« また、テレワーク | トップページ | 財布がない »

2020/03/08

風呂屋には世界がある

Img_5907

孫氏の面倒を見に行く隙間をついて、風呂屋に行く。大阪市は460円で、尼崎市は440円。この違いはなんや?

この風呂屋、ドライサウナ別料金100円で、専用バスタオル付き。3人入ったらちょうどのドライサウナではあるが、室内に有線放送がある。

入ってすぐ八代亜紀が流れてきて、聞き惚れてたらあっちゅうマニ10分経過した。八代亜紀のCDを買うと堅い決意のまま水風呂へ。

しかし、、、水風呂の温度がアマイ。

Img_5911

日曜夕方は地元で。相変わらずボディペインティングのニーちゃんとサウナで同居。ふらふらになりながら水風呂目指したら、先客がおって、片手に白い杖持ってはるから、ああ、めー見えへん人って一発でわかった。

脱衣所でスポーツ新聞のエッチ記事を読んでたらその白い杖のにーちゃんに声かけられた。

自分の脱衣箱の番号の鍵を開けて欲しいと。

お安い御用やほんなもん。それより、見えへん世界の中でよー風呂屋にきたな、くる勇気すごいな、ええ風呂やったか?

それ以上、「かまわん」方がええと思って帰ってきた。また会う事あったらなんか喋ってみよかと思うけど、あわんでもええし。

子供の頃、風呂屋行ったら(多分戦争で)腕とか足とかちんばのおっちゃん、ぎょーさんおったけどみんな普通にしてたしな。

風呂屋の薪集めてリヤかーで運んでたおっさんも、近所のおばちゃんがいうには、あの人な、戦争から帰ってきて頭おかしなりはって、風呂屋の薪集めて暮らしてはんねんとか、自分らみたいな小学生相手に教えてくれて。いつの時代にも、お節介な人は存在する。

家から徒歩5秒の美章園温泉の思い出。

目の見えない人、耳の聞こえない人、足のない人、手のない人、全身に絵をかいている人、当然全員「裸」だ。

けど、「こころない人」はこの湯舟にはいないように思う。

 

 

 

 

|

« また、テレワーク | トップページ | 財布がない »

コメント

「"こころない人"になったらあかん」みたいな事を子供が小さい時に言い聞かせてましたが、当時は理由わからず道徳的にそう教えていたのを、先日「(そうしてたら)やがて自分が滅びる」と大きなった子供に解説する事ができました。

投稿: kiyo_g | 2020/03/10 18:41

●Kiyo_gにーさん、酔っ払うといまだに心をなくしそうになりますが、なんとか踏みとどまっておりますw。ともあれ、身の回りのしあわせ探しで、こころを保ちたいなと思います。

投稿: ロラお | 2020/03/11 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、テレワーク | トップページ | 財布がない »