« 今日の料理 | トップページ | 天神祭 »

2016/07/24

金毘羅山・北尾根

メモ:自宅発5:30~名神高速・湖西バイパス~京都大原7:30着。高速代1,340円。駐車場代300円。

前回、8:00ちょうどに駐車場がすでに満車だったので、こんかい意気込んで早めに言ったら、車ゼロだった。
なんで?みんな本チャン(アルプスとか)行ったの?もっとゆっくり出てもよかったかな。けど、涼しいからいいや。

話好きの管理人のおばちゃんと喋りながら準備。

一応まぁ江文神社に向かって礼儀として一礼して杉林を登る。前回は初心者向けのY懸尾根登ったので、この日は「北尾根」コース。どこが北尾根なのかサッパリわからず、杉林の中を少し迷走。
001
便利な世の中だ、ネットで検索して出てきた風景そのまんま、北尾根基部に到着。鬱蒼とした谷で、山から水が染み出て、ちょっと湿ってる。

※前日が雨だったら多分行かないほうがいいかも。

さっそく準備開始。小池さんもすっかり手順やロープの八の字結び慣れてくれてよかった。
この岩場でも数年前に落ちて亡くなった人がいるらしいので、軽く黙祷。そしてスタート。いつもながら、背中の荷物が重かったり朝一で体が動かなかったりで、リードで登るの緊張する。。。

011

※1ピッチ目は20メートルほど登ったとこにある松の木で支点構築。最近は、怪しげな古いリングボルトなんかより、よっぽど信頼できるので好きだな->自然の木

008
暑がりの小池さんは相変わらずお茶ぶら下げて。重くないか?と聞けば全然と。凄い馬力だな。

※2ピッチ目も20メートル登って太い杉の木で支点。少し手足動くようになってきた。

森の中を抜けて下界が見え始めてきた。ようやく「なんか登ってる」って気分に。それにしても風が涼しい、、、というかジットしていると肌寒いくらい。

014
この日の核心部・3ピッチ目。これも20メートルぐらい。ホールド沢山あるけど、垂直に近いのと振り向いたときの高度感が凄いのでちょっと足震えたり。ふっるいハーケンがあったので気休め程度にカラビナをかける。

※落ちたら絶対抜けると思う錆びたハーケン多数。あと、小さなナッツを2,3本持っていけばよかった。一番小さなカムがギリギリ入る細いクラックが少し。

019
核心部を抜けると広場に出て一安心。Y懸尾根より怖くて刺激強かったけど、頑張ればなんとかなるレベルの壁で楽しい。
テラスになってるとこで軽くパンをかじる。立山に行ったとき、見た目が美味そうだったのでチイズを練り込んだパン買ったら、これがまぁ、口の中の水分全部もって行かれた。パンが悪いんじゃなくて、そーゆー性質のパンを買ってしまったことを激しく後悔した。

なのでこの日はアップルパイの入ったクロワッサン。やっぱり山には水分の多い食べ物じゃないとつらいな。

この広場の先からY懸尾根に合流。ロープを出すほどやないけど、あったほうが安心。中途半端にロープ出して随分時間ロスして焦って石落としてルート見失って、、、という悪循環の立山の反省から、システムをスタカットからコンテニアスにチェンジ。しかも、余ったロープを体に巻くよりザックに入れた方が遥かに早くて簡単なことが分かったのも収穫。

余ったロープの処理も、近所の”老師”に教えてもらった通りにやる。ロープさばきが要らないので、スピードも随分違った。

おもろいわ~

026
ゴールの”Y懸の頭”で懸垂下降の練習。細いロープの見た目の不安にはなれたけど、懸垂するときの伸び率が凄くてビビッタ。ビヨンビヨン伸びる伸びる、、、、。

031
大原、いいところやなー。

034
山の中、不思議とセミがほとんど鳴いてなかった、蚊も少な目。ヒトの居住区の方が多いんかな?
下山はハイキング道をテクテク。途中に点在するゲレンデには岩の課題を攻略する人がぶら下がっていた。
できない課題を熱心に攻略するより、今の自分に登れる程度の岩を登るほうが、自分の性に合ってる。なにより高度をあげてゆく下界の景色がどんどん広がる、そーゆー意味でもアルパインはごっつい楽しい。

正午には終了。

道の駅で ししとうを爆買いして帰る。楽しかったな。

|

« 今日の料理 | トップページ | 天神祭 »

コメント

なるほど、たしかに楽しそう。
暑いとメゲそうですがw。

投稿: わがお | 2016/07/24 23:12

●わがお兄弟子、油断しているとあっちゅうまに太陽に焼かれてしまいそうです。秋まで岩活動封印かも・・・。

投稿: ロラおとこ | 2016/07/25 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の料理 | トップページ | 天神祭 »