« 青息吐息 | トップページ | 岩と雪 »

2016/06/13

ゆり園

月刊長男・別冊。

なにかオカンを連れ出す「安・近・短」なイベントないかなと思ったら、舞洲でユリ園やってる事を発見しさっそくイってみる。
A1
大阪市の埋め立て地でやるのに大人一人1,200円も取るのか~セコイのぉ~と思ったが、どうやら主催はイベント会社らしい。おもしろいことに名前に「ゆり」てつく人は身分証明書を提示すると無料。

なんと、、、我が家の小池さんがそれに該当していた。(ゆり子ちゃいまっせ)

舞洲といえば、大阪オリンピック会場になりそこなった不遇の島、普段はトラックばっかりでなーんもない、夜な夜なロード自転車が練習としょうして暴走(本当に反省してますごめんなさい)を繰り返していた妙な場所というイメージしかなかったけど、

A2
おびただしいほどの数のユリに圧倒された。1,200円は高くないと思う。おっちゃんだって綺麗な花に囲まれたら優しい気持ちになれるっちゅうもんで。このあとおかんの家でお好み焼きを焼いて食べ、日曜を締めくくる。

19時消灯。

|

« 青息吐息 | トップページ | 岩と雪 »

コメント

優しい気持ちになれるのはイイですね!

投稿: PEANA2 | 2016/06/13 23:25

●PEANA2あにき、平日はトゲトゲした気持ちになるのでせめて休みの日くらいはとw

投稿: ロラおとこ | 2016/06/14 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青息吐息 | トップページ | 岩と雪 »