« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/28

引っ越しと次への目標

火曜の午後に半休とって、ローラー娘腹のでかいヒトの引っ越し荷物受け入れ作業してきた。
新居はアマ(尼崎)の某所。築年数は新しくないが、壁紙とか張り替えてあり、広さもまぁまぁ。背伸びせず、身の丈にあった家だったのでちょっと安心。夫君も営業の仕事をコッソリ抜け出して、顔だしてくれた。
入社三年目で多忙な営業の仕事だと、なかなか有給取りずらいんだろうな。

そんな状況踏まえて、普段一人で家事・育児やっていけるんだろうか、、、腹のでかいヒトは。
(いや、そのトキはすでに腹でかくない筈)

Img_1808
ウォシュレットの取り付け・移設はかれこれ8例目ぐらいやった。いずれも漏水テープをきっちり巻くこと、ゴムパッキンはけちららない事がキモだ。

さて、自分自身の事もそろそろ考えねば。
一連の引っ越し騒動も一段落だが、お袋のグループホーム入居でまだまだ心配事が絶えない。自分の仕事もあいかわらず。昨日の産業医のメンタル面談の中で、最近山行ってます?と聞かれて、そーいえば無暗に温泉行ってるけど、全然山登ってないなと。有酸素運動してないなと。平日運動するというのは生活や気分が荒れてないからできるのであって、そんな考えすら起こらないってのは魂が健康じゃない証拠だ。

ちょっとここらで山の事考えなきゃと思って昼休みに本屋に行ったら、”槍ヶ岳に登る”本ばっかり売っててヒャーってなる。今年は槍ヶ岳を人で埋め尽くそうって魂胆なのか、、、。小槍は行きたいけど、大槍はもういいかな。
本谷をつめて北穂池経由で北穂登りたい。
岳沢からトリコニー登って奥穂行きたい。
ひょうたん池から明神岳通って前穂行きたい。

だけど一年近く、クライミングの練習はおろかロープに触ることさえしてない。六甲山も随分(?)歩いてない。
なので、今週末は”ちょっと”ハイキングに行ってみるつもり。どれだけ体力落ちてるかを認識するためにも。

早く週末こやんかな。

| | コメント (4)

2018/06/25

二年間

青森旅行から以降、なんかめちゃくちゃ忙しかった気がする。
小池さんはそのまま東京に滞在してそっちのブランチで仕事、夜はローラー娘のアパートで引っ越しの荷造り。
自分は大阪の自宅に戻り、長男業務、そして仕事では毎日冷や汗かいて偉い人たちから叱られて、だれの幸せにもならないつまらない資料ばかり作って、夜は定年で退職された先輩の送別会やら、自主都合で退職する後輩の送別会やら。

事情は違えど、みな、沈没しかかってる船から脱出していく。そんな状況の中でも来年度の内定者向け説明会を社内ではやってるので、いったい真実はどこにあるの?ってかんじ。

土曜朝一の飛行機でローラー娘のアパートへ飛んだ。

Img_2319
不動産屋を巡り、ニトリやホームセンターで家財道具を買いそろえ、理解不能の取説読みながら必死で家具を組立て、精根尽き果てて引っ越しを慣行したのが、
ついこの前の出来事みたいに感じた。当時も全然引っ越しの戦力にならなかったが、この日も”腹のでかいヒト”は猫の手ほども助けにならず。。。

Img_2336
この世にタイムマシンは存在しないけど、時間を巻き戻すような既視感ってあるよな、、、。空っぽになった部屋をぼんやり見てそんなことを思った。

Img_2340

大量のゴミを出し、大家さんに挨拶して、不動産屋の手続き終わって、メンバー全員でせっかくだからと記念撮影。そうそう、凄く当たり前のことなんだけど、不動産屋の手続きしてる最中、なにかの書類に署名するんだけど、そこには自分とは違う苗字書いてあった。

もう、”ローラー娘”じゃなかったのをすっかり忘れていたので、ちょっと寂しかったり。
けど、関西に帰ってくることだししかも”あま(尼崎)”だし、おもろくなるかも。

でも次引っ越すときは絶対自分らでやってくれ!

おしまい。


| | コメント (9)

2018/06/19

青森感ゼロ

入社当時、ホンダVT250にまたがり社員寮のあった横浜から十和田市内~尻矢崎を往復したが、当時の記憶はほとんど無い。そして今回なぜか青森へ行くことになったが、「伊丹空港、三沢空港、バス、旅館」以外の景色を見ていないので、

ほんまに青森に居たのか?ってカンジ。

けど、話題沸騰(?)の星野リゾートを体感できたのはよかった。
朝から晩まで繰り広げられるアトラクション、夜は規模を縮小したねぷた祭りが毎晩。従業員が自分たちで考えたおもてなしをこれでもか!ちゅうくらい披露してくれる。ゲームコーナーのお兄ちゃんですら、「いやいややらされてる感」がまったく無い。むしろ誇りをもってゲームコーナーを担当してたのが印象的。

星野リゾートの得意技である「経営破たんしたところを再生」に興味があった。ここも広大な庭に、過去廃墟だったんだろうとおぼしき何棟もの建物が見事に息を吹き返してた。基地以外な~んも無い(と思う)三沢の雇用も相当数生み出してるかんじがした。心配していた「中国語を話す団体の人たち」とのトラブルが少なくなるような配慮、、、食事時間をずらすとか、そんなことまでゆきとどいていた。

気が向いたら写真を載せようかな。けどメンドクサイかな。

通常の宿泊業務をこなしながら、夜は衣装を着替えて祭りの演者の一人になる姿には胸を打たれたけど、自分はやっぱり奥飛騨のなーんも音の無い場所で、風呂に入ってぼんやり山を見ているほうが好きだな。

楽しい旅行だったけど。


Img_2193
旅館の中だけで青森を味わう仕組みがたくさん。

Img_2195

敷地の中にいるポニーに、いきものがかりの小池さん。

| | コメント (0)

2018/06/18

ひとまず最後

これがおそらく家族三人での最後の旅に。

あからさまに記録すると、ローラー娘の福利厚生を使って、大阪から青森・三沢まで航空券「ただ」で行く。現場で最近話題の星野リゾート(これは実費)に二泊。帰りは、ローラー娘・羽田、小池さんは明日から出張で東京滞在。自分は地震の影響で青森から伊丹、、、とはいかず国内線で羽田トランジットして伊丹に帰る(ただ)。自分自身「ただ」って言葉に滅法弱いけど、

そこに至るまでの学費の凄さは(てんてんてん、さらにてんてんてん)。
なので、「ただ」って書いてもハイリスク、ノーリターンには違いない。世の中、そんなええ話転がってないよ。

またそのうち、日記に書くけど、今回の青森・三沢で一番感動したのが、三沢Baseから飛び立つ、訓練の戦闘機の飛行と音速の爆音。ひたすらかっこいい!カミナリの音を残して旋回するウェポンのカッコよさ。

日常、あの音に悩まされている人が聞いたら「お前はあほか」と言われるだろうことが、一番印象的だったなんて、自分は身勝手な

ヒューマン?

Img_2155
三沢の航空博物館で零戦展示みる。永遠のゼロに出たやつ。

Img_2154
鉄ちゃんでもあり、航空機マニアの小池さんの動き。

Img_2167
無重力体験中。

| | コメント (4)

2018/06/12

1万キロ

Img_1698
梅雨空を突く、槍ヶ岳が美しい。

またもや奥飛騨へ行ってきた~。
もう、こうなると中毒も重症化。車中泊だから宿泊費はかからんけど、車はタダでは走らない。
正月明けに納車して、半年を待たずに1万キロを超えた。燃費がすこぶるよくて、リッター20ほど走る。軽油が118円としてざっと60,000円ほど内燃機関に投入したことになる。
1万キロといえば、自転車乗ってたときの年間最低目標値。残業して、出張行って、子育てして、酒飲みまくって、残るリソースをサドル生活に突っ込めば、

そりゃ疲れるに決まってる、、、か。

話しを戻すと、今まで”趣味はドライブ”っていう人の気持ちがよくわからなかったけど、ここへきて、なんとなく同調している。盛りだくさんの運転支援センサー類のお蔭で、ぼんやり(しっかり前は見ているけれど)景色を見ていたり、少し考え事したり(集中は切らさずに)、走りながら見え隠れする北アルプスの山並みにみとれたり(ハンドルはしっかり握って)、

車なんて下駄やん、、、と思ってきたココロにちょっぴり変化が。

目下の悩みは、三年後の車検でいくらかかるんだろう?
五年後の車検の時は定年迎えている筈だから、維持費の捻出どうしているんだろう?

それにしても長らく「縦列駐車」をしていない。もうできる自信ないわー。


| | コメント (8)

2018/06/07

チキンカツ

Img_2134

もう、何年続けてこんな日々だろうなぁ。春先の小池さんの業爆で、一人飯、一人弁当生活。
今日はパン粉にバジルの葉っぱの粉々にしたやつ混ぜてみた。けど、とんかつ(カシワですけど)は逆立ちしたってトンカツ。

今夜も一人飯がうまい。

| | コメント (5)

2018/06/06

次の手

※介護日記

グループホーム直轄の診療科がない=眼科 ので、以前から通っていた病院への付き添い。
いつもは叔母頼みなんだけど、梅雨入りした大阪で徒歩は大変だろうと、自分も有給とってアシストしてきた。けどまぁ、自分の親の用事なんだから率先して動かなきゃあかんよな、、、と。

診察券の受付から最後の会計まで、かなりシステマチックに流れるように工夫してあるのを理解できるのは我々「現役世代」だけだと思う。高齢者にとって、タッチパネル操作のハードルの高さは相当なもの。

ま、それはいいや。

帰宅後、おかんの自宅で会議。

やはりグループホーム、辞めたいらしい。
じゃぁ、元の一人暮らしがどうやったら継続できるか叔母と本人(ほとんどオブザーバー状態)交えて話し合って、今月末で退所しましょかねと言う結論。これについてはこの先、なんども有給使って手続きしないと。

あ〜あ、あんなに苦労して手続きして奔走して、、、仕方ないか。

別件。いや、別件ちゃうかも。
仕事やお袋のこと、ローラー娘の結婚と出産と引越しと、ビッグウェーブが原因で軽くうつ発症なんだろうとぐぐったら、
もしかしたら男の更年期障害?かもって疑惑が湧いてきた。
何れにしても、逃げられない、一個一個片付けていかないと前に進まないから

腹くくろうかな。自信ないけどなぁ。

こんなこと書いてても、また、梅雨明けたら山に登ろうとかクライミングしようとか思えるようにしよう。
自分は健康でいよう。


Img_2133

一通り終わって一人で家のみ。家事は嫌いでないからまだ大丈夫。

| | コメント (5)

2018/06/04

ホーム・スィートホーム

グループホームに入居して三週間経過。自宅の近所で通勤途中にあるという立地。時間があれば寄るようにしてる。入居前はあれほど自分で望んでいたのに、面会にいくたびに、なぜ自分はここにいるんだろう?早すぎた、御飯がおいしくない、まわりとの(症状の)レベル間が違い過ぎる、、、などなど

困ってしまう相談ばかり受けるので、ホームの方と何度も膝を交えて相談したり。

けれど、時間ってのは残酷でもあり優しくもあるもんで、会話する相手の数も増え、本人なりの過ごし方も少しづつ体にまとい始めているようで、週末、散歩と買い物に外へ連れ出しても、元の自宅に帰ろうとせず、ホームの玄関に向かって歩く姿を見ていると、安心したり少し悲しくなったり。

自分の気持ちが揺れているのは、おふくろも同じように感じとっているかもしれないので、正しいかどうかわからんけど、くよくよするのはなるべくよそうと思う。

ローラー娘、緊急帰阪。
といっても、新居となるアパート探しのため。実際には夫君が時間を工面して不動産屋を回って見つけた物件の契約につきそう、、、だけの話。お互い、短期間ではあるものの、それぞれ家電や家財道具が別個にあるのに、それらをどう処分するか、どう運び入れるかまでは頭回ってない様子。

やれやれ、タスク表でも作ってやるかと思ったが、小池さんに「そーゆーことは本人たちにやらせて、びっくりしたり後悔したりしないとダメだ」とくぎを刺された。

なるほど、確かにな。

婚姻届け出した、安産祈願に行った、新居決まった、、、だけでは全然スタートラインにすら立ってないのを早く自覚してほしいんだけど、まだまだやることてんこ盛り。それにお腹でぶでぶになるにつれて、ますますいろんな事が戦力外になるんだし。
で、月末に引っ越し総力戦のために、またもや東京行き決定。
大騒ぎして大阪から荷物運んでホームセンター何度も通ってくたくたになって引っ越してからまだたった二年しか住んでないのに、またあの大騒ぎ再燃かよ。

未来に向かっていく住処、
人生を終えようとする終の棲家、

自分はいま、どこに住んでいるんだろう?ふとそんなことを思った。

| | コメント (4)

五月が終わってた

Img_2124_2
自分と小池さんの出張で泊まったジャランポイントが、えらいことになってたので、奥飛騨に山を見に言ってきた。けど、これは五月後半のこと。今年こそあの山登りたいとおもうけど、どうなるんだか。

五月最終の水曜日、メンタルヘルスのカウセリング受けてきた。
自分がカウセラー側の立場では相談相手の内面まで理解できるはずないなと、今更ながら気がついた。
相談は多岐にわたり、、、つまり、悩み多い年頃ってこと。歳をおうごとに、経験値が増え、そのために心配性が強くなるのは誰しもあるけど、自分はそれがより強いみたい。そして、こうなったら嫌だなとおもうと、どんどんそっちに物事が進んでしまう。どこかで断ち切らないとダメだな。

月が変わる。
カレンダーをめくるたびに、なんていうのか、ひどい一ヶ月だったなぁ、今月はどうかなぁって思うのも少々どうかと。

1日は創立記念で午後からボーリング大会。
ギリギリ、スコア100。まぁマァ楽しかった。そのあとは嘱託の先輩誘って立ち飲みへ。
立ち飲み行ったことないって言うのでお連れしたけど、居酒屋のように次から次へとアテを注文するのには参った。食べるとこじゃなくて飲むとこですよと言ったんだけど、まぁいいか。

Img_2125_2
土曜日、納車後半年点検でディーラーへ。月平均2,000キロ近く乗ったけど、快適そのもの。オートクルーズのできの良さと燃費の良さと軽油の安さ(ハイオク比)の恩恵か。ディーラーのある西宮で昼飯探し。ここのチャーシューメン食いたかった。

まだ開いてません。

Img_2126_2

土曜の夕方、お約束のように銭湯へ。自分の行動パターンは、かけ湯→浅い湯舟→体洗う→頭洗う→ひげを剃る→ジェットバスで背中ほぐす→サウナ→水風呂→サウナ->水風呂->浅い湯舟で100数える→脱衣場でぼーっとする。

これで1時間。440円はほんま安いと思う。このすぐ近所にもう一軒、薪で焚く銭湯あったのに、最近閉店してしまった。そのうち銭湯難民になったら困るなぁ。

Img_2129_2

日曜日、兵庫県の出石へ蕎麦を食べに行ってみた。町のはずれに見つけた店が大当たり。けど、出石蕎麦特融の「生卵」につけて食べるのだけはいただけない。蕎麦の風味が卵に負ける。

ま、こんな感じで一見平和。

| | コメント (2)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »