« 甲府 | トップページ | しっかりしろ »

2019/07/15

短冊

Img_4409

全てを忘れて三連休、山に登ろうと思ったのに梅雨だ。行き当たりばったりで立山の麓の滝を見に行ったり。完全踏破と行って、この滝すれすれの崖を上まで登るクライミングがあるけど、その踏破記事を思い出して、凄い人がいるもんだなぁとぼんやり見て、そういえば、映画「点の記」(剱岳登頂の映画)のロケ地になった「雄山神社」があったなと思い出し、せっかくなんで今年の山行の無事でも祈ってみるかと。

信仰心の薄い自分でも、「山岳信仰」って聞くとなんだか闇雲に山に登ったら、なんか願いが叶うんじゃないか?って思ってしまうんだが。

ふと、絵馬が目に入った。

スケベ心というか、絵馬って結構厚かましい願いがフエルトペンで書いてあって、それを「こいつアホちゃうか」と思いながら読む悪趣味がある。

家内安全、商売繁盛、恋愛成就、ま、フツー。大学、高校合格。誰かの健康を願うもの、目につくのが「幸せになれますように」だ。

幸せなんかそこらの小石のようにバラバラ落ちてへんわ、勝手なこと言うなや、そんなこと思いながら、一枚の絵馬に釘付けになった。

「幸せに気づきますように」

10回くらい、それを読んだ。

どんなひどい1日になるんだろと思って出勤したけど、何も起こらなかった。

昼飯も食う時間ないほど仕事に黙殺されて夕方食ったコンビニの残りご飯が妙に美味かった。

残業で終電逃したと思ってトボトボ駅に向かうと、遅れていた終電に乗れた。

ズボンのチャックが開いていたけど、誰も気が付かずに帰宅できた。

幸せになりたい気持ちは大事だけど、しんどい、つらい、悲しい、眠っている夢の中まで残酷な未来が待ってる

そんな時でも「あ、これ、もしかしたら幸せかも、1グラムやけど」って気がつけたらどうなるんだろう。

絵馬を書いた人はどんな気持ちでこれを書いたのかわからんけど、

気が付かなんだら、幸せも幸せでなくなってしまうから、

ちゃんと気がついてあげないと、

幸せに申し訳ないかな。

Img_4361

幸せに気づきますように。

 

 

 

|

« 甲府 | トップページ | しっかりしろ »

コメント

なんとか暮らしてはるんやなあとひと安心。

投稿: ひでりん | 2019/07/16 07:55

●ひでりんアニキ、ありがとうございます。生きてます。

投稿: ロラお | 2019/07/30 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲府 | トップページ | しっかりしろ »