« 山行った | トップページ | 新しいこと »

2018/03/23

少しの冬と少しの春

Img_1174

家でふさぎこんでばかりいる自分を気遣って、長期出張から戻ったばかりで疲れているだろう小池さんが、気分転換にとソトへ連れ出してくれた。
北陸自動車道を敦賀で降りて、越前海岸沿いを走る。敦賀の街並みや道路は、サイクリングイベント「グランフォンド福井」で何度か走って、そのときの気持ちや光景が鮮明に残っている。
出発が遅かったので日暮れが近い。一瞬の視界の中に温泉の看板が見えたので、駐車場に入ってみた。
入湯料510円払って湯船につかる。天然温泉だが若干消毒薬の匂いがする。けれど、この湯船からそして休憩室の窓から見た素晴らしいであろう洛陽に、あまり感動していない自分に驚いた。

温泉からスグの場所にある道の駅をねぐらに。

Img_1179

敦賀市内のスーパーで買っておいた地物の刺身を食い酒を飲む。シュラフにもぐり込んでも夜は結構冷えた。

翌朝は快晴。

眠りの浅いのは登山のテントで慣れているとはいえ、寝違えたようで首が痛い。
1860mmも車幅あるのに、室内がそんなに広くないのが不思議な車。

Img_1185
富山や金沢の山の帰り、必ず立ち寄る北陸道・杉津SAってとこがある。ここの「おろしそば」が食べたくなった。
けど、現在地からだと逆方向に戻ってICを探すことになる。それなら従業員用の道路があるんじゃないかと思って、勘をたよりに山道を行くと、見事、おろしそばにありつけた。
こんな小さなことでも楽しいなぁと思いながら車を走らせていると、ケータイに着信が。

SAで停まって恐る恐る画面をみると、、、いつもの上司からだ。一気に気持ちが急降下し血圧が下がるのが分かる。心臓がどきどきする。さっきまでの気持ちに大きくて黒くて分厚い風呂敷をかぶせられたような感じ。
曜日や時間とわず仕事をしている人は部下もそうあるべき、いやそうに違いないだろうと思って、深夜、早朝、休日にも仕事の指示をしてくるんだろうか?

以降の記憶があまりない。小池さんに運転変わってもらってひたすら助手席で眠っていたような気がする。
------------------
旅行に行く前日、実は仕事の面接に行ってきた。
まったくの異業種で、受付と顧客対応、残業無し。給料は今の1/3。鉄道会社のグループ企業の契約社員。
生まれて初めて履歴書なるものを書いた。やつれて酷い顔した写真を貼る。どうせ二言三言聞かれる程度だろうと思って望んだら、ちゃんとした会議室に通され、スーツを着た人事担当の方が二名。
自分の今までしてきた業務の事や仕事に対する希望を話し、最後には、もう辞めるつもりでいますので何のお力にもなれませんけどと前置きしたうえで名刺交換までしてしまった。

転職の面接で、現職の名刺交換なんてするアホいないだろうな、、、、。

その場で一応採用の返事はいただけたが、返事は保留にした。
-------------------

春分の日、朝からの雨音を布団の中で聞いていたら電話が鳴った。
お袋がグループホーム入居の相談がしたいと。認知機能の衰えが自分で自覚できるうちに入居を決めてしまいたいと。以前も同じような相談を受けたが、そのときはお袋の状態がよくなくて、悪く言えば「支離滅裂」。
けど、この日は普通に会話が成立し、状況を理解・認識できるので、施設の見学に(二か所)回ってみることに。
少しでも長く在宅でと思うのがふつうなんだろうけど、この人の場合、家事全般はまったく普通にこなしているし、歩くことや運動機能は自分なんかと変わらんくらい。なので、デイサービスやデイケアを必要としていない。

この人が不安なのは「自分がおかしくなってゆく恐怖と不安」。しかも決まって真夜中に。

出した結論としてはまずいっぺん入居してみる。やっぱり一人きままに自宅がいいってことになったら退去すればいいやってことに。4月になったら手続きしに行こうと思う。

-------------------

夕方、ディーラーへ行き、冬タイヤから夏タイヤへ交換。
今まではアパートのベランダに置いてあるタイヤを台車に乗せて14階からおろし、ジャッキを上げ下げして汗だくになり腰痛に怯えながら交換していた。
けれど、年間保管料1万円でタイヤを預かってくれて、5千円で交換と調整してくれるってサービスを契約した。
235/50 18インチなんて馬鹿でかいゴムとアルミの塊4本を担ぐなんて、もう無理。
まっているあいだ、高級なお菓子と高級な紅茶をよばれて待つのも悪くないなと思った。

-------------------

月曜日、この世の終わり様な顔(小池さんいわく)して出勤し、件の上司から矢継早に指示が飛び、もうほんまにアカン、昼休みに転職先へお願いしますの電話しようと思ったときに、前の席に座っている他部署の先般が
(自分は辞めるなど一言も相談した覚えが無いのに)、精神状態がよくないときは辞める判断しちゃダメだ。いますぐ健康管理室に常駐している産業医に相談に行ったほうがいい。自分がやらないと迷惑かかるなんて思っちゃだめだ。君がやれなくても変わりはいくらでもいる。仕事なんてすぐに回り出す。辞める前に休むって選択肢あるの、忘れてるやろ?休職中だって何割かの給料が出るんだ。

大げさかもしれないが、この数か月のあいだ全身を覆っていた分厚くて着心地の悪い着ぐるみのファスナーがちょっと開いて、風がすーっと入ってきた。

-------------------

それとともに、一連の作業が終わり、ながらく苦しんだ作業が新年度から他部署に移管されると聞き(まだにわかに信じられないけど)、あとはえーと、転職先にと選んだ会社は土日祝、年末年始、GWが休みじゃないってことを少し想像してみた。横着で遊ぶことばかり優先したい自分が果たしてその環境で本当に逃避が成功したってことになるんだろうか?一瞬今の状況から逃げ出せてもすぐにまた違う違和感でぐらぐら揺れたりするんじゃないか?

入社して30数年のあいだ、なぜだか10年単位で似たような事件が起き、鬱っぽい状態が起きてきた。
前回はちょうど30代最後の歳で自転車の練習に山へ登り、仕事のことを思い出してしまって足が止まり、ガードレールにつかまってポロポロ泣いてしまったのをカラスに見られた。

その前は真夜中に幽閉先から脱走しようとして守衛さんに見つかり連れ戻され、翌朝から丸三か月、仕事を休んで散歩ばかりしていた。

それぞれどうやって突破してきたのか今となっては思い出せやんけど、「どうにかなる なんとかなる」は本当だったと思う。
暗い顔した人間が狭い家の中にいることで小池さんにも随分迷惑かけた。なんかの折に、返したい。
月曜日に、面接してくれた会社には丁寧にお断りしようと思う。こんな事書いててもGW開けたら仕事変わってるかもしれない。けど、それでもいいと思ってる。

あとになって、あのときも今も、自分は変わらずダメ人間だったと忘れないように、日記に書いてみました。

相談に乗ってくれたみんなも、どうもありがとう。


|

« 山行った | トップページ | 新しいこと »

コメント

前の席の方、優しい方ですね。
明日は我が身ですが、周りをちゃんと見てくれてる。
結局は皆んな余裕がないと思います。

投稿: man | 2018/03/23 15:05

やっぱり長年体に染み込ませてきたものを、一気に抜くのは勇気がいりますもんね。とくに金銭感覚を捨て去るのには苦労しましたよw。

投稿: わがお | 2018/03/23 15:47

久しぶりに飲みにいきたいですわ。

投稿: Shallow | 2018/03/23 16:26

アニキ、ご無沙汰してます。メチャメチャ心配しながら読みましたが、前の席の他部署の方がグッジョブですね。

自分は5年周期ぐらいで妙な精神状態に襲われていますが、毎度適当に怠けて(笑)新鮮な空気を求めてウロウロしてたら周囲の人たちに助けてもらっている状態。

GF福井懐かしい。2010のスタート地点でアニキにお会いできて、今庄365の下りで真後ろを走行できたけど、栃ノ木峠で追いつけず(笑)その後エイドすっ飛ばして先行してたらパンクして、雨中修理してたらアニキに抜かれた(笑)

懐かしいです。8年前ですねー

投稿: たかみん | 2018/03/23 19:53

アニキは間違ってもダメ人間ではありませんよ。
仕事について色々考える事も、人生悩むのもみーんな同じです!

投稿: uechicchi | 2018/03/24 00:35

大きなお世話ですけど、あんた、休まんといけませんで、何をしても空の色はかわりません。

投稿: 読者A | 2018/03/24 06:28

サラリーマンなんて社長だろうがペーペーだろうが代わりはなんぼでもいるって事、それに尽きる。誰もそれを認めたくないから責任を背負っちゃうんだよね。正面切ってそう言われると救われるよね。
そうしばらく休むのいいアイデアかも。来るべき定年退職後の「毎日が日曜日」を前倒しで体験してみて何か見えて来るものがあるかもしれないよ。

投稿: がりお | 2018/03/24 06:55

平気で生きているのが悟りだそうです。
「なるようにしかならないし、なるようになる」

投稿: わんだら | 2018/03/24 07:54

人生のパイセンの生き様、謹んで拝読いたしました。道を選ぶっていうのが人生で一番難しくもあり、生きてるってことなのかなと。自分もアラフォーになって色々悩んでます。

投稿: arkibito | 2018/03/24 21:02


読むにつれ深刻なことが書かれ心配になりましたが一先ず決着がついたようで安心しました。
『気付き』のある方がお近くにいて幸いです。

こういうふうに日記として書いてみるのも頭の整理、掃除ができていいものですね。
私はそう思います。

投稿: PEANA2 | 2018/03/24 21:13

アニキ、

ありがとうございました。

あ、自分、時々ヴァケーション取得させてもらってまっせ。

投稿: bfz | 2018/03/25 17:21

回転木馬って言う自転車さんの延長線で39xさんを知り
同世代でこんな風に生活の満足度を上げ、かたや底まで吐露する人居るんやって思って11年ぐらいでしょうか ROMってます。
大嫌いな仕事に人生の90%持ってかれながら”家族自転車角打ギター 好き”と、メンタルが共通してて・・

どんな本読んでも救われ無かった事も39xのブログで救われて乗り越えた事何度もありますよ。
次の展開がどうあれ

「かくすれば かくなる・・」
を思い起こさせて頂いております。

投稿: ROM専 | 2018/03/26 18:59

●manアニキ、プロジェクトで一緒になってこともない人にまで見透かされてたのがショックでした。そんなに暗い顔してたのか、、、と。どこに救いの言葉が落ちているのかわからんもんですね。いい経験になりましたよ。
●わがお兄弟子、長年しみついた”週休二日制”ですが、世の中の過半数の人はそうじゃない!って気づかされました。自分なんかまだまだ甘いですわ。
●おじき、一山超えたらすぐにまた次の山というか泥沼が待ち構えてて、サラリーマンのゴールはどこにあるんでしょうね。飲みたいですねー。

投稿: ロラおとこ | 2018/03/27 10:34

●たかみんアニキ、ありがとうございます。自転車で駆け巡っていた頃はあんまり仕事の心配事無かったなぁと今思います。当時と今といったい何が変わってしまったんだろうと、今回は考えるよい機会になりました。
●ブラザーuechicchi、悩みの無い時間って、人間には永遠にに持つことがは出来ないのでしょうね。乗り越えるのが苦手なので通り過ぎるの待つってやり方で、この先もいければいいなと思いますが、さて。。。。
● 読者Aさま、コメントありがとうございます。「空の色のかわらなさ」という言葉沁みました。またぜひコメントくださいな。
●がりおアニキ、明日休もう、明日休もうと思っているあいだに今日まで来てしまったという感じです。自転車乗るとか山行くとかでズル休みは平気だったのに、、、おかしなもんですね。

投稿: ロラおとこ | 2018/03/27 10:43

●わんだらさま、コメントありがとうございます。”なにが怖くて、なにを恐れて”平気で生きていけないんだろうと考えてしまう日々でした。歳とともに平気になっていくのか、平気が怖くなっていくのか、悩ましいです。若いころのほうが平気だったのかなぁ。。。。
●arkibitoにーさん、バリエーションルートを歩きたいくせに、イザ目の前にすると足がすくんでしまっている今の自分の状況です。選んだ先に必ずしも崖があるとは限らないのにね。人間ややこしいね。
●PEANA2アニキ、ありがとうございます。小池さんには常々「考えたってしゃーないやん」と励まされていますが、考えないフリするのもけっこう苦手だったりします。考えない生き方、目指してみようかな。

投稿: ロラおとこ | 2018/03/27 11:05

●ブラジャーbfz、遠路ご苦労様でした。大人でも子供でも若くても年寄りでも、全世界、”地球はヒトの悩みで回ってる”かもしれませんね。バケーション、いい言葉です!
●ROM専さま、コメントありがとうございます。回転木馬、随分足が遠のいてしまいました。当時の自転車に対する自分の濃さはよい思い出ばかりです。こんなくだらない日常のブログですが、よければまたぜひコメントください。
心配事満載の日々ですが、「過ぎてしまえばみんな思い出」。思い出作りのために、いろんなことを悩んで心配してくよくよして時々ケラケラ笑っていこうかなと思います。

投稿: ロラおとこ | 2018/03/27 11:12

特に今月に入ってからは何かドキドキしながら読み進めてまいりましたが、「風ががすーっと入ってきた」のくだりで、ホッと致しました!巡り合わせもアニキの持ち物やと思います!

投稿: kiyo_g | 2018/03/27 15:45

ローラーおとこさん、今は休息が必要かと。以前の経験があればこそです。Life is all like that と、のんびりいきましょう!

投稿: どんなべ | 2018/03/28 13:06

●kiyo_gあにき、「いつか夜が明ける」とか「やまない雨は無い」とか、そーゆー言葉って深い海の底にいる人間にはまったく届きませんよね。浮上してこそ「ああ、そうなんだ」と確認するんだろうなと思いました。まだまだ油断できませんが、まず少し前進したような感じです。
●どんなべアニキ、人生こんなもんだ、枝道回り道時々ねころんで休憩することも怖がらず。また楽しいばかばかしい日記の日々にしようと思います。ありがとうございます。

投稿: ロラおとこ | 2018/03/30 13:52

ローラーおとこ様
自転車に乗られていた頃からちょくちょくブログを拝見している1ファンです。絶妙の言い回しが素敵だなと、元氣をもらっていました。久しぶりに訪問してみると、深刻な状況になっている様子で驚きました。
今の自分と重なる部分もあり、やはり誰しも仕事では色々な悩みを抱えているんですね!
先週久しぶりに六甲山に登ってきましたが、気持ち良かったです。山はいいですね~!
一度ご一緒したいな~!などと秘かに思っています。
とにかく、今後うまくいきますように願ってます。

投稿: 兵庫県在住のTOMO | 2018/03/31 13:38

●兵庫県在住のTOMO さま、コメントありがとうございます。また、こんな日記を読んでくださって恐縮です。歳と共に悩みの根が深くなってゆくのは仕方ないのかなと、最近ようやくわかってきました(遅い)。六甲山でも立ち飲みでも、お誘いください!
自転車も復活目論んでます!
メアド:hiro_ta920@ニフティどっとこむです。
よろしくお願いします。

投稿: ロラおとこ | 2018/04/02 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山行った | トップページ | 新しいこと »