« 他人の舌はわからないのだ | トップページ | 秋らしいことを »

2019/10/02

立川

出張で立川潜伏。

でも、明日は朝から竹芝にいって、稲荷山公園の客先にダッシュするというスケジュール。

夕方、名古屋出張中の小池さんとラインで会話。このあたりに下宿して日野の大学に通っていたので懐かしいと。当時は、学校とサンデーズサンのバイトの往復で一日終わっていたとか。ネットもスマホもない時代に、自分たちはなにを考えて暮らしていたのかな。

朝食付きで大浴場があることがマスト条件で毎回ビジホを探すのに、この日に限って「大浴場・工事中」。が〜ん!

諦めきれず、スマホで銭湯を探して

Img_4994

立川駅から徒歩10分のとこに梅の湯発見。設備的には銭湯よりグレードアップしてて、こじんまりしたスーパー銭湯の佇まい。

けど、サウナ200円が別料金。水風呂の冷え加減も悪くない。けど、東京の銭湯ってどうしてこうも「のんびりできない」のだろう?ぶくぶくジェットの湯船が多い印象がある。浅めでぬるめでぶくぶくしてない湯船の銭湯、あんまりないよな。

ここのウリは、露天もあったり壺湯もあったりおびただしい漫画コーナーがあったり、生中(500万円)が飲めたり。

当然、、、飲んだ。

しかしだ、銭湯で千円近く使うのはもはやアミューズメントの領域。

風呂上がりのおっさんがまたもや立川駅周辺の雑踏を歩いてホテルに戻るのは、元の木阿弥だった。

Img_5002

この夜のディナー。なぜに東京で八海山?と自問自答。これだけでもすでに、会社から支給される1日・千円の日当をはるかに超えてしまった。

ええ歳のおっさんが都内で仕事して3食食って、、、飲んで、、、千円で収めるのはおそらく

「奇跡」でも起こらない限り無理だと思うが。

午後9時を過ぎる頃にようやく帰宅。一番最初にしたことは

Img_5006

いつもの風呂屋に行ったこと。増税で450万円になってしまったが、無料のサウナ、安定の水風呂、平穏な湯船、よぼよぼの爺さん、その筋のメンツ、インチキくさいタイルの富士山。

今回の出張もシビれることが沢山あったけど、サラリーマンだもの下向かずに元気出して行こう。

あ、小池さんからは今夜も出張先の名古屋から、晩飯の写真が送られてきた。惣菜のかたわらに淡麗350ml の林があったので、元気な証拠。

明日はどんな弁当作っていこうかな。

 

 

|

« 他人の舌はわからないのだ | トップページ | 秋らしいことを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人の舌はわからないのだ | トップページ | 秋らしいことを »