« あの頃 | トップページ | ねぇ、10月 »

2016/10/03

京都

かつて日本のまつりごとの中心だった土地なのに、自分の中では”くっそ暑くてくっそ寒い”っていうイメージの京都。毎週遊んでばっかりいたわりには心の片隅にあるモヤモヤを晴らさねばと

先祖の墓参りに行ってきた。

本来は盆・お彼岸に合わせて行くべきなんだろうが、真夏の京都の墓参りだけはゴメン、勘弁してけろ~ご先祖様、、、ってことで。

Yasa
墓に手を合わせてインバウンドの人で溢れる八坂神社を通り抜けると、そこはやはり灼熱の京都市内。

もう10月だぜ。そろそろ秋風吹いてもいいのに、短パンTシャツでちょうどいいって、季節おかしいやん。
どっかでガソリン入れなきゃ帰れんわと思ったので

Tatsu
河原町の裏手で立ち飲む。中瓶一本と清酒一合をしばいて、新京極を散歩。天一(ラーメンの)では長い行列を見て、ああ今日は(10月1日)は天一祭りだったことを思いだす。同行の小池さん、何故か天一の”こってり”が苦手なのでスルー。

自分は、天一の「へろへろのチャーシュー」で大瓶しばいてもよかったんだけどな。

京都の某アニキんちの前を通過して、柳番場通りをふらふらしてたら蕎麦屋あったんでここで休憩することに。

Soba
安心価格の十割蕎麦をよばれながら、ここでも清酒を一合しばく。優しい味の出汁巻もなかなか。

もう一軒、どっか寄った記憶がうっすらあるが、忘れた。墓参と飲み歩きの主従関係が完全に逆転。
阪急電車に乗ってあっちゅうまに大阪梅田着。そのまま串カツ屋で2,3本食って、最後をなぜかラーメン屋でしめる。

大手チェーン店のこのラーメン久しぶり。しかし、酩酊に近い状態にあったにもかかわらずハッキリと認識できるほどの塩分濃度。これは酷過ぎる。テーブルにあったアンケート用紙を手に取り丁寧な文字で一言

「塩辛い。殺す気か!?」と書いて店を出る。

ともあれ、無事墓参りできたので気持ちは晴れ晴れ。

|

« あの頃 | トップページ | ねぇ、10月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの頃 | トップページ | ねぇ、10月 »