« 三瓶山から戻る | トップページ | 西宮球場跡 »

2018/08/29

山に登る理由

約一か月半苦しみぬいた仕事がひとまず終結。すぐまた次の壁が迫ってくるけど、ちょっとだけ一息。

山小屋のあるじがSNSに投稿していた文章が凄くよかったのでリンク。初めて山に登った人の何故山に登るのか論。

読むだけでカタルシスおぼえたの久しぶり。

標高3,000メートル超えた場所で一晩寝るときの不安と感動。
「怖いくらいに星が」じゃなくて「星が怖い」と感じる(ほど見えてしまう)ことや、いえいえ、今自分の目の前にあるのは星空じゃなくて銀河だと思ってしまったこととか、本当は夜空っていう色があることに気づいてしまったり、

テントに叩きつける雨、風、雪はまさに自然から受ける”殴る蹴るの暴行”状態だったりするのに、ああ、また山に戻りたいなぁと

そんな気持ちになった文章でした。

|

« 三瓶山から戻る | トップページ | 西宮球場跡 »

コメント

なんかドキドキしました。

投稿: man | 2018/09/01 17:21

●manアニキ、自転車のように物欲で気持ちを消化できないので、山は厄介ですよね。荒れる山、晴天の山、どちらも萌えます。

投稿: ロラおとこ | 2018/09/03 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三瓶山から戻る | トップページ | 西宮球場跡 »