« 雛祭り | トップページ | バンクへ »

2017/03/06

ホイールチェア

介護講座10週目。

生まれて初めて「移乗」という言葉と出会う。意味はベット->車いす、車いす->ベットへ移動する、、、ためのお手伝いのやり方。

ただ力任せにお姫様だっこして乗せかえれば済むっちゅう話でない。介護者も大変だし、なにより介護される側の残存能力を最大限生かしていこうという考え方に「あっ、なるほどな」と。人間の体は使わないとどんどんダメになる。年齢関係なく。

ほんなら脳みそもっと使えよと自分に檄を飛ばす、、、、ことはせず(トホホ)。

受講生どうしペアになって実際に表の歩道を1kmほど車いすで移動してみた。地面のデコボコはいわずもがな、駐輪マナーの悪い自転車に進路を阻まれたり


つづく

|

« 雛祭り | トップページ | バンクへ »

コメント

全く立てない、更には腕の力もない方を車いすから車に移乗する際、怪我させたことがあります。

投稿: ハム | 2017/03/06 20:55

ちょっと違いますが、我が家もベビーカーで出かけるので、歩道の段差の繰り返しとか、駅ごとにエレベーターの位置が違うので、ホーム1個分行ったり来たりしたり。社会のちょっとした気の利かなさというのが意外とあるなあと感じます。

投稿: arkibito | 2017/03/07 10:31

以前、大腿骨骨折して車いす・松葉杖と乗り継いだ?とき、書店やマーケットの身障者用スペースに止めてスタスタ歩いて店舗に入る「頭の不自由なヒト」に軽く殺意を覚えたことがあります。
でも、自身がそういう経験をしないと、まわりの不自由な方に思いやれない自分の”浅さ”、”狭さ”もさらに痛感した次第・・・。

投稿: initialTT | 2017/03/07 22:25

●ハムあにき、介護者への怪我がいちばんびくびくもんですよね。
● arkibitoにーさん、車に優しく人に厳しい設計の道路多い気がします。むつかしい問題ですよね。
●initialTTアニキ、一見しただけではどこが不自由しているのかわからない人も沢山共存していることを、恥ずかしながら最近知りました。わたしも浅さと狭さをまだまだ痛感しておりますトホホ。

投稿: ロラおとこ | 2017/03/08 14:04

我が身内なのであまり細かい気遣いしていないというのが実態なのですがギャップ乗り越える瞬間だけ超スローインファーストアウトです(笑)ジツは今日年一回の方針確認のカンファレンスがありまして、改めて自分が普通に働けるのは皆さんのおかげと、信頼に念押しました!

投稿: kiyo_g | 2017/03/11 20:29

●kiyo_gアニキ、ご苦労様です。ケアマネさんはじめとするバックアップ体制の大切さを事業でひしひしと感じます。その時自分はどう動けるのか、いろいろ思いめぐらせてしまいますね。

投稿: ロラおとこ | 2017/03/13 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雛祭り | トップページ | バンクへ »