2018/12/10

渦中

先週の「激動の」振り返りを。

月曜日:始発の新幹線に乗って東京へ。理解のあるお客さんで、辛抱強くつきあってくださったけど、動かないシステムに終日嫌な汗を流し続けた。机にかじりついるダケなのに、動悸が早くなるのが自分でもわかる。心筋梗塞ってこうやってなるのか、、、そんな事を考えてしまた。

その夜も、寝たのか起きたのかまったくわからず。観念してホテルの部屋でパソコンを立ち上げ、ひたすら試験を繰り返し、空が白くなって窓の外には曇り空を突き刺すように建つ東京スカイツリーが見え始めたころ、突如システムが起動した。  全身脱力。

火曜日:ほとんど寝てないけど、動いた興奮と今日絶対なんとかしなきゃっていう焦りでまったく眠くない。
夕方、任務完了。精根尽き果てて、帰りの車内は酒も飲まずにひたすらボーっとしながら帰阪。

水曜日:出勤するとなんだかオフィスの空気がおかしい。
ついに、一部の特定の部署に退職勧告、つまりリストラ命令が下ったと聞かされた。
(こう書くと、恐らくどこの会社か一発でわかると思うけど、、、そうです)

その人たちが居なくなることで、どれだけ社内が困るか一目瞭然だ。なのに、
次の春には、フロアからごっそり人影が減る。みんなどこへ行くんだろう?家族はどう思っているんだろう?どうやって元気を出せばいいんだろう?どんな言葉をかければいいんだろう?

この先、残った(残された)人間が頑張った先には、どんな景色が待ってるんだろう?


| | コメント (0)

2018/11/25

富士山

週報日記。

行きの新幹線、ふと目を開けるとそこには晩秋の澄んだ空気の中、裾野から頂上まで一点の曇りのない富士の山がすっきりとした山容を表してた。

”が〜ん”だ。

「富士山が綺麗に見えた日の出張は、必ずやばい事が起きる」というジンクスがある(自分には)。
とある製品を社内試行するメンバーに選ばれて、つまり自分のあくまでユーザーの一人。事前にお客さんにも「開発の人間ではないので過度な期待はしないでね」とあれほど念押していたのに、始まってみれば、そんなことは客には関係ない。あくまでメーカーの人間、だからちゃんとしてもらわなきゃ困る、、、ってオーラを出されてしまった。

自分の準備不足を恨むしかない初日終了。

Img_2972
ビジホのある浅草をぼんやり歩く。楽しそうに町歩きする外人とは裏腹に。

Img_2973
部屋のみしてる最中に、翌日のことが気になり出すという小心者。仕方がないので、Wi-Fiに繋いで事務所で残業してるメンバーと繋いでデータ落としてもらって、部屋でデバッグ開始。
客先では誰も味方いないから、準備とか仕込みがどれだけ大事が改めて痛感した。

Img_2989
早起きして、神頼みへ。この場所で、こんなこと10円で祈るアホもおらんやろなと。
紆余曲折あったが、最後はお客さんとの関係も修復。社屋を出た瞬間全身の力が抜け、鳥肌が立つ(ほどに安堵した)。何遍体験しても苦しいよな、こーゆーの。

Img_2991
三連休前で人間の塊で身動き取れない品川駅で新幹線待ち。
ドリンク+キュウリに塩こぶ乗せただけのセット800万円。値段の高さも味も、あまり印象に残らないほど。それだけ「真っ白な灰」になった(なれた?)のかな。

よく頑張った、俺。


| | コメント (0)

2018/11/19

転がり続ける

沖縄から戻った翌日、早速客先でしどろもどろになって、心の中で半泣きになる。
先輩が突然職場を去り、後輩が突然鬱で長欠、出勤するなり代打や、いけ!と言われて首を横に振ることが許されないのがサラリーマン、、、。客の信用を失落させただけになってしまった。

その翌日は社内の技術発表会で登壇。
10人のチームなのに、皆それぞれ自分の案件で他人の世話をする余裕などなく、いつも顔に青筋立てて仕事してるメンバーに手伝って欲しいとついに最後まで言えず、結局一人で。執行役員のレビューで何度も何度もダメだし食らってホンマ、蒸発したろかと思ったことも3度4度。
終わっても、達成感も何もなく、あの発表はよかったよ!じゃ、次はもっと頑張れるよなと、
「仕事のハードルをさらにあげられた」。

地獄や。鬱社員、また増えるだけやん。

Img_2956
土曜日にしたこと。銭湯で自分のやってることをぼんやり考えて見たこと。

Img_2950
日曜日にしたこと。15個100円のたこ焼きは、いまの自分の仕事より10,000倍人を幸せにしてるんだろうなと思いながら食ったこと。

今日は、データセンサーで、ブレードサーバの森の中で騒音で意識がぼんやりするまで冷たい床の上に直に座って終日デバッグしたこと。セキュリティ厳しいからトイレは2回までと決められているから辛い(やった人はわかると思うけど、これホンマ)。

水、木は朝一の新幹線で東へ出張ですけど、毎日叱られにいく予定。
子供の頃よりいまの方が人に叱られる回数多い。なんでやろ?

そんなことをするために生きてるんちゃうねんけどな。


| | コメント (4)

2018/10/29

風呂屋に逃げる

金曜定時後、随分前に定年(延長雇用せず)退職された元上司と立ち飲み。いろいろ興味深い話しを聞かせてくださった。退職翌日から、趣味のオートバイに乗って一人で北海道を一か月間自由きままにさすらったと。そのままバイトでも探してそっちでノンビリ暮らせばいいのにと言ったら、

歳とともに、やりたい事への興味や持てる情熱がだんだん薄くなってきたとか。

オートバイ、登山、カメラ、電子工作、企業に勤めて抑圧された中でこそ、自分を開放するそーゆー趣味の時間が輝いていたとも。なので、「定年まで我慢してそっからパーっと遊び倒すという考えは、今となってはちょっと違うかもな」と言われてズシンと響く。

遊び倒すなら定年またずに、事情が許すなら(育児、ローン、介護)、軸足を会社じゃないところに置くのは悪い事じゃないよと。

土曜日:
喉が痛くて目が覚めた。悪化しないうちにと耳鼻科受診。念入りに家の掃除(新生児がいると掃除も大変)。そしてこの日のメインイベントは、お袋がホームで借りている”電動介護ベット”を返却して、自宅で使ってたオンボロベットと入れ替える作業。まだ介護ベットを必要としないのに、月額2,500円は痛い。痛いし、少しでも節約しないと増税に立ち向かえないと思って。

電動モーターが搭載された丈夫な介護ベットは、小池さんと二人だとびくとも動かない。
ある程度のパーツを取り外せる構造を読み取り、ばらしてゆく。なんとか持ち上げることができるまで丸裸にして、ようやく撤去。そして使い古しのオンボロと交換。

やれやえ。胸のつかえが一つとれた。やっぱり、面倒くさいな、いやだなと、思う事は後回しにせず、目をつむって進んでやると気持ちが良い。

認知症の症状の方は、0.5ミリづつ進んでいるのがわかる。今となっては後悔しかないけど、認知症薬は絶対早ければ早いほどいいと実感した。目に見える症状がでたときは遅いのだ。

Img_2784

用事で休みの日を黙殺されたなんて悲しい事思わないように、銭湯へ。
とりわけ、喉の痛みが蒸気で和らぐかと思い、サウナ8分+水風呂1分を3セット繰り返す。

日曜日も体調は底。

近所のグラウンドでやってた区民祭りをちょっと覗いたけど、そこの屋台でなんか食ってなんか飲む気になれず。

Img_2779

偶然通りがかった王将で生餃子を買い、自宅で焼く。
15時開店を待って、またもや銭湯へ行き、前日と同じくサウナで耐える。この日はいつもココロの中で「サウナ王」と呼んでるおっちゃんと一緒になる。そんなに長くサウナ室におって死にはしないのか?と思うほど、サウナ室にこもっている。最後のほうなんか目が血走って、口からぜひぜい息してるので、頼むから自分が見てる前で倒れんといてくれと祈るばかり。

早く風邪治さねばな。


| | コメント (5)

2018/10/21

福島の味噌と醤油

週末の記録を一気に。


知り合いに、自転車の知り合いの実家の味噌屋さんが被災して応援しようと誘われて、けど、今はもう普通い「美味しいから」この先も多分死ぬまでここの味噌と醤油で生きて行こうかと思う。
いつかお店、訪ねて見たいな。

Img_3000_2


| | コメント (0)

2018/10/16

風呂屋はいいぞ

Img_2995

小さい人が退院してしばらく我が家に居候するので、有給とってアシスト。
まさに”生まれて初めて”の外の世界はどうだ?シャバの空気はどうだ?バイキンだらけの我が家へようこそ。

ローラー娘、、、いやもうローラー娘では無いな、苗字ちゃうし、おかんの仲間入りやし。

さて、ひとしきり引越し作業したあとは、ホームに行っておふくろのアシスト。
使い捨てカイロを買いに行きたいと聞いていたので。歩いてる最中、昼飲みでもいくか?と誘って見たけど、あれほどビイル好きだった人が、いや別にいいわと言うので拍子抜けした。ずいぶんホームにも馴染んできた感じ。ホッとする反面、切なさはマスばかり。これでいいのか?バカボンのパパ、教えてくれよ。

ホームで仲良くなった「千鶴さん」の分までたい焼きを買って部屋に戻って行った。明日は神戸に遠足だな、天気がいいといいな。

で、自分はやっぱりここへ。

Img_2997

経営に苦慮する銭湯が多い中、ここは、この町内は、老人で溢れていて、客足が途切れない。
なので、色々施策を打つ銭湯が多い中、王道を貫く。
脱衣場の鏡の広告は、今だに「ヒチ」「性病科」「結婚相談所」の3枚がドカンと。
まさに「媚びない」。今日は気合を入れてサウナ5分+水風呂1分を3セットこなしてきた。仲良くなった刺青の爺さんきてなくてちょっと寂しい。
ちんげを熱心にカミソリで剃る爺さんも、最近見なくなった。みんな元気でいるだろうか。

うちに来た、小さい人も、いつの日か銭湯体験させたいけど、さてどうなることやら。


| | コメント (4)

2018/10/14

10月10日

九月の半ばから、「腹のでかい人」が我が家に居候。やれやれ、やっと就職して家でてあとは小池さんとノンビリ暮らしつつ山でも登り倒すかと思った矢先、解体した子供部屋を再現するシンドさは

想像以上でしたl

10月9日、いつものように残業終わって1人トボトボ帰宅。小池さんは相変わらず出張中。腹のでかい人に麻婆茄子を作ってやって2人でボソボソ食べて酒飲んでええ気持ちで就寝。いつの間にか出張先から戻ってきた小池さんに揺り動かされて目が覚めて、時計見たら夜中の二時やん。なんの罰ゲーム?
「腹のでかい人がお腹痛いって」

は?なんのことか全然わからんけど、まぁ車出せ車出せゆーもんやから、だんだん事情が飲み込めてきた。

あらかじめ予約してあった病院に運び込んでは見たものの、まだ「その時」ではないと言われて病室で寝転んでおきなさいと言われたものの、悶絶する腹のでかい人を見てられんので、テキトーに見つけたソファで居眠りしてたら二時間後に小池さんからのラインで起こされた。


Img_2982

日本の人口が1人増えた。

この不思議な気持ちをどうせつメーしたらいいのか。
ローラー娘が3歳の時にどうぞよろしくと家族になったので、出来立てほやほやの人間にどう言う感情を持ったらええのか正直わかりません。
周りの人たちは、可愛いでしょ!お孫さんでしょ!楽しいでしょう!嬉しいでしょう!と「幸せの押しつけ」をぐいぐい押してくるけど、

すぐにピントこない人だっているのです。

もちろん、出来立てホヤホヤの人の幸せを祈らない人などこの世にいるはずは無いと思っていますが、ローラー娘と出会ったときのように、この人と仲良くすると多分楽しいことが沢山lあるかも知れないと、

それぐらいの気持ちでいてもいいかなと。

溺愛はしないけど、幸せの後押しくらいしようかなと。

そんなとこ。


Img_2559

来週退院でひと月ほど家でゴロゴロタダメシ食うらしいので、また過酷な家事労働始まるのか。
ちぇ。

| | コメント (20)

2018/10/09

トンネル

前回の日記からトンネルに入ってしまい、出口の光が見えない状況が続いている。

突然辞めた人の代わりに、開発作業に急きょ引っ張りこまれて、10年以上ぶりにソフトウェアエンジニアとしてソースコードを書くはめに。脳味噌がまったく動かない。自他共に認める「美しくないコード」ばかり書いてしまい、挙句デバッグが全然進まず、毎晩寝ていてもうなされる。コードが夢に出てくる。夜中に突然目が覚めると、盛り込んだバグを思い出して朝まで溜息をついてしまう。

そんなクソ忙しい時に限って、ベンダー向けに出したメールの添付ファイルの事で、セキュリティインシデントを発生させてしまった。是正書類を書けと迫られているけど、自分にはまったく非が思い当たらない。ともあれ、セキュリティ部門との全面戦争の真っ最中。もう、怖くてメール出すときに手が震える。

別の突然辞めた人の代わりに、部署の膨大な販売数字の管理をさせられ初めている。
どこの誰かが作ったエクセルとVBAの中身など、怖くて見られない。メンテも出来ない。綱渡り一発勝負。ある日突然動かなくなったら、毎月三日間ほど徹夜して手作業で集計するのかといらぬ心配ばかりしてしまう。

その突然辞めた人の代わりに、社内技術発表会に自分の名前でエントリーさせられ、原稿作らなきゃいけない。発表練習しなきゃいけない。事前に何人もの偉い人の前で練習させられ、修正させられ、練習させられを6回ほど繰り返さないと許してもらえない。

あとは教科書通りの大企業病の末期症状で、だれもシアワセにならない=内部資料ばかり作らされて、誰もユーザーの方向いてない。そんなことに来る日も来る日もリソース投入。
パソコンのスカイプ会議では3人同時に相手しながらスマホで別の人と会話し、チャットでもう一人。合計5人同時に相手すると、いったい自分は誰と?何を?議論しているのかわからなくなっている。

お袋のこと、腹のデカイ人の事、心配の種は尽きない。

山のこととか、今は考える余裕がまったく無い。

けどまだ大丈夫。振り返って書ける力残ってるし。

| | コメント (3)

2018/09/25

お彼岸らしくもなく

連休最終日の活動は、お袋の自宅の片付け。これから先も段階的に物を減らしていくつもりなんで、その第一弾。以前から、郵便物の確認で一人部屋に行くたびに、賞味期限の切れた食品を見つけては廃棄してきたが、この日は小池さんにも手伝ってもらっての”ガサ入れ”。

まず、台所近辺を徹底的に。
予想はしていたが、ま~出るわ出るわ新旧とりまぜたお酢と醬油とサラダ油の瓶。その数優に20本近く。
買った事を忘れてまた買ってしまったり、予備が無いと不安に感じて買ってしまったり。他にも大量の塩、胡椒、砂糖、インスタントラーメン、乾麺、小麦粉、お茶の葉、キッチンペーパー。中には賞味期限2007年なんてブツも。
つまり”ゲゲゲの実家”で買った当時のまま持ち込んだ感じ。

それらを流し台に廃棄するとき、なんともいえん気持ちがこみ上げる。

中身を空っぽにしてコンセント抜いてある冷蔵庫を久しぶりにあけたら、カビだらけで腰抜かした。
早い時期に回収業者に引き取ってもらおう。

基本料金勿体ないから水道はすでに止める手続きしてある。電気は火災報知器と連動しているから契約辞めるワケにはいかない。ガスも、そのうち戻ってきて風呂入るかも?と思っていたので、そのまま。
けど、もうここに戻って住むことは一生ない気がする。ついでなんで電話もこの日に解約した。(NHKも解約しなきゃな)。
先日の台風21号で鉢植えがひっくり返ったベランダは土が散乱してエライ事になってたので、これもセッセと掃除。

部屋の壁にぶら下がってるカレンダーは、お袋がホームに入った今年5月からめくられていない。ベランダのサッシをあけて風を入れると、そのカレンダーがめくってくれと言わんばかりに軽くヒラヒラした。

あるじのいない家の、”空気の動かなさ”をまのあたりにして、本当に悲しい気持ちがこみあげる。

小池さんと改めて、自分たちの”終活”について考える場になった。先日も、自分は一着だけ残してすべてのスースを棄てた。小池さんも大量のスーツや普段着を棄てた。嫁入り箪笥も定年退職と同時に捨てる宣言してたし。

夕方、近所のとんかつ屋で久しぶりに、お袋+腹のデカイ人+小池さん+自分と勢揃い。
約3年以上ぶりにお袋に会った腹のデカイ人も事情を分かっており、同じ話を何度も繰り返す老婆に、嫌な顔ひとつせず相手をしてくれて頭が下がる。お袋も美味そうにとんかつを食べ、少しのビイルを飲み、楽しそうにしてくれていたのでよかった。

食事が終わってホームに送っていく。
近所なのに近所じゃない、うまく言えない気持ちはなんなんだいったい?
けどある人が教えてくれた「お母さんは安全地帯で安心して暮らし始めた」という言葉を思い出した。まだまだこれから先は長い。

元気だしていこう。


| | コメント (5)

2018/09/23

傾き始める舟

Img_2902
突然出張が決まって日帰りで広島。東方面ばかりで西への出張はものすごく久しぶり。
昼休みに現場から徒歩数分のとこにドームがあったので、ちょっと行ってみた。特別な感情を持たず、ただただいまでも崩れ落ちずに現存していることに感動した。
昼飯は、客先の営業さんが「広島焼き」の店に連れて行ってくれたのでお好み焼きを。実は、大阪で食べるそれよりも広島焼きの方が好きだったりする。けど、あれを習得すんのはちょっと無理だな。

今週も「激アツ」な一週間だった。金曜の残業を終えて帰ろうとすると、ボスから声がかかり、めんど臭いなとは思いつつも断ってばかりも大人気ないので、サシ飲み。
仕事の話になりそうになると、うまくかわして遊びや車の話題にフル。そこで出たのが、今の事業部もいよいよやばいらしいこと。嗅覚のいい人はどんどん救命ボートで脱出始めていること。そして最後まで踏ん張るだろうと思っていたこのボスでさえ、行き先を模索していると寂しそうに話すので、ちょっと動揺した。

自分でなかなか線引きができずにいるので、職場が幕引きしてくれるのは助かる。いや、まだまだ働かなくてはいけない事情の人も沢山いるはず。「楽しみ」なんて言うと不謹慎かもしれないけど、流されていくのが今はちょっと楽しみ。

Img_2542_2
さて、この前見事に騙されたWebMoneyの続報。
全く使い道がないまま支払った6万円は宙に浮くのかクッソおー。どうにか換金できやんか色々検索してみたが、ヤバめの換金ショップばかり出てくる。そして唯一マスターカードに変換できることがわかった。
このカードに変換すれば、マスターカードに加盟している実店舗で使える。半ばヤケクソでカードを申請して、また騙されるんじゃないか?とドキドキしながら変換アプリをインストール。

しかしここでも驚きの事実が発覚。
WebMoneyをマスターに換金すると、金額の4%が手数料として引かれる。6万円の4%って

でかい!でかすぎる。

超低金利の今、2,400円なんて金利、どーひっくり返ったってもらえるとこあらへんのに、、、なんちゅ理不尽な。

ともあれ無事?換金完了。ハァ〜、ほんま今回の件は懲りた。そして、シチュエーション次第では簡単にダマされると言うこともわかった。

みんなも気をつけてください。

そしてトピックは、「腹のでかい人」がとうとう帰ってきた。
家の中が一気に狭くなった。数日後には人間が一人増えるのか、、、なんだか信じられん。

生きていれば、信じられんことに沢山ぶつかるけど、生きていればこそだな。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧