« 背中、沢山。 | トップページ | ありがたい出来事 »

2020/11/05

雪彦山、紅葉ちょっと手前

姫路の里山へ。

Dsc00402

白線が登ったルート。駐車場から「山ビルの巣窟」をビクビク怯えながら足早に通過し、陽の当たる取り付き地点にたどり着くと、前のグループが登攀準備していた。大量のカラビナを用意している姿に、そんなに沢山要るんだろうか?と疑問に思いつつも、山なんてどこを歩いても(自己責任)いいのだし、道具は足りないより余る方がいいのだろうと思い、静観。

Dsc00378

けれど、その後、先行グループのルートミスやらロープの流れがおかしいことをマイスターが指摘していたのを聞いて、それを反面教師にすることに。山登りに正解なんかないけど、生きて帰ることが一番正しいんだろうな。

Dsc00383

高度を上げていくに従い、どんどん里の風景が小さくなる。視界一杯に秋が広がっていく。このあたりからスズメバチがブンブンパトロールしててちょっと怖い。

Dsc00386

最終ピッチを見上げる。左側の赤い人は日陰で寒そう。自分たちのルートは左上の黄色い人のあたり。

Dsc00400

50メートルロープ 6ピッチで頂上到着。在宅勤務でPCのマウスしか握ってないから、クライミングで岩を触っていると手が腫れて痛い。

今年は木曽や長野の山に一度も行けなかったので、もう、山登りはいいかなって思ったりしたけど、登れば見える景色が、また来なさいと言ってくれた気がしたので、コロナとうまく付き合って登り続けたいかな。

おしまい。

|

« 背中、沢山。 | トップページ | ありがたい出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背中、沢山。 | トップページ | ありがたい出来事 »