2018/05/27

自分らしく生きていくには

おかん、グループホーム引越し一週間目。

そうそう安泰に行くこともなく(想定内)、いろいろあって濃密な七日間だった。
自分の仕事も毎日痺れまくってて、ブログやSNSになんか投稿する余裕なんか全然無かった。

来週の半ばに、メンタルヘルスのカウンセリング受ける予約隅。
自分がカウンセラーの立場にいることが何の役にも立たんのかと。

土曜の朝、布団の中でジャランを見て、予約した奥飛騨の宿に行く。
なんぼ温泉に入ろうが、うまい飯を食おうが、うまい酒を飲もうが、自分はどうありたいか、どう生きたいのか見つからない。

けど、小池さんが素晴らしい言葉をくれたので書き留めて置く。
「自分らしく生きたいなら、ボーナスもらってから辞めるとか、それは自分らしくじゃないとおもう。
ボーナスなんて、自分らしく生きることに全然関係ないから、そんなことが気になるなら、
会社の理不尽に甘んじて、毎日ぐちぐち言って生きて行けばいいとおもう。

自分らしく生きるって、お天気だけ気にしてればいいんちゃうの?


って、なんか凄いこというもんだなと思った。

奥飛騨の帰り道に、白鳥スキージョーに寄り道した。
雪のないゲレンデにマウンテンバイクのダウンヒルコースがあって、小池さんがすごい興味示して、多分、近いうちにMTBデビューするっぽい宣言。
100万円くらいのダウンヒルMTBのカタログをネットで熱心に見てた。自分は興味ないからどうでもいいけど、買ったら家の中狭くなるなと。

それだけ。

おかんは、機嫌よく暮らしてるようで、まずは安心。
お金がショートしないうちに、どうすっかな。

| | コメント (0)

2018/05/20

ついのすみか

お袋の、グループホーム入所日。

自分を生み、育ててくれた恩人が、自分の意思ではないところでこの先、寝起きし三食食べ、その慣れない環境に身を置く。どんなにか不安だろう。初日の感想を聞いたら、ご飯が美味しい、部屋が綺麗、みんな親切。そう言ってくれたけど、それは本心からそう思って言ってるんだろうか?

この先しばらく、自転車に乗っても山に登っても、今頃どうしているんだろうってどこかの景色を見ながらフト恩人のことを思うんだろう。これでよかったんだろうか?これが正しい答えだったんだろか?


Img_2104

近所の銭湯で湯船に浸かってたら、女湯から、どーしたら早死にできる?って議論が。
老いることへの不安は、人間だけが持つ感情だろうか。犬や猫もそんなこと考えて不安になったりするんだろうか。

明日、会社行って、仕事嫌だなとおもうのは、自分は
まだ死ねないってことなんだろうな。

| | コメント (4)

2018/05/14

雨の日、母の日

車でドライブ。高速道路のSAで、ちょいちょい見かける「朝定食」ってのを食べてみる計画を実行。
桂川SA、大津SA、草津SAと三連敗。「途中下車しても1時間以内に高速へ戻ってくれば、料金そのまま」というよくわからんシステムで話題のETC2.0を試す機会とおもって、草津東ICでおりて道の駅へ行ってみたら、

四連敗。

世間が思う朝定食と我が家が望む朝定食の乖離が大きすぎて(うちが変なのかも)。

雨脚の強くなった大阪に戻り、夕方にカーネイションの鉢植えもって実家へ。
おふくろ、あいかわらず可もなく不可もなく(そーとー贔屓目に見て)。ところが今度はこっちに異変が。胃痛で、持って行った寿司おりがほとんど食えないという。前日の六甲ハイキングが予想外に体を痛めつけたかも。

晩飯も食わずに寝た。日曜夜の体調だけは気を付けないといけないのにな。

| | コメント (0)

2018/05/12

一週間

GW明けのリハビリもなく、いきなりアクセル全開の週でした。
、、、けど、日本国内のサラリーマンのほとんどの方は、いきなりアクセル全開の前回ですよね。
共に耐えましょうね。

Img_2105

寝不足を補うのがスジなのに、習慣で目が覚めてしまい、六甲山に登る。

そのほかの出来事メモ
・JR芦屋改札でたとこの弁当屋さん、一個売りのおにぎりを辞めてしまった。
 コンビニの味気ないおにぎりと違って、すごくおいしかったのに残念。
・新緑の芽吹きとともに、ハイカー増えてた。20人の団体がみちを塞いで追い越せないまま
 10分ほどあとを歩いていたけど、イライラする自分のほうが滑稽に思えた。
 せっかく森の中へきて、他人の行動を気にするようではアカン。急ぐ旅じゃない。
 自分勝手というなかれ。自然の中ではみんなのんびりしよう。それでいい。
・出かける前にポテチをカバンにいれておき、芦屋のバス停前で生中をテイクアウェイして
 高速バスの中でぐびぐび
・梅田の赤垣屋で800円飲む
・梅田の大御所酒房で500円飲む
・カーネイションの鉢植えを買って帰る
・恒例・春の業爆祭りで、朝から端麗350ml×5を飲んで小池さんが寝ていた。死体のように動かず。


| | コメント (2)

2018/05/07

はれのひ

会議や残業のメンバーに頭下げまくって保育園送迎ダッシュの日々をちょっと思い出した。
大学に入るや否や、昼夜逆転と海外放浪でいつ学校へ行っているのかいつ家で飯食ってるのか全くわからんまま、こりゃロクな大人になりゃせんわ〜と期待してたのに、なぜか希望の職場に就職できてしまい、このヒトはどこまでアクセル全開で生きて行くんだろうと不思議な気持ちでぼんやり見ていたら、

子供ができたので結婚することにしたとある朝、小池さんのLineに一行のメッセージが。

Img_2093
五月五日、”戌の日”?ってことで地元・住吉大社に安産祈願、、、について行く。ちいさく見える二人が並んで頭を下げて祈祷してもらう姿を遠くからぼんやり見ていた。回りでは同じようなカップルやお宮参りの一団が沢山。

自分の知らない世界では、こうゆうことが行われているんだと新鮮な気持ち。

小池さんと所帯もったとき、ローラー娘はすでに三歳の第四コーナー曲がったあたりで、そんなだからどこでどんな風にこの世の光を浴びたのか自分は知らない。けど、恐らくこんな風に祈祷してもらったり沢山の人に祝ってもらったりしたんだろうな。

GW中・みどりの日に顔合わせしてきたが、相手のご両親に何を喋ればいいのかどんなふうに笑顔でいればいいのか、出てきた料理は食い散らかしていいのか、飲み放題を鵜呑みにしていいのか、、、緊張の中宴はスタート。
冒頭、相手の男の子がちゃんと挨拶されて、ちょっと驚いてしまった。
自分が24、5歳の頃なんて、ともかく自分ファーストで生きていたし、頭の中は買ったばかりのRG250γをどうやって改造して速くするか、いきつけのスナックのツケを払う算段だとか、ドンキーコング攻略本買わなきゃなとか、
一直線にアホだったのに。

相手のご両親がうちの家族の在り方をとても気にされていたと事前に聞いていたので、どういうふうに言えば分ってもらえるかと思っていた矢先、小池さんが、世の中にはいろいろな形の家族があります、うちもそうです。血のつながりはありませんけど、自分たちの家族のカタチはこの通りですと胸を張って言うので

自分と同じことを思ってくれててよかったなと。

ある日突然お父さんになったら、またある日突然苗字変わってよその人になってしまって、人生てのは本当に忙しいもんだなと思った。

Dscn0595

小3の授業参観に書いた文章。
いまだに、「いっこもいえのてつだい」やってもろてないやん。相変わらずダメダメやんそんなの。
いえのてつだいやってないのに、家出ていくって、

つまんねーの。

料理は美味かったけど、食べなれないアワビのステーキ残してしまった。

| | コメント (18)

2018/05/02

野球

Img_2066

「ともかく楽しいことの一点張りにしたい今年のGWは特に」

そんな思いで初日は早朝に目が覚めてしまった。今までは思いもしなかった行動「洗車」に行って見た。
早朝六時過ぎだというのに、洗車場に行列できててびっくり。みんなGW突入の興奮を抑えきれない同志?
けれど、慣れないことはするもんじゃない、水拭き途中で「飽きてきた」。

弾丸帰省中のローラー娘を病院の診察にドロップし、空き時間にチョー久しぶりの”我が自転車人生魂のふるさと”舞洲へあてもなくドライブ。知らない建物が林立し、知らない施設がオープンし、オリックスの二軍球場までできていた。

自分の知りうる舞洲の陰は、もうそこには無かった。健全に進化していた。

二軍の練習を見た後、舞洲スタジアムに寄ると、関西の大学リーグだろうか?
スタンドに座ってぼんやり白球を目で追う。木製バットで硬球を打ち返す乾いた音がソラに吸い込まれる、なんとも初夏の音。

胸の中に最近感じたことのない透明の空気がスーッと入ってくる感じ。

いいスタート。

| | コメント (0)

2018/04/27

GW予測

先週末土曜日に六甲山ハイキングから帰宅するなり、モーレツな目の痒みに襲われ、その夜から今年度最大の鼻づまりに苦しむ。その苦境の中、またもや”道の駅・池田温泉”に車中泊しに行って症状を悪化させてしまったという。

口だけに頼らざるを得ない呼吸のため、月曜朝の咽喉の渇き具合といったら(てんてんてん)。
終日点鼻薬が手放せなくなり、
火曜朝、喉が腫れ出すというさらなる悲劇に見舞われる。

水曜退社後、観念して耳鼻科に駆け込んで薬もらって、これでなんとかなったらええのにとフラフラ帰宅。気まぐれで熱測ったら37度7分に目を疑う。
例年、杉の季節には過敏に反応せず、ヒノキの季節から流行りに乗り出す、、、ってのが自分のスタイル(泣)なんだけど、花粉予報が収束を告げるにもかかわらず酷くなるってのは

何に反応しているんだ?->おれ。

で、今朝からようやく症状が落ち着いて、これで安心してGW迎えられるけど、今年は大手を振ってエンジョインできない予定満載。

| | コメント (2)

2018/04/02

新しいこと

金曜日の夜、新幹線で東京へ。週のはじめから出張で先乗りの小池さんとローラー娘のアパートで合流。
ほんのひと月前に来て、掃除して帰ったばっかりやのに、この荒廃っぷりは(と声に出さず驚く)。


Img_1979
翌朝、たまたま見つけた乗り放題のメトロ。大阪も、民営化したから今後はこんな楽しい切符出て来たらいいな。

Img_1985

で、またもや両国駅前のここへ。


Img_1981
こーゆー形のアンテナショップってほんま凄いアイデア。

Img_1986
もはや小池さん定番のマシン。


Img_1987
あても、アンテナショップから放出。二百円とか三百円とかの値付けが、後悔させないので。
前も書いたけど、よく説明もないまま出張に飛ばされて(これほんま)徹夜明けでぼんやり歩いてビジホに帰るまで、太陽眩しくて嫌やなと思いながら下向いて歩いてたら犬が棒にぶつかるように、
こんな素敵な場所にあたることもあるので

人生捨てたもんじゃない。

Img_1989
そしてトイ面のいつもの蕎麦屋。蕎麦をたぐる前に酒飲んでアテは、、、アテはと頼んだ「焼き海苔」がすごかった。小さな木箱の底には小さく燃える一片の炭。その上に焼きのり。こーゆーのが

江戸の粋

なんだろう。


Img_1991
アパートの近所の、毎度の江戸っ子温度の風呂に行く。温度計46度にビビりながら足つけて

460円返せと悪態をついて帰宅。昼間飲んだ酒の味とかうまかったはずの蕎麦の香りとかそびえ立つスカイツリーの勇姿だとか
全速力で生きてるローラー娘にはタジタジ。

Img_1988

婚約者に遭ってきた。

つまんねーの。

| | コメント (14)

2018/03/23

少しの冬と少しの春

Img_1174

家でふさぎこんでばかりいる自分を気遣って、長期出張から戻ったばかりで疲れているだろう小池さんが、気分転換にとソトへ連れ出してくれた。
北陸自動車道を敦賀で降りて、越前海岸沿いを走る。敦賀の街並みや道路は、サイクリングイベント「グランフォンド福井」で何度か走って、そのときの気持ちや光景が鮮明に残っている。
出発が遅かったので日暮れが近い。一瞬の視界の中に温泉の看板が見えたので、駐車場に入ってみた。
入湯料510円払って湯船につかる。天然温泉だが若干消毒薬の匂いがする。けれど、この湯船からそして休憩室の窓から見た素晴らしいであろう洛陽に、あまり感動していない自分に驚いた。

温泉からスグの場所にある道の駅をねぐらに。

Img_1179

敦賀市内のスーパーで買っておいた地物の刺身を食い酒を飲む。シュラフにもぐり込んでも夜は結構冷えた。

翌朝は快晴。

眠りの浅いのは登山のテントで慣れているとはいえ、寝違えたようで首が痛い。
1860mmも車幅あるのに、室内がそんなに広くないのが不思議な車。

Img_1185
富山や金沢の山の帰り、必ず立ち寄る北陸道・杉津SAってとこがある。ここの「おろしそば」が食べたくなった。
けど、現在地からだと逆方向に戻ってICを探すことになる。それなら従業員用の道路があるんじゃないかと思って、勘をたよりに山道を行くと、見事、おろしそばにありつけた。
こんな小さなことでも楽しいなぁと思いながら車を走らせていると、ケータイに着信が。

SAで停まって恐る恐る画面をみると、、、いつもの上司からだ。一気に気持ちが急降下し血圧が下がるのが分かる。心臓がどきどきする。さっきまでの気持ちに大きくて黒くて分厚い風呂敷をかぶせられたような感じ。
曜日や時間とわず仕事をしている人は部下もそうあるべき、いやそうに違いないだろうと思って、深夜、早朝、休日にも仕事の指示をしてくるんだろうか?

以降の記憶があまりない。小池さんに運転変わってもらってひたすら助手席で眠っていたような気がする。
------------------
旅行に行く前日、実は仕事の面接に行ってきた。
まったくの異業種で、受付と顧客対応、残業無し。給料は今の1/3。鉄道会社のグループ企業の契約社員。
生まれて初めて履歴書なるものを書いた。やつれて酷い顔した写真を貼る。どうせ二言三言聞かれる程度だろうと思って望んだら、ちゃんとした会議室に通され、スーツを着た人事担当の方が二名。
自分の今までしてきた業務の事や仕事に対する希望を話し、最後には、もう辞めるつもりでいますので何のお力にもなれませんけどと前置きしたうえで名刺交換までしてしまった。

転職の面接で、現職の名刺交換なんてするアホいないだろうな、、、、。

その場で一応採用の返事はいただけたが、返事は保留にした。
-------------------

春分の日、朝からの雨音を布団の中で聞いていたら電話が鳴った。
お袋がグループホーム入居の相談がしたいと。認知機能の衰えが自分で自覚できるうちに入居を決めてしまいたいと。以前も同じような相談を受けたが、そのときはお袋の状態がよくなくて、悪く言えば「支離滅裂」。
けど、この日は普通に会話が成立し、状況を理解・認識できるので、施設の見学に(二か所)回ってみることに。
少しでも長く在宅でと思うのがふつうなんだろうけど、この人の場合、家事全般はまったく普通にこなしているし、歩くことや運動機能は自分なんかと変わらんくらい。なので、デイサービスやデイケアを必要としていない。

この人が不安なのは「自分がおかしくなってゆく恐怖と不安」。しかも決まって真夜中に。

出した結論としてはまずいっぺん入居してみる。やっぱり一人きままに自宅がいいってことになったら退去すればいいやってことに。4月になったら手続きしに行こうと思う。

-------------------

夕方、ディーラーへ行き、冬タイヤから夏タイヤへ交換。
今まではアパートのベランダに置いてあるタイヤを台車に乗せて14階からおろし、ジャッキを上げ下げして汗だくになり腰痛に怯えながら交換していた。
けれど、年間保管料1万円でタイヤを預かってくれて、5千円で交換と調整してくれるってサービスを契約した。
235/50 18インチなんて馬鹿でかいゴムとアルミの塊4本を担ぐなんて、もう無理。
まっているあいだ、高級なお菓子と高級な紅茶をよばれて待つのも悪くないなと思った。

-------------------

月曜日、この世の終わり様な顔(小池さんいわく)して出勤し、件の上司から矢継早に指示が飛び、もうほんまにアカン、昼休みに転職先へお願いしますの電話しようと思ったときに、前の席に座っている他部署の先般が
(自分は辞めるなど一言も相談した覚えが無いのに)、精神状態がよくないときは辞める判断しちゃダメだ。いますぐ健康管理室に常駐している産業医に相談に行ったほうがいい。自分がやらないと迷惑かかるなんて思っちゃだめだ。君がやれなくても変わりはいくらでもいる。仕事なんてすぐに回り出す。辞める前に休むって選択肢あるの、忘れてるやろ?休職中だって何割かの給料が出るんだ。

大げさかもしれないが、この数か月のあいだ全身を覆っていた分厚くて着心地の悪い着ぐるみのファスナーがちょっと開いて、風がすーっと入ってきた。

-------------------

それとともに、一連の作業が終わり、ながらく苦しんだ作業が新年度から他部署に移管されると聞き(まだにわかに信じられないけど)、あとはえーと、転職先にと選んだ会社は土日祝、年末年始、GWが休みじゃないってことを少し想像してみた。横着で遊ぶことばかり優先したい自分が果たしてその環境で本当に逃避が成功したってことになるんだろうか?一瞬今の状況から逃げ出せてもすぐにまた違う違和感でぐらぐら揺れたりするんじゃないか?

入社して30数年のあいだ、なぜだか10年単位で似たような事件が起き、鬱っぽい状態が起きてきた。
前回はちょうど30代最後の歳で自転車の練習に山へ登り、仕事のことを思い出してしまって足が止まり、ガードレールにつかまってポロポロ泣いてしまったのをカラスに見られた。

その前は真夜中に幽閉先から脱走しようとして守衛さんに見つかり連れ戻され、翌朝から丸三か月、仕事を休んで散歩ばかりしていた。

それぞれどうやって突破してきたのか今となっては思い出せやんけど、「どうにかなる なんとかなる」は本当だったと思う。
暗い顔した人間が狭い家の中にいることで小池さんにも随分迷惑かけた。なんかの折に、返したい。
月曜日に、面接してくれた会社には丁寧にお断りしようと思う。こんな事書いててもGW開けたら仕事変わってるかもしれない。けど、それでもいいと思ってる。

あとになって、あのときも今も、自分は変わらずダメ人間だったと忘れないように、日記に書いてみました。

相談に乗ってくれたみんなも、どうもありがとう。


| | コメント (21)

2018/03/08

宝湯

Img_1970

ワンルームマンションの超絶狭いユニットバスなど入ったら死ぬ!ちゅうわけで、ネットで検索した風呂屋へ。
以前からうすうす感じていたが、東京の風呂屋のつくりのほとんどが

・下足場が狭い
・番台が受付のように表向いてる
・受付の前に応接間がある

やはりオオサカとは違う趣。そして460円払って脱衣場へ。(こっちの440円との差20円はどこへ行くんだろう?)

ここもやはり”江戸っ子温度”なんだろうと覚悟を決めて湯舟に足をそっと滑り込ませる。あ、、、いける。大丈夫。なんとか入れる温度にびりびりしびれながらもほっとする。
しかしだ、ここもやはり「のんびりできやん」湯舟だ。富士山のタイルは素敵だが、いかんせん、ぶくぶくと泡がせわしなく底から湧き上がってくるし、隣はジェットバスやし、反対は電気風呂やし。
なんで静かに入らせてくれん湯舟ばかりなのだ?

ともあれ、いい湯だった。もうこの先、大田区に行く用事もなくなるんだと思うとちょっと寂しいな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧