2019/08/05

盆休みまで頑張ろうと思うけど

Img_4525-2 Img_4528

お盆は山に登っていて墓参りできないので、前倒して京都へ行ってきた。ご先祖に何か気に入らないことがあったのか?朝っぱらから切符切られた。清水寺の裏っかわのあたりで。眠いのでぼんやり走っていたので旗を振られても事態が飲み込めず、ぼんやり誘導されるままに車を止めてぼんやり机の前に座りぼんやり説明を聞いてサインして拇印押しても、悔しくもないし、悲しくもないし、命を削っての残業代がこんな風に納付されるんだなと思っただけ。

 

Img_4527 Img_4520

金、土、日と風呂屋に行った。今、一番楽しいと思える時間。

風呂上がりに王将で生餃子を買って、いえでカリカリに焼いて、淡麗で流し込んだ。今の自分には、外で飲む、食べるより、こーゆー行為が何より落ち着く。

先週も、いろいろな人から酷いことを言われたり、いろいろなお客さんから辛いことを言われたけど、社会インフラのメーカーは、そーゆーことから逃げられないので、

 

ま、いいか。

 

今週は月火水と製品展示会で三日間、立ちん坊。そのかんの事務作業一切できないので自宅で持ち帰り「サービス残業」して、タイムカードはもちろん切らずに、

 

ま、いいか。

8月10日から8月21日まで夏休みだけど、「そんなに長くて羨ましい」なんて人いないよね?それだけ休む前の仕込みと休んだ後のリカバリの怖さ、下手したら20連勤なるかもしれない怖さは、メーカー勤務のあるあるだしね。

ともあれ、山に行こうと思う。

家事と介護も待った無し。

元気出していこう。

 

 

| | コメント (2)

2019/07/30

今月3回目

今月は、2回しか日記書けなかった。毎日、朝起きてから寝るまでの速度が目まぐるしくて、パソコンで悠長に日記書く隙間が全くないのが現実。

23日、無理矢理有給とった。天候が優れず、北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、臨機応変に登れるように全部の地図持って家を出たけど、結局どこも天気だめで松本市内のビジホに滞在。

24日、回復しない天気の中、登れる山もなく、乗鞍高原にある「三本滝」を見に行ってきた。アホみたいに自転車乗ってた時は見向きもしなかった三本滝。それはそれは見事な滝だったので、ずいぶん勿体無い時間を過ごしていたんだと反省。この日は平湯温泉の民宿に泊まってダラダラ酒を飲んだだけ。

25日、やっぱり天気回復しない。西穂高岳の山小屋にラーメン食べに行ってみた。相変わらず「死海」のような塩分濃度の出汁に、「もういいか」との結論。運動にはなったけど、濃霧で何も見えない山に安くないお金突っ込んで登る意味を見出せないまま下山。近隣に宿をとり、ダラダラ飲む。夜、蛍狩りできたのが唯一の収穫。野生児「小池さん」は竹箒があれば大量に蛍を捕獲できると悔しそうにつぶやいていたのが印象的。

26日、「白山スーパー林道」で帰路に。途中、トレッキングコースがあったので往復2時間の軽登山。「三方岩岳」という山に登ったけど、またぜひ天気のいい日に行きたい山。

27日、仕事再開。休んでいる間のメールが不安で朝四時に目が覚めて、読んでしまった。ひどい内容のメールがたくさん着信していて、目を覆うばかり。朝、お袋に問題発生でホームに寄る。認知症おそるべし。。。。
着替えて新幹線にのり日帰り東京出張。新幹線の中でもメールチェック。帰りも頻繁に電話対応でほとんど席に座ることなく、デッキで過ごす。

28日、明日はどんな日になるんだろう。小池さんは週末まで松江出張に行く日。また弁当作成の日々が始まる。

29日、日帰りで東京。始発の新幹線。起きられるか心配。

移動中のトピック=シニアアルバイトのサイトに登録した。どこかで自分の生き方のポイントを切り替えないと。やりたいことをやって残りの人生生きていくというより、やりたくないことはやらずに生きていける道を模索しないと。

人生、お金じゃない。朝目が覚めて、今日はどんな嫌なことがあるんだろうと考えずにすむ一日の始まりが大事。

明日の朝はどんな朝になるんだろう。

 

 

 

| | コメント (0)

2019/07/15

甲府

明日、宇宙から巨大な惑星が地球めがけてものすごい速さで飛んできてくれないかなと一晩中考えて眠れなかった。

結局、願った惑星は全く観測されないまま、自分は水曜の始発の新幹線に乗り名古屋へ。そこから特急電車で塩尻駅へ。

Img_4364 Img_4367

日本一狭いという駅蕎麦屋で、ねぎ蕎麦を乗り換えまでの時間に食べた。

味はよく覚えていない。ただこの先降りかかる不幸が最小限だったらいいなと思いながら、箸を持ち上げたのは確か。

「要望通りに動かない」と言われ続けて三ヶ月がたった。もう現地に行くしかない状況。死刑執行にも近い状況で客先に行くのは何度目かな、、、幸い今でも生きてるけど

Img_4372

初日は再現試験だけで全く進まない。ビジホに帰る道すがら、甲府の商店街の寂しさが余計に心にのしかかる。

写メを撮るスマホを持つ手さえ、重く感じる。

Img_4385

水、木で終わる予定が結局金曜までかかった。終わるまで帰れない、、、がサラリーマンあるあるとはいえ、心臓の動悸が止まらないまま脂汗を流すのはもうそろそろやめたいな。

帰りのホームで黒い富士山が不気味だ。このあと自宅まで6時間あまり。達成感より脱力感、もう何もしたくない、何も考えたくない。

けど、車内を周りを見回しても、みんな同じような表情、

そっとエールをつぶやいた。

 

| | コメント (0)

銭湯レビュー

Img_4359 Img_4355

先週末、ローラー娘の育児アシストに行ってきた。自由奔放に生きてきた人がある日を境にお母さんという役割になると、色々大変らしく、ま、そのあたりを助けに。時間があったので自転車借りて近所の風呂屋へ行ってみた。

まず、値段の違いにびっくり。大阪市内440円、尼崎市内420円。

ものすごい背の高い番台、凄い水圧のシャワー、どれもが素晴らしいが唯一ダメ出しするとすれば、スチームサウナに時計がない。

自分の勘を頼りにサウナにこもるのはかなり危険。けどまぁ、風呂屋ごとに個性があって、これはこれで楽しいかな。

 

| | コメント (0)

2019/07/04

AI

今、午後11時前です。昼飯食ってます。

昼休み中もネット会議が終わらずそのまま午後の仕事になだれ込んでしまったので、せっかく作った弁当も手付かずで鞄から出ることなく、残業中も出番なく、今。

TVを見ていると「AIでほにゃらら」と言うCMやニュースを見ますけど、ほっといてもAI(薄い言い方で人工知能)が自分で成長するわけではなく、つまるところ人間が一億万通り(例えばですが)の事例を学習させて精度をあげる作業をしています。ものすごく地味で緻密で時間のかかる作業なのに、CMやニュースは「AIで」とたった1センテンスで伝えています。

 

そんなわけで、毎日16時間職場にいて残りの時間で最低限の家事、育児(孫の)、介護、睡眠。かろうじて燃えかすのようなプライドで、三度の飯だけは自作(外食まずいもん)してますけど崖っぷちです。洗濯モンは干してる間に雨に打たれ、風に吹かれて、よくわからんままに「乾いてるもんから着る」を実践してます。以前は毎晩、自転車の練習や立ち飲みしてたのが信じられません。あの当時は定時退社して自分の好きなことしてたくせに、職場体制や同僚の悪口言ってたのが恥ずかしいです。

明日の朝飯にボンカレー買ってきました。この時間のAEONは、おかず売り切れてるから自分で作るしかないですよね。米だけは研ぎますけども、正直面倒くさいです。

日記にコメントくださったアニキアネキ、返信できやんでごめんなさい。夜中に何度も目が覚めて仕事のやり方考えてしまうんで、余裕がないです。こんなんじゃあかんのですけど、おそらくメーカーのサラリーマンの殆どががこんな毎日だと思います。

洗濯機がピーピーゆうてるので、今から干しますど、時々洗濯バサミがパキッって折れるのが脱力しますけど。

がんばろ、ともかくがんばろ。

みんな頑張ってるし、がんばろ。

 

 

 

 

| | コメント (5)

2019/06/25

アラカルト

日記を書く余裕がまったく無い。昨日、何食ったっけ?そんな速度で毎日過ぎてます。

・映画を見た

 正確には見ている最中。時間が無いのでとぎれとぎれに。小池さんが「万引き家族」のDVDを借りてきてくれたので、それを。

 出演している役者全員が物凄くリアル。自分が小学生の頃、こんな家族(物理的に)ごろごろおったなぁと画面見ながらうなずいた。

 六畳一間の1Kとかザラで、そんな友達の家に遊びにいくと、おっちゃんがタバコ吸いながら新聞見てて、おばちゃんが台所でなんか内職っぽいことやってて、おばーちゃんが金魚に餌やってて、畳の僅かに空いてる部分で友達と野球盤で遊ぶというカオス。

(※友達のお父さんはおっちゃん、お母さんはおばちゃんと呼ぶのはたぶん関西弁?XX君のお父さんとは決して言わない。XX君とこのおっちゃん、あしたいてるん?こんなカンジ)

・35年の永年勤続とかで商品券もらった。

 もうそんなになるのか。いろいろあったな。今もいろいろあるけど。エアコンでも買い替えよう。

・賞与もらった

 勤続年数×夏・冬=70回目のボーナスか。面談時に評価が上がったことを言われた。けど、苦しみ抜いて出張先のホテルで何度も仕事の嫌な夢を見たことや、真夜中に自分の動悸で目が覚めたり、思い出したくもない記憶の積み重ねだと思うと、たまらない気持ちになる。

人間の幸せは、お金じゃない。悲しいことはしないほうがよい。

・送別会

 部署の先輩の退職パーティーに行ってきた。定年+嘱託で勤続45。人生の半分以上を会社に捧げたその勇気の泉はどうやって湧き出たんだろうか。

・高知へ行ってきた

 かつおの藁焼きを岩塩でいただく、ただそれだけのために。ついでに市内近郊の低山ハイクも。頂上広場から土佐湾を見下ろしながら、脱藩浪士はどうやって京都へ行ったか考えてみた。脱藩なのだから、指名手配と同じでそうそう自由に往来できたとは思えない。道中、ローソンやセブンも無かっただろうし食事は?

・高知の帰りに香川でうどん食った

 学生時代を過ごした香川に、今のようなうどんは無かった記憶が。ある日を境にうどんが偉くなってしまったのか。店のはしごなどとんでもない。かけうどん(小)を食べて帰路につく。

・銭湯

 あいかわらず通ってます。風呂代毎月5,000円あまり。

・介護パトロール

 異常無し。会話の中で ん? となる瞬間は何度も訪れるけど、否定してはいけない。同調が大事。

・育児パトロール

 異常無し。ミルクだけで飽きもせず育つもんだ。生き物の不思議。

・父の日

 ハイキング用のレインハットをくれた。気持ちはありがたく頂戴しておく。けど、雨が降ったらカッパのフード被るから、ハットはどうしたらええの?

 

| | コメント (3)

2019/05/27

ココロに残ること、のこらないこと

6 

土日で、淡路島へ行ってきた。目的は野菜購入。あらかじめ目星をつけた産直市場を四軒はしご。早生の玉ねぎ、巨大なレタス、葉物を沢山。

近所のAEONに淡路島産の野菜を沢山見かけるので気になっていたけど、そうとうレベル高い。ズッキーニが安かったけど、料理の仕方を知らないので買えなかった。

折角なんで四国に渡り、「讃岐富士」登ってみた。登り1時間、下り40分のお手軽なおやま。けど、けっこう沢山の人が来てた。下山後、うどんを食べる。

40年前、この地で学生だったころのうどんと全然違う。大阪に帰省するとき、宇野~高松間・連絡船に乗ると、デッキにあるうどん屋に走っていった。

コシのないやわらかいふつうのうどんだったのに、なんで今はこんなに固いのか?

それにしても食が細くなった。うどんなら絶対「小」。サービスエリアに寄ってもセットメニューなどもはや過去の胃袋でしか太刀打ちできない。

しっかり食って元気ださなきゃな。

おしまい

 

| | コメント (0)

2019/05/13

三徳山

日記のカテゴリをあえて”二足歩行”にしなかったのは、ハイキングじゃなくて参拝だったので。

土曜日、ようやく車のタイヤを冬->夏へと入れ替えるタイミング到来。と言ってももはや自力でやる体力と腰痛への懸念で、Dラーに作業依頼することに。おまけに年間1人諭吉でタイヤを保管してくれるサービスも継続。午後一に作業開始して、小一時間で終了。まさかそのまま飲みに行くワケにもいかず、ドライブに行くなんて趣味も無いしどうすっかな、この晴天。

するとスマホを見ていた小池さんこれも唐突にこのまま鳥取へ行こうと提案された。そういば、朝の情報番組でなにやら紹介してたなと思い出した。すぐさま空いてる宿を検索。けど本当に便利な世の中だよなぁ。”宿探しは電話帳” ”宿探しは時刻表” そして公衆電話に走って沢山十円玉入れてみたこともない市外局番にダイヤルしたらまったくトンチンカンな宿のばーさん出てきて予約完了する前に電話切れる、、、という体験が懐かしい。

中国自動車道を岡山過ぎたあたりでおりてあとは下道をどんどこ。目に映る景色は全方位新緑で、ときどき藤の花の紫がアクセントになってて、春が終わった寂しさよりも、夏が近いってカンジが強いな。

で、三朝温泉。

費用を抑えるためにも、そして自分たちの胃袋相応の「夕食の品数・少な目プラン」ってのがあって、それに。

明治・大正・昭和の各時代に増築された部屋がそれぞれ旅行雑誌に掲載された宿だというのは、現地に着いてから初めて知った。そういえば、天井やカモイが随分低くて何度も頭をぶつけそうになったけど。

なにかにつけてこういいうしつらえを「古き良き」なんて枕詞をつけたがるけど、少しだけゆがんだ感じで景色が見える古いガラス戸や、やたらとサンの多い障子やぽろぽろ落ちるモルタル壁は、古さとちょっとの懐かしさだけで「良さ」なんて全然思い出せない。掃除のたんびにちまちまと雑巾で拭かされる子供の身にもなってみろって、そしたら古き良きなんて言えないから。

三朝温泉島のラドン温泉、温もり方が凄かった。あわや湯あたり寸前でセーフ。なんちゅう馬力のある温泉なんだろう。びっくりした。残念ながら晩飯直前に到着してしまったので、ぼんぼり電球に照らされた風情のある温泉街の散策ができなかった。

なので朝風呂のあとにぶらぶらしたらば、そこにあったのは「当時は随分栄えて賑やかだったんだろうな」という感じの寂しい街並み。

けど、また行きたいな。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/05/08

のうぜい

久々の、日記連投。

働いては納め、住んでは納め、乗っては納め(プラス ガソリン入れては納め)、腹いせに酒を買っては納め、どこまでも追いかけてくる影法師のようなあなたは、私の未来を本当に明るく照らしてくれるのかね?

苦しみにあえぐ声はいつも「税税」。

 

| | コメント (5)

2019/04/26

寝てました

飛ぶように一日が過ぎてゆくので、自宅のPCを立ち上げて日記書く余裕もなく、仕事して家帰ったら家事して寝るの繰り返しで、人間みな平等に24時間あるってのは「嘘」なんじゃないかな。実は酒もあんまり飲んでない。始業開始とともに隠れていた狙撃手から一斉に撃たれるような勢いでメール/電話/ネット電話がかかってくるので、始業前の7時過ぎからオフィスに居るようにするには、前の晩に飲むと早く起きられないから。

まさか、こんなことで酒の量が減るなんて。

直近の出来事。

「食中毒で寝てました」。

火曜の早朝、お腹が痛くて目が覚める。ヨロヨロと便所に向かって座るなり本来「カタチあるもの」を出す筈が、、、、。そのうち吐き気までしてきた。かろうじてそれは押さえていたら手足がどんどん熱くなる。なんだこれはいったい?ともあれ、自分の意志では出るものを止められるスベもなく。

ようやく一区切り。あまりに体が熱いので測ってみたら40ドシーに目を疑う。

真っ先に思いついたのは「インフルエンザ・アゲイン?」ってこと。ヨロヨロと布団に戻ると今度は小池さんが飛び起きて便所に走る。そのサウンドから(狭いアパートなのでまる聞こえ)自分と同じ症状だとわかる。それからは起床時間まで交互に便所へ走ることに。緊急事態に備えて、便所は人間の数だけ必要だと分かった。

 

どうしても休めない&自分ほど熱高くないってことでそのまま出勤した小池さん、あんたやっぱりスゲェわ。

自分はというと、”こいてはいけない屁”を我慢しつつ熱で朦朧とする意識の中必死で自転車こいで近所の胃腸科へ。待合室でも、”こいてはいけない屁”を必死でこらえて順番を待つ。診察中も当然、一時も力を抜いてはダメだ。”こいてはいけない屁”に何度も脅かされつつ診察を受け、薬を貰い、家路につく。そしてトイレへ直行し、”こいてはいけない屁”を一気に解放。

あとは布団と便所の往復でこの日を終える。

水曜も同じく。

木曜昼まで同じく。午後から休めない仕事があり、”こいてはいけない屁”もようやく落ち着きを見せ始めていたので、勇気を振り絞って出勤。平成も終ろうとするのにこんなヨレヨレでいいのかと。何に当たったのかは、現在検証中。

あとは何してたっけな?

長男業務したり、ローラー娘のちびっこの面倒見にいったり、よくもまぁ次から次に用事が生えてくるもんだ。

家にいないので、宅急便なんか全然受け取れていない。宅配BOXとかほしいなぁ、、、アパートに設置してくれへんしなぁ、、、。

明日から10連休だけど、連休明け初日「今日はまぁリハビリ程度に」という文字がSNSに散見される中、朝9時から事業計画会議で前後左右・上下斜めから殴られ、仲間だと思っていた人たちに後ろから刺され、梯子を外されるるんだろうな。(サラリーマンあるある)

連休の天気、よいといいな。

お腹も壊しませんように。

みんなが楽しい連休になりますように。

                                            連休明けの事、少しでも忘れて遊べますように。

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

より以前の記事一覧