« 南アルプスという場所 | トップページ | 甲斐駒に登った »

2018/07/11

森の中で呑むこと

下山、、、と言っても無事テン場に戻れば、そこはもう街中では得られない空気感と「アルコホル」。
Img_2322
加齢とともにビイルから距離置くようになってるけど、ここでは別。しかもビアガーデンにあるような正真正銘の「大ジョッキ」で900円は多分格安。山に登って降りて、脱水気味で飲むだけじゃなく、ここまでサーバーを荷揚げすること、ジョッキをあおる目線の先にホシガラスの飛衛が見えること、山の中特有の甘いフィトンチッドの香りとか、

仕事の帰りに何かをかなぐりすてるような飲み方とは違う、そーゆーのが沢山あるかな、山で飲むのは。


Img_1904
最近目覚めた「ピーマンを先に炒めて置く」やり方。日清焼きそばはお湯で湯がく特殊な製法をユーザーに求めているので、まず野菜は別に炒めておけば歯ごたえがいいなと気がついた。

Img_1907
陽が落ちて気温がどんどん地べたに降りても、楽しくて静かな飲みは続く。多分どこで鹿やオコジョが不思議そうに遠くから見てるかな。

Dscn0463

今回から導入した「ダイソー」の100円サンダル。テン泊する人のマストアイテムの「クロックス」は悪く無いけど、重たい。それから、盆個性を求めて、、、な〜んて。
山の道具って、普段身の回りに見え隠れしてるものを上手く使える楽しさってあるよな。

この時、ここへ(初めての南アルプス)来た理由とか、慌ただしい時期に有給とって今頃職場でどうなっているんだろうとか、戻った時にどんな酷いメールの洪水に立ち向かうんだろうとか、

だんだんどーでもいいか、辛い気持ちがたくさんの澄んだ水で薄まって行く気がしたけど、どうだろう。

森の中に逃げてるおっさんが一人。熊にあったら相談しようと思って眠りについた。

|

« 南アルプスという場所 | トップページ | 甲斐駒に登った »

コメント

ロラアニキ
山とビイルでとりあえず気持ちスッキリでしょうね
外界では酷い山と谷がありますが、次の山とビイルを支えに頑張りましょうね

投稿: KAZZ | 2018/07/11 21:20

アニキ、高い山にはいけなさそうだけど、ピーマン炒めてからの日清焼きそばは、この夏やるべきだと奮い立っておりますー

投稿: たかみん | 2018/07/11 21:44

●KAZZあにき、いつも励ましてもらって恐縮です。熊や鹿、イノシシはどんな悩みを抱えて生きているんでしょうね。一度聞いてみたい(汗。
●たかみんにーさん、昔から不偏のインスタント食品にはやはりそれなりの価値と秘密があるようです。ゼヒ!

投稿: ロラおとこ | 2018/07/12 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アルプスという場所 | トップページ | 甲斐駒に登った »