« 涸沢まで | トップページ | おかしい »

2016/10/12

ノマド

シルバーウィーク後半、雨のために上高地で足止めを食らい、反動で愛媛まで移動して石鎚山に登った勢いそのままに、涸沢から下山後、たどり着いたのは

能登半島の先端。

よくそんなに金あるよな?って自分なら疑問に思うが、やはりローラー娘の卒業(による出費の軽減)が大きい。あと、小池さんと自分が出張で泊まる宿のじゃらんポイントの蓄積。そして、極力高燃費をたたき出すような車のセコ運転。思いつく限りの節約などなど。

何故、能登?
自分にもわからない。子供の頃にオンボロ中古の軽四で家族旅行に行ったおぼろげな記憶の能登半島。
たまには海でも見る?って気分になったようなカンジ。

けど実際には前線の影響は日本海にもどっぷり。冬のように暗い海だった。
珠洲市内の格安民宿に泊まる。事前リサーチで「刺身押し」の宿だったが、確かにすべての刺身が美味かった。特筆すべきは「のどぐろ」の甘美なこと。巨大な鯵の塩焼きも絶品。ディテール的にはアユの塩焼きのアユが鯵にすげ変わったカンジだが、はるかに身が多くて食べやすい。

仕方なく、地酒の冷酒をしばく。

そのあと揚げ物やご飯もの、デザートがずらり来るかと思いきや、、、、刺身のみ!いさぎよい、いや、いさぎよすぎる。
(けど妙なものを出されて困るよりは、刺身オンリーの方が嬉しかったしこれでいいと思う)

翌日は先端の灯台めぐり。
だーれも居ない灯台の足元に立ち、荒れる日本海を見る。ゲゲゲの実家では、よく美保関の灯台に行ったなぁと思い出す。世界は海で繋がっているんだろうなどと、ちょっぴり実感。

金沢市内でレギュラーガソリン・驚きの113円(やす!)を入れて、帰路につく。

月曜日は雨ざらしになっていたテント一式を干し・片付けて、火曜日は熱出して寝込む。
激しい週末だった。これをもって今シーズンの山はおしまいだ。

|

« 涸沢まで | トップページ | おかしい »

コメント

で、冬季シーズンに備えてアイスクライミングの準備に入ると。

投稿: kiyoshi | 2016/10/12 14:51

● kiyoshi あにき、、、、ドキ!

投稿: ロラおとこ | 2016/10/12 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涸沢まで | トップページ | おかしい »