« 18個 | トップページ | 風呂屋に逃げる »

2018/10/22

ソロ

新しいザック買ったら背負いたくなって、六甲山へ。それにしてもこの季節の森の香りはなんて素晴らしいんだろう。じっとその場に立っているだけで、体の中がみるみる浄化される。

Img_2749
途中”キャッスルウォール”に立ち寄ってみた。台風続きだってせいもあり、随分岩が浮いてる気がしたし、なにより、岩に打ち込まれている金属のリングボルトや支点が信用できない。以前はそんなことお構いなしに登っていたけど、臆病になってきてる。けど、それでいいと思う。命あっての遊びだし。

Img_2753

何代目かの”キャッスル猫”が茂みの中から現れてにじり寄ってきた。当然一切ほどこしはあげない。この日も有名な「餌やりおばさん」が自前で用意してきたキャットフードを与えていた。野良犬や野良ネコに餌をあげることを生きがいにしているこのヒトタチに何を言っても無駄だし、そもそもここは古くからこのあたり一帯はそーゆー場所なんだと思うことにしている。イノシシを餌付けしている爺さんも同じく。

目くじらたてたって仕方ない。

Img_2762

この日のもう一つの目的は、通称「屋根岩」を登ること。50年以上前(?)からそこにある古典のようなボルダリングの課題。二年前、けっこう熱心に通ってやっとの思いでたった一度ダケ登れたので久しぶりにどうかなと挑戦してみたけど、かなり難しかった。
こんな岩一個と一人ぼっちで遊ぶなんて、自分どーかしてる?って思わなくもないけど、

Img_2756
登ったあとの神戸港を見下ろして秋の渇いた風に吹かれているときの幸福感、どう表現したらいいのか。

幸せにひたって有頂天になってることには落とし穴があるもの。
561786634715283

帰る途中のなんでもない場所で「箪笥の角に小指ぶつける」事件発生。
爪が剥がれて皮がパックリ。おまけに薬指がみるみる紫色に。しばらく悶絶したあと、ともかく町まで下りなきゃと痛む足をかばいながらトボトボ歩くんだが、やたら足が滑る。

運動しているので血が止まらないのだ。その血がサンダルと足の間でため池をなしており、通りがかった人が驚いて絆創膏をくれようとしたけど、なんだか自己責任で頑張らなきゃと意地張って下山した。
住宅街に出るころには血も止まり、そのまま帰宅して小池さんに驚かれたという顛末。

Img_2765

そうそう、芦屋の駅前にはひっきりなしにレスキューが六甲山目指してカットんでいった。上空にはレスキューヘリも見えたけど、何があったんだろう。

山はいつも優しいばかりじゃない。足元をふとみながら。

|

« 18個 | トップページ | 風呂屋に逃げる »

コメント

ここ数年、年を取ったせいか自力で下山ができないことも想定しないとなと思い出してから、一人で山に登るのが臆病になってきています。
低山だから大丈夫ってことも無いですよね。気をつけないとなりませんわ。

投稿: さかじい | 2018/10/22 17:01

アニキ、山での小指は激痛ですな!
結構な出血で、その後のケア、しっかりです。

私的には、暗中模索でウロウロしてます。

投稿: bfz | 2018/10/22 19:45

●さかじいアニキ、怪我をしたときはやはり一人だと不安ですよね。しかし会社での複雑な人間関係の調整ばかりに疲れてしまい、山は一人ポツンと、、、を志向してしまうのかもしれませんわ。
●ブラジャーbfz!怪我はいつか治ると信じて。霧もいつか晴れると信じて。

投稿: ローラーおとこ | 2018/10/23 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18個 | トップページ | 風呂屋に逃げる »