« 21号 | トップページ | 温泉ソムリエ »

2018/09/06

ささやかな

いつごろ始めたか覚えてないけど、風呂は入る直前(お湯を張る直前)に、前回の残り湯を棄てることにしている。断水になっても、180リットルの残り湯があれば、トイレを流すことができるし、登山用に買ってある簡易浄水器で飲み水にもなるし。

食糧は、雨続きで登山順延の連発が功を奏して、フリーズドイライ食品てんこ盛り。寒冷地用のガスボンベが1ダースほど。夫婦二人で10日間くらいは食えるだろう。

ヘッドランプや150時間連続点灯の(ほんまか?)ランタン、防寒着一式、物欲に負けて揃えた寝袋も4人分、テントも二張り。エレベーターが止まり、非常階段も倒壊したときに懸垂下降で下までおりるので、50メートル、30メートル、20メートルのロープとハーネス。

雪崩用のビーコンは、建物が倒壊したあと、自分の遺体捜索してもらうとき用に。これだけあれば、次の天災にもなんとかなるんちゃう?と思って。

何が言いたいかというと、

「山行きたい。」

|

« 21号 | トップページ | 温泉ソムリエ »

コメント

先日思い立って、30mほどのロープと、山岳用カラビナを買いました。
もしもの時に、少なくとも妻は7階から地上まで下したいと。
おっと、安全な結び方も勉強しておかなきゃ!

投稿: initialTT | 2018/09/06 16:41

言いたいことはまさにそれです!!

投稿: arkibito | 2018/09/06 17:45

●initialTTアニキ、考えれば考えるほど防災グッズ多岐にわたりますよね。そろそろ南海トラフが動きだすのかなぁ(ドキドキ)。
●arkibitoあにき、街で遊ぶのはもういいかな、、、。街呑みも(笑。

投稿: ロラおとこ | 2018/09/10 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21号 | トップページ | 温泉ソムリエ »