2018/08/06

エアコン発明した人は偉大

”エアコン”と言うつもりがつい”クーラー”と口を滑らせてしまう年代です。

大阪淀川花火を見にいくと、腹のデカイ人から連絡が。うちのアパートは淀川沿いにあるので、そっから見る花火を当て込んでの連絡だろう。デカイ腹で駅から歩くのも不憫に思い、車で迎えにいってみれば、わずか2か月の間に、腹のデカイ人からものごっつい腹のデカイ人になっていた。

最初はベランダから見ていたが、あまりの暑さに耐えかねて、途中から室内に退散してガラス窓越しに見ていたようだ。こちらはすでに酔っぱらっていたので途中から記憶無し。

日曜日、暑さで目が覚める。
しかしこの日はどーしても六甲山でやっておかねばならない事があったので、小池さんと終始無言で山に向かう。途中、JR尼崎駅・改札横の店で、掛け蕎麦を食べて、不必要ともおもわれるほどの塩分をチャージしておく。
時間は午前9時。外出禁止の猛暑の中、六甲なんぞ登ろうなんてア○は自分たちだけだろうと思っていたが、芦屋川の駅前にいたのは、自分たちと同じく熱中症をものともしない○ホの大集団。

毎度の登山口につくまでなんべん日陰で休憩したか。

森の中に入っても暑さは大して軽減されず、もうこれ以上毛穴開きませんちゅうくらいの発汗。
そして用事を終え、とっとと下山。しかし我々が遠のく意識の中フラフラになって下山してるというのに、まだ登ってくるア○の一団が途切れない。

死にたいのかな?

駅についてもしばらく動けない。急行電車にのる気力もわかず、各駅停車でぐったり揺られて梅田まで移動。
駅ナカの定食屋で生中をゴリゴリとしばいても意識回復せず。
帰宅後、自宅のクーラー総動員してチンチンに冷えた缶酎ハイを胸に抱き、そのまま朝まで。
なんと驚愕の

17時消灯。

ええ歳のおっさんとおばはんが見事に熱中症になりましたと。

| | コメント (2)

2018/07/30

耐えてみた

晩飯食ってる最中、なぜか腹がゴロゴロなり出したので行儀悪いけど、中座。
戻って晩飯再開し、いろいろ完食。ちょっと食いすぎたかな(普段比)と思っていたら、また腹がゴロゴロなりだしたので、個室にこもる。

ブツを出すには出したが、痛みのレベルがどんどん上がってゆく。ついには”頭からサイダーをかけられたような”あの感触、つまり冷や汗だとか貧血起こしかけるだとかの、あの感触が起こり始めた。
数年前の「尿管結石」の映像がフラッシュバック。洋式便器に座っているものつらく、ケツ丸出しで廊下に這い出してころげまわったあの映像がフラッシュバック。

どうする?救急車呼ぶか?けど、せめてケツ拭かなきゃ、クソまみれて担架にも乗れまい。

なので、死力をつくしてケツを拭く。

(小池さんはとうのむかしに酔っぱらって寝ているので、助けを求められないし、もとより”救急車に乗るときは一人で乗って一人で帰ってくること”が我が家の掟なので)ここはクソぢから、、、違う、ババぢから、、、、違う
ともかく、便所の手すりにしがみついて、声にならない声を押し殺してひたすら耐えた。途中、あまりの気持ち悪さに食ったもんを吐く始末。

一端便器からおりて顔突っ込んで吐いてまた便器に座るなど、洗面器持って入らなかった自分を呪う。

あと一回、ビッグウェーブきたら119番しようと決めて数分後、なんとか収まってきたので便所から這い出してしばらく廊下でマグロになる。うまくケツ拭けてないかもしれないし流し忘れてきたかもしれないけれど、もうそんなことかまってる余裕なく、そのまま朝まで。

あれはいったいぜんたい、なんだったんだ。。。。

| | コメント (2)

2018/07/25

半ドン

病院の手違いで、診療科の予約が流れてポッカリ穴が開いた。じゃぁ仕事するかという事は絶対無くて、午後半休を流すほど善人じゃないから、そのままフラフラと街へ。

読みたかった文庫を本屋で数冊買ったあと、阪神百貨店のリニューアルされた「スナックパーク」へ行く。

相変わらず”イカ焼き”凄い行列。立ち食いのカレーにしようか、立ち食いの寿司にしようか、ウロウロ。
先日の事、ここで小池さんとエビの天麩羅をアテにビイル飲んだことを思い出し、同じ店でエビ天丼(500万円)を食べることにした。注文してから揚げるので、足踏みしながら待つ。イートインスペースに持っていって一口。

この悪意に満ちた「みりんの入れすぎ」た天つゆはいったいどーゆーつもりなんだろう?

ぢっと手を見る、、、じゃなくてじっと天丼を見る。気のせいに違いないと思ってもう一口。
おもわずベロの中央がすぼんでいく、あの突き刺すような感覚。

ま、こんな日もある。

お袋のホームに立ち寄る。エアコンの効いた室内は別世界。調子は可もなく不可もなく。どちらかと言えば不可。
溜まってる郵便物が気になるので、住んでたマンションの部屋もパトロール。あるじの居ない空間は外の酷暑がウソのように薄暗くてヒンヤリ冷たい。

自宅に戻って次は銭湯へ。
さすがに平日夕方だと人は少ない。水風呂の温度もなぜかヌルメ。
脱衣場の天井に回る羽根だけでは物足りず、扇風機を独占し、パンツいっちょうでスポーツ新聞を読む。
傍らにやすもんのビイルも。

こんないちにち。

| | コメント (0)

2018/07/23

真夏の断捨離

先日の日記に書いた、共用廊下にあるメーターボックスが再び使えるようになり、再び中身を塩漬けにするものなんだから、思い切っていろいろ捨ててみた。

まだまだ出てくる自転車の部品の数々。あと大きな物としては車の屋根に自転車を搭載するキャリア一式とか。
今の車にはサイズ合わない。合わないといえば、タイヤチェーンも。これも合わせて廃棄。
タイヤ交換用に買った油圧ジャッキどうしよう?2トン近い車を自分で上げる事なんて、この先あるんだろうか?

汗だくで掃除して、そのあと、お袋誘って回る寿司屋へ。
久々の外出らしく、キョロキョロ。まだ経度の認知症なんで特別に自由に単独で外出できる許可は貰っているのだが、連日の猛暑のため、グループホームの方が熱中症を心配して、本人もそれが気がかりになり、全然出歩いてないらしい。

高齢になると、さまざまな理由で世界が小さくなっていくんだなぁと思った。

| | コメント (0)

2018/07/20

センサー、ブヨ

先々週の山の帰り、自宅近くまで帰ってきたとき、車に装備されている”排気ガスの異常を知らせる”ランプが点灯した。事前に情報を得ていたので、ああナルホド、これが噂のO2センサー異常ってやつかと。

面倒くさいが、ディーラーに持っていって装置のリセット。ジーゼルエンジンの排気ガスの無毒化(?)って凄い技術らしいってことはわかるが、メカの人の説明->

「O2センサーの汚れが基準に達したので、警告灯が点灯しました。よってセンサーを洗浄し回路をリセットしました」。聞き流せばなんてことない話しなんだけど、自分も小池さんも業種は違えど(そして老いぼれてはいるが)エンジニアの端くれ・・・なーんか論理矛盾を感じたまま帰宅。

「O2センサーがフィルターの汚れを検知しましたので、フィルターを交換しました」なら納得。
走行1万キロ毎に点灯するという話。面倒くさいなぁ。


話題は「ブヨ」へ。

もう、なんか知らんけど山いくたびに刺されまくり。人間が彼ら(彼女ら?)のエリアに足を踏み入れてるから仕方ないけど、毎週刺されては痒みに悶絶し、また刺されては悶絶するの繰り返し。(ちょっと慣れてきたのも事実)


| | コメント (6)

2018/07/18

いつものやつ

山から下山後、一週間くらいはすがすがしい気持ちで生きていけるんだが、そのあとがいけない。毒が溜まる一方。まぁ仕方ないか、、、。

Img_1990

岳沢でひさしぶりにピーマン肉詰め(コンビイフの)を作ってみた。日清焼きそばにも会うので、ピーマンのシャクシャク感とか青臭さが山では腹に沁みます。

Img_2074_2

”海の日”のモーニングはここで食べなきゃ。今回はマフィンを焼いてシーチキンと魚肉ソウセイジ乗せてみた。背後にある高級ホテルのテラスからはさぞ奇異な光景に見えただろう。目の前を猿の群れがチロチロ視線を投げかけながら通過してゆく。

メモ:
・以前はあった筈の「冷えた白ワイン」が河童橋売店では絶滅していた。これからはボトル買って梓川でマイセル フ冷蔵しないといけない。
・小梨平キャンプ場併設の食堂、おでんとぶっかけ蕎麦食ったが、なかなかの味。バンガローとか貸テント予約
 して山見ながら飲み倒して”魂洗濯”するのは凄くおすすめ。

55333479363616

今回一番のトピックはこの写真。15日の夕方四時前、沢渡バス停行きの行列の最後尾が、、、河童橋。に、我が目を疑う。(もちろん、タクシー乗り場も凄い行列)。
駐車場に戻るなら、正午前後にしないとダメだな。

Facebookのお節介な機能の一つに「X年前はこんなことがありました」ってやつ。ちょうど七年前の同じ日に、何も知らなかった自分を・自転車仲間の二人が槍ヶ岳に連れて行ってくださったが、その時履いていた靴は、なにも知識が無いまま買ったので、渓流に突っ込んだ足が自分だけびしょ濡れになってしまった。
大阪に帰るや否や専門店に飛んで行って、ちゃんとした靴を買ったのはゆうまでもない。

その後、靴底を張り替えること2回。
Img_2081


Img_2082_2
今回の旅で引退させようと思う。へぼへぼな自分の足元を支えてくれてどうもありがとうな。数えきれない思い出支えてくれてありがとうな。

| | コメント (4)

2018/06/28

引っ越しと次への目標

火曜の午後に半休とって、ローラー娘腹のでかいヒトの引っ越し荷物受け入れ作業してきた。
新居はアマ(尼崎)の某所。築年数は新しくないが、壁紙とか張り替えてあり、広さもまぁまぁ。背伸びせず、身の丈にあった家だったのでちょっと安心。夫君も営業の仕事をコッソリ抜け出して、顔だしてくれた。
入社三年目で多忙な営業の仕事だと、なかなか有給取りずらいんだろうな。

そんな状況踏まえて、普段一人で家事・育児やっていけるんだろうか、、、腹のでかいヒトは。
(いや、そのトキはすでに腹でかくない筈)

Img_1808
ウォシュレットの取り付け・移設はかれこれ8例目ぐらいやった。いずれも漏水テープをきっちり巻くこと、ゴムパッキンはけちららない事がキモだ。

さて、自分自身の事もそろそろ考えねば。
一連の引っ越し騒動も一段落だが、お袋のグループホーム入居でまだまだ心配事が絶えない。自分の仕事もあいかわらず。昨日の産業医のメンタル面談の中で、最近山行ってます?と聞かれて、そーいえば無暗に温泉行ってるけど、全然山登ってないなと。有酸素運動してないなと。平日運動するというのは生活や気分が荒れてないからできるのであって、そんな考えすら起こらないってのは魂が健康じゃない証拠だ。

ちょっとここらで山の事考えなきゃと思って昼休みに本屋に行ったら、”槍ヶ岳に登る”本ばっかり売っててヒャーってなる。今年は槍ヶ岳を人で埋め尽くそうって魂胆なのか、、、。小槍は行きたいけど、大槍はもういいかな。
本谷をつめて北穂池経由で北穂登りたい。
岳沢からトリコニー登って奥穂行きたい。
ひょうたん池から明神岳通って前穂行きたい。

だけど一年近く、クライミングの練習はおろかロープに触ることさえしてない。六甲山も随分(?)歩いてない。
なので、今週末は”ちょっと”ハイキングに行ってみるつもり。どれだけ体力落ちてるかを認識するためにも。

早く週末こやんかな。

| | コメント (4)

2018/06/25

二年間

青森旅行から以降、なんかめちゃくちゃ忙しかった気がする。
小池さんはそのまま東京に滞在してそっちのブランチで仕事、夜はローラー娘のアパートで引っ越しの荷造り。
自分は大阪の自宅に戻り、長男業務、そして仕事では毎日冷や汗かいて偉い人たちから叱られて、だれの幸せにもならないつまらない資料ばかり作って、夜は定年で退職された先輩の送別会やら、自主都合で退職する後輩の送別会やら。

事情は違えど、みな、沈没しかかってる船から脱出していく。そんな状況の中でも来年度の内定者向け説明会を社内ではやってるので、いったい真実はどこにあるの?ってかんじ。

土曜朝一の飛行機でローラー娘のアパートへ飛んだ。

Img_2319
不動産屋を巡り、ニトリやホームセンターで家財道具を買いそろえ、理解不能の取説読みながら必死で家具を組立て、精根尽き果てて引っ越しを慣行したのが、
ついこの前の出来事みたいに感じた。当時も全然引っ越しの戦力にならなかったが、この日も”腹のでかいヒト”は猫の手ほども助けにならず。。。

Img_2336
この世にタイムマシンは存在しないけど、時間を巻き戻すような既視感ってあるよな、、、。空っぽになった部屋をぼんやり見てそんなことを思った。

Img_2340

大量のゴミを出し、大家さんに挨拶して、不動産屋の手続き終わって、メンバー全員でせっかくだからと記念撮影。そうそう、凄く当たり前のことなんだけど、不動産屋の手続きしてる最中、なにかの書類に署名するんだけど、そこには自分とは違う苗字書いてあった。

もう、”ローラー娘”じゃなかったのをすっかり忘れていたので、ちょっと寂しかったり。
けど、関西に帰ってくることだししかも”あま(尼崎)”だし、おもろくなるかも。

でも次引っ越すときは絶対自分らでやってくれ!

おしまい。


| | コメント (9)

2018/06/12

1万キロ

Img_1698
梅雨空を突く、槍ヶ岳が美しい。

またもや奥飛騨へ行ってきた~。
もう、こうなると中毒も重症化。車中泊だから宿泊費はかからんけど、車はタダでは走らない。
正月明けに納車して、半年を待たずに1万キロを超えた。燃費がすこぶるよくて、リッター20ほど走る。軽油が118円としてざっと60,000円ほど内燃機関に投入したことになる。
1万キロといえば、自転車乗ってたときの年間最低目標値。残業して、出張行って、子育てして、酒飲みまくって、残るリソースをサドル生活に突っ込めば、

そりゃ疲れるに決まってる、、、か。

話しを戻すと、今まで”趣味はドライブ”っていう人の気持ちがよくわからなかったけど、ここへきて、なんとなく同調している。盛りだくさんの運転支援センサー類のお蔭で、ぼんやり(しっかり前は見ているけれど)景色を見ていたり、少し考え事したり(集中は切らさずに)、走りながら見え隠れする北アルプスの山並みにみとれたり(ハンドルはしっかり握って)、

車なんて下駄やん、、、と思ってきたココロにちょっぴり変化が。

目下の悩みは、三年後の車検でいくらかかるんだろう?
五年後の車検の時は定年迎えている筈だから、維持費の捻出どうしているんだろう?

それにしても長らく「縦列駐車」をしていない。もうできる自信ないわー。


| | コメント (8)

2018/06/04

五月が終わってた

Img_2124_2
自分と小池さんの出張で泊まったジャランポイントが、えらいことになってたので、奥飛騨に山を見に言ってきた。けど、これは五月後半のこと。今年こそあの山登りたいとおもうけど、どうなるんだか。

五月最終の水曜日、メンタルヘルスのカウセリング受けてきた。
自分がカウセラー側の立場では相談相手の内面まで理解できるはずないなと、今更ながら気がついた。
相談は多岐にわたり、、、つまり、悩み多い年頃ってこと。歳をおうごとに、経験値が増え、そのために心配性が強くなるのは誰しもあるけど、自分はそれがより強いみたい。そして、こうなったら嫌だなとおもうと、どんどんそっちに物事が進んでしまう。どこかで断ち切らないとダメだな。

月が変わる。
カレンダーをめくるたびに、なんていうのか、ひどい一ヶ月だったなぁ、今月はどうかなぁって思うのも少々どうかと。

1日は創立記念で午後からボーリング大会。
ギリギリ、スコア100。まぁマァ楽しかった。そのあとは嘱託の先輩誘って立ち飲みへ。
立ち飲み行ったことないって言うのでお連れしたけど、居酒屋のように次から次へとアテを注文するのには参った。食べるとこじゃなくて飲むとこですよと言ったんだけど、まぁいいか。

Img_2125_2
土曜日、納車後半年点検でディーラーへ。月平均2,000キロ近く乗ったけど、快適そのもの。オートクルーズのできの良さと燃費の良さと軽油の安さ(ハイオク比)の恩恵か。ディーラーのある西宮で昼飯探し。ここのチャーシューメン食いたかった。

まだ開いてません。

Img_2126_2

土曜の夕方、お約束のように銭湯へ。自分の行動パターンは、かけ湯→浅い湯舟→体洗う→頭洗う→ひげを剃る→ジェットバスで背中ほぐす→サウナ→水風呂→サウナ->水風呂->浅い湯舟で100数える→脱衣場でぼーっとする。

これで1時間。440円はほんま安いと思う。このすぐ近所にもう一軒、薪で焚く銭湯あったのに、最近閉店してしまった。そのうち銭湯難民になったら困るなぁ。

Img_2129_2

日曜日、兵庫県の出石へ蕎麦を食べに行ってみた。町のはずれに見つけた店が大当たり。けど、出石蕎麦特融の「生卵」につけて食べるのだけはいただけない。蕎麦の風味が卵に負ける。

ま、こんな感じで一見平和。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧