« 趣味を同じくするということ | トップページ | 車のこと »

2017/09/13

ジェットコースター

~敬愛するアウトドアライターの一文「良いことも、悪いことも、そんなに長くは続かない」を身を持って知る~

あとで読み返して、ああ、そんなこともあったなと思い出したいので赤裸々に書いてみる。

京都でクライミングして幸福な気持ちで自宅に向けて車を走らせていたら、ケータイ鳴った。運転中なので、ひとまず小池さんに話を聞いてもらうが、電話を切るなり

「ばーちゃん(うちのお袋)、救急車でついさっきXX病院に運ばれたって」。

運転しながらの絶句はなかなかに難しいけど、一瞬アクセル踏むのを忘れるくらいやっぱり驚いた。
幸いXX病院は帰宅途中にあるからそっちを目指した。
汗と岩でこすり付けてどろどろの恰好のまま、小池さんと救急搬送室(?)の前で待ってると、コロコロと点滴のちょうちんぶら下げた老女が脱力しながら出てきた。

そのあと、自宅と病院を何度か往復して入院の手続きを揃えて終了。”井伊直虎”見られず腹ペコでがっくり。
翌、月曜日も午前半休をとって病院。火曜も午後半休で病院。個人差はあれど、80の婆さんがいきなり救急車乗って見知らぬ病院に放り込まれたら、会話がちぐはぐになり、ああ、この人終わったわと真剣に思った。


Kanden

水曜午前、ひとまず退院ということでまたもや会社に無理いって午前半休で手続きやらなんやら。
やっとお袋も落ち着いて窓のそとの景色を見たと感想を漏らし、その後の会話も以前と同じくまともに。
で、いったい何が原因で運ばれたのかというと

「アルコールによる肝臓障害の疑い」

一人自宅でテレビ見てたら急に体調が悪くなってかかりつけ医に行くと、先生、顔みるなり救急車呼んでくれてそのまま、、、。体重36キログラムの80歳の女が毎日缶ビイル350mlを三本と赤ワインをコップ一杯飲んでいれば、肝数値がMAX上昇すんのは

小学生でもわかる話。

自宅に送り届けて、きっちり禁酒を言い渡し、冷蔵庫にも「酒やめろ」の張り紙を。
若いころから続けている晩酌のクセを、まぁ年寄りの楽しみだと多目に見ていた自分も反省せねばと。

ま、いろいろありまっさ。


|

« 趣味を同じくするということ | トップページ | 車のこと »

コメント

入院中はワケわからん状態になるようですね。
ウチの親父も入院中は特に!会話がかみ合わん事がありましたし、友人の
父親などは自分のパンツを咥えて騒いだとか(汗)
今回大事には至らなかったのは良かったですね。

投稿: Shallow | 2017/09/14 11:10

●おじき、ありがとうございます。清潔で明るく、室内も最新の設備が揃っているのに、やはり当人にとって「病室」であることに変わりなく、不安で仕方ない->チグハグな言動や行動に繋がるのでしょうね。そろそろ「終の棲家」をどうするか真剣に考える時期が近付いてると感じてます。

投稿: ロラお | 2017/09/14 11:41

酒呑みはお母様からのDNAだったのね。
身に覚えのある量ではありますが、その後は…。

投稿: キルワニ | 2017/09/18 12:14

ジェットコースター、何回かあったし今後またいつあってもと、心だけは身構えてます。晩酌習慣による疾患騒動は、宮本輝さんとこのお母さんもそうやったと聞きます。という僕も飲酒習慣で萎縮(たぶん)した海馬を一旦修復するという、プチ断酒(2Wくらい)を定期的にやってみよかと思います。目的がお酒を楽しみ続けるために、なのですが、、。

投稿: kiyo_g | 2017/09/18 16:52

●キルワニねーさん、三連休ほとんど二日酔いで過ごしたアホですこんにちわ。たいはんの人の飲酒は「癖」みたいなもんじゃないかと自己弁護ですわ。中島らもさんに続け~!
●kiyo_g あにき、同感です。飲まない翌朝の爽快さ、ちょっとクセになりそうです。ジェットコースター、また相談乗ってくださいな(笑。

投稿: ロラお | 2017/09/19 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 趣味を同じくするということ | トップページ | 車のこと »