« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019/07/30

今月3回目

今月は、2回しか日記書けなかった。毎日、朝起きてから寝るまでの速度が目まぐるしくて、パソコンで悠長に日記書く隙間が全くないのが現実。

23日、無理矢理有給とった。天候が優れず、北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、臨機応変に登れるように全部の地図持って家を出たけど、結局どこも天気だめで松本市内のビジホに滞在。

24日、回復しない天気の中、登れる山もなく、乗鞍高原にある「三本滝」を見に行ってきた。アホみたいに自転車乗ってた時は見向きもしなかった三本滝。それはそれは見事な滝だったので、ずいぶん勿体無い時間を過ごしていたんだと反省。この日は平湯温泉の民宿に泊まってダラダラ酒を飲んだだけ。

25日、やっぱり天気回復しない。西穂高岳の山小屋にラーメン食べに行ってみた。相変わらず「死海」のような塩分濃度の出汁に、「もういいか」との結論。運動にはなったけど、濃霧で何も見えない山に安くないお金突っ込んで登る意味を見出せないまま下山。近隣に宿をとり、ダラダラ飲む。夜、蛍狩りできたのが唯一の収穫。野生児「小池さん」は竹箒があれば大量に蛍を捕獲できると悔しそうにつぶやいていたのが印象的。

26日、「白山スーパー林道」で帰路に。途中、トレッキングコースがあったので往復2時間の軽登山。「三方岩岳」という山に登ったけど、またぜひ天気のいい日に行きたい山。

27日、仕事再開。休んでいる間のメールが不安で朝四時に目が覚めて、読んでしまった。ひどい内容のメールがたくさん着信していて、目を覆うばかり。朝、お袋に問題発生でホームに寄る。認知症おそるべし。。。。
着替えて新幹線にのり日帰り東京出張。新幹線の中でもメールチェック。帰りも頻繁に電話対応でほとんど席に座ることなく、デッキで過ごす。

28日、明日はどんな日になるんだろう。小池さんは週末まで松江出張に行く日。また弁当作成の日々が始まる。

29日、日帰りで東京。始発の新幹線。起きられるか心配。

移動中のトピック=シニアアルバイトのサイトに登録した。どこかで自分の生き方のポイントを切り替えないと。やりたいことをやって残りの人生生きていくというより、やりたくないことはやらずに生きていける道を模索しないと。

人生、お金じゃない。朝目が覚めて、今日はどんな嫌なことがあるんだろうと考えずにすむ一日の始まりが大事。

明日の朝はどんな朝になるんだろう。

 

 

 

| | コメント (0)

2019/07/22

いつも一緒であることはない

Img_4444 Img_4442

お互い、新幹線ですれ違う日々。家に帰っても誰もおらんのが普通の生活が何年も続いているから特にどうってことない。

久しぶりに岩登りの練習行った。全然登れない。お互いの近況を話しながら岩の上でランチ。

片方が滑落して、片方がロープから脱出する練習。それでいいと思う。一緒に死ぬことはない。

暑くて大変だったけど、いい日になった。

また会いましょう、小池さん。

 

| | コメント (2)

しっかりしろ

退社後、電車に乗ったら一駅乗り過ごしてしまい、戻り駅で反対側の電車に乗ったら女性専用車両だった。

大丈夫。

生きてる。

大丈夫ぶ。

 

| | コメント (0)

2019/07/15

短冊

Img_4409

全てを忘れて三連休、山に登ろうと思ったのに梅雨だ。行き当たりばったりで立山の麓の滝を見に行ったり。完全踏破と行って、この滝すれすれの崖を上まで登るクライミングがあるけど、その踏破記事を思い出して、凄い人がいるもんだなぁとぼんやり見て、そういえば、映画「点の記」(剱岳登頂の映画)のロケ地になった「雄山神社」があったなと思い出し、せっかくなんで今年の山行の無事でも祈ってみるかと。

信仰心の薄い自分でも、「山岳信仰」って聞くとなんだか闇雲に山に登ったら、なんか願いが叶うんじゃないか?って思ってしまうんだが。

ふと、絵馬が目に入った。

スケベ心というか、絵馬って結構厚かましい願いがフエルトペンで書いてあって、それを「こいつアホちゃうか」と思いながら読む悪趣味がある。

家内安全、商売繁盛、恋愛成就、ま、フツー。大学、高校合格。誰かの健康を願うもの、目につくのが「幸せになれますように」だ。

幸せなんかそこらの小石のようにバラバラ落ちてへんわ、勝手なこと言うなや、そんなこと思いながら、一枚の絵馬に釘付けになった。

「幸せに気づきますように」

10回くらい、それを読んだ。

どんなひどい1日になるんだろと思って出勤したけど、何も起こらなかった。

昼飯も食う時間ないほど仕事に黙殺されて夕方食ったコンビニの残りご飯が妙に美味かった。

残業で終電逃したと思ってトボトボ駅に向かうと、遅れていた終電に乗れた。

ズボンのチャックが開いていたけど、誰も気が付かずに帰宅できた。

幸せになりたい気持ちは大事だけど、しんどい、つらい、悲しい、眠っている夢の中まで残酷な未来が待ってる

そんな時でも「あ、これ、もしかしたら幸せかも、1グラムやけど」って気がつけたらどうなるんだろう。

絵馬を書いた人はどんな気持ちでこれを書いたのかわからんけど、

気が付かなんだら、幸せも幸せでなくなってしまうから、

ちゃんと気がついてあげないと、

幸せに申し訳ないかな。

Img_4361

幸せに気づきますように。

 

 

 

| | コメント (2)

甲府

明日、宇宙から巨大な惑星が地球めがけてものすごい速さで飛んできてくれないかなと一晩中考えて眠れなかった。

結局、願った惑星は全く観測されないまま、自分は水曜の始発の新幹線に乗り名古屋へ。そこから特急電車で塩尻駅へ。

Img_4364 Img_4367

日本一狭いという駅蕎麦屋で、ねぎ蕎麦を乗り換えまでの時間に食べた。

味はよく覚えていない。ただこの先降りかかる不幸が最小限だったらいいなと思いながら、箸を持ち上げたのは確か。

「要望通りに動かない」と言われ続けて三ヶ月がたった。もう現地に行くしかない状況。死刑執行にも近い状況で客先に行くのは何度目かな、、、幸い今でも生きてるけど

Img_4372

初日は再現試験だけで全く進まない。ビジホに帰る道すがら、甲府の商店街の寂しさが余計に心にのしかかる。

写メを撮るスマホを持つ手さえ、重く感じる。

Img_4385

水、木で終わる予定が結局金曜までかかった。終わるまで帰れない、、、がサラリーマンあるあるとはいえ、心臓の動悸が止まらないまま脂汗を流すのはもうそろそろやめたいな。

帰りのホームで黒い富士山が不気味だ。このあと自宅まで6時間あまり。達成感より脱力感、もう何もしたくない、何も考えたくない。

けど、車内を周りを見回しても、みんな同じような表情、

そっとエールをつぶやいた。

 

| | コメント (0)

六甲山

Img_4362-3

以前は暮らしの1ピースだったのに、なんやかんやで足が遠のいていたけど、ようやく小池さんと有馬まで歩けた。

でも、自転車のように継続的にやらないとうまくいかない趣味じゃないので、息が切れても足がガクガクしても、一歩を出せばまた次の一歩が出て、汗を拭きながら森の隙間から神戸の港が見下ろせて、

石ころ一つにつまずくのもなんだか久しぶりで

楽しかったな。

 

| | コメント (0)

銭湯レビュー

Img_4359 Img_4355

先週末、ローラー娘の育児アシストに行ってきた。自由奔放に生きてきた人がある日を境にお母さんという役割になると、色々大変らしく、ま、そのあたりを助けに。時間があったので自転車借りて近所の風呂屋へ行ってみた。

まず、値段の違いにびっくり。大阪市内440円、尼崎市内420円。

ものすごい背の高い番台、凄い水圧のシャワー、どれもが素晴らしいが唯一ダメ出しするとすれば、スチームサウナに時計がない。

自分の勘を頼りにサウナにこもるのはかなり危険。けどまぁ、風呂屋ごとに個性があって、これはこれで楽しいかな。

 

| | コメント (0)

2019/07/04

AI

今、午後11時前です。昼飯食ってます。

昼休み中もネット会議が終わらずそのまま午後の仕事になだれ込んでしまったので、せっかく作った弁当も手付かずで鞄から出ることなく、残業中も出番なく、今。

TVを見ていると「AIでほにゃらら」と言うCMやニュースを見ますけど、ほっといてもAI(薄い言い方で人工知能)が自分で成長するわけではなく、つまるところ人間が一億万通り(例えばですが)の事例を学習させて精度をあげる作業をしています。ものすごく地味で緻密で時間のかかる作業なのに、CMやニュースは「AIで」とたった1センテンスで伝えています。

 

そんなわけで、毎日16時間職場にいて残りの時間で最低限の家事、育児(孫の)、介護、睡眠。かろうじて燃えかすのようなプライドで、三度の飯だけは自作(外食まずいもん)してますけど崖っぷちです。洗濯モンは干してる間に雨に打たれ、風に吹かれて、よくわからんままに「乾いてるもんから着る」を実践してます。以前は毎晩、自転車の練習や立ち飲みしてたのが信じられません。あの当時は定時退社して自分の好きなことしてたくせに、職場体制や同僚の悪口言ってたのが恥ずかしいです。

明日の朝飯にボンカレー買ってきました。この時間のAEONは、おかず売り切れてるから自分で作るしかないですよね。米だけは研ぎますけども、正直面倒くさいです。

日記にコメントくださったアニキアネキ、返信できやんでごめんなさい。夜中に何度も目が覚めて仕事のやり方考えてしまうんで、余裕がないです。こんなんじゃあかんのですけど、おそらくメーカーのサラリーマンの殆どががこんな毎日だと思います。

洗濯機がピーピーゆうてるので、今から干しますど、時々洗濯バサミがパキッって折れるのが脱力しますけど。

がんばろ、ともかくがんばろ。

みんな頑張ってるし、がんばろ。

 

 

 

 

| | コメント (5)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »