« どこへ行くの | トップページ | 非常事態が薄れつつあるのかな »

2020/03/15

脚を悪くして遠くに行けなくなってる義母にうまいもんでも食ってもらおうと、蟹を買いに行ってきた。

中国道〜米子道を乗り継いで米子でIC下車。

Img_5916

当世流行の「タグ付き」にして驚きの安さにびびる。

ここへ来るまでの遍歴は、昨年末、山の帰りに金沢の近江町市場に寄って蟹を見たことから始まる。今思えば、大阪の黒門市場でフグを売ってる、、、みたいなもんで、蟹の水揚げ漁港でもなんでもないから値段も「はぁ???」って感じ。

年始は、福井の観光市場みたいなところへ寄ってみたが、とても手の届く値段じゃないのと店員がグイグイ押してくる感じが苦手。

おまけに、そのグイグイな店員さんが勧める蟹の腕には「境港」のタグが。遥々、鳥取から福井まで連れてこられて就職かと思うと、なぜか切なくなる。

蟹漁が終わるまであと少し。意を決して、元実家近くの境港を目指す、少なくとも以前お世話になった蟹屋さんがあるのでなんとかなるかなと。

実際にはそこまで行かずとも、高速のIC降りてすぐのとこに写真のような破格の店発見。宅急便で義母宅に無事発送完了。

お店の人も静かで親切だったし。

Img_5917

泡吹いて、大歓迎してくれた。

あとは自宅用に魚のあら炊き(我が家は蟹苦手なので)を買ったり、露地野菜を買ったり。

Img_5918

その近所にあったAEONを覗くと、ここでも驚きの値段で就活中。やっぱり鳥取は蟹パラダイス。

ノドグロが一匹二百八十円だったのを買いそびれたのが痛恨。

備忘録:奥大山道の駅の油淋鶏が激ウマだったのでまた行こう。

日帰りで運転疲れたけど、無事、月刊長女(?)のお手伝いできてよかったかな。

 

 

|

« どこへ行くの | トップページ | 非常事態が薄れつつあるのかな »

コメント

今年は蟹さんも底値だと聞いてましたが,そこまでですか・・・.叩き売られている姿が自分を見ているようで哀しく感じるのは置いといて(汗).

投稿: sumi | 2020/03/16 21:32

昔、舞鶴で結構高いカニを買って自宅へ送ってもらいました。
届いたカニは甲羅の直径が3分の2程度に縮んでました(涙)
そーゆーことありましたのでご注意を。

投稿: DANGER | 2020/03/18 13:38

●sumiアニキ、脚にとって底値は有り難いですが、同じ蟹なのに県が違うと値段も全然違ってくるのがなんとも不思議な生き物ですね。
●DANGER にーさん、その話満更噂でもなさそうです。今回も到着してふた開けたら足が足りなかったと(汗

投稿: | 2020/03/26 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこへ行くの | トップページ | 非常事態が薄れつつあるのかな »