« 記憶に残らない日々 | トップページ | スマホの謎 »

2017/10/01

2017年の9月

自分の誕生日さえ忘れて通過してしまいそうになった。それなのに、忘れられない9月になると思う。

あまり頻繁に仕事を休むわけにもいかないので、叔母が京都から来て、お袋の診察に付き添ってくれた。
その間自分は区内にある地域包括センターの場所を調べて、とりあえず介護認定の申請を済ませる。
以前訪ねた時は、いかにも「事務方です」という風な青年がいて、具体的な話にはならずなんだか拍子抜けして帰って来たけど、この日は実務バリバリのおねーさんが対応してくださった。
医療関係や役所をたらい回しにされる覚悟して行ったけど、包括センターだけで申請が完結したのには驚いた。地域差があるみたい。

病院に処方された薬をすでに自分の管理下に置けなくなっているので、一日分をジップロックに1パック詰めて、飲み方を書いた手製のメモも添える。それでも飲めたり飲めなかったりするので、次は毎食後を1パック詰めにしないとダメかも。

土曜に小池さんと三人でランチに出かけた。
足腰は達者。しかし食後3時間も経過すると食べた内容が思い出せない。
自宅の近所にできた新築の有料老人ホームを見学に行く。選択肢の一つとして悪くないと思うのは家族だけで当人は困惑しきり。そりゃそうだよな。。。。

日付や曜日が思い出せなくてもこうして一人で生きていることはまぎれもない事実だよとポツリ呟くのが切ない。

日曜朝からケータイショップへ行き、18年間使ったPHSと惜別。とうとうスマホデビュー。
割引とオプションのコース説明中に気分が悪くなってくる。携帯ショップに行くと、誰彼となくパニック症候群になるんじゃないかと思ったり。

疲れて帰って来てお袋の家を覗いてさらに疲れる。やはり薬がうまく飲めてない。

焦るなと自分に言い聞かせるのがやっと。

手に持ったスマホには、錦秋の北アルプスの写真が続々配信されてくる。
いつかまた行こう。

|

« 記憶に残らない日々 | トップページ | スマホの謎 »

コメント

アニキ、お疲れ様です。
うまい言葉が見つからないんですが…
とにかく、アニキと小池さんだけは過労で倒れないように!です。

それから…私も、スマホショップは苦手で必要に迫られないと行きませぬ。

投稿: bfz | 2017/10/01 20:55

ロラアニキ、お疲れ様です
妹が同居してるのでうちの母親はまだなんとかなってるんですが、いずれ終活を考えないといけません
毎日の小さな幸せを見つけられるといいですね
がんばりましょう

投稿: KAZZ | 2017/10/01 21:54

身内が背負いこんじゃダメですよ介護は。母上が安全安心な環境で生活できる事が一番大事。いろいろ議論はあるけど、自身の人生を優先する事に躊躇する必要はないと思う。

投稿: がりお | 2017/10/02 09:18

●ブラジャーbfz!ありがとうございます。幸い都市部に住んでいるのでいろいろ情報も集まりやすいですし、なんとかイってみようと思います。
●KAZZあにき、ありがとうございます。第一フェーズの「にわかに信じられない」から第二フェーズ「家族が現実を受け入れる」に移行してきました。気楽にいこうと思います。
●がりおにーさん、ありがとうございます。同感です。親としての「役目」も終わりに近づいたんだなぁと思います。家族も一歩前進あるのみですわ。

投稿: ロラお | 2017/10/02 13:17

ロラ兄貴色々大変ですね。わたしんところは3年前わたしの開業準備中に親父が心筋梗塞心不全で自宅療養になりそれ以前に始まっていたお袋の認知症もソロソロと悪化し一人介護で開業どころでなく。開店休業中です。
社会保険労務士で介護保険や医療保険についてもその制度を思っきし使っています。お母さん、自活する意識がまだまだ高いと思いますので日中ヘルパーさんに覗いてもらって掃除や家事の介助してもらってとかから始めませんと施設に入ると一挙に痴呆が進みます。また、服薬は朝食後に認知症の薬、夕食後にコレステロールを落とす薬とかになってましたが医者に相談したところそんなん同時でもかまへん忘れんように食事後ってなってるねん。ということで朝にまとめて服薬。おまけに日毎の分包という制度が健康保険にあり一回ぶんを調剤薬局で袋入れしてくれるのでそれをカレンダー式壁掛け式の薬入れに入れて台所壁にぶら下げています。誰が来てもわかるように。手間はかかるけどケアマネやヘルパーに相談しながらやっていかんとです。

投稿: ひで りん | 2017/10/02 14:49

ほんま大らかな気持ちを心がけています。"0"か"10"かやなくて自分に負担にならん程度の"1"を何個か費やしているくらいの感覚です。子を育てる役目を終えて「晩年の親は子に介護をさせる役目を果たしてるんかな、その役目が終わったら、、、」と思って費やしてます。

投稿: kiyo_g | 2017/10/02 15:38

●ひでりんアニキ、自分など及びもしない状況だと推測します。ご苦労様です。なにぶん初めてのことばかりで今は面喰ってるところですが、全否定からようやく少し認めてあげられるトコまで来ました。春先に介護職員研修受けたのも、なにかの暗示だったのかもしれません。習ったこと無題にしないようにいっちょう頑張ってみよかと思います。
ありがとうございます。
●kiyo_gにーさん、こっちが神経質になったらあきませんよね。”1”を何個が増やせるようにやってみます。

投稿: ロラお | 2017/10/02 16:27

ロラ兄貴。介護職員研修きっとこれから生きてくるでしょう。ケアマネやヘルパーさんや訪問看護師の皆さんに色々教えてもらいながらやってきました。ケアマネを選任されてから色々相談してみてください。先ほどのメッセージに私のアドレス入れておきましたら何かありましたらご連絡ください。役に立つかどうかわかりませんが。

投稿: ひでりん | 2017/10/02 17:16

●ひでりん兄貴、どうもありがとうございます。この後の支援に重大な意味を持つであろう介護認定をまずはもらわなければという段階です。頑張ろう。。。。

投稿: ロラお | 2017/10/05 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記憶に残らない日々 | トップページ | スマホの謎 »