« 蕎麦打ち | トップページ | 白馬へ »

2017/03/21

入浴

介護講座11週目。

教室の中に、お湯をはってない空っぽの湯船が設置してあり、それをつかって「エア・入浴介護」の実習。
あさくても、溺死する高齢者があとをたたないので、慎重に、目をはなさずってとこ。講座のキモは、入浴を渋る高齢者をいかに無理強いせず納得してもらって風呂場に案内することらしい。

深層心理にかくされたさまざまな理由をさぐり、あいてを傷つけず、こころも傷つけず、風呂に誘う。それはそれは難しいらしい。なかには、三年以上入浴を拒否しつづけている入所者もいるのが衝撃。

午後からは、ベッドに寝ている人の体を拭く練習。
これもイキのよい生徒同士なんで、少々手荒にやっても問題なかったけど、片麻痺だったりのヒトあいてに果たしてどれだけできるものか、、、。さらにこの気持ちに追い打ちをかけるように、すでに施設で働いている同級生の話だと、多忙を極めるあまり、酷い扱いをうける人もいる現実を聞かされる。

どんな業種にも、思い描いてた理想と現実のギャップはあるんだろうなぁ、どうやって折り合いをつけて、どうやって気持ちの溝を埋めていくんだろうか。

今の仕事もそうだよなぁ。まぁ、がんばるか。

|

« 蕎麦打ち | トップページ | 白馬へ »

コメント

お疲れ様です。施設に入れず結局自宅で看取ったので入浴も訪問入浴サービスを受けました。確かに最初は嫌がっていたので家族(長男)立ち合いの要請受けました。清拭は1年間週刊業務でやりました。手荒くのつもりはないにせよ、手早くは心がけたので結果手荒く見えたかもわかりません(笑)。担当は父親一人やし週末だけで多忙を極めるという事もなかったので、フラットな感情でいられたんでしょうねぇ、、。

投稿: kiyo_g | 2017/03/21 16:14

●kiyo_gあにき、ヒタヒタと「その日」が来るのを戦々恐々としてます(汗。おかんの入浴手伝う日がくるのか!?が~ん。

投稿: ロラおとこ | 2017/03/22 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕎麦打ち | トップページ | 白馬へ »