2021/02/09

意地になる

どっこも行ってません。

「もー、ほんまのほんまにどーっこも行ってません」。

Img_7323

節分だった日、納豆巻きを作って、大阪の夜空に向かって軽く豆を撒いたのみ。

Img_7334

外食への興味は皆無に近い。ココナツミルクをもはや毎週のように摂取する。

Img_7401

悪化する腰痛対策で座布団購入。買い物は、近所のAEONに朝7時開店と同時に忍び込むように入店し、必要最低限の物だけを素早く買ってダッシュで帰宅。我ながら、ここまで感染拡大防止に努めねばならんのかと思ったりもするが、去年のような虚無感満載のGWや夏休みはもうゴメンだから、今はとにかく沈殿するしかあるまい、、、と。

酒だけは、相変わらず、日々自粛して、、、おりませぬ。

 

| | コメント (5)

2021/01/31

密なんかないよな

一週間の思い出し日記。

Img_7251

ターメリックライス炊いて、チキンキーマ作ってみた。温泉卵は、沸騰したお湯に卵置いてコンロから外して13分放置。次は15分にしよう。

Img_7312

日曜日の気温6度、前日の夜に「日本狼は絶滅していない、現存している」なんていうのを読んでしまい、このあたりにも茂みに潜んでこちらをじっと見つめているんじゃないかという妄想しつつ神戸港をぼんやりみる。この季節、すれ違うハイカーみんなから奇異な目で見られたけど、思うほど、半ズボンに裸足は寒くないのです。そんなことより、寒風に肌を出すと寒いと感じられることが幸せ。遊んでいる時は本当に楽しいなぁ。

Img_7317

大阪国際女子マラソン観戦グッズを用意して、ゴールまでなんとか寝落ちしないよう頑張るつもり。

ああ、イカの塩辛食べたい、、、。

Img_7271

早くも「うーちゅーぶ」の楽しさに目覚めてしまった孫氏。

この時代に生まれて生きていく人は、当たり前の光景になっていくんだろうか。複雑な気持ちではあるけど、誰かが楽しいと思うことを一緒になって楽しいと思える気持ちは大事かもしれない。

でも、いい天気の日は、公園行こうな。

 

| | コメント (0)

2021/01/20

出勤してみた

もう、永久に行くことはないだろうと思っていたオフィスに行ってきた。スーツやビジネスシューズはすでに処分したので、全くの普段着。

そもそも、コロナ禍に突入する少し前に「DX企業たるもの、今更スーツにネクタイもあるまい」という妙な大本営発表で、ある日突然私服通勤になったので楽といえば楽(ワイシャツの洗濯代が浮くので)。

定期が無いから自販機でえーっと何円やったかな?と運賃表を確認して切符を買って、えーっと、あれ?あれ?何両目の何番目のドアから乗れば一番改札に近かったか思い出せないことに愕然となる。

以前の様に大勢の乗客で熱気ムンムンとまではいかないものの、そこそこの人数が乗っていることに驚いた。

「在宅してない(できない)人って、こんなにいるんや」と。業種的に現場でないとできない仕事ならまぁ仕方ないかな。在宅用に全社員にPCを配布、ー情報漏洩のリスクを減らすために、FAT-PCはごく限られた社員だけに配布ー、ー残りの全員には仮想クラウドPCを配布ー、会社へはVPNで接続して4万人が一斉にアクセスしても速度低下のないぶっといNWインフラを構築、、、仕事のスピードに道具の準備がまだまだ追いつかない会社はたくさんあるんだろうな。

ハンコも捨てた、名刺も捨てた、自分を表すものって一体なんだろう?まさかパソコンのIPアドレスが自分のアイデンティティだったりして。。。怖。

Img_7237

子供の頃は「ダイエー京橋店」だった場所も今やこの通り。昨日と同じ風景や匂いが今日もあるなんて保証はどこにもないかな。

無人のだだっ広い異空間の様なオフィスで作業をした帰り、酒買ってみた。

Img_7227

冷え切った両手を擦り合わせながら熱燗を舐めるのも美味いが、寒い寒いと言いながら玄関のドア開けて暖房ガンガンに効いた台所でちんちんに冷やした生貯蔵酒を飲む醍醐味と贅沢。

日本酒は、どこで飲んでも美味いのです。

 

 

| | コメント (2)

2021/01/02

どうか、地球を

さっき、近所の神社に初詣に行きました。去年はゲップが出るほど使った気がする「三密を避けるために」という言葉を年明けに忠実に守る。何のため?誰のため?色々考えながら10円玉を賽銭箱に投げ入れて自然と祈ったのは

「どうか地球を助けてください」。

2020年は、あっというまだった気がする。気がするだけじゃない、コロナが宇宙全体の回転速度を変なふうに早めたと思う。

ブログの便利な機能を使って、去年を振り返ってみたら、3月中旬から在宅がスタートしていた。まぁGW明けには元に戻ってるんだろうなと軽い気持ちで日記を書いていたけど、現実は未だトンネルを抜けていないばかりか、出口の光さえ見えない状況。

在宅テレワークについて。

・朝7:30にはPCの電源を入れる(自動的にタイムカードが切れる仕組み)。ヘッドフォンをかけ、付属のマイクを口元に当て、目の前の見えない相手と会議をし、昼になったら飯を作り・食い、午後も会議をしながらプログラムのコーディングやソフト開発し、夕方17:30にPCの電源を切る。

・かつて、朝8:00に出勤し、夕方17:30から会議、21:00にオフィスで晩飯を食い、夜中1:00ごろお菓子を食べながら製品の試験をこなして明け方5:00ごろ打ち合わせ資料をかき、9:00から会議。昼飯を食い夕方18:00まで開発作業と打ち合わせで意識朦朧としながら20:00退社。服を着たまま布団に入り、数時間後に出勤、、、。

・こんなことを30年近く繰り返してきた社畜生活が一変。

・テレワーク中、時には自宅を抜け出して前の公園でウクレレ弾いてみたり、自宅アパートのベランダにゴザ敷いて寝転んでみたり、過去の会社生活と通勤は一体なんだったんだろうと。

・ほんの数分で治療が終わる歯医者のために、有給をとったりするもの過去の話。テレワークの隙間を見つけてプラ〜っと行って帰ってこられる。お袋のホームの用事だってプラ〜っと行って帰ってこられる。ほんのわずかな仕事の隙間を使って色々な用事をこなせる。

・その反動(贅沢ではあるけれど)、たまの休日とか有給とっても有り難みが減ってしまった。「昨日は打ち合わせもなかったし、急ぎの仕事もなかったから、ベランダでぼーっとしてたな」なんて日も実はあったり(すみません)。

暮らしについて。

ローラー娘が孫氏を連れて帰ってきちゃったので、今は小池さん含めて4人暮らし。

毎日賑やか、毎日大騒ぎ。もう子育ては2度とごめんだ、これからは夫婦二人でのんびり好きなことして生きていくぜと思った矢先の出来事。

不景気、コロナ、ただでさえ大変な時代、シングルマザーが簡単に就職して生活していけるとは到底思えない。けど、これも人生。どんな生き物にも物語があるように、この先の我が家の物語の追い風向かい風を、オーディエンスの一人のように楽しんでいこうかと思う。

 

 

続く

 

 

| | コメント (6)

2020/12/21

電動自転車

趣味として乗っていた(しかも狂信的に)自転車の”お道具”も、ほぼ断捨離終了。物は無くなっても思い出が無くなるわけじゃないから大丈夫。

だけど、新たな自転車購入。

いわゆる「電動二人乗り」。坂の無い町なので、電動がアシストしてくれなくてもいいはずだが、まぁこの先のローラー娘の暮らしぶりも、いい方に加速していけばいいかなと思って。

手続きを終え、車に積み込むとき、あまりの重さにひるんだ(約30キログラム)。その刹那、腰に激しい痛みが。

この年齢でぎっくり腰は三倍増しでつらいが、寒風をものともせず早速・大阪市内サイクリングに出かけた様子が家族のLINEに飛んできた。

W_20201221132601

どうして熟睡できるのだ?さむくないのか?いいなぁ、わかい人は、、、、。

 

| | コメント (4)

2020/12/05

隣の芝生の色が気になる

Img_6967

自宅アパートの「ラボ(だいどこ)」、水栓の調子が思わしくない。30年近く使っていればくたびれるのも仕方ないか。

以前、給湯器を施工してもらったところへカクカクしかじかとメールで見積もり依頼してみたら、すぐに返信があり「既存設備の写真を送れ」と。快諾し、上下左右の写メを添付。すぐに返信があり「分岐している食洗機の仕様を送れ」と。これも快諾し、写メを添付。すぐに返信があり、XXとXXの写真を送れと。

「もうええわ」。

見積もりしようとした水栓に重大なバグが見つかり、根本対策をしつつβ版の取り付け準備してる、、、わけないよな。

気楽そうな仕事でいいなぁ(悪意を込めました)。

Img_7020

気を取り直して、あいがけカレーの昼飯作ってみた。南インド風になるように、ココナツミルク投入して煮込む。しかし早くもバスマティライスに飽きてきた。やっぱり米は日本米だな。

そのほかの今週のトピックは、車を車検に出した。そしてそれだけならなんの事件でもないけど、「ディーラーが年内で無くなる」という珍事。

新車を買って初めての車検でこれから色々世話になることもあるだろうと思った矢先。。。

経営法人がこの車のメーカーから撤退するので、必然的にディーラーも消滅。別の法人が同じ建屋で継続しますと手紙来たけど

「もうええわ」。

そんな感じの一週間でした。

 

| | コメント (0)

2020/11/25

近所GOTO

Img_6949

遠くへ行かない三連休の話。土曜日、曇りで肌寒い日に一人で六甲山へ岩登り。在宅続きでどんどん体力落ちてるのを実感。結構ショック。

Img_6955

日曜に、近所の淀川へ散歩。連れて行った孫氏は、延々、延々、淀川の埋め立て工事に夢中で取り組む。背中丸いよ、、、。君が大人になった時の世界は、病気や震災、紛争の無い静かな時間ばかりだといいね。

Img_6959

月曜は、スパイス活動。だんだん玉ねぎの微塵切りが横着になってきた。包丁研がなきゃ。

Img_6965

基本のマサラに市販のルーを混ぜるというレシピ。

Img_6963

あまりに簡単に味が決まってしまってコクも出てしまって脱力。企業が日夜研究し尽くした実力を思い知る羽目に。

あとは、一月ぶりにホームのお袋に会いに行ってきた。普通に会話が成立しててホッとしたり。でも、クラスターを発生させないようにとホームの方も相変わらず厳戒態勢。頭が下がるが、やはりここままじゃまずいなという思いが。

最近、全然本読んでない、音楽聞いてない、映画みてない。

これじゃあかん。

なんとかしなきゃな。

 

| | コメント (2)

2020/11/07

ありがたい出来事

Img_6844

文化の日に、志摩スペイン村へ。大人一人「5000万円」の入場料が痛すぎるが、この施設もコロナで随分苦しんだであろう。

ローラー娘が小さい頃に何度か訪れて、ああもうこれで来ることは一生ないだろうと安堵したが(体力的にも財布的にも)、よもや歴史が繰り返されるとは。

昨日は午後から有給にして、車の夏タイヤを冬タイヤに交換してきた。今までは、Dラー頼みだったが、工賃が一気に高沸し(何故だ)、最近よくある「タイヤ交換専門」店へ。ネットでの評判の良さとか家から遠くないと言うので予約して約束の5分前に到着。

あれ?店舗のシャッター閉まってる。個人経営なんで昼飯でも食ってるのか?と思い、近所を周回して時間を潰す。

一周、二周、三周、、、あれ?後何周したら店開くねん?とだんだん不安になってきたので、電話で確認。すると「留守電」が寂しくなるばかり。

予約したのにひどい仕打ちだと絶望しながら車を走らせる。どこかで昼飯でも食って元気出そうかなと。

たまたま信号待ちで止まった瞬間、道路脇に外見がパッとしないタイヤ販売店が目に入った。時間を持て余していたので冷やかしでもええかと車を止めて店に入る。付近にはナンとかバックスやイエローナンとかなんて言う大手カーヨー品店があるので、そっちの方が良かったかな?

なんて思いながら。

「すぐ作業やります」と言う一言、あとは少数精鋭の従業員がどの人も気持ちの良い対応してくれるし。沈んでいた気持ちが一気に盛り返す。

作業の合間に飯食ってると、ソデにされた交換専門店から平謝りの電話とメールが。次回は半額でやらせて欲しい、大変申し訳なかったと。

人間だもの、ミスはある。そのミスに大して誠心誠意ごめんなさいと言う気持ちと言葉って大事だし、それが伝わってきたこと、そして偶然見つけた店で親切にされたこととで、

暗黒の1日になりそうなところが、急上昇。「優しい気持ち」は地球がぐるぐる回るのに大切な原動力の一つだしな。

Img_6865

この優しい気持ちをお裾分けしたろと思って、孫氏と公園に行ったら、蚊に献血することになった優しさを炸裂。

うーむ、、、爪で十字に突くにはまだ早いか。

 

| | コメント (7)

2020/11/04

背中、沢山。

F

月が替わって最初に行ったのは、ホーム銭湯ではなくてアウェイ銭湯。最初は、「サウナも無いし、水風呂も無いし、タイル絵も小さいし、なんか地味やなぁ、、、」と思いながら通ったけど。普段は夜7時過ぎに行くと、ほぼ貸し切りもしくはあと一人か二人しか居ないのに、この日は祝日で夕方4時に行ってみたら、背中の数が12もあった。

12の背中に12の人生ってやつか。

みんなそれぞれいろいろな問題を抱えていたり、楽しい事がこの日にあったり、いろいろな背中を石鹸の泡で洗い流す。

この銭湯はなんといっても「電気風呂」に尽きる。小学生のころ、家に風呂が無かったので毎晩友達と銭湯でやりたい放題の日々。

電気風呂の電極に股間を押し付ける根性比べをして、あわや感電死すんでの経験をして以来、50年ぶりに恐る恐る片足から入ってみた。

当時の電圧の感触を覚えているはずもなく、なんかよくわからんけど、今となってはエレキテルに酔いしれる心地よさよ。

| | コメント (0)

2020/09/12

箱に惚れちゃいました

P1080299

山とか便所とかで、スマホの遭難を未然に防止したくて、いろいろと後付けのストラップを探していたら、筐体に直接ねじ止めする金具を発見し、買ってみたお話。

送られてきたのは、小さな金具とネジが二本、黄色い紐一本。これだけなのに、値段を知ったら「アホちゃうか」と思わんでもないが。

Img_6558

封筒の質感から、「ただものやないな」という匂いがぷんぷん。

Img_6554

中から、段ボール現る。工作は苦手だが、なぜか段ボールに心ひかれるものがある。

Img_6556

パカっと開けるとこんな感じで部品が梱包されてた。なんかもう衝撃。部品のユーザビリティはもちろんの事、梱包材含めて「インダストリアデザイン」です!です!とダンボールが胸を張っているかのごとく。

Img_6557

ワクワクするもんを作るっちゅうのは、なかなかできやん事なんで、自分も不自由なエンジニア仕事の渦中ではあるが、まだまだ勉強せねばと。

おまけの写真。

Img_6553

ヨーグルトは顔に塗るものではないと思う。

 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧