« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/22

久しぶりの垂直

Img_6257

久しぶりだから全然登れやんだろうなぁと最初から諦め気分で行ったら、、、登れてしまった。しかも以前離陸に難儀した課題も何度かもがいているうちにスルリと離陸に成功したり。

Img_6258

在宅中、運動不足解消にひたすらやったことは

毎日の昼休みランニング。仕事をしながら空いてる手でテニスボールをにぎにぎする。トイレに行くたびに、カモいで懸垂3回、1時間仕事して10分休憩っていう時間設定してその休憩に必ずコロコロローラー腹筋を10回(仕事ちゃんとやれよ、、、わし)。

結論として、基礎的な体力や筋力が全然ダメダメだったということ。確かに自転車ばっかり乗ってた頃って、懸垂とかしなかったしなぁ。

Img_6256

帰宅するとローラー娘夫婦からTシャツ贈られてあった。こんなすごい登り方絶対できないけど、どうもありがとう。

 

 

| | コメント (2)

梅雨の晴れ間にしたこと

えーと、毎日の昼休み散歩は皆勤賞(雨以外)。そして土曜もサンダルペタペタ履いて六甲山の見晴らしの良い場所でごろり。

気がついたら小一時間も寝てしまっていた。顔の辺りを歩き回る蟻がこそばくて目が覚めた。

Img_6245

春はとっくに過ぎていたけど、夏までまだ少しある感じ。湿度が低くて風が気持ちいい。

Img_6248

森の中にポツンとある池。「モネの池」に似てなくもない。

あちこちのハイキング道から人の声が聞こえてくると、ああ自粛生活長かったなぁと思う。すると急に「どこか人のいるとこで」酒が飲みたくなるという奇妙な気持ちになったので、急いで下山。

Img_6250

阪神デパートの地下で、マグロの切り落としを柱に。生中と飲み比べ三種の日本酒で、自粛解除を小さく祝う。

あまり神経質にならないよう、油断しないよう、地味に暮らしてゆこう。

 

| | コメント (0)

ほんまに梅雨なの?

雨が少なくて、洗濯物が連日よく乾くので助かる。前回の日記から今日までやったこといろいろ。

アメリカの差別的な事件がきっかけで、昔の映画がみたくなり、ネット視聴。ケビンコスナーの「Dances with Wolves」。南北戦争の真っ只中、白人の騎兵隊と先住民族の争い、、、というか勝手に入植して勝手にインディアンの土地を奪って彼らを追い出す白人の行為とそれを守る人の話ってとこかな(今だと)。時代背景が1863年ってことで、もしかしたらと思ったら、大統領は「エイブラハム・リンカーン」だと。

奴隷解放した英雄にもかかわらず、インディアンの大量虐殺を命じたり、なんやこいつ?って感じ(今だと)。

自分は特別な主義や政治、イデオロギーも持ってないから、純粋にケビンコスナーかっこええ!と思いながら映画を見たいのに、確かに当時映画館で見たときはそうだったのに、今自宅で見返すと随分いろんなことを考えるようになったかな。ともあれ、乱暴はよくない(子供かよ)

Img_6242

アパートのドアを半開きにして風を入れるようにしたら、妙な奴が毎日訪ねてくるようになってしまった。しかも「ほーほー」うるさい。

2匹がセットでやってくる。困った。

 

| | コメント (4)

2020/06/12

以前とは違う暮らし方

昨日、三ヶ月ぶりくらいに有給とってみた。家の掃除を念入りにしてみたり、初めての遠近両用メガネを作りに行ったり、車の何ヶ月点検とかの用事もあったり。そして久しぶりの長男活動も。職場以上に感染防止にピリピリしているお袋のホームに、ようやく段階的に面会解除の日が訪れた。人が変わったようになっていたらどうしようかとかドキドキしながら居室のドアを開けると、依然と何ら変わらないおかんの顔があって脱力。

けど、隣の部屋に暮らしていたTさんが亡くなったことを聞き、あまり交流はなかったが寂しい気持ちも。

順番に書いてみる。

梅雨に入って家のフローリングが湿気でネタネタする。古い掃除機もなんだか調子悪い。10万円入ったらダイソン買いたい。

PCの細かい文字の見えなさ具合はもう限界。しかしお店で試着するレンズは思ったほどの効果があるのか疑問。まぁ、そんなに凄い見え方したら大変だしな。それより何より、会計の段階になるや「抱き合わせてサングラスを買うとお得」「メガネクリーナーにいいのがある」「コンタクトはいかが?」果ては「使い捨てのマスク」までプッシュしてきた。自分がもう10歳若ければ堪忍袋の尾がきれて、プイっと何も買わずに店を飛び出しただろう。

呆れるやら気の毒(付属品で利益を出そうとする会社とノルマに苦しむ店員)やら、、、。もうめんど臭くなってメガネとクリーナー1本だけ支払って店をでた。

車の点検も、ちょうどいいタイミングだからオイル交換してもらったら、これが目の玉飛び出るほどの値段。

元に戻せとも言えないので、いい勉強になったと諦めて払って店を出たけど。昔日記に高額なバッテリーを買わされて、後日デーラーに文句言って返金させた記憶が蘇る。ねぎりたいんじゃない、正当なものに正当な対価を払いたいだけなのに、どうして世の中こんなことが沢山あるだろう。

とどめに、夕方、とんでもない事件発生。人間、生きていればいろいろあるよな。くよくよするな、ドキドキするな、明日は明日の風がふく

、、、さ。

 

 

| | コメント (5)

2020/06/11

在宅に慣れてくると

3月末から始まった在宅勤務も、すでに6月の二週目が終わろうとしている。今だに、メンバーとのネットミーティングでは回線の輻輳で画面共有に遅延が生じたりするけど、事前に資料を送っておくとか、回避策にも慣れた。

毎年恒例の社内開発技術コンペみたいなのが先週あって、いつもならどこかの大きな会場借りてやってたのが、ネット配信に。

昨年までは、興味のないテーマの時は、会場の中で意識が飛びそうになるのを必死で我慢してたけど、今年は内職して仕事の進捗を上げることができた。

朝は7時からベランダにレジャーシートを広げて、日光浴しながらパソコンで作業。昼はせっせとウォーキングやランニングに出かけ、途中にある安もんのパン屋でパンを一個だけ買って公園で食べて帰宅。

午後からは台所のテーブルで再び仕事。夕方になるときっちりパソコンの電源を落とし、銭湯へ。

続く

 

 

| | コメント (0)

2020/06/03

さとるのじてんしゃ

Img_6195

特別定額10万円の申請書が”やっと”我が家に来たので、自転車を新調。自転車を買うなんていつ以来だろうか。かつてはいつも傍に自転車があって、寝ても覚めても自転車のことばかり考えていたけど。

大きな量販店に入ると、懐かしい新品のタイヤと金属の匂いがした。自分が目指したのは、変速機が付いてないこと、発電機が付いてること、籠はいらない、できれば安価。いろいろ見て回る中に、新緑のようなカラーが目に入った。そういえば、今年は眩しいほどの5月の森の緑を見てないから、余計この色に引きつけられたのかも。

古い自転車を引き取ってもらって、早速こいつに跨って漕ぎ出す。

周りの景色がビュン!とは流れず、トロ〜ンとした甘い速度で後方に動き出す。静かに。早速この日は、缶ビール1ケース、白ワイン、冷酒なんかを買いに。リュックに詰めて颯爽と。夕方にはいつもの銭湯にもこいつで。

小2の時に、自分用の自転車と共に親に買ってもらった童話「さとるのじてんしゃ」を思い出した。自転車に乗れるようになって、一気に自分の周りの世界が縦に伸びたような気分、

懐かしいな。

 

 

 

| | コメント (4)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »