« 見えない場所へ | トップページ | 忙しいけど心は亡くしてない »

2019/09/17

相手が忘れても、自分は忘れないでいようと思う

日記なんで、楽しくないことも。

先週水曜日、叔母(おかんの妹)がおかんの眼科・定期健診に付き添ってくれた。いつものことだが、自分一人で行けるし会計もできる(つもりでいる)から、終始機嫌が悪かったと叔母から報告があった。介護の基本というか根底にある大事なものは「その人の尊厳を大切に」って、テキストにも書いてあったし、講座でも再三聞かされたけど、当人が傷つかないようにしようとしたら、こちらの譲歩が大変になるし。

難しいなぁ。

と思っていたら、翌木曜日にいきなりスマオにおかんから着信。

仕事を中断して空いてる会議室で話を聞くが、どうも雰囲気的に非常に下降気味。ホームにお任せしている以上、特に心配する事はないんだけど、気になるので離席届を出してホームへ。やはり前日の件を引きずっている模様。気分転換に表に連れ出し、大型スーパーのフードコートでたこ焼きとオレンジジュースをおごる。やっぱりこういう気分転換・表に出て太陽を浴びるのは大事なんだと。けど、介護業界全体は明らかに人手不足だから、理想と現実のギャップは大きくてとても簡単に埋められそうにない。

土曜日に、立山の山荘で夕食を食べノンビリ酒を飲んでいたら、叔母から電話が。嫌な予感と会話の内容が容易に想像できるなと思いつつ電話にでると、、、思った通り。入所当時の落ち着かない状態が最近また出てきているらしい。けど、大阪から400キロ近く離れたこんな標高3000メートルの場所から、いったい何ができるのか?気持ちに暗い影を落としたまんまクライミングしてもおもろないし、危ないかもしれないし、けど、どうすることも出来ない。小池さんと相談の結果、今すぐ死ぬ生きるの状況ではないのだし、迷いに迷った挙句スタッフに任せると決めて家族も入所の手続きをしたのだから、もう腹をくくって山に登ろうということになった。

この夜は、小屋の混雑もあってよく眠れなかった。なんども夢を見た。けど、それが普通だろう。

敬老の日、富山から自宅に戻る。

この日はグループホームの第一回「家族会」開催。入居している人たちの家族と思いを共有できればいいなと思って参加したけど、約4割にも満たなかった。寂しいけど、家族にはそれぞれ抱えている事情があるに違いない。自己紹介の時、ある男性が次のような話をされた。

自分の両親も認知症だった。数年前に二人とも亡くなったが次は自分の妻が認知症になってしまった。日々彼女の記憶が無くなっていくのを感じる。いつか自分のことも忘れてしまうだろう。少しでも自分の事を覚えていて欲しくて、毎日ここへ訪れて話をしている。彼女の記憶の中に自分が消えてしまっても、自分は彼女の事を忘れないでいようと思う、、、と。

別の女性は、母親を入居させて二か月。自分の行いで毎日悩み葛藤していると。

別の家族は、ホームで父親が穏やかな表情になって安心していると。

人間の、意志と魂って別々のところに転がっているんだろうか?自分の意志ではない場所にある日突然生活しろと言われると、魂はそこに持っていくことはできず、思い出の場所とか暮らしていた場所にコロンと置き忘れているもんだろうか?

本当のこと、本当はこうしたらよかったのにってこと、だれか教えてくれないかな。

Lp

Met

自宅にもどって道具の片付けをいろいろ。青空のした、洗ったロープを干す。どこまでも自分は今、自由だ。

いつまでかわからんけど、自由だ。

 

 

 

|

« 見えない場所へ | トップページ | 忙しいけど心は亡くしてない »

コメント

正解なんて無いと思います。
その時その時でロラ男さんはじめご家族ご親族が、それこそ心と体がちぎれるくらいに悩んで考えて出された答が最良だったのだと思います(思いたいです)。
お身体お心、どうぞ大切になさってください。

投稿: ぺろんぱ | 2019/09/17 12:18

●ぺろんぱねーさん、お気遣いと励まし、ありがとうございます!選択肢の分岐点に出会うたびに、ココロがキリキリと音たてますよね。これからも「迷うな!」と自分に言い聞かせたいですね。

投稿: ロラおとこ | 2019/09/17 17:19

アニキ、どう申して良いのか…
でも、言えるのは、やっぱり、ぺろんぱねーさんと同じく、介護に正解は無いかと。

その場面場面で、ベストを尽くしたのですが…
親父、すまん。まだ、ベストには足りなかった。
お義母さんの時は、その反省を糧に、自分に出来るベストを尽くした(つもりです)

アニキ、今のベスト!ガンバです!

投稿: bfz | 2019/09/18 19:32

親の介護の話より、パートナーの介護の話。
特に、男の人が嫁さんの介護する話に涙腺緩むのなんでかな。
親を大切にできるって、大切に育てられた証なんでしょうね。

投稿: キルワニ | 2019/09/19 22:11

うちのオカンは能天気で、それがまだ救われてるんですが、自分に出来る営み、繰り返していくしかないですよねえ、、。

投稿: kgyo_g | 2019/09/22 19:28

●ブラジャーbfz!ありがとうございます。人間死ぬまで自分の心配と自分以外の心配を背負って生きていくんだろうなと最近思っています。それでも明日はくる!アスクル、、、。
●キルワニねーさん、自分たちの将来のこともそろそろ酒のツマミになるこのごろです。どういう死に方したい?一緒に山から滑落するか、、、などなど。怖い!
●kgyo_gにーさん、毎週の長男業務頭が下がります。認知症になっても自分の現状に納得てきずにいる、甘んじて受け入れられない、みんなそうなんでしょうね。能天気は大事です。

投稿: ロラおとこ | 2019/09/30 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見えない場所へ | トップページ | 忙しいけど心は亡くしてない »