« 長すぎたかもしれない | トップページ | GWの様子を »

2019/05/07

道具のアレコレ

今回の山遊びでいろいろな気づきあったんで、メモ書き。

 

「雪上にテント張るんだから、テントサイトでサンダルは無いよなー」。そう考えて出発直前、ホームセンターに寄って長靴(税別800円)を買っていった。結果は大正解。雪解けのぬかるみや水たまりなんかも、”幼児のように積極的に”ジャブジャブ歩いて行けた。とりわけ、真夜中に便所行くにしても、どんなトラップがあろうとも平気。

 

同じく、出発直前にダイソーで、自転車の前カゴにつける”ひったくり防止網”を購入(税別100円)。ザックに取り付けると、脱いだ上着や手で持って邪魔な物なんかを素早く挟んで運搬可能。

 

今回は上高地をベースにして、山に登るときは最小限の装備で往復することを考えたので、自分も小池さんも35リットル程度のザックにしてみた。この中に自分は家関係(テント一式+スノーフライ)と個人装備(冬用シュラフ、アイゼン、ピッケル、スコップ)、小池さんは食糧(お湯だけで食えるフリーズドライのみ)と同じく個人装備。結論として「パッキングすることは可能だが、背負うのに向いてない」。

35リットルのザックは35リットルに入る重さに対応した背負い心地しか提供してくれない。肩や腰にのしかかる辛さが凄かった。重いものはやはりそれなりの容量のザックに入れた方が断然楽だ。

 

相変わらずランタン不要論者である。陽が沈む前に寝るのだから。

 

積極的に山小屋のメシを食った。それだけ自分で背負わなくてよいってこと。金はかかるが、荷物が少ないと体への負担が減り、安全に登れる。

お金大事。

 

アイゼンを研いで行った。凍結した45度を超える斜度の下りの安心感凄かった。手入れは大事。

 

雪崩の可能性が少ない(ゼロではないけど)ルートなんで、ビーコン持って行かなかった。こーゆーの一個一個の積み重ねが軽量化に繋がるけど、埋まった場合に遺体探しに手間取るんだろうな。

 

夜中に降雪があると、どんどんテントが埋まり、どんどんテント幅が狭くなる。寝返り打たずに寝れるのかと思ったが、グーグーいびきかいてたらしい(小池さんも同じく)。

 

”撤収時、凍りついたペグが抜けないと困るので、割り箸や竹を埋めてペグの代わりにする”は不要だ。そんなに深く埋めなくてもテントがゆがむくらいの暴風雪にはペグ抜けないし、翌朝凍りついていてもピッケルのブレードがガンガン掘れば全部回収可能。

 

あとやっぱり「テムレス」最高。

 

 

 

 

|

« 長すぎたかもしれない | トップページ | GWの様子を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長すぎたかもしれない | トップページ | GWの様子を »