりいなくなっていて快適。

一生こんなことが続いたらいいのにな。

翌朝はもう帰るダケ。
けど折角なんで小淵沢から中津川まで下道で。

Img_2530
Img_2528

下伊那あたりでなんの事前情報も無く、偶然見つけた店で蕎麦を呼ばれてみた。
殻ごと引いた蕎麦は強烈なに匂いと味で食べる者にこれでもか!と迫ってくる。アレルギーの人なら即死する?ってほどの凄い蕎麦だった。美味しかったけど、こーゆー蕎麦は一生に一回でいいかなと思った。

旅とは関係ないけど、今回だけで1,000キロちょっと走った。年始に納車してからすでに1万7千キロ走ったことになる。ジーゼルの燃料が安い・燃費が良いと言ったって、けっこうなお金使ってると思う。
けど、やっぱり乗りたい車に乗る、楽しいと思える場所に行くって大事やなと。

それからこれはちょっと残念な事が。
出発の日、なにげなく車の屋根を見ると、小さくはないひっかき傷を複数発見。右側面にも同じような傷が幾つか。そういえば、自宅アパートの掲示板に、「先日の台風21号の影響で、隣のアパートの屋上コーキングが剥がれて、付近に大量に飛散し、駐車場の車や建物の外壁に被害を出し、大変申し訳ない。ただし、保険対象外なので、被害にあわれた方は各自で対処してください云々、、、」なんて書いてあるのを思い出した。

被害を目の前にして、しばらくボーゼンとした。買って半年でこんな姿になるのか、、、けれど

吹き飛ばされて無残な鉄くずになった車をTVニュースで見たけど、うちはどうだ?
自宅に流れ込んだ泥水を目の前にして立ちすくむ人をTVニュースで見たけど、うちはどうだ?
肉親や大切な友達を飲みこんだ土砂崩れに向かって叫ぶ人をTVニュースで見たけど、うちはどうだ?

物に拘るのはよそう、楽しい旅にしよう、

出掛ける前にそう考えたのを思い出した。

楽しい連休だったな。


| | コメント (2)

ダム

9月一週目、立山・龍王岳東尾根(雨で延期)->
9月二週目、立山・龍王岳東尾根(雨でさらに延期)->
9月三週目、立山・龍王岳東尾根(雨で結局断念)。

さすがに三連敗は無いやろ~、なら秋雨全線の下側を狙って、土曜日に涸沢に入って日曜日に北穂高東稜登るか?という構想も練ったけど、”北アルプスの稜線はどこもダメダメ”な天気予報が。こんなに毎週毎週、週末だけ雨って信じらへん。

残るは南アルプスか八ヶ岳、、、、という往生際の悪さで、土曜日に甲斐駒/仙丈ケ岳のふもとまで移動したけど、翌日以降も晴れる感じがしなかった。すっかり拍子抜け。深く考えずに安曇野まで車を走らせ、この夜は「安曇野・松川」という道の駅で車中泊。このあたりは、コンビニや生鮮スーパーが沢山あるから買い出しには困らない。

※安曇野松川の道の駅は車中泊にお勧めしない。駐車場が狭い。

翌、日曜日。そういえばトロリーバスの運行が今年で終わることを思い出し、黒部ダム観光に切り替える。
事前情報だと、インバウンドの人でごったがえすと聞いてたけど、関西空港が台風の影響で受け入れできないこのスキを狙って(結果、その通りだった)。

Img_2421

山の上からは何度か見ていたダムをまじかに見るの、生まれて初めて。結構デカイ。”高熱隧道”読了したので感慨もひとしお。けどやっぱり自分も小池さんも視線の先は”日電歩道”が気になって仕方なかった。

Img_2443_2

食堂で、流行りの(?)ダムカレーを食べてみた。こーゆービジアルの食べ物を見てもピンとこないのは、自分がおっさんだから?感性のアンテナ錆びてる?そもそも自分の中ではダムはダム以上でもダム以下でもない。
先週も乗鞍の近く、お土産屋さんでぶらぶらしてたら、奈川にあるダムのカードを三種くれようとしたけど、丁重にお断り。

Img_2470
そんなカンジで当初の目的(トロリーバスに乗る、ダムを見る)は達成したので満足して扇沢に戻る。
おととし、唐松岳から八峰キレット越えて扇沢まで降りてきたときのシンドかったことを思い出した。やっぱりダムは山の上から豆粒みたいになったヤツを見る方が好きだな。


| | コメント (2)

より以前の記事一覧