2018/09/18

小淵沢で迷走する

入笠山から下山。

このあと全くノープラン。翌日もあわよくば山に、、、って気持ちはもう湧いてこなくなった。我が家の”平成最後の夏山”はこれでおしまいなのかな。そんな事を思いながら、この日のねぐらを探しに、「温泉のある道の駅」を目指して、気がつけば小淵沢まで来てしまった。

JR小梅線は、真冬に乗りたいなぁ、、、なんてことを考えながら食料品店を探すんだが、、、、無い、無い、どこにも無い。結局、か細い記憶をたどって中央道・小淵沢IC横のコンビニ発見。陽もとっぷり暮れた19時過ぎにも関わらず、オフィス街のランチどきのような混雑っぷりにびっくり。

※あとでわかったけど、近くの道の駅に車中泊する家族連れの食材購入でごった返してたってワケ。我が家もその集団に加わり、あとはスバラシイ道の駅に車を停めて

Img_2509

暗闇の中でアウトドア宴会道を突き進むのだ。

芝生に寝転んで酒をがぼがぼ呑み、そのまま視線を漆黒の天に向けると、沢山の星がチカチカしてた。
山の上だとどれだけミルキィウェイが綺麗に見えていようが全然興味ないのに、なぜかこの日は真剣に星を見ていた。蚊もすっかりいなくなっていて快適。

一生こんなことが続いたらいいのにな。

翌朝はもう帰るダケ。
けど折角なんで小淵沢から中津川まで下道で。

Img_2530
Img_2528

下伊那あたりでなんの事前情報も無く、偶然見つけた店で蕎麦を呼ばれてみた。
殻ごと引いた蕎麦は強烈なに匂いと味で食べる者にこれでもか!と迫ってくる。アレルギーの人なら即死する?ってほどの凄い蕎麦だった。美味しかったけど、こーゆー蕎麦は一生に一回でいいかなと思った。

旅とは関係ないけど、今回だけで1,000キロちょっと走った。年始に納車してからすでに1万7千キロ走ったことになる。ジーゼルの燃料が安い・燃費が良いと言ったって、けっこうなお金使ってると思う。
けど、やっぱり乗りたい車に乗る、楽しいと思える場所に行くって大事やなと。

それからこれはちょっと残念な事が。
出発の日、なにげなく車の屋根を見ると、小さくはないひっかき傷を複数発見。右側面にも同じような傷が幾つか。そういえば、自宅アパートの掲示板に、「先日の台風21号の影響で、隣のアパートの屋上コーキングが剥がれて、付近に大量に飛散し、駐車場の車や建物の外壁に被害を出し、大変申し訳ない。ただし、保険対象外なので、被害にあわれた方は各自で対処してください云々、、、」なんて書いてあるのを思い出した。

被害を目の前にして、しばらくボーゼンとした。買って半年でこんな姿になるのか、、、けれど

吹き飛ばされて無残な鉄くずになった車をTVニュースで見たけど、うちはどうだ?
自宅に流れ込んだ泥水を目の前にして立ちすくむ人をTVニュースで見たけど、うちはどうだ?
肉親や大切な友達を飲みこんだ土砂崩れに向かって叫ぶ人をTVニュースで見たけど、うちはどうだ?

物に拘るのはよそう、楽しい旅にしよう、

出掛ける前にそう考えたのを思い出した。

楽しい連休だったな。


| | コメント (2)

ダム

9月一週目、立山・龍王岳東尾根(雨で延期)->
9月二週目、立山・龍王岳東尾根(雨でさらに延期)->
9月三週目、立山・龍王岳東尾根(雨で結局断念)。

さすがに三連敗は無いやろ~、なら秋雨全線の下側を狙って、土曜日に涸沢に入って日曜日に北穂高東稜登るか?という構想も練ったけど、”北アルプスの稜線はどこもダメダメ”な天気予報が。こんなに毎週毎週、週末だけ雨って信じらへん。

残るは南アルプスか八ヶ岳、、、、という往生際の悪さで、土曜日に甲斐駒/仙丈ケ岳のふもとまで移動したけど、翌日以降も晴れる感じがしなかった。すっかり拍子抜け。深く考えずに安曇野まで車を走らせ、この夜は「安曇野・松川」という道の駅で車中泊。このあたりは、コンビニや生鮮スーパーが沢山あるから買い出しには困らない。

※安曇野松川の道の駅は車中泊にお勧めしない。駐車場が狭い。

翌、日曜日。そういえばトロリーバスの運行が今年で終わることを思い出し、黒部ダム観光に切り替える。
事前情報だと、インバウンドの人でごったがえすと聞いてたけど、関西空港が台風の影響で受け入れできないこのスキを狙って(結果、その通りだった)。

Img_2421

山の上からは何度か見ていたダムをまじかに見るの、生まれて初めて。結構デカイ。”高熱隧道”読了したので感慨もひとしお。けどやっぱり自分も小池さんも視線の先は”日電歩道”が気になって仕方なかった。

Img_2443_2

食堂で、流行りの(?)ダムカレーを食べてみた。こーゆービジアルの食べ物を見てもピンとこないのは、自分がおっさんだから?感性のアンテナ錆びてる?そもそも自分の中ではダムはダム以上でもダム以下でもない。
先週も乗鞍の近く、お土産屋さんでぶらぶらしてたら、奈川にあるダムのカードを三種くれようとしたけど、丁重にお断り。

Img_2470
そんなカンジで当初の目的(トロリーバスに乗る、ダムを見る)は達成したので満足して扇沢に戻る。
おととし、唐松岳から八峰キレット越えて扇沢まで降りてきたときのシンドかったことを思い出した。やっぱりダムは山の上から豆粒みたいになったヤツを見る方が好きだな。


| | コメント (2)

2018/09/10

温泉ソムリエ

先週に引き続き、動かぬ秋雨前線。そしてその前線に南からの湿った空気が吹き込み、二週連続で山小屋キャンセル。

遊びの悩みは深く考えないことにしよう。震災被害で途方に暮れている人が大勢いるのに、自分は幸せだと思う。

(雨の中)車中泊するつもりで長野を目指した。恵那トンネルを抜けると晴れていて、けれど中央アルプス/南アルプス/八ヶ岳のいずれも中腹から上は全部雲に覆われている。「高層気象」って街の天気とは別物を実感。
ちょっと買いたい物を思い出したので、安曇野のモンベルに寄る。すぐ近くには3,000メートル級の山がてんこ盛りの環境は、行ったことないけどシャモニーってこんな場所なんだろうなぁ、、、いいなぁ。

「日帰り温泉」とか「車中泊」っていうキーワードでネット検索してたどり着いた先が

Img_2402_2

乗鞍高原。小池さんに「ここが自転車イベントのスタート地点だ」と教えても、なんだかピンとこない様子。
雨はますます酷くなるが、その中を自転車で登っていく人がいてちょっとビックリした。森林限界までにすでにガスに包まれるし上に行ってもなにも見えないし下りはもっと悲惨なことになるのが容易に想像できるのに。

Img_2405

一般の車が乗り入れを許されている場所まで上がってみた。
自転車イベントのときは、ここが第一チェックポイントになるんだっけな確か?コース上からは当然その”三本滝”は見えない場所にある。素晴らしい落差の瀑布に目もくれず、ゴールタイムと機材にばかり目を三角にしていた当時の自分は

なって勿体ない事をしたもんだ。

滝以外にも、猿、おこじょ、雷鳥、コバイケイソウ、チングルマなんて見事な高山植物の群生にもまったく注意を払わなかった。自分にとっての自転車ヒルクライムは、視野を狭くするだけのスポーツだったんだろうか?
それとも、歳とともに見たい景色や感動する対象物が違ってきただけなんだろうか?
小池さんに「達成感あったのか?」と聞かれたけど、返事に困った。乗鞍に登るなら、冬季に平湯スキー場から剣ヶ峰までダイレクトに直登するコースなら、、、凄い達成感あろうんだろうな。

そんなことをぼんやり。

Img_2397

天候の回復が望めないので、あきらめてネット検索で格安の宿を探して、イン。硫黄のニホイと湯の花満載の風呂へ。最近、風呂場に張ってある成分表を見るのがけっこう楽しみ。さすがにこのあたりは源泉の温度も高くて、噴出量も凄い。以前立ち寄った三重県の某所日帰り温泉施設など

源泉温度は限りなく水に近く、湯量など「8リットル/分」と書いてあった。100人近く入れる湯船をまかなうのに、いったい何時間かかるん?とか思ってしまった。

Img_2399_2

ばちぐんに美味しい「ごいち」ワインを飲む。レース前にこれを飲み過ぎてDNSしたこと(乗鞍では)2回あるけど、本当はレースの遠征なんて、大して速くもない自分はこんなことをしたかったんだろうな。
ちなみに宿のご飯だが、内容はさておき、ほとんどすべてのお皿が”結婚式のお祝いのお返し”みたいなのばかりだった。格安だから文句は無いけど。


| | コメント (5)

2018/06/18

ひとまず最後

これがおそらく家族三人での最後の旅に。

あからさまに記録すると、ローラー娘の福利厚生を使って、大阪から青森・三沢まで航空券「ただ」で行く。現場で最近話題の星野リゾート(これは実費)に二泊。帰りは、ローラー娘・羽田、小池さんは明日から出張で東京滞在。自分は地震の影響で青森から伊丹、、、とはいかず国内線で羽田トランジットして伊丹に帰る(ただ)。自分自身「ただ」って言葉に滅法弱いけど、

そこに至るまでの学費の凄さは(てんてんてん、さらにてんてんてん)。
なので、「ただ」って書いてもハイリスク、ノーリターンには違いない。世の中、そんなええ話転がってないよ。

またそのうち、日記に書くけど、今回の青森・三沢で一番感動したのが、三沢Baseから飛び立つ、訓練の戦闘機の飛行と音速の爆音。ひたすらかっこいい!カミナリの音を残して旋回するウェポンのカッコよさ。

日常、あの音に悩まされている人が聞いたら「お前はあほか」と言われるだろうことが、一番印象的だったなんて、自分は身勝手な

ヒューマン?

Img_2155
三沢の航空博物館で零戦展示みる。永遠のゼロに出たやつ。

Img_2154
鉄ちゃんでもあり、航空機マニアの小池さんの動き。

Img_2167
無重力体験中。

| | コメント (4)

2018/05/02

アホの一つ覚えで朝飯食べる

Img_2084

道具一式ぶら下げて、河童橋の奥穂高を見通せるベンチまで歩いて、朝飯食べる。アホくさい、馬鹿馬鹿しい、面倒臭い、いろんな思いが交錯、、、、しません。ここで朝飯食うために、タッかい高速代とガソリン(軽油)代つこてくる

意味がある。

Img_2082

こんなくだらないママゴトにいつも付き合ってくれる小池さん、ほんまに楽しい?って聞けやんそんな怖いこと、、、。

Img_2085

もう自分たちには体力的にも日々の雑用的にも時間が無くなりつつあるから、ここをダイレクトに登るタイミングが刻一刻と目減りしつつある。小池さんに近いうちにやるか?って聞いたら

うーん、、、って黙り込んでた。そりゃそうか、夫から「一緒に死ぬ?」って聞かれてるようなもんだしな。


Img_2086
どっかのおっちゃん。けど、気持ちわかりますよん。

Img_2089

「最近、重たいザック背負ってないよな」と小池さんがつぶやくが、荷物の重さと心の軽さは反比例ってことだよな。


Img_2090

逆さに移る穂高、あっかんべーしてるように見える。またすぐ、そっち行くから。

そっち、行くからな。

| | コメント (0)

夜はたいそう冷えました

飲んで、食って、ダラダラして、また飲んで。それでも人間腹が減る。

Img_2075
今回初めてざる蕎麦に挑戦。流石に「梓川」で麺を締める勇気はなく、キャンプ場の水道で。
酔っ払いのおやつとしては上出来。

Img_2079

ゆっくりしたスピイドで夕方に切り替わる時も、ワイン片時も手放さず。帰ろうかな、まだ飲もうかななんて無益なこと思わなくていいのが幸せ。野生の猿が時々こっち見てる。なぁ、猿よ、人間ってのはほんまに妙なことばかりするやろ?猿はどんな時、嬉しかったり、悲しかったりするん?

なぁ?猿よ。

Img_2080

鍋。どんどんはく息が白くなってゆく。出かける時の大阪市内基準で着るものチョイスしてしまった。Tシャツの上は厚めのフリースとソフトシェル一枚。唯一の救いは冬用シュラフを持って来たこと。
夜中は0度まで気温が下がり、朝はテント内が見事に結露でビショ濡れ。

けど、寝ている間、地面から伝わる土と草のちょっと青い臭い、ああ地球のうえで寝てる実感思い出した。


| | コメント (2)

山の根元へ

病気が理由で診察に行ったわけじゃないので、ローラー娘は梅田周辺をパトロールして適当に東京へ戻ることになったので、それならばということで

Img_2067
郡上八幡の道の駅で一泊。なんや知らんが、毎週末車の中で寝ている(事実)。安もんの温泉に入り、地場のスーパーで惣菜買って狭いシートでうだうだ飲んで寝る。暗くて狭い場所が好きな「犬」のような暮らしが性に合ってるんだろうか?

Img_2069
周りの”同業者”の音で目覚める。床はフラットなんだが、やっぱり狭いなぁ。天井の低さが特に際立つ。

湯を沸かし、パンをかじって出発。

大阪はすでに遠い記憶になってしまった桜も、岐阜の山あい「荘川」は満開。信号待ちで桜吹雪の歓待を受け、思わずため息が漏れたり。春が車ごと包んでどっかこのまま持ってってくれてもええのに、、、。


Img_2071

また来てしまった。

近所の山の老師に言わせると「よく、山に登らずに、足しげく上高地なんぞ通うもんだな(もったいないだろう!)」。けど、山ってのは登るためだけにあるんじゃなくて、見上げてため息着くだけでも優しく迎えてくれるだから仕方ないよな。


Img_2074
酒の味なんぞこの際どーでもええんどす。この景色を喉に流し込むのが大事。

Img_2072
調味料ないけど、ウスターソオスだけで。今回は忘れ物多い。

Img_2073
高山市内で買った、バーゲン品のチキンカツを焼き直す。山の頂上だとこんなの食べない(重くて運べない)けど、ここなら。そんなことをしてキャンプ場併設の風呂に入りに行ったり、猿の群れの大移動をぼんやり眺めたり、

どうしてここは、時計の針の進み具合が、遅いんだろう。


| | コメント (0)

2018/04/18

新宮から大阪へ

”道中にある道の駅に全部寄る”をテーマに自宅を目指す。

その途中だったか、ふと視界に「業務スーパー新宮店」の看板が。どこにでもあるからいつもなら素通りするんだが、”産直市場”が併設されていたので、これは見逃せない。狙い通り、地物の野菜がどれも新鮮で安かったので大量に買う。新玉ねぎなど、100円でビニール袋詰め放題!

「道の駅・紀宝町」は小さな水族館があって、なんと、ウミガメと触れ合える常設展示あり。ウミガメ、あんま興味なかったけど、動きがユーモラスでおもろかった。

あとは勢和多気のジャンクションから国道166走って「道の駅・飯高駅」で温泉に入る。温泉といってもなんだかあまりお湯がヌルヌルしないので頼りないなと思い、あがりしなに成分表を見ると、源泉温度30度はまぁいいとして噴出量が「毎分7リットリ」に目を疑う。男風呂だけで100人くらい入れるんじゃないか?ってくらい大きな湯船なのに、7リットルは無いやろ、、、。けど、このあたりの人たちの重要なコミュニティになってるっぽいので、その役目は果たしているんだろうな。

ドンドン走ってゆくと、自転車でちょいちょい練習に来た「高見峠」が。
そして今は亡き(生きてるけど)自転車の師匠とともに何度も走った”女寄峠”(下り時速100キロ出るという噂)”を下って奈良市内へ。このあたりも練習を兼ねて桜をよく見にきたなぁとボンヤリ思い出す。

車中泊していると、仕事をリタイアしたようなシニアが、軽ワゴンに乗って同じく車中泊しているのをよく見る。
みんな、凄い遠いところのナンバーだ。何日もかけてノンビり走ってきて、きままに寝泊りを続けているんだろうな。

激しく羨ましいぞ。

自分は無事に年金受給者になれるんだろうか?どのくらいの額もらえるんだろうか?そのとき果たして健康でいられるんだろうか?なんて考えるとちょっと憂鬱にもなるけど、こうして今、”ふらふら旅”に出られるので幸せと思わなきゃな。

楽しい旅だったな。


| | コメント (2)

2018/04/17

白浜

白浜にいくと、大陸から観光に来た人たちの大群に遭遇。
千畳敷にいくと、大陸から観光に来た人たちの大群に遭遇。
三段壁にいくと、大陸から観光に来た人たちの大群に遭遇。
Img_2014

どこの売店も”爆買”は健在だった。

勝浦に入り、国道沿いの大型スーパーで食い物と酒を仕入れ、紀勢本線「なち駅」着。ここは温泉施設のある”道の駅”としても名高い(らしい)。同業者(車中泊)が沢山停まってる間に我が家も滑り込む。そして

宴会開始。雨は容赦なく降り注ぎ、一晩中「洗車機」の中にいるかのようなゴーカイな降りっぷり。風も強くて車が何度も揺すられたり。
Img_2020


Img_2026

翌朝も曇天。車の中でコンロに火を付けスウプを作ってパンをかじる。
折角なんで那智の滝まで足を延ばす(車で)。折角なんで那智大社も参っておく(車で)。”熊野古道全線踏破(徒歩で)”に憧れるが、いつになるやら。

| | コメント (0)

2018/04/16

紀伊半島一周

写真はあとで。

燃費がいいのと軽油だしな、、、って理由で、なんだか最近”ドライブ”が趣味になりつつある。
まぁ、天気も荒天予報だから山にも行けないし。
ってことで、行先は「南紀方面」に決めてあとは思いつくまま。

実はあまり和歌山方面好きじゃない。子供のころから和歌山方面に海水浴に行くと、”ともかく道が混んで酷い目に遭う”のが刷り込まれてしまっているので。けどまぁ久しぶりだし、それに青春18切符で乗った紀勢本線から見た景色はあまりに素晴らしかったので、再訪。

阪神高速と南紀の有料道路を乗り継ぐと、二時間弱で白浜に到着することがわかり、ちょっと驚いた。
※ちなみに、この時期、ネットで申し込むと千円ちょっとで阪神高速が一日乗り放題。当然それを利用。

Img_2007_2

高速を途中下車し”とれとれ市場”なんてベタな名前の巨大テーマパーク(?)に寄ってみたけど、雰囲気に飲まれることなく、手ぶらで店を出る。それよりも、テーマパーク対面にひっそりとたたずむ回転寿司でひっそり食ったマグロの赤身やらイワシやらあぶったサンマやらがとてつもなく美味く、

富山県と対等に勝負できるのでは?と。

そして、テキトーに目についた日帰り温泉施設に入ったら、これが大当たり。泉質はむろん、湯船の造作や建物がとても手が込んでいて

Img_2008

奥飛騨と対等に勝負できるのでは?と。

風呂からあがって、次はいよいよ「白浜」探訪。小学校の修学旅行が、白浜一泊二日だったので懐かしいかと思いきや、よくもまぁ、当時の(今もか)小学六年の人間の興味の対象から一番遠いところにある場所を、修学旅行先に選んだもんだと。
ウンコと怪獣とスカートめくりが日々の暮らしの中心だった人間が白浜行って、修学の思い出をつくれだと???

ちなみに林間学校は高野山、、、だった。小5の人間が高野山行ってなにを感じろと???

| | コメント (6)

より以前の記事一覧