« 鰹 | トップページ | 次の季節に行くために »

2017/12/12

四国のポップカルチャーについて

柳ジョ~ジの歌で、山内容堂藩主の歌があったが、今回の高知では新たな気づきがあったのでメモ。

土曜の夜半にビジホから徒歩で歩き出すと、辺り一面そこかしこにモータープール(これ、関西弁?)があって、入庫の列が絶えない。なんぞ、夜の祭りでもあるのか?と思ったが、”代行”と行灯を乗せた車もひっきりなしに往来を走っていた。

なんと、高知の人は飲み会に行くのに車で行って代行で帰るというのが普通みたい。たしかに飲み屋が多い。
それも腰据えて飲む店多い。サラッと飲んで帰る仕組みの立ち飲みが少ない。パッと飲んで電車で帰るというのが無いみたい。ちんちん電車、あんまり遅くまで運行してないのかな?

街中に公衆便所が沢山あった。
膀胱の弾力を失いつつある自分など、ありがたい。飲んでる人間が沢山いるので、おのずとそうなったんだろう。

ただし、高知だから特別酒が安いとかそーゆーことは無くて、やはり大阪駅前のように大びん340円とかは見なかった。ともあれ、魚が美味いのは紛れもない事実。若い子が朝からバカ飲みしている光景もよく見た。気持ちはわかるが、朝からバカ飲みしてしまったら、大切な休日がそこで息絶えてしまうのでちょっと勿体ないなとも。

~お遍路さんについて~
季節ガラ(?)、歩いてるヒト全然見なかった。自分も小池さんも山に登ることで歩く楽しさに目覚めたので、ぼちぼちお遍路行くかって計画も立てつつある。全部歩くと約40日。費用は一人40万が相場らしい。
うどん屋を探して車を走らせているときも、ああ、このあたりもいつかテクテク歩くんだなぁと思うと、不思議な気持ちになった。「だいぶまえ、車でこのうどん屋来たなぁ」なんて思い出しながら、歩く日が来たらいいなと。


|

« 鰹 | トップページ | 次の季節に行くために »

コメント

山形も代行多いですよ。
自分の車の助手席に乗って自宅に帰るのは、ある意味新鮮でした。

投稿: か退院 | 2017/12/12 22:48

●か隊員殿、タクシー代と遜色ないと聞きましたが、考えた人頭いいですね!

投稿: ロラお | 2017/12/14 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鰹 | トップページ | 次の季節に行くために »