« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019/11/23

麻疹

Img_5329 

初期開発に参加したPHSから随分年月経ってしまって、流されるままにスマホを使ってきたけど、これも終活の課題の一つということで、漸くマイネオに移行した。これで毎月の通信費が随分安くなる。

実は今日、職場の年金事務所が主宰する「定年を控えた人向けの、ライフセミナー」に小池さんと行ってきた。

今の給料、今後もらうであろう公的年金、企業年金、老齢年金、そして出ていくお金。これらを講義の中で用意されたツールに入力して、80歳であの世へ行くというシミュレーションのもと、どーゆーふうに節約いて、どーゆー暮らしをすべきかの道標みたいなのを教えてもらった。

その流れで、もう、高い通信会社で使い続ける意味が見出せないと思って、帰りにソッコー解約&乗り換え。

ところで、このセミナーの中で、定年を待たずに退職するパターンも沢山事例紹介があった。

昨日だか、冬の賞与面談があり、年度末で退職の意思を告げると、、、笑われた。つまり、本気が伝わらなかった。自分の意思は固いのに、、、だ。

Img_5328

週末の風呂代460円も、退職後は結構大きくのしかかるんだろうなぁ。

この夜も、見事な刺青のにーちゃんとサウナで一緒になった。子供の頃から見慣れているので特になんとも思わないけど、夏場に半袖着れやんのは辛いやろな。

それよりも、3歳くらいの女の子を連れた若いお父さん。湯船に女の子の長い髪の毛ぷかぷかさすのはあかんと思う。

髪の毛、団子にしたるくらいなんでもないのに。家でやってないのかな。嫁はんに風呂屋連れて行ってやと言われて渋々連れてきてるとか?家でも、団子にして上がったらドライヤーでブンブンやったるのはメンドくさいけど、そんな時期もあっちゅーまに終わるから、やった方がええと思うけどな。

明日は重点的に家事と長男業務の予定。

一週間分の弁当のおかず作って、冷凍して気分転換。

 

| | コメント (2)

2019/11/20

忙しいのか自分が悪いのかとりあえず息はしている明日も

そろそろ退社したいけど、まだ22時過ぎなんでこれから会議あるし。

五時半に起きて六時半にはデスクでメールチェックして七時から資料作って昼飯は二時過ぎに漸くビル一階のコンビニで買ったパンをかじった途端にパソコンのショートメッセージが飛んでくるので口をもぐもぐしながら返事書いていたら、ケータイに電話がなるので、口に入れた咀嚼途中のパンをテッシュに出して会話を始めると同時に、パソコンのスカイプが今から会議やるからと矢継ぎ早に鳴動して、結局そのパンはゴミ箱に。

働き方改革で名目上の残業は40時間と決められているので、それ以上の時はいったん自分のPCを落として、違うネットにつないで別のパソコンで仕事すればバレないからと後輩に教えてもらう有様。

こんな状態なんで、退社後に立ち飲み行くとか早く帰って運動するとか、多分夢のまた夢なんだろう。

明日は朝一の新幹線で東京に行って客先でサンドバッグでそのまま直帰なんて絶対ないので夜の9時に新大阪から事務所に戻って仕事かな。

自転車乗ってたらノイローゼになっただろう、山のこともしばらく考えるのよそう。退職願は保留されたままだ。

でも大丈夫。自分の1日を思い出せるから。

世の中で自分だけじゃない、企業で働く多くの人が同じ毎日送ってるから。

いいこともある。給料、全然減らない。

産業医の面談でも鬱判定出てない。

大丈夫。

いつかこの日記も読み返すと思って書きました。

 

 

| | コメント (0)

2019/11/07

忘れそう。連休のこと。

日記書く余裕、全然ない。

仕事から帰ってきて家事こなすバランスがギリギリ。AIなんかどうでもええから、洗濯もんを干して取り入れて畳んでタンスにしもてくれてる家電、あと弁当箱を出し忘れても洗って干してくれる、洗濯の柔軟剤ボトルが空になったら補充してくれる、米櫃がからになってるのを忘れて絶望の中ジャスコに深夜買いに行くのを助けてくれるとか、そーゆーIoTを熱望の日々。

Img_5159

連休の続き。

「一ノ超」山荘で一泊。この季節、ガラガラなんで個室を。窓の外には富山湾の夜景とか物凄い星空とかあったけど、毎度・興味なし我が家は飲み倒して夕方六時半に寝る。夏場なら行列のできる登山道をたった二人きりで登り始める。

写真のようなペンキマークがごっそりあって、切なくなる。大勢の登山客が安全に登れるようにと、小屋磐さんたちが描いてくれたんだろうけど、我々に取っては「余計なお世話」しかない。この日も、ズックに薄着でアイゼン付けずに登ってる人がいたけど

もう、どうでもいいや。

頂上から槍ヶ岳と北アルプスオールスターズを見て、いよいよ黒部ダム目指して下降開始。

Img_5174

目の前には、後ろ立山の山がズラ〜と、並ぶ。襲いかかるような山容に鳥肌が止まらん。途中、全く誰とも合わない、風も吹かない、無音ってわかる?自分たちが息を止めたら、それ以外の音が全くしない世界って、わかる?

絶景なんてもんやない、大袈裟ではなく、もうこのまま死んでもええかなっていう空気感。

 

Img_5184

上空から黒部ダムが見えてきた。歩き始めてすでに5時間。途中、獣のフンが至る所に。大型ではない。最近漸く、狸、猪、狐、テン、滅多にないけど熊の糞の見分けがつくようになってきた。

自転車乗ってる時はひたすら車との戦いに終始し、地球と遊ぶことができなかったので、不思議な小石一つ、磐から滲み出る湧水の一筋に顔を突っ込んだり、人間が一番遠慮せんとあかん生き物ってのがひしひし。

山の話はここまで。

翌日はネットで見つけた格安のビジホに留まって、兼六園見物。

その翌日は、毎度の奥飛騨のボロ宿。

自分も小池さんも平日は業爆+アルファで一円も使うことなく、もちろん外食のスキも無く、晩飯も食うや食わずで生きているので、休みの日はこんなグダグダでも許されるかな?と甘んじて過ごしました。

帰宅途中、グループホームへより、月刊長男。山より大切なことはいろいろある。

楽しいことばかりせず、現実も。

いい旅だったな。

 

 

| | コメント (2)

2019/11/05

立山から黒部湖まで降りてみた

Img_5161

富山湾を見ながら足元は雪。もう、北陸は冬支度なんだろうなと思いながらボツボツ登りました。

Img_5146

この夏に、小池さんとクライミングした龍王岳東尾根も真っ白。もう、寒くて岩なんか登れないかな。

続く

 

| | コメント (0)

京都、神戸、自宅

Img_5114

京都駅目の前の某ホテルの会議室を借りて、ベンダー向けの製品説明会。AIをキーワードにしないと近頃のビジネスは立ち行かなくなってきている。ただ、AIは「神」じゃない、教育するのはやはり人間。自分で学習して能力を伸ばす世界はまだまだ先かな。

そうそう、先日「孫」のもりしにいってきたけど、抱っこしながらローラー娘の晩飯作ってたら、腕の上で孫くんが前後に揺れるわけだな。すると、誰も教えてないのにローラー男のTシャツを握って必死で落ちないよう自分で制御するわけだな。

人間の凄さ>>>>>>>>>>>AI

って実感。

Img_5117

翌日は神戸の某大学でプレゼン。正門から神戸港がよく見えた。こんな素敵な大学に通えたらさぞ楽しかっただろう、、、、とは思わず、通勤に立ちはだかる坂道、恨んだやろなと。

写真はその翌日の在宅風景。

「お子さんが急に熱出したのでお迎えお願いします」と保育園から連絡があり、職場に頭下げまくってお迎えに行くとか、学童保育から電話で「お父さん、、、家の鍵、落として入られへんねん、、、ごめん」と半泣きの声を目指して残業断念してダッシュで帰る、、、なんて時の救いになるんだろうな。

いい時代がきたな。

(体験より)

 

| | コメント (0)

京都、神戸、自宅

Img_5114

京都駅目の前の某ホテルの会議室を借りて、ベンダー向けの製品説明会。AIをキーワードにしないと近頃のビジネスは立ち行かなくなってきている。ただ、AIは「神」じゃない、教育するのはやはり人間。自分で学習して能力を伸ばす世界はまだまだ先かな。

そうそう、先日「孫」のもりしにいってきたけど、抱っこしながらローラー娘の晩飯作ってたら、腕の上で孫くんが前後に揺れるわけだな。すると、誰も教えてないのにローラー男のTシャツを握って必死で落ちないよう自分で制御するわけだな。

人間の凄さ>>>>>>>>>>>AI

って実感。

Img_5117

翌日は神戸の某大学でプレゼン。正門から神戸港がよく見えた。こんな素敵な大学に通えたらさぞ楽しかっただろう、、、、とは思わず、通勤に立ちはだかる坂道、恨んだやろなと。

写真はその翌日の在宅風景。

「お子さんが急に熱出したのでお迎えお願いします」と保育園から連絡があり、職場に頭下げまくってお迎えに行くとか、学童保育から電話で「お父さん、、、家の鍵、落として入られへんねん、、、ごめん」と半泣きの声を目指して残業断念してダッシュで帰る、、、なんて時の救いになるんだろうな。

いい時代がきたな。

(体験より)

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »