« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016/12/31

絶対いい年にしてやる、来年は。

仕事納めの日を有給にして、28日早朝、八ヶ岳に向けて車は快調に中央道を疾走していたら、ケータイの着信音が不気味な音で鳴り響いた。運転してるのですぐには出られず、助手席の小池さんに発信元を確認してもらうと、

職場の上司だ。

とりあえず次のSAである駒ヶ根まで飛ばして、、、、とアクセル踏み込むあいだに、三回も。

もうなんか、さっきまで視界に入っていた南アルプスの山容や道路沿いに広がる飯田の街の風景もすべてその瞬間、灰色に変わった。このまま大阪に戻ってこい、、、なんて言われやしないだろうか、いやおそらくそうなるに違いない、なんでこんな日まで電話で追いかけてくるんだろう、もういやだ、たすけてくれ

SAでサイドブレーキを引き、電話をかける手が震える。心臓ばくばくする。

かいつまんで書くと、年末締切だった他部署からの依頼を一件忘れてて、クレームが来たのでその資料のありかを教えろと。ひとまず電話で処理できて解決。自分が悪いのだけどその瞬間全身から力が抜けて、もう帰ってしまおうかと真剣に思った。

ともあれ、気を取り直すまで少し時間がかかったけれど、予定通り真冬の八ヶ岳山中にテントをはり、気温マイナス17度の中寒さに震えながら一晩すごし、強風と快晴の中、東天狗岳に登頂。

こまかいことは年があけてから書くとして、来年「よいお年を」なんてなまっちょろいコトは絶対言わないでおこうと思う。

絶対いい年にしてやる。まってろ2017年!

| | コメント (4)

2016/12/26

まず一歩

金曜の夜、最終近いサンダーバードで金沢出張から小池さん帰宅。聞かなくてもわかるほど、全身から「仕事うまくいかなかったオーラ」があふれ出ている。こちらも痺れる一週間でなんだかもう抜け殻。

お互い多くを語らず。

そんなこんなで土曜は何もしない日に決めて、昼までゴロゴロ。昼から少し買い物に出かけ、二人とも晩飯作る気力が湧かないってことで、串カツ屋でビイルしばく。その足で「がんこ」の立ち飲みに寄り、刺身を数切れよばれる。店員さんの話によると、がんこの立ち飲みも来年は閉鎖かもって(未確定)話を聞いて、ちょっと残念な気持ちに。

土曜日は午前中掃除。今年はもう大掃除しないと決めたので普段レベルの掃除にとどめる。年賀状も昨年同様書かない。そして昼から、いよいよ半年間にわたる講座の初日。ちょっと緊張ギミに教室に入ると、自分と同年配かあるいは年下の人ばかり10名ほど。男女比は半々。みなどんな事情でこの講座に通うことになったんだろう。授業についていけるだろうか。無事に卒業したときにはどんな気持ちになっているだろうか。そして自分で自らの潮目を替える行動・・・新たな世界に漕ぎ出す大切なオールの役目をはたしてくれるだろうか。

不安だらけの一歩を踏み出す。

少なくとも、電通で過労死された方のご家族の手記にあるような「自分や身近な人の幸せのために働く」ことができる様な気がする。会社や経営層の幸せのために自分の日々を捧げるつもりはもう無い。

来年は、違った景色を見ようと思う。絶景じゃないかもしれないけれど、思った通りに生きてみよう。

日曜は、ハートの疲れた二人で有馬までハイキング。みな年末で忙しいのか、山の中はがらがら。
帰宅して、お袋の家に寄り、クリスマスてきな晩飯を食べる。小さな子供のいなくなった生活って、どんどん季節ごとの行事をしなくなるのを実感した。

がんばろう。ココロもカラダも健康でいよう。

| | コメント (7)

2016/12/19

西穂ラーメン

登山者用に考えた味付けなんだろうか?自分のつたない人生経験の中でも1,2を争う「塩辛さ」。
N5
小池さんも目をまるくして固まってた。あわてて持参していたテルモスのお湯を投入。醬油ラーメンでこれだから味噌ラーメンにするとどうなるんだろう、、、。

金曜日に立ち飲みに行って、酩酊。
土曜の朝なんか、めずらしく酷い二日酔いでまったく頭が回らない中、山の準備をする。なにを持っていけばいいのか持っていくべきではないのかの取捨選択?がからきし出来ない。もう小池さんの言われるがままに道具や衣装をロボットのように揃えるのみ。

情けないことに、車の運転も7割ほどおまかせする始末。

夏冬通して何度も行ってる山なので、あえて目的を定めず、当初はテント泊して鍋でもつついてというプランだった。けど、明け方の最低気温マイナス15度に体が慣れてないのでここはおとなしく小屋・素泊まりかなと弱気になって予約する。

けど、山頂を目指すならまだしも鍋食いたいだけで素泊まり\7,100も出していいものか段々わからなくなってきた。結局は、同じような値段で奥飛騨の民宿が取れたので楽な方へ流れてしまったという顛末。
宿でも体調相変わらずで、せっかくの料理は無論、酒もほとんど飲めずにこの日が終わってしまった。

二日酔いは悪だ。

N7
申し分のない天気。まだ発展途上のスノーモンスターのあいだを抜けてゆく。

ルートは夏道からすっかり冬道に様変わりしていた。今年の二月に登った記憶が蘇ってきて、この先は確か二段折れで下るんだよなとか、この急登にとりついたらもうすぐ小屋、、、とか。歩き始めて1時間ちょうどで小屋に。
テントが沢山張ってあった。そのうちのいくつかは大所帯の山岳会。あとは個人の人かな。

ともあれまずイケるとこまで登ってしまおうと稜線に出た途端、飛騨側からの強風にたじろぐ。

N8

小池さんがスタスタ登っていくあいだ、自分は長らく使ってなかったピッケルの操作に手間取って、前に進まない。おまけにこのまえ新調した冬季用のアウターが風にあおられて前がよく見えない。

N1
なんとか丸山までたどり着いたが、横着して目出し帽を持ってこなかったので、耳が千切れそうに痛い。ほっぺたも白くなってきた。こんなんで凍傷になったらシャレならんぞー。独標は前回登ったからもういいかなってことで早々に折り返す。

N4
風が暴れる音がフードのなかで渦巻いてる。遠くには雪煙のなかに乗鞍が浮かび上がってて幻想的。

N6
怖いし寒いし。

けど冬山の圧倒的な”白”って凄いよなぁ。

N2
西穂軍団をなんども振り返り振り返り、下山。そういえば丸山にいたとき、小池さんはしきりに前穂を気にしていた。夏に縦走したとき、なんとなくスルーしたのが心残りだったみたい。行くなら明神東稜か、渋滞覚悟で五・六のコルからか、、、。もっとロープ操作練習しなくちゃな。

N3
帰りにロープウェイから見た錫杖岳が圧巻。グレードの一番優しいとこでいいのでいつか登りたいな。

無理か、、、。

体調いまいちだったけど楽しい山だった。融雪剤のせいで二度もマフラーを錆びて落としている身としては、帰りにコイン洗車場へ寄って、念入りに底を洗ったのはゆうまでもない。


| | コメント (6)

2016/12/16

早退

どーしてもやりたいことがあったので、悩みに悩んだ挙句、有給申請して早退してみた。

有給とったらアカンってなブラック企業ではない(と思う)けど、「今日ちょっと天気いいので休みます」なんて言える雰囲気(仕事量)じゃない職場。多分どこもおんなじかな。それと、同じグループを見回しても自分のように「万難を排してでも遊びに行きたい」という趣味を持ってる人、いないのよね。

休みの日何してる?

たまーに、ゴルフ行ってるけど、、、、たまーにテニス行ってるけど、、、、あとはゴロゴロしてるかなぁ

って会話しか聞こえてこない。

やりたかったことその1.
車の冬タイヤ交換。先週末やっときゃよかったと激しく後悔。日没が16時48分。自宅着が16:10分。まさに「一人F1ピット作業」状態。脳内にスクエアのF1テーマソングが鳴り響く中、必死のジャッキアップと必死のタイヤ交換。このままぎっくり腰にでもなったら、タイヤかかえたままアパートの駐車場で一夜を明かすのか、、、と思ったり。

交換後すぐにガススタに行って給油とタイア空気充填完了。

やりたかったことその2.
宅急便の受け取り。宅配ボックス待望論が何度も持ち上がっている我がアパートだが、自分が理事長のときもその議論や作業の煩雑さにとん挫した経緯があるので、一人の住民に戻った今もそれを議案のテーブルに再び持ち出すのがためらわれる。けど、ほんま欲しいよなぁ宅配ボックス。

Ga4
届いたのはこやつ。様々な値段、様々な生産国が百花繚乱(?)するなか、あえて一番高い”純国産品”をチョイス。手に取ってじっくり眺めてみると、その工作精度の良さと丁寧な説明書にグっとくる。

Ga1
まず中途半端に使ったボンベの重さを測る。

移送元・残りわずかになったボンベを軽く湯煎して温め(上側)、移送先のボンベ(下側)を冷蔵庫のフリーザーで冷やす。
内圧差を利用するらしい。
Ga2
そしてドッキングし、バルブを開放。説明書にも自己責任って書いてあるからなんや知らん、爆発物処理班になったつもりでドキドキ。

Ga3
作業完了。もっと早く買っときゃよかった逸品。

今週もウィークデーは痺れっぱなし。週末は魂開放しないとな。

| | コメント (7)

2016/12/12

カニ

自分へのメモ的に。

土曜の晩飯、長男業務を兼ねて”カニしゃぶ”をしてみることに。
かねてより、AEONの食品コーナーに、”冷凍のアラスカ産ズワイ蟹のむき身(税込1,580円)”が目につき、その味の真意を問いたかったので。

抱き合わせ商法なのか、”カニ鍋の元(市販の液体だし)”もついでに購入。←これがまぁ「からいからい」。海水?って思うほどの塩分濃度。世間の志向はほんまにこんな味?
仕方がないので液体ダシと同量の水で薄めたけど。

肝心の冷凍ズワイ蟹だが、まったく問題ないどころか殻から身を穿り出す手間が無いのですこぶるお手軽。
ゲゲゲに実家があったころ、松葉ガニの水揚げ漁獲高を誇るxxx港が近くだったこともあり、時々冷凍を買ってはみたものの、解凍したらば水っぽくていつも残念な結果に終わっていたけど、

食品加工技術の進歩?

先日は大変美味かったのでした。

ただし、ダシの濃さに変わりはなく、次回はお湯にダシ昆布をひたしただけで作ってみると、固く誓う。


| | コメント (4)

メルー

仕事的に、濃密な一週間だった。そしてより一層、もう自分は今の職場ですべきこと、やりたいこと、目指すべき姿が無いことが明確になった一週間だった。当面大きな買い物する予定無いので、デスクの引き出しの奥底に眠っている源泉徴収票を持って帰って、納税の具合を見る。毎月の光熱費を列挙してみる。アパートの管理費や駐車場代といった毎月かかるであろう金額をざっと洗い出す。

転職したときにどれだけのお金が入って、どれだけのお金が出ていくのか、そーゆープランもしておいた方がいいだろうと思って。今すぐどーこーしないけど、希望を持っていこう。

賞与が出たので、モンベルへ行き厳冬期用のアウターを新調。昨年までアウトレットで買った中綿入りアウターを使用していたが、自分にはすこぶる使いにくい。重いうえに温度調節がしにくい。透湿素材の短命さを嫌っちゅう程味わっていたので、パタゴニアは最初から眼中にない。高機能透湿塗材はモンベル一択の我が家。
(パタのフリースは絶賛)。

おっとその前に、
兄弟子の店(楽天食堂)へ行って、担担麺と水餃子をよばれる。スウプを最後まで飲み干しても以降、まったく喉が乾かない滋味深い味はまさに鉄板。水餃子に、生まれて初めて辛味噌を付けて食べたが、うまいうまい。

夜に月刊長男で鍋を囲む。お袋の姿勢・随分腰が曲がっていたのに衝撃を受けた。本人気づいていないし。
冷蔵庫点検もぬかりなく。半年以上前の冷凍食品とかじゃんじゃん出てくる。この年代(終戦前後生まれ)の人は、冷凍室に入れておけばとりあえず大丈夫、、、な感覚を少なからず持っているので、厄介。今後は頻度を上げて点検せねば。

日曜日、長らく山歩いてない小池さんのリクエストで有馬温泉へ。
芦屋の登山口、人で埋め尽くされててどうなることかと思ったけれど、高座谷へ入れば、、、無人だった。
地獄谷のほうは、アイゼントレーニングする団体で数珠つなぎ。
六甲山頂は期待に反して曇天。風も強い。皆、風をまともに受けながらコンロでラーメン作って食ってた。自分たちは何度も通ううちに、風裏になる場所に気が付いていたのでそこで冷たくないお握り(自宅で沸騰させたお茶を作り、その水筒の間におにぎりをはさんで携行)を食べ、魔法瓶の白湯を飲んですぐに下山。
相変わらず、飛ぶように駆け下る小池さんみて、ちょっと安心した。

有馬で温泉に入り、新しく見つけた蕎麦屋で二八蕎麦をたぐり、酒を飲み、極楽で大阪行きの高速バスに乗れば、中国自動車道・事故大渋滞、二時間遅れで帰宅というオチ。
乗車券を買う前に、道路の混雑具合を知らせてくれる配慮や仕組みは欲しいかな。

いろいろあったけど、おおむね楽しい週末でした。


Meru_2
正月明けに見にいこうかな。


| | コメント (9)

2016/12/05

伝統文化

週末、義父の三回忌で小池さんの実家へ。

今でも、心電図のグラフがテレビドラマで見るように、最後にツーーーーっと一本の水平線になった瞬間を思い出す。親戚と手分けして持った棺桶の異常に重かったことや、スイッチが押されて炉がゴーっと唸りを上げて稼働するときの音をぼんやり聞いていたこととか。

実家では、二間続きの座敷をぶち抜いて、座椅子や座布団を並べる。床の間の掛け軸も日常用の山水(?)から、法事用にチェンジ。近所や親戚からもらったお供え用のお菓子を配置したり様々な用事がてんこ盛り。

子供のころから団地住まいの自分など(当然仏壇とか無かった)、まったく縁の無かった光景に最初は凄く戸惑ったけど、故人を偲ぶって悪くないよな。戒名や仏壇や写真に魂が宿るわけじゃない、思い出の中にこそある。


実家の町の山車がユネスコなんとか遺産に登録されたようだが、人々の関心はホワイト餃子の列に並ぶことと、親子丼の列に並ぶこと。湖北の町の賑わいは妙なことになってる。それと、今年は出荷が追い付かないのか、スーパーで”七本槍”の吟醸酒でも買おうと思ったのに、全然置いてない。

夜、ニュースで留萌線の終焉を知る。
いつか乗りに行きたいと思っていたが、「いつか」じゃダメだ。手遅れになる前に宗谷本線乗って稚内まで行かなくては、釧網本線も同じく。焦るぜ。

ヤフオクで、使わなくなった自転車パーツや山の道具を落札してもらったので、セッセと発送準備。空き箱を探したりこれがけっこう大変。理想は床と壁と天井だけの暮らし。モノはどんどん減らしてゆこう。

| | コメント (2)

2016/12/01

早いね

隣に座っている後輩の女性が「あー、明日、今世紀最強最大嫌な会議があるのでできれば地球が滅亡してほしいな、、、早く11月終わってほしい、なんで今日まだ11月1日なんですか?」と涙目で言ってたのに、

なんと今日から12月。

まばたきを2,3回したら11月終わったってカンジ。まったく充実感がなくただただ日々の仕事をこなすのが精いっぱいだった。1円も利益を生み出していない、1ミリも生産物無し、時間だけが過ぎてゆく、職場の雰囲気は暗澹たるまま。本当に崩壊近いんじゃないか?

12bne
変わり映えしない弁当作りだけは不変のまま。ケチャップを使わないチキンライス作ってみた。冷凍のオクラ、なんのために入れたのか忘れた。休日に、ノープランで一週間分の買い物をするから、日々の献立もいきあたりばったり。

Yana
二日ほど前、試作品のテストのためにまたもや自転車繋がりのアニキの工房の世話に。師走に向けて難解な仕事ばかり舞い込み、うまくゆかないアライアンス先との調整のこととか、部材の入荷タイミングの悪さとか、そして迫りくる納期のこととかで、

毎晩、眠れなかったりだと聞かされた。

ああ、自分だけじゃないんだ。みんな苦しいんだ。がんばろ。

週末は小池さんの実家の法事に参加。線香のニホイをかぎながら、坊さんと一緒にココロ静かにお経唱えるぜ。


| | コメント (2)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »