« 椿の山 | トップページ | サンダル »

2017/04/17

これからのこと

他部署の”炎上支援”から幕開けの一週間。苦情受付の一次窓口で防戦一方。なんせ相手は動かないシステムへの不満しか口にしないのだから、こっちも電話口でただただ頭を下げるしかない。それ以外にも本業いろいろ。
あと、妄想レベルの仕事のアイディアを具現化するために、あちこち話を聞きにいく。

こんなときにもなぜか自転車繋がりの人々のチカラを借りることに。

自転車は、乗る楽しみだけじゃなくて自分のさまざまなことに深く影響していることが不思議でならない。

さて土曜日。

006
講座もいよいよ最終回。他の受講生とも口をそろえて「長かった」と言うが、まったく同感。
クリスマスに初日を迎え、回を追うごとに、やめときゃよかったな、講座の日に限ってこれ以上ないほど晴天で、遊びにいくしかないやん、、、って日に勉強。これはつらかった。(←子供かよ)
受講生の年齢層も幅広く、男女半々。お互いに腹のさぐりあいではないけど、この人はどんな理由でここに来てるんだろう?そんなことおもいながら休憩時間にもめいめいスマホいじるだけで、会話もなかったけど、ジョジョに打ち解け、いろいろな話を聞けたり。

異業種や他分野、幅広い年齢層の中に放り込まれるのって、こんなおっさんになっても大事やなと。

印象的だったこと3つ。
・入れ代わり立ち代わりやってくる講師すべての熱量が凄かったこと。その情熱、パッションはどこから?ついに最後まで聞くことができなかったけど、やりがいや達成感の凄さがわかった。
・介護って、なんでもかんでもやってあげることって思ってたけど、「残存能力を生かす」という理論に基づいてるってことに目から鱗が。そして人の尊厳は心臓が止まるその瞬間まで守らねばアカンってこと。けど理想と現実に悩む日が来るんだろうな。
・絶対転職して今の境遇から逃げてやると意気込んでいったのに、いまのとこでもうちょっとダケがんばってみようと思えるようになったこと。

ともあれ無事終了までこぎつけた。ケツ割らないで続けてよかった。いつか誰かのほんのちょっとしたことでも手伝えたら、習ったこと思い出してみようと思う。

毎週土曜日の家事労働を代わってくれた小池さんにも感謝せねばな。


|

« 椿の山 | トップページ | サンダル »

コメント

アニキ、半年間お疲れ様でした。
きっと今後のお役に立つ、いい経験でしたね。

投稿: uechicchi | 2017/04/17 10:02

アニキお疲れ様でした!同感です。お世話になってる主任ヘルパーさんのアツい事アツい事、そして明るい!尊厳について看護師さんに至っては、亡骸の処置までお世話になりますし、(一緒に手伝うのも)これが最後と立ち合うと、涙流してくれながらの処置に逆にこちらがこみ上げてしまいました。皆さん一様にホンマ凄いパッションですね。

投稿: kiyo_g | 2017/04/17 13:40

●uechicchiアニキ、ありがとうございます。TVニュースで高齢者と子供の数が大逆転している現実を知り、いよいよこの国もやばいことになるなと思いました。山も老人で溢れかえるのでしょうね(私ふくめて)
●kiyo_gあにき、従事しておられる方の熱さと、離職率の高さ、、、まだまだ介護業界は根が深そうですね。ともあれ、その時がきたらがんばりたいですね。

投稿: ロラおとこ | 2017/04/18 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿の山 | トップページ | サンダル »