« 東北も猛暑 | トップページ | 槍を見に行く »

2017/08/25

サーフィン




福島県から戻って再び翌日品川へ行く時に、新大阪駅のブックストアで手にとった一冊。ここの書店員さん、自分と気持ちがシンクロするかのようなラインナップ。

「会社辞めたいんだけどどうしたらええの?」みたいな小説多かったけど、それに同調した自分もいたことは確か。この本はちょっと違う。うまく言えないので、ともかく読んで見てってしか言えない。
しかも、「サーフィン」がしたくなる。ともかくサーフィンしたくなる。そして最後の締めくくりが「他人が自分を評価する値は自分の幸せと一致しない」ってこと。

上司が自分の働きを評価して、じゃあ来月から給料アップするからなとか、社内で一目置かれるほど仕事ができるとか、それと自分の幸せとは全く違う話だということを、この小説で再認識。じぶんのように定年が見え隠れする年代が読んでも、琴線に触れたので、

おっさんの感受性、まだまだ錆びてないやんってとこ。

いいほんに巡り会えて幸せ。

|

« 東北も猛暑 | トップページ | 槍を見に行く »

コメント

最近すっかり読了スピードが遅なりました。SNSが邪魔しているのか感受性が錆びてきたのか、、錆びぬ感受性って、アニキすばらしい!

投稿: kiyo_g | 2017/08/31 17:03

●kiyo_gアニキ、紙のにほいと手触り、いいですよね!

投稿: ロラお | 2017/09/01 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北も猛暑 | トップページ | 槍を見に行く »