2017/09/19

先週の動き

水曜日に立ち飲んで木曜日に軽く二日酔いになり、
金曜日に立ち飲んで土曜日に軽く二日酔いになり、
日曜日に立ち飲んで月曜日に軽く二日酔いになりながら六甲山越えて久しぶりに有馬まで歩いて気持ちよかった。森の中も真夏の暑さがウソだったみたいに涼しくて。

今週もがんばろう。

| | コメント (0)

車のこと

三連休、とある山に行こうと思って予約していた山小屋をすべてキャンセルした。当たり前か、、、あんな天気予報だもの。仕方ない。準備した荷物をほどいて家の中でぼんやり。勿体ないので掃除したり家事したり。こんなとき、インドアの趣味持って無いのはつらい。絵をかいたり習字をしたりする人いいなぁ。。。。
で、なにをしたかというと、

車のディーラーめぐり。

16万キロ乗った今の車とのお別れも残り半年。こんな(天気)日でもない限りまず行かないだろうという行動。小池さんも同じ事を思っていたのがびっくり。手始めに

プジョーへ。
出されたコーヒーが美味しかった。
必要項目としては「車中泊(これ絶対)」 「ジーゼルエンジン(これも絶対)」 「高さ(アパートが立駐だから)」。色や装備はまぁ話が具体化してからでいいやと。そんな気持ちで。
大雨だったせいもあり、店内ガラガラ。小池さんの第一声が「車中泊できる車ありますか?」だったのがわらける。けど営業さん、機敏に後部座席のシートを倒してアレンジ変えて寝心地を教えてくれる。ほぼフラットになるし、自分の伸長でも十分寝転べるし。308のデザインも結構好きかも。あとはシートのカッチリ感凄い。10年以上乗った国産のシートと比べるのも酷だが。けど、最新のセンサー類がちょっとチープですねと聞くと、すかさず「10月にセンサー盛り込んだ新型出るかも」と。

「出るかも」って発言の弱弱しさも悪くない。見積りとカタログ貰って店を出る。

アルファロメオへ。
隣のビル。うーん、山に登る人にはちょっと厳しいな。イタリア人はドロミテとか登るときにアルファ乗り付けていくんだろうか。よくわからん。

ボルボへ。
道路の反対側だったので。出された緑茶が美味しかった。実は我が家にとっていわくつきの店。
二度と敷居はまたがんつもりだったけど。
さっそくシートを倒してもらって人目もはばからずに二人で寝転ぶ。V60はさすがに寝るには十分だが果たしてこれ乗って八ヶ岳の美濃戸口のあの悪路(ジムニーが行けるレベル)走れるのか疑問。V40にも寝てみるが”寝れなくはないレベル”。けど車体の長さはこのくらいじゃないと山道行けないかも。センサーてんこ盛り。ひたすら安全性能強調。

だけどね、今のポンコツにはエアバックしか付いてないけど今日まで無事にやってきたし、この先も多分10年くらいは無事にやっていけそうな気がするので、むしろそのあと65歳から乗るつもりの軽自動車のほうが心配なくらい。ってことでひつこい説明に途中で飽きてきたのが正直なところ。受付の尾根遺産が・げーのー人みたいな容姿で腰抜かしそうになった。ごついカタログと見積り貰って退却。

※買い物すませて帰宅したら、ポストに来場御礼の手紙入ってた。どんだけ初動凄いねん。忍者か、、、。

シトロエン:
新発売(?)の1BOXのような車をやたら推してくる。確かに広いが、なんだか動物園の「かば」を想像させるデザインで、これは無いな。2ドアの小柄なタイプはどれもカッコよくて乗ってみたいと思ったけど、「寝れない」のは困る。

また、雨がふったら他のとこも行ってみよう。定年まで残り5年切った。散々乗りたいオートバイも乗れたし、自転車乗ってきたし、車もその勢いで。

人生短い。やりたいことをやっていこう(できる範囲で)。

| | コメント (6)

2017/09/13

ジェットコースター

~敬愛するアウトドアライターの一文「良いことも、悪いことも、そんなに長くは続かない」を身を持って知る~

あとで読み返して、ああ、そんなこともあったなと思い出したいので赤裸々に書いてみる。

京都でクライミングして幸福な気持ちで自宅に向けて車を走らせていたら、ケータイ鳴った。運転中なので、ひとまず小池さんに話を聞いてもらうが、電話を切るなり

「ばーちゃん(うちのお袋)、救急車でついさっきXX病院に運ばれたって」。

運転しながらの絶句はなかなかに難しいけど、一瞬アクセル踏むのを忘れるくらいやっぱり驚いた。
幸いXX病院は帰宅途中にあるからそっちを目指した。
汗と岩でこすり付けてどろどろの恰好のまま、小池さんと救急搬送室(?)の前で待ってると、コロコロと点滴のちょうちんぶら下げた老女が脱力しながら出てきた。

そのあと、自宅と病院を何度か往復して入院の手続きを揃えて終了。”井伊直虎”見られず腹ペコでがっくり。
翌、月曜日も午前半休をとって病院。火曜も午後半休で病院。個人差はあれど、80の婆さんがいきなり救急車乗って見知らぬ病院に放り込まれたら、会話がちぐはぐになり、ああ、この人終わったわと真剣に思った。


Kanden

水曜午前、ひとまず退院ということでまたもや会社に無理いって午前半休で手続きやらなんやら。
やっとお袋も落ち着いて窓のそとの景色を見たと感想を漏らし、その後の会話も以前と同じくまともに。
で、いったい何が原因で運ばれたのかというと

「アルコールによる肝臓障害の疑い」

一人自宅でテレビ見てたら急に体調が悪くなってかかりつけ医に行くと、先生、顔みるなり救急車呼んでくれてそのまま、、、。体重36キログラムの80歳の女が毎日缶ビイル350mlを三本と赤ワインをコップ一杯飲んでいれば、肝数値がMAX上昇すんのは

小学生でもわかる話。

自宅に送り届けて、きっちり禁酒を言い渡し、冷蔵庫にも「酒やめろ」の張り紙を。
若いころから続けている晩酌のクセを、まぁ年寄りの楽しみだと多目に見ていた自分も反省せねばと。

ま、いろいろありまっさ。


| | コメント (5)

2017/09/03

どこまで広いの

仕事本番金曜日。

緊張しながら待ち合わせ場所へ。普段は恐らく厳重な入場のセキュリティが施されていると思われるゲートで相手の名前を出すと、最敬礼で持って扉を開けてくれて、こっちはただただ恐縮するばかり。

そして、その場所の「ものすごく偉い人」の運転で施設を見て回る。

Dscn0132_5
恐らく国内唯一の規模だと思う。世界と戦うにはこんなに凄い設備がいるのかとただたたびっくり。


この後いよいよ某所に移動して実験開始。自分はIoTなんていう語り尽くされた言葉に必死にすがりついて物を作って売って叱られてがっくりうなだれて暗い目をしてぼんやり定年くんのを待ってるだけなのに、この職場の人たちは、そんなに高くない給料と年間休日50日あまり(リクルート情報より抜粋)、朝は夜明け前から、夏は暑い、冬は氷点下20度の職場環境の中

生き生きと、自分の好きなことのため、人が夢見ることの手伝いのため、働いておられてなんだか全てが虹色に見えてしまうねと後輩とため息をついた。

レインボーな職場のレインボー大作戦。

この前読んだ「海が見える家」って小説の一節にあった”職業や職場を選ぶ前に決めておくべき生き方があった”というのがずしりと胸に突き刺さった。

もっと早く、いろんな本に出会えたらよかったよ。

昼間少し時間に余裕ができたので、レンタカーで札幌市内まで走ってみた。
道路の広さと長さがハンパ無い。こっちの人、わりかし車飛ばす人多い印象。本場で味噌ラーメン食ってみたいな、いやいやスウプカレーだろうやっぱり、なんて頭の中で食べログがぐるぐる回る。
幹線道路沿いにほどなくカレー屋発見。店に入るなり躊躇せずに「定食!」とオーダーして待つこと10分少々。目の前に出てきた料理は

野菜カレー+サフランライス+サラダ+ナン+ラッシーという大阪でも普通に食えるやん、、、なカレー。
こっちのカレーはすべてスウプカレーだと思い込んでいた自分が悪い。不味くわなかったけど、ちょっと脱力しながらのランチになってしまった。

いろいろ見て回りたいとこもあるけど、やっぱり仕事で来ているとテンション上がらない。
やっぱり遊びでこなきゃダメやな。それにしても北の大地の秋の早いこと!昼間の気温15度にはまいった。

風邪ひくわ!


| | コメント (2)

2017/08/31

北へ、東へ

奥飛騨で温泉入って完全充電して、月曜からいきなり放電開始。

先週の福島と東京の出張で使った仕事の機材一式が宅急便で戻ってきたので荷ほどきしながら、次の段取り。どうもデータがうまく取れてなくて結構ショックでかい。センサーからPCにうまくデータ飛んでない。専門の部署に相談に行きたいけど、担当者不在。

よくある話。

仕方がないので火曜日出勤するなり日本橋へ。その筋の人には有名な「共立電子」へ。オタクな街に変貌遂げてから全く行ってなかったけど、共立電子の店内だけは、本来の日本橋が持つあるべき姿がそこに。
まず、”ラズベリーパイ”を一個買う。続いて特殊な付属品、これがなにを買えばいいのかさっぱりわからんので、店員さんにソリューションをぶつけて見たら、ことも無げに回答してくれた。

すごい人たちだなぁ。その後も、PC自作専門店を回りいくつかの部品を買ってオフィスに戻り、あーでもない、こーでもないと、探り探りラズパイと格闘。こんな時ほんまにネット検索って凄いと感じた。もう、いちいちオライリーの専門書を首をひねりながら読むって時代じゃないのかも。

自宅でも試験環境持って帰ってなんとかならんかと色々実験。水曜も実験、、、したいのにISOの監査準備とか「世界一うっとーしい仕事」に翻弄される。目の前に積まれた仕事だけやってハイお仕舞い、、、なんてサラリーマンは日本にはどこにも居ないんだよなぁ。わかってるけど、悲しいなぁ。

こんな愚痴日記を機内で投稿すんのもどうかと思うが、今日から新千歳の某所で作業。土曜日に羽田へ移動。小池さんも昨日から名古屋。土曜の朝に羽田空港で会うか?ってことに。

長らく立ち飲み行ってないし、山登ってないし、家事もほったらかしやし。

腐らず行こう。

| | コメント (2)

2017/08/24

東北も猛暑

手短に。
火曜日から再び東北新幹線に乗って福島へ。駅前のバスロータリーの複雑さは金沢以上。
一応案内所で確認して乗ったのに、全く違う停留所まで運ばれてしまって、とぼとほ田舎道を30分も戻る羽目に。

一拍めはビジホの雄「ルートイン」。
しかし、この地のルートインはルートインにあらず。なんせ大浴場が「狭すぎる!」。
洗い場が5個、四人でいっぱいな湯船。翌朝”四時半集合”という途轍もない条件さえなかったら、ここに泊まる意味もなかったのになぁ。おまけに無料朝食は当然パス。




詳しくは書けないけど、この日もこんな場所で作業。時々、じぶんは一体何屋なんだろうと思うこともある。



Dscn0076
実験結果が出るまでの時間を持て余して、レンタカーで猪苗代湖に行って見たり、全然知らない町の知らない温泉に浸かって見たり。猪苗代湖は寒くて白波たってた。温泉の源泉は30度でとても冷たかった。

二日めは自身・第三の故郷と言ってもいい「ドーミーイン」ホテル。
ここは間違いない。ハズレなし。全国のドーミーインはどこも素晴らしい。人口ではあるが、大浴場が素晴らしく、数量限定の晩飯は無料、深夜の中華そばは無料、そして



ここの朝飯バイキングは、食い過ぎに注意せねばならんほど。



Img_2732_2


ついさっき帰ってきたばっかりなのに、明日早朝からまた東京へ。
他人の評価と自分の幸せは一致しない。色々思うことがあり、ま、そんなとこ。



| | コメント (0)

2017/08/21

猛暑のなか

土曜日、湖北の街・長浜へ。義母のお手伝いいろいろ。

大阪から新快速電車に乗って行ったが、どうもまわりは”青春18キッパー”だらけの様子。米原に到着するなり脱兎のごとく乗り換えていく人多数。長らく青春18やってないなぁ。また行きたいなぁとは思うんだが、ノンビリ鉄道旅という印象とはウラハラに、乗り換えるときの忙しさ、空いてる座席めがけて必死で階段走るあわただしさがちょっとアレで、、、。

お手伝いの合間に、小池さんちの墓参り。さすがに盆過ぎてたから墓地は静か。それだけにけっこうゆっくり手を合わすことができたのでよかったな。夜も新快速でUターン。

日曜日、暑さで目が覚める。東は雨続きで寒いと聞くのに、西はどうなってんの???
Udon

朝飯にざるうどんを茹でてみた。梅干しの実をうどんにからめて食べてみようぜって言う小池さんの発案がどんぴしゃ。暑い夏の朝にぴったり。その後は汗だくで家の掃除。広くないアパートなのになんでこんなにゴミが出るんだろうと毎回思う。そしてメインイベントは

運転免許証の更新手続きに。

誕生月が同じなので、二人でのそのそと免許センターへ。正午を回っていたためか、それともあまりに暑かったせいなのか、申請にいくと広いセンターはガラガラ。しかしそれが裏目に出てしまう。
手続きに必要な窓口を次々にそっこー渡り歩くもんだから、写真撮影に呼ばれたときはもう汗だくのヘロヘロ。
顔面汗だらけの免許証写真なんて人生初。

そして今後はうちのお袋の様子を見に行く。
折角涼しい店で外食でもと誘ったのに、なんだかシンドクて外出する気が起きないなんて漏らすもんで、仕方ないからデパ地下でいろいろ買って持っていくと、このくっそ暑いのにエアコンも付けずに高校野球を見ていた。
高齢者が室内で熱中症になる原因そのもの。そして湿度に対する知識が無いのも特徴。
窓あけて、扇風機まわして、風さえ入れておけば大丈夫みたいな呪縛からどーしても離れられない。熱くて食欲無い日々で、体重30キロ台?もうなずける。

アホカと。

Hikari
ひかりの魔女、読了。

やさしい嘘をついて人をしあわせにしてゆく85歳のおばあちゃんの物語。現実にそんな高齢者ばかりだったらいいのになとちょっと溜息が。義母は膝が悪くてあまり長くは歩けないけど、食欲は旺盛で本当は体重コントロールしなきゃますます膝によくないので、いつも小池さんがガミガミ言う。
うちは逆に食欲が無くて熱中症ギミでガリガリだがら、俺がもっと食え食えとガミガミ言う。

けど、80歳越えた人間に、今更何を言ったところで納得してくれる筈もないし、納得してくれなくてもいいんじゃないか、もう好きな物を好きなように食べたり・食べなかったりして、それで命が終わるようならそでいいんじゃないかというふうにしようと小池さんと決めた。

回りの者が腹をくくるというか、そんなカンジ。

育児でも介護でも「こうあるべき」っていうのはよくないかも。

Let it be

| | コメント (4)

2017/08/18

ニコン

ヨドバシへパトロールに行ったけど、カメラの知識がまったくないので商品の多さに気持ち悪くなってしまって手ぶらで帰ったのが先日の話。その時一瞬だけど「おや?」って気になる一台が。

家に帰ってネットでユーザーレビューやらメーカーサイトやら見て決断。

Kame1

自分が撮りたいのは高品質な写真じゃなくて”その時の雰囲気”。なので望遠とかマクロとか無くてもいいけど、ズボンのポケットからサッと取り出してパッと撮れて少々の雨でも平気なもの。(そーゆー点では以前持ってたSONYのコンデジは凄かったなぁー)。落下防止用のワイヤーとか取り付けられる金具が付いてるのも丸。

動画を撮ろうと妙なカメラを買ってちょうど偶然一年経過。ファインダーが無いのは覚悟の上だったが、おもしろい動画ってなかなか無いのよね。
ハイキングで歩いてる動画とっても仕方ないし。去年歩いた”大キレット”だってそう。折角ヘルメットに取り付けて行ったのに、自分目線での動画って案外つまんなかったり。むしろ、クライミング中にホルダーからカメラがぽろっと外れて落下していった時のほうが、

あとで映像みたら、「自分が滑落したらこんなふうに落ちていくんだろうな」と疑似体験(?)できて面白かったり。

Kame2
晩飯に作ったシシャモのアヒージョ撮ってみた。台所が暗くていまいち。

山の風景はどんなふうになるのか、ちょっと楽しみ。


| | コメント (7)

2017/08/17

山の道具とか考え方とか

Oo

昨日からふつーに出勤。けど、先週の上高地の写真を見ながらボンヤリ。写真にうつってる”横尾山荘”を分岐点にして、涸沢方面と槍ヶ岳方面に分かれるが、ざっと見ていると8割の人が涸沢に向かって行った。真新しいザックやステキな衣装とくればやはり涸沢がセットなんだろう。恐らくだが

メディアの影響凄い。

漏れ伝わる会話を聞いていると、「ものすごい混雑だった」「小屋の廊下も人で溢れていた」なって言ってるし。紅葉シーズンに行くとこれ以上のすさまじさ。うんこすんのも「もようおしてから」便所目指したら間に合わない。今別にうんこしたくないけどとりあえず暇だから並んでみるか、、、くらいがちょうどよかったりする。

で、話は変わって最近の我が家のスタイルをメモ。

・背中に飲料水を仕込むハイドレーションをやめた。自転車レースには便利だったが、山でアレを使うとついつい立ったまんま休憩してしまうので、自分には休憩にならない。急ぐ旅ではないので、ザック下してちゃんと座って水筒から水を飲む。これに限る。

・クロックスをザックからぶらぶら下げるのやめた。すれ違う人にあたると不快感を与えるし、岩稜帯を歩くときはクロックスが岩に引っ掛かってバラバラと小石を落としてしまうこと多数。ぺらぺらのビーサンをザックにちゃんとしまって携行。これに限る。小屋泊のときは小屋の草履を借りたらいいし。

・酒は現地調達、絶対背負っていかない。少々値段高かろうが、無駄に荷物増やしたっていいこと何もない。午後から稜線で雷なったときに走って逃げるためにも軽量化。

・シングルウォールのテントを買うすんでのとこで踏みとどまる。手に持つとダブルウォールと変わらん重さ。

・着替え持たない。小池さんともども4泊程度の縦走ならパンツ履きっぱなしでも平気。汗ふきシートで乗り切ると問題ない。一度だけ「こいてはいけない屁」をこいてしまい、気合いでノーパン縦走成功。

・食器はゴムパッキンのしっかりしたタッパに限る。熱いものを入れても熱くないのに蓋をすれば冷めにくい。食べ残しを置いておくのも安心。アルミの食器は即刻廃棄した。まったく使えん。

・シュラフカバー。ゴアの買ったけどそれでも結露凄いので多分もう使わない。とくに真冬に使うと凄かった。保温性に目をつむってでもシュラフの結露が嫌だ。

・ランタン。我が家の”一番要らんアイテム”。陽が暮れる前に寝るし、どんなに綺麗な星が出ていようが、テコでも動かんので(変わり者)。

・ヘッデン。モンベルの一番安いやつ使用中。夜間歩行しないのでこれで十分。

・下降器。先日のクライミングで、新しく買ったビレイデバイス使ってみた。確実に制動効くけど、ロープの取り回しが複雑でちょっと手間取る。懸垂下降中もシャント使わずに停止できるのが素晴らしい。もっと慣れないと。

おまけ:
ハレイワで買ったパタゴニアのTシャツ。妙に値段安いなとおもいつつも飛びついて買ったが、生地の薄さに腰を抜かす。スケスケやん。おまけに洗濯一回で首まわりがびろんびろん。”お土産用Tシャツ”って分野があることを知る。使ってていいなと思うプロダクツに限って次のシーズンは廃版になってるわで、

どーした?パタゴニア。

| | コメント (2)

2017/08/16

盆休みに骨休み

昨日は盆休み最終日。

お袋をつれて京都へ墓参りに行こうと誘ったら「暑いし、面倒くさい」の一点張り。本人いわく「ちょっと前まではヒトの寄り集まる場所が大好きやったのに、今は自宅で扇風機回してノンビリ高校野球をテレビで見るのが好き。もうあまり出歩きたくない」だと。それじゃ、近所の寿司屋で昼飯いくか?おごるぜと提案したけど、これもやんわり断られた。

結局、そこらにあるものを食べておしまい。歳とるってこーゆーことなのかとシミジミしてしまった。長居するとだんだんイライラするのでそうそうに帰宅。

夕方、気分転換に銭湯へ。敬老サービスディってことで70歳以上なら240円で入れる日。自分はもちろん通常価格410円。中にはいると高度経済成長期をどっぷり体感したであろう爺さんだらけ(汗。
年金暮らしには410円はきついわ~、毎日240円にならんかの~ なんて会話があちこちで。

自分もそうなるんかな、、、。お袋の事といい、爺さんたちの会話といい、いろいろ考えさせられた。

銭湯の前の出来事。
この前ワイハで没になったコンデジを買いにヨドバシへ。ある程度の防水機能ってカテゴリで探すと、「こんなの簡単に持ち歩けないし、岩場でぶら下がってる最中に片手で撮れやんがな」っていうシロモノばかり。
カメラを持たずにいった上高地では、小池さんのスマホの世話になったけど、扱いが非常にデリケートなので”スマホはやっぱりスマホ”を再認識。落下させて壊したりしたら、死ぬほど嫌いなケータイショップに出向かねばならんという巨大なリスクもはらんでいるし。


| | コメント (7)

より以前の記事一覧