« 柴又 | トップページ | 四国のポップカルチャーについて »

2017/12/10

大阪に戻って自分のデスクに座った途端、大量のメールと格闘開始。どれもこれも「急ぎ」「至急」「重要」のタスクばかり。自分が留守の間、全く連絡がつかずどうなってるかなという不安があったけど、誰かがフォローしてくださったりしてうまく回っていたけど、それでも出勤していきなり

「あれ、どうなった?」なんて聞かれて「一月近くいなかったんだから、そんなん知りませんよ、、、」と言っても許してもらえるはずもなく。
日記を書く余裕なんか全然なくて。それ以上にショックなことがあった。

自分が不在の間に、信頼していた上司が会社を去っていた。さらに、いっこ上の先輩が亡くなっていた。
入院してわずか三週間でという話。状況は全く分からず、職場のポータルサイトには「従業員の訃報」という無機質な文字だけ。なんなんこれ?

以前なら、”山に逃げる”って思ったのに、どうした俺。まぁいいや、ともかくどっか行こう。

Img_1453
土曜の午後から車に乗って高知へ。何年か前に、観光市場で食った鰹の藁焼きがたいそう美味かったことを思い出したので。ただし、鰹ってのは初鰹と戻りガツオ以外、期待しないほうがいいと知ったのは、車の中で小池さんがスマホ検索した後。

Img_1454
それでも、この日食った鰹の藁焼きは、悲しい気持ちを盛り返すに有り余る旨さだった。

Img_1455
もうなんだか、ひたすら鰹を食って食って食いまくった。市場の熱気にも押されて、うまいもん食ってうまい酒飲んでる時は、おもろくないことを考えずに済む。二人で出っ張った腹をさすりながら千鳥足で市内のビジホに帰る。けど、自分と小池さんとで身をすり減らしながら毎週毎週出張に行って溜まった宿泊ポイント使って、二人一泊600円。

結局、こんなことでも会社に助けられてるやん、、、。世の中矛盾に満ち溢れてるよな。なんて。

Img_1458
翌日は嫌になるほどの青空。朝市にでかけて、大量の新鮮な野菜を買う。野菜を作る、魚を獲る、それを売って人に喜ばれる、自分の暮らしを支える、
こんなシンプルなことがなんで今の自分たちにはできやんのだろうとか色々思ってしまう。
答えなんかどこにも落ちてないのに、色々思ってしまう。なんなんもう、、、。


Img_1461


Img_1462


Img_1463


Img_1464

帰りは香川によってうどんを少し。普通のうどんを普通に食べた。ただそれだけ。
今回の旅の目的はもう一つあって、年明けに新しい車に乘ることが決まった。今の車は無頓着に「足」として使っているけど、車検証を見ると13年もの間自分たちを色々な所に運んでくれて、家族全員の両手両足では到底勘定できやんほどの思い出を支えてくれて、だけど、全然車の写真がなくて、それで

車の写真を撮ることにした。

自分と小池さんと車と並んでセルフタイマーで撮った。
新車の時の嬉しさは今でも色鮮やかで劣化してない。内装はボロボロ。けど、最高なやつ。
廃車にしてスクラップになる瞬間、恨み言の一つでも言われるだろうか。
それとも、楽しかったと言ってくれるだろうか。

楽しい旅だった。
明日からも頑張ろう。


|

« 柴又 | トップページ | 四国のポップカルチャーについて »

コメント

高知行ってみたいけど大阪からかなり遠くて、高速代も東京並みにかかるのでまだいけてません。カツオ食べたい(笑)
13年ですかすごい?!あの黒い車ですよね。クルマもきっと満足してるでしょう。次の車何だろ楽しみですね。

投稿: DANGER | 2017/12/11 09:02

● DANGER あにき、子育てって「はよ終わったもん勝ち」ですよねw。親の介護が本格的になる前に、いろいろやっておこうかなと思いまして。それに自分自身、そろそろ終活?も視野にいれようかなと。ともあれ、今の車は思い出が沢山詰まってしまって、じつはちょっと切ないです。

投稿: ロラお | 2017/12/11 09:25

いろいろあるけど楽しまきゃソンですね。
来年が楽しみですなぁ〜。

投稿: わがお | 2017/12/11 11:04

●わがお兄弟子、あの世にいくまで桃源郷なんて無いんだろうなぁと思いますけども、少しでも楽しいことがあれば素直に楽しいことに従いたいですね!

投稿: ロラお | 2017/12/11 13:28

鰹イイですね~
食べに行ってみたいです!
最近うまい刺身が食いたくって仕方ない!

投稿: PEANA2 | 2017/12/11 18:48

● PEANA2 あにき、福井から富山あたりまでの沿岸沿い、そして四国の太平洋沿い、「刺身キャラバン」やってみたいですね!

投稿: ロラお | 2017/12/12 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柴又 | トップページ | 四国のポップカルチャーについて »