« 忙しいけど心は亡くしてない | トップページ | 立川 »

2019/09/30

他人の舌はわからないのだ

先週水曜日、大阪北浜のお客さん先へ出張するときに、自分の感を頼りになんの予備知識もないまま入った店で、「鯛茶漬けセット」を食ってみた。最初に鯛の漬けを白ご飯に乗せて食う、次にだしをかけて食う、ゴマと海苔とワサビを乗せて食う。美味かった。780円税込み。

木曜日、大阪十三のお客さん先へ出張するときに、「食べログ」を見て店に入るという一番”やったらアカン”ことをしてしまった。

2_20190930160201

レビューにも「懐かしい昭和な。。。」な文字が。昭和にもいろいろある。万博以前の昭和もあれば、平成前の昭和もある。どこの昭和やねん?と問い詰めたい。ちなみに同じ区内に昭和町という住所があったが、昭和と全然関係なかった。客先でサンドバッグになるのがわかっていたので、奮発して豚のヘレカツ定食をオーダー。

銀色のステンの皿にヘレカツと申し訳程度のキャベツとへなへなのトマトと、スパゲティのサラダと、みそ汁とつけもんとご飯と、ぬるいお冷という布陣。

ヘレカツにはデミグラスソースがかかっていた。

ヘレは確かに柔らかいが、それ以外印象に残らない。なんていうか、輪郭がぼんやりした味ってのか、甘い、辛い、すっぱい、苦い、どれも当てはまらない・特徴がない。

不思議な気持ちで税込み1350円払って店を出る。

1

ノスタルジーも良し悪しがある。そもそも、1998年ごろの芸能人のサイン色紙をたくさん飾ってある段階で、その頃がピークだったと誇示しているようなもんでは

ありませんかな。横山たかしのサインが切なかったし。

 

 

|

« 忙しいけど心は亡くしてない | トップページ | 立川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙しいけど心は亡くしてない | トップページ | 立川 »