« 働き方 | トップページ | 明神岳東稜の偵察 »

2016/08/29

青春18キップを考えた

自分だけでなく、小池さんも先週のウィークデーは(仕事で)酷い事ばっかりだったらしい。こうなったらもう何が何でも週末はワレを忘れて遊ぶしかないよな・ひきこもってダラダラ飲むのだけはよそうぜと意見が一致し、帰宅途中に点在している金券ショップの前に集合。

久しぶりに青春18の旅に行く?ってことで。

過去サイテーの(旅情がまったくないというイミで)山陽本線の旅を引き合いに出し、片や過去サイコー(車窓の景色、車両の雰囲気、途中駅舎の佇まい、豊富な駅弁の種類)の大糸線と飯田線に近い感じの路線を検討。
予讃線と土讃線で高知へ行って”ひろめ市場”で鰹の藁焼き食べながら生中しばくというプランに。
さらに「金をケチらず一刻も早く都心部を抜ける」のが大人の青春18のキモだということを散々思い知ったので、
大阪~岡山間をひかりかこだまで、、、なんて店先でプラン練ってたら

想像以上の運賃かかるってわかってしまってガックシ。おまけに高知市内のビジホがどこも満室。テント背負っていくかお遍路宿探すかという切羽詰まったとこまで考えてるうちに、「今回はもしかしたら青春18に縁が無いのかも」と思い出す。そもそも自称”時刻表鉄子”である小池さんにはあまりに時間が無さすぎた。


|

« 働き方 | トップページ | 明神岳東稜の偵察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 働き方 | トップページ | 明神岳東稜の偵察 »