« どこへ行くの | トップページ | 立山三山のような »

2016/09/05

大汝山

C
居合わせたおねーさんが写真撮ってくれた。
山頂で、小池さんとのツーショット。実は生まれて初めて。お互いに、そんなガラじゃないって思ってるから横並びはやめて縦並びで(主従関係はありません)。

メモ:
9月3日午前5:30自宅発~11:30ごろ立山駅着。14:00過ぎに室堂のテント場着。立山駅周辺の暑さにびっくり。大阪とほとんど変わらん。

朗報:
美女平から室堂までのバス、大型ザックに必要だった手荷物料金150円が無償になってた。
そのかわり、10キロ以上でなければトランクに入れてくれない。トランクに入れる場合は、トレッキングポールやサンダル、つまりザックの外にぶら下げているものはすべて外して手荷物として座席に持ち込むこと。

月額有償の山岳専門天気予報によると、土曜は終日晴れ、日曜は午前が晴れ・霧、午後雨。
ここ、いままで結構精度高いので信じてみることに。結果としてこれが的中。

H
久しぶりに来たけど、相変わらず綺麗なテントの花が咲いてた。氷の上で寝たり、近くに雷が落ちたり、朝起きたら回りが泥田んぼだったりあまりよい印象の無いテント場だけど、やっぱりいいとこだなぁと。

Ten
女の子だけのグループや女の子のソロテントが結構目立つ。夏休みが終わったので、学生グループが居なかったカンジ。
一泊なんで、スーパーで買った出来合いの関東炊きやら冷たくなった豚カツを食べて・飲んで・だらだら。
”山メシ”については専門書が売ってたり、ネットでも山のレシピが百花繚乱。けど実際やってみたらわかるけど、キモは水の確保とガスの燃費。どんな素敵な山メシだって、1リットル200円の雨水だったり、携帯してるガスの残量と日程を考慮すると、最後には「食えたらええわ」的なモノになってしまう。

少し寒くなってきたので19時消灯。一晩中強い風でテントが揺れてた。

|

« どこへ行くの | トップページ | 立山三山のような »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこへ行くの | トップページ | 立山三山のような »