2018/10/16

風呂屋はいいぞ

Img_2995

小さい人が退院してしばらく我が家に居候するので、有給とってアシスト。
まさに”生まれて初めて”の外の世界はどうだ?シャバの空気はどうだ?バイキンだらけの我が家へようこそ。

ローラー娘、、、いやもうローラー娘では無いな、苗字ちゃうし、おかんの仲間入りやし。

さて、ひとしきり引越し作業したあとは、ホームに行っておふくろのアシスト。
使い捨てカイロを買いに行きたいと聞いていたので。歩いてる最中、昼飲みでもいくか?と誘って見たけど、あれほどビイル好きだった人が、いや別にいいわと言うので拍子抜けした。ずいぶんホームにも馴染んできた感じ。ホッとする反面、切なさはマスばかり。これでいいのか?バカボンのパパ、教えてくれよ。

ホームで仲良くなった「千鶴さん」の分までたい焼きを買って部屋に戻って行った。明日は神戸に遠足だな、天気がいいといいな。

で、自分はやっぱりここへ。

Img_2997

経営に苦慮する銭湯が多い中、ここは、この町内は、老人で溢れていて、客足が途切れない。
なので、色々施策を打つ銭湯が多い中、王道を貫く。
脱衣場の鏡の広告は、今だに「ヒチ」「性病科」「結婚相談所」の3枚がドカンと。
まさに「媚びない」。今日は気合を入れてサウナ5分+水風呂1分を3セットこなしてきた。仲良くなった刺青の爺さんきてなくてちょっと寂しい。
ちんげを熱心にカミソリで剃る爺さんも、最近見なくなった。みんな元気でいるだろうか。

うちに来た、小さい人も、いつの日か銭湯体験させたいけど、さてどうなることやら。


| | コメント (3)

2018/10/14

10月10日

九月の半ばから、「腹のでかい人」が我が家に居候。やれやれ、やっと就職して家でてあとは小池さんとノンビリ暮らしつつ山でも登り倒すかと思った矢先、解体した子供部屋を再現するシンドさは

想像以上でしたl

10月9日、いつものように残業終わって1人トボトボ帰宅。小池さんは相変わらず出張中。腹のでかい人に麻婆茄子を作ってやって2人でボソボソ食べて酒飲んでええ気持ちで就寝。いつの間にか出張先から戻ってきた小池さんに揺り動かされて目が覚めて、時計見たら夜中の二時やん。なんの罰ゲーム?
「腹のでかい人がお腹痛いって」

は?なんのことか全然わからんけど、まぁ車出せ車出せゆーもんやから、だんだん事情が飲み込めてきた。

あらかじめ予約してあった病院に運び込んでは見たものの、まだ「その時」ではないと言われて病室で寝転んでおきなさいと言われたものの、悶絶する腹のでかい人を見てられんので、テキトーに見つけたソファで居眠りしてたら二時間後に小池さんからのラインで起こされた。


Img_2982

日本の人口が1人増えた。

この不思議な気持ちをどうせつメーしたらいいのか。
ローラー娘が3歳の時にどうぞよろしくと家族になったので、出来立てほやほやの人間にどう言う感情を持ったらええのか正直わかりません。
周りの人たちは、可愛いでしょ!お孫さんでしょ!楽しいでしょう!嬉しいでしょう!と「幸せの押しつけ」をぐいぐい押してくるけど、

すぐにピントこない人だっているのです。

もちろん、出来立てホヤホヤの人の幸せを祈らない人などこの世にいるはずは無いと思っていますが、ローラー娘と出会ったときのように、この人と仲良くすると多分楽しいことが沢山lあるかも知れないと、

それぐらいの気持ちでいてもいいかなと。

溺愛はしないけど、幸せの後押しくらいしようかなと。

そんなとこ。


Img_2559

来週退院でひと月ほど家でゴロゴロタダメシ食うらしいので、また過酷な家事労働始まるのか。
ちぇ。

| | コメント (19)

2018/10/09

トンネル

前回の日記からトンネルに入ってしまい、出口の光が見えない状況が続いている。

突然辞めた人の代わりに、開発作業に急きょ引っ張りこまれて、10年以上ぶりにソフトウェアエンジニアとしてソースコードを書くはめに。脳味噌がまったく動かない。自他共に認める「美しくないコード」ばかり書いてしまい、挙句デバッグが全然進まず、毎晩寝ていてもうなされる。コードが夢に出てくる。夜中に突然目が覚めると、盛り込んだバグを思い出して朝まで溜息をついてしまう。

そんなクソ忙しい時に限って、ベンダー向けに出したメールの添付ファイルの事で、セキュリティインシデントを発生させてしまった。是正書類を書けと迫られているけど、自分にはまったく非が思い当たらない。ともあれ、セキュリティ部門との全面戦争の真っ最中。もう、怖くてメール出すときに手が震える。

別の突然辞めた人の代わりに、部署の膨大な販売数字の管理をさせられ初めている。
どこの誰かが作ったエクセルとVBAの中身など、怖くて見られない。メンテも出来ない。綱渡り一発勝負。ある日突然動かなくなったら、毎月三日間ほど徹夜して手作業で集計するのかといらぬ心配ばかりしてしまう。

その突然辞めた人の代わりに、社内技術発表会に自分の名前でエントリーさせられ、原稿作らなきゃいけない。発表練習しなきゃいけない。事前に何人もの偉い人の前で練習させられ、修正させられ、練習させられを6回ほど繰り返さないと許してもらえない。

あとは教科書通りの大企業病の末期症状で、だれもシアワセにならない=内部資料ばかり作らされて、誰もユーザーの方向いてない。そんなことに来る日も来る日もリソース投入。
パソコンのスカイプ会議では3人同時に相手しながらスマホで別の人と会話し、チャットでもう一人。合計5人同時に相手すると、いったい自分は誰と?何を?議論しているのかわからなくなっている。

お袋のこと、腹のデカイ人の事、心配の種は尽きない。

山のこととか、今は考える余裕がまったく無い。

けどまだ大丈夫。振り返って書ける力残ってるし。

| | コメント (3)

2018/09/25

お彼岸らしくもなく

連休最終日の活動は、お袋の自宅の片付け。これから先も段階的に物を減らしていくつもりなんで、その第一弾。以前から、郵便物の確認で一人部屋に行くたびに、賞味期限の切れた食品を見つけては廃棄してきたが、この日は小池さんにも手伝ってもらっての”ガサ入れ”。

まず、台所近辺を徹底的に。
予想はしていたが、ま~出るわ出るわ新旧とりまぜたお酢と醬油とサラダ油の瓶。その数優に20本近く。
買った事を忘れてまた買ってしまったり、予備が無いと不安に感じて買ってしまったり。他にも大量の塩、胡椒、砂糖、インスタントラーメン、乾麺、小麦粉、お茶の葉、キッチンペーパー。中には賞味期限2007年なんてブツも。
つまり”ゲゲゲの実家”で買った当時のまま持ち込んだ感じ。

それらを流し台に廃棄するとき、なんともいえん気持ちがこみ上げる。

中身を空っぽにしてコンセント抜いてある冷蔵庫を久しぶりにあけたら、カビだらけで腰抜かした。
早い時期に回収業者に引き取ってもらおう。

基本料金勿体ないから水道はすでに止める手続きしてある。電気は火災報知器と連動しているから契約辞めるワケにはいかない。ガスも、そのうち戻ってきて風呂入るかも?と思っていたので、そのまま。
けど、もうここに戻って住むことは一生ない気がする。ついでなんで電話もこの日に解約した。(NHKも解約しなきゃな)。
先日の台風21号で鉢植えがひっくり返ったベランダは土が散乱してエライ事になってたので、これもセッセと掃除。

部屋の壁にぶら下がってるカレンダーは、お袋がホームに入った今年5月からめくられていない。ベランダのサッシをあけて風を入れると、そのカレンダーがめくってくれと言わんばかりに軽くヒラヒラした。

あるじのいない家の、”空気の動かなさ”をまのあたりにして、本当に悲しい気持ちがこみあげる。

小池さんと改めて、自分たちの”終活”について考える場になった。先日も、自分は一着だけ残してすべてのスースを棄てた。小池さんも大量のスーツや普段着を棄てた。嫁入り箪笥も定年退職と同時に捨てる宣言してたし。

夕方、近所のとんかつ屋で久しぶりに、お袋+腹のデカイ人+小池さん+自分と勢揃い。
約3年以上ぶりにお袋に会った腹のデカイ人も事情を分かっており、同じ話を何度も繰り返す老婆に、嫌な顔ひとつせず相手をしてくれて頭が下がる。お袋も美味そうにとんかつを食べ、少しのビイルを飲み、楽しそうにしてくれていたのでよかった。

食事が終わってホームに送っていく。
近所なのに近所じゃない、うまく言えない気持ちはなんなんだいったい?
けどある人が教えてくれた「お母さんは安全地帯で安心して暮らし始めた」という言葉を思い出した。まだまだこれから先は長い。

元気だしていこう。


| | コメント (5)

2018/09/23

傾き始める舟

Img_2902
突然出張が決まって日帰りで広島。東方面ばかりで西への出張はものすごく久しぶり。
昼休みに現場から徒歩数分のとこにドームがあったので、ちょっと行ってみた。特別な感情を持たず、ただただいまでも崩れ落ちずに現存していることに感動した。
昼飯は、客先の営業さんが「広島焼き」の店に連れて行ってくれたのでお好み焼きを。実は、大阪で食べるそれよりも広島焼きの方が好きだったりする。けど、あれを習得すんのはちょっと無理だな。

今週も「激アツ」な一週間だった。金曜の残業を終えて帰ろうとすると、ボスから声がかかり、めんど臭いなとは思いつつも断ってばかりも大人気ないので、サシ飲み。
仕事の話になりそうになると、うまくかわして遊びや車の話題にフル。そこで出たのが、今の事業部もいよいよやばいらしいこと。嗅覚のいい人はどんどん救命ボートで脱出始めていること。そして最後まで踏ん張るだろうと思っていたこのボスでさえ、行き先を模索していると寂しそうに話すので、ちょっと動揺した。

自分でなかなか線引きができずにいるので、職場が幕引きしてくれるのは助かる。いや、まだまだ働かなくてはいけない事情の人も沢山いるはず。「楽しみ」なんて言うと不謹慎かもしれないけど、流されていくのが今はちょっと楽しみ。

Img_2542_2
さて、この前見事に騙されたWebMoneyの続報。
全く使い道がないまま支払った6万円は宙に浮くのかクッソおー。どうにか換金できやんか色々検索してみたが、ヤバめの換金ショップばかり出てくる。そして唯一マスターカードに変換できることがわかった。
このカードに変換すれば、マスターカードに加盟している実店舗で使える。半ばヤケクソでカードを申請して、また騙されるんじゃないか?とドキドキしながら変換アプリをインストール。

しかしここでも驚きの事実が発覚。
WebMoneyをマスターに換金すると、金額の4%が手数料として引かれる。6万円の4%って

でかい!でかすぎる。

超低金利の今、2,400円なんて金利、どーひっくり返ったってもらえるとこあらへんのに、、、なんちゅ理不尽な。

ともあれ無事?換金完了。ハァ〜、ほんま今回の件は懲りた。そして、シチュエーション次第では簡単にダマされると言うこともわかった。

みんなも気をつけてください。

そしてトピックは、「腹のでかい人」がとうとう帰ってきた。
家の中が一気に狭くなった。数日後には人間が一人増えるのか、、、なんだか信じられん。

生きていれば、信じられんことに沢山ぶつかるけど、生きていればこそだな。

| | コメント (2)

2018/09/12

乗っ取りの経緯

今後のために。

とゆーか、普段仕事で情報セキュリティを解いて回ってる人間なんぞ、所詮この程度かと自分自身猛省せねば。

腹のでかい人のスマホに、LINEのなりすまし野郎から「アカウントが狙われています。いますぐ、二段階認証を設定してください。設定用URLはこちら→

に思わずクリックしてしまった。

結果、乗っ取られた。

それを知らない親父は、腹のでかい人からLINEで連絡あったら、トーゼン信じてしまうわな。
何かと物入りな時期であったり、超絶高額ではなっくて微妙な金額であったり、学生の頃からそーゆーことがあったり、LINEの会話があまりにいつもと同じ口調だったりと
全然疑う余地なしの、、、、アホ親父ホイホイ。

オレオレ詐欺も、自分に置き換えると、なんで騙されるねん?ともばかり思えないなと。
悲しい世の中やの〜。

| | コメント (6)

朝からどっぷり疲れた

デスクの上に置いてあるスマホがピカピカ光るので、誰や?とおもって画面みたら、”腹のデカイ人”からLINEにメッセージが入ってた。親父にくる要件なんぞロクは話じゃないやろなと思って中身を確認。

「買ってほしいものがあるねん」

「なんや?」

「WebMonye買ってほしいねん」

「なんやそれ?」

「コンビニで売ってるプリペイドカード」

ここで親父はネット検索してその正体を見る。ふむふむナルホド、しかしその程度の事、自分の旦那に頼めばいいのに、なんでわしなの?俺って暇だと思われてるの?まぁ確かに小池さんは連絡つきにくいから仕方ないのか、それに雨の中、デカイ腹かかえてコンビニまで行くのも今はシンドイか。ベビー用品か?けどまだ腹でかいままやろし、、、。よく分からん。

「一番安い2,000円のでええか?」

「30,000円のを二枚買ってほしい」
「買ったら、伝票に書いてある暗証番号を写メで奥ってほしい」

「急ぐんか?」

「うん」

ちぇ、、、、しゃーないからオフイス一階のコンビニへ行ってATMで現金おろして、慣れない手つきで発券機操作して、レジで60,000万円支払って。しかし暗証番号を写メで撮ってLINEで送るなんて危なすぎるやろ。
ここはやっぱりフツーにメアド聞いて添付するかと電話を掛けたら、ポカ~ンとした声で

「WebMoney?それってなに~???」


腹のデカイ人、見事に LINE乗っ取られました。

そして親父が標的に。
瀬戸際で被害を免れたものの、60,000円のプリペイドど~したらええんじゃい!

教訓:LINEで要件送られてきたら、必ず電話で折り返して確認すること。

はあ、、、疲れた。

| | コメント (5)

2018/09/06

ささやかな

いつごろ始めたか覚えてないけど、風呂は入る直前(お湯を張る直前)に、前回の残り湯を棄てることにしている。断水になっても、180リットルの残り湯があれば、トイレを流すことができるし、登山用に買ってある簡易浄水器で飲み水にもなるし。

食糧は、雨続きで登山順延の連発が功を奏して、フリーズドイライ食品てんこ盛り。寒冷地用のガスボンベが1ダースほど。夫婦二人で10日間くらいは食えるだろう。

ヘッドランプや150時間連続点灯の(ほんまか?)ランタン、防寒着一式、物欲に負けて揃えた寝袋も4人分、テントも二張り。エレベーターが止まり、非常階段も倒壊したときに懸垂下降で下までおりるので、50メートル、30メートル、20メートルのロープとハーネス。

雪崩用のビーコンは、建物が倒壊したあと、自分の遺体捜索してもらうとき用に。これだけあれば、次の天災にもなんとかなるんちゃう?と思って。

何が言いたいかというと、

「山行きたい。」

| | コメント (3)

2018/09/04

21号

あんた、すげぇわ。。。。

と、台風を褒めても仕方ないですが。
山で台風に会うよりも、都会での方が怖いと感じた。車が転がってきたり、ビルの工事の足場が倒壊してきたり、14階のベランダにどこからともなく大量のゴミが不時着してきたり、アパートの駐車場に停めてある車には、自衛のための消火器がアタック!(うちのじゃないけど)。

日本が亜熱帯化して行くと、今後ますます、もっと強烈なやつが来るんちゃうのん?
そうなると、台風とは呼ばず、ハリケーンって言うの?

※小池さんは早々に自宅でテレワークに切り替えていたけど、自分もそろそろ考えないとダメかな。

| | コメント (5)

2018/09/03

生卵いらない派

出石に蕎麦を食べに行く。

Img_2372

7月に訪れてたまたま入ったお店が美味しいと感じたので再訪。けど、2皿ほどたべたとこで小池さんからテレパシーが送られてきたので受信。

”これ、湯がきたてちゃうやんな?”   すかさずテレパシー返信

”湯がいて時間経ってるわ”

ミシュランガイドに載った途端、お客さんが増えてオペレーションの歯車が狂うんだろうか?よく知らんけど。

このままではおさまりがつかんので、もう一軒はしご。
Img_2376_2

さっきのとは見た目から全然違う。つやつやしてる。
しかしだ、出石の蕎麦(だけなのか?)の薬味に生卵が必ずついてくるけど、あれってどうなん?
蕎麦の風味とかニホイが生卵につつみ隠されてしまうと思うけど。やっぱり生卵は白ごはんに限る。

Img_2378

おまけに、店内から見える田園風景が見事。景色もごちそうのうちって、ほんまほんま。
(今年の稲の生育早くない?)

帰ってお袋の様子を見に行く。元気でなにより。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧