« 六甲山 | トップページ | 短冊 »

2019/07/15

甲府

明日、宇宙から巨大な惑星が地球めがけてものすごい速さで飛んできてくれないかなと一晩中考えて眠れなかった。

結局、願った惑星は全く観測されないまま、自分は水曜の始発の新幹線に乗り名古屋へ。そこから特急電車で塩尻駅へ。

Img_4364 Img_4367

日本一狭いという駅蕎麦屋で、ねぎ蕎麦を乗り換えまでの時間に食べた。

味はよく覚えていない。ただこの先降りかかる不幸が最小限だったらいいなと思いながら、箸を持ち上げたのは確か。

「要望通りに動かない」と言われ続けて三ヶ月がたった。もう現地に行くしかない状況。死刑執行にも近い状況で客先に行くのは何度目かな、、、幸い今でも生きてるけど

Img_4372

初日は再現試験だけで全く進まない。ビジホに帰る道すがら、甲府の商店街の寂しさが余計に心にのしかかる。

写メを撮るスマホを持つ手さえ、重く感じる。

Img_4385

水、木で終わる予定が結局金曜までかかった。終わるまで帰れない、、、がサラリーマンあるあるとはいえ、心臓の動悸が止まらないまま脂汗を流すのはもうそろそろやめたいな。

帰りのホームで黒い富士山が不気味だ。このあと自宅まで6時間あまり。達成感より脱力感、もう何もしたくない、何も考えたくない。

けど、車内を周りを見回しても、みんな同じような表情、

そっとエールをつぶやいた。

 

|

« 六甲山 | トップページ | 短冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六甲山 | トップページ | 短冊 »