« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/28

電車で有馬に行ってみた

いつも通り、六甲山でも歩こうかとぼんやり地図見ながら考えていたら、一度も鉄道で有馬に行ったことが無い、どんな風景なんだろう、そう思い立ちさっそく実行。といっても乗り慣れた阪神電車で「神戸のあたりをぐるぐる回る」程度に考えていたら、大間違い。

神戸・新開地から神戸電鉄に乗り換えて、しばらく走ると車窓の景色は一変。

”目の前に海があって後ろ振り返ったら山があってベンツがばんばん走ってて”という自分が長年思い描いている神戸の景色はそこには無く、「前を向いても後ろを見ても右見ても左みても全部山!”。けど走ってる車は全部神戸ナンバー(当たり前か)。ちなみに、神戸電鉄は登山鉄道バリに傾斜凄いとこどんどん登って行くのでさらに驚く。

Ari1

結論として、大阪からだとやっぱり高速バスが早くて楽。けど、ながらく青春18の旅をしてないから結構楽しめた。

電車の中からスマホつこて(便利な時代だ)この日の格安素泊まり宿を予約。有馬温泉はお値段がお高いイメージなのでドキドキ。

駅から宿へいく道すがら関西人なら知らん人はおらんちゅう旅館=「有馬兵衛の向陽閣」を見て思わず感動。大人になったら、ココかさもなくば、伊東へ行って4126ハトヤホテルに泊まりたいと願っていたもんやが、、、。

しかし、素泊まり格安だけあって微妙な温泉につかって、7-11で買った弁当食ってこの日を締めくくる。

翌朝日曜日:

7-11で買ったパンを食って歩き出す。いつも有馬までの下山でつこてる道を逆戻り以外に道は?と地図を見たらば、「端宝寺谷ルート」という怪しげなコースが。しかも、等高線をみるといきなり急登後に尾根に出てけっこう展望もよさそう。じゃ、そこ行くかってことで

Ari2

歩き始めてしばらくいくと、巨大な土石流を食い止める堰・あらわる。この鉄の隙間に潜ってさらに進むのだがこの時点ですでにルートをロストしていた。

踏み跡は間違えようのないほど明瞭なんだが、六甲山には「有志」と名乗る自分だけオリジナルのコースを開墾する厄介なおっちゃんがごろごろ居る。

この日もどうやらそれらおっちゃんのオリジナルコースにまんまと乗せられた形。

Ari4

手作り感満載のヤヴァイ橋も随所に。いつまでたっても尾根にでられず、ひたすら川沿いを歩いては堰を越え、また歩いては堰を超えの連続。

そして最後は

Ari5

ひよっこり、KTMのバイクさんに出会う(一軒茶屋のほぼ近く)。途中、いくつもの小滝に出会ったが、どれも規模は小さいけど野趣あふれる滝で楽しかったな。

10年近く六甲に通ってんのに、まだまだ知らん道が沢山ある模様。

この後はお多福山を経由して芦屋に下山。鉄道に乗って有馬に泊まって森の中の知らない道で不安になれて、こういう遊びも悪くないなと。

Ari6

芦屋で見た車。国産だそうです。知らなかった。

Ari3

この日も銭湯で〆る。

今週も激しい仕事山盛りだが、くよくよしない、ドキドキしない、前むいてがんばろうと思う。

 

| | コメント (4)

2019/10/23

湯郷

即位の礼、日帰りで湯郷温泉行ってきた。阪神高速定額ETC1日乗り放題を駆使+下道+山陽道を組み合わせて、セコイ道中となったが。湯郷といえば、

いっときは女子サッカーチームお抱えの温泉街だったらしいが、現実は「なにもない」とこ。

数件の温泉旅館と日帰り入浴施設が一件。メシを食うこじゃれた場所も見当たらず。

その日帰り入浴施設も、温泉臭より塩素臭が勝っているという、やや悲しめの状況。この日はたまたまだったと思いたい。

のど渇いたのでレーコーでもしばこうと街外れのローソンに行ったら、可愛い顔したガタイのよい女子がちょうどレジに並んでいたので、その後ろに並ぶ。なんかスポーツでもやってたんか?と思うほど、ニットのセーターから広背筋がうっすら伺い知れる。たまたま目があう、あ、、、

京子浜口さんだ。

撮影クルーらしき人々と一緒にワゴンに乗り込んで走り去った。

現役を退いた今も、なにがしかのトレーニングをされているのだろう、、、、京子浜口さん。だれか、ヨメにもーたれ。美人やぞ。

そしてアテもなく山道を走っていると、岡山国際サーキットに出くわす。たしか、アイルトンセナも湯郷に宿とってここを走ったのではなかったか?

今は何が走っているのかと調べたら、スーパーGTだったり、ままちゃりグランプリ(?)だったり、F3だったり、もう動くモンなら何でもOKみたいな感じ。

天気がいいと、田舎道をぼんやり運転してても楽しいもんだなと。

 

 

| | コメント (2)

2019/10/21

また、雨か

一週間が早すぎる。おまけにまた台風とか。この前被害にあって全然片付け進んでない家は、どうすればいいんだろうか。

Img_5092

週3で銭湯に行くのが最近の鉄板ルーティーン。消費税上がったので450円になってしまったけど、サウナ、水風呂、でかい湯船の三方向から癒してくれる。以前は会社の帰りに立ち飲み寄るとその日の色々が「帳消し」になるような気がしていたけど、今は銭湯かな。

”子供の頃は銭湯上がってフルーツ牛乳飲んでうんたらかんたら”なんて記事を以前はみたが、自分の体験でいうと子供の風呂代が10円とか20円とかなのに30円のフルーツ牛乳飲んでる子なんておらんかったけどな。見てたら飲みたなるから走って家帰ってたし。

Img_5096

大人はこんなこと出来るから最高。今行ってる風呂屋は駄菓子も売ってるので、それを買ってアテにする。

土日は詰めて風呂屋行くから月の風呂代が1万円以上かかるが、それでストレスがちょっとでも削ぎ落ちるからいいかな。

土曜日、久しぶりに家の掃除。自分も小池さんも家に居たり居なかったりの繰り返しなんで、ゴミがすごいことに。エアコンの掃除も漸くって感じ。

日曜日、小池さんと六甲超えて有馬まで歩く。どこまでも途切れることのないハイカーの列に目を丸くした。そしてラグビー見ながら家のみ。

月曜日、有給。午前中はグループホームで週刊長男業務。午後から、お袋の家の掃除。これは継続してちまちま進めているけど、そろそろ売却活動開始かな。横着せずに進めないとだめな事って、大人には沢山ある。

大人は楽しい、

大人は時々苦しい、

大人は毎日考える、

けど、大人はしゃがまない。

 

| | コメント (2)

2019/10/15

台風の最中にテント泊してきた

もう、天気、どうなってんの?

連休のたびに台風が来るって。しかも規模でかいって。TVやラジオは不要・不急の外出を控えろと言うし。

進路を慎重に見て、大陸の等圧線やら付近に低気圧がないか天気図を何度も見返し、進路予測より前・土曜の早朝4時から移動開始。

すると、高山市内に午前10時に着いてしまった。もう見たい場所も食べたいラーメンも皆無。そうだ、「図書館へ行こう」。

他府県の中央図書館てのはたいがい地元の専門誌とか風土記(?)みたいなのが置いてあるので、時間つぶしにぴったり。そして夕方、いるもの素朴な宿に向かう。

自分と小池さんの出張でたまった宿泊サイトのポイントが、いつも威力を発揮する。けど、本音は「出張行きたくない」だ。

寝ている間に台風は北へと去って行った(被害にあわれた方、すみません)。

 

アホの一つ覚えで上高地。

Img_5068

ドレスコード、長靴。

Img_5073

登れないから飲むしかない。

いつもなら、紅葉真っ盛りのシーズンで、テント張る場所探しにも苦労するのに、「空き物件だらけ」。稜線から降りてきた雲のせいで、景色も見えない。けど、山の根本に居るってだけで、神経やら魂やらが弛緩するのがわかる。

キャンプ場の食堂へ行き、

生中×3、缶酎ハイ×2、熱燗×2合、地元のワイン×1本 おでん盛り合わせ、山賊焼き(岐阜の名物)、豚もやし炒め、を

阪神 対 巨人 の試合をTVで見ながら飲む、食うという。

大阪におるんと変わらんやん!てな感じでふらっふらになってテントに戻って、、、、気絶。

こんな感じで、今シーズンの夏山活動終了。

早く冬、こないかなぁ。

 

| | コメント (2)

相変わらずの弁当

Img_2930

メインは紅生姜。なぜ、赤飯炊いてしまったのか自分でも理由が分からん弁当。

Img_5009

オクラは冷凍を常温解凍で。だんだん梱包が怪しくなるのがおっさん弁当。

592349068650136

もう、見てくれなんぞ度外視。卵焼きの下にはエンビフライが埋蔵してあるのだが、ネット会議しながら食ったので殆ど味を覚えてない。

Img_5033

晩飯は青梗菜とモヤシと豚肉の炒めたやつに小口ネギバッサリ投入。イライラしてる時は、無心になってみじん切りするに限る。この日の犠牲者はネギだった。

もう何年も弁当メニューがマンネリ。なんか打開策ないか?

 

| | コメント (0)

2019/10/09

ジャーニー

https://youtu.be/Ozmoe6hSBzo

走って帰って銭湯に行って、晩飯作って、櫻政宗飲んで、洗濯して、米研いて、明日の弁当のこしらえして、ぼんやりパソコン立ち上げてYoutoubde、

 

ジャーニー、最高や。

https://youtu.be/9tZQ_Iqy8w0

エディも最高な。

 

| | コメント (2)

2019/10/07

秋らしいことを

平日はまったく余裕が無いので、家事の手抜きも加速度を増す。

土曜日やったことを列挙。

・洗車(車に大量の鳥の糞がべっとり。滅多に洗わないので大雑把に)

・六甲山散歩(紅葉してないけど、栗のイガが沢山落ちてることで秋の足音を実感)

・歯医者通い(もうかれこれ三か月目)

・グループホーム慰問(お袋と仲良しの”ちづるさん”と三人で散歩。母親が一人増えて賑やか。他の入居者の方たちも散歩に行ければいいのだけど、それぞれのご家族にも事情があるんだろうな)

・銭湯で充電(CSで阪神がぼろ負けしていたけど、風呂からあがったら勝ってた。やっぱり銭湯最高)

・風呂の帰りに近所のAEONのぞいたら、「櫻正宗」が売ってて激しく狼狽。二本お買い上げ。

日曜やったことを列挙。

・枝豆解禁の知らせを聞き、丹波篠山に出向く。けっこうな人出。枝豆以外に栗が名産らしく、焼き立てを500円で買う。この辺の山で採るのか?と聞いたら、これは熊本産の栗だ。熊本産の栗のほうが丹波産より断然甘みが強いのでオススメだと言われた。店先のポップは何度見ても「丹波の栗」と書いてあるけど、こういう正直な告白は詐称には当たらない。その誠実さにココロを打たれた。実際、美味かったし。

・同じく丹波のとある芝生公園で、陶芸や木工の大きなイベントをやっていたので、覗いてみた。いろいろ買いたかったけど、自分ちにマッチするのか客観的に見て、、、我慢。

・帰宅後、枝からサヤを切り取る作業、そして圧力鍋で調理する作業、櫻正宗で枝豆を食べる作業に従事する。

やばい、日本酒の旨さに加速がつきはじめている。これで鍋の季節が到来したら、いったいどうなってしまうのか。大丈夫だ、心配いらない、

「呑むだけだ」。

 

 

| | コメント (3)

2019/10/02

立川

出張で立川潜伏。

でも、明日は朝から竹芝にいって、稲荷山公園の客先にダッシュするというスケジュール。

夕方、名古屋出張中の小池さんとラインで会話。このあたりに下宿して日野の大学に通っていたので懐かしいと。当時は、学校とサンデーズサンのバイトの往復で一日終わっていたとか。ネットもスマホもない時代に、自分たちはなにを考えて暮らしていたのかな。

朝食付きで大浴場があることがマスト条件で毎回ビジホを探すのに、この日に限って「大浴場・工事中」。が〜ん!

諦めきれず、スマホで銭湯を探して

Img_4994

立川駅から徒歩10分のとこに梅の湯発見。設備的には銭湯よりグレードアップしてて、こじんまりしたスーパー銭湯の佇まい。

けど、サウナ200円が別料金。水風呂の冷え加減も悪くない。けど、東京の銭湯ってどうしてこうも「のんびりできない」のだろう?ぶくぶくジェットの湯船が多い印象がある。浅めでぬるめでぶくぶくしてない湯船の銭湯、あんまりないよな。

ここのウリは、露天もあったり壺湯もあったりおびただしい漫画コーナーがあったり、生中(500万円)が飲めたり。

当然、、、飲んだ。

しかしだ、銭湯で千円近く使うのはもはやアミューズメントの領域。

風呂上がりのおっさんがまたもや立川駅周辺の雑踏を歩いてホテルに戻るのは、元の木阿弥だった。

Img_5002

この夜のディナー。なぜに東京で八海山?と自問自答。これだけでもすでに、会社から支給される1日・千円の日当をはるかに超えてしまった。

ええ歳のおっさんが都内で仕事して3食食って、、、飲んで、、、千円で収めるのはおそらく

「奇跡」でも起こらない限り無理だと思うが。

午後9時を過ぎる頃にようやく帰宅。一番最初にしたことは

Img_5006

いつもの風呂屋に行ったこと。増税で450万円になってしまったが、無料のサウナ、安定の水風呂、平穏な湯船、よぼよぼの爺さん、その筋のメンツ、インチキくさいタイルの富士山。

今回の出張もシビれることが沢山あったけど、サラリーマンだもの下向かずに元気出して行こう。

あ、小池さんからは今夜も出張先の名古屋から、晩飯の写真が送られてきた。惣菜のかたわらに淡麗350ml の林があったので、元気な証拠。

明日はどんな弁当作っていこうかな。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »