« 蝶ケ岳 | トップページ | 剣山 »

2016/05/02

避難

小屋の中はストーブが焚かれ、避難者は毛布にくるまってうつろな目をして、、、、なんてことは全然なく、ずぶぬれのカッパをとりあえず脱ぎ、避難しているほかの登山者とともに、暖房の落とされた土間の一角で、冷たく冷えた板の間に所在なくしゃがんだり寝転んだり。

あ、そうか。自分たちは宿泊者じゃないんや。好き勝手にテント張って、ヤバくなったから避難さしてもらってるダケなんやここは旅館やホテルじゃない。「山小屋なんや」とこのとき愕然としながらその事実を飲みこんだ。
”宿泊料金払うから、今から布団用意してくれ”とはだれも言わない。すべて自己責任。

ザックごと避難してきたヒトは寝袋にくるまることができる。あったかいラーメンにありつける。
けど、自分たちのように着の身着のまま逃げて来た者はただただ震えながら暗い土間で耐えるしかない。空腹もつらかった。白菜やきのこばっかりで炭水化物を食ってない晩飯を呪った。腹がへるからよけい寒い。
なんとか眠ろうと必死で努力したけど、耐えがたいほどの冷気が床板が伝わってくる。ああ、風邪ひいたら明日下山できやんかもしれんな、、、まいったな、、、そんなことを思いながら時計ばっかり見る。

ぜんぜん時計の針、すすまんやん。

テントどうなったかな。もう無いかな。アイゼンは重いから飛ばされてないと思うけど、明日の下山はつらいものになるやろな。そんなことばっかり考える。外の咆哮はまったくやむ気配が無い。

午前5時になったらテン場に戻ろう。そして荷物が残っていればすべてザックに詰め込んでいったん小屋に舞い戻ろう。そこで体制を立て直して下山。それと撤収の段取りを何度も小池さんと復習し、再び外へ!
腹が減ってますます風に逆らえないけどもう、行くしかない。

あった!

布きれだけになったテントや、ペシャンコになったテントや、荷物が散乱してたり、その中で我が家は大量の石を置いた状態。這うようにして中に入り、必死の必死でザックに詰め込む。その間も暴風雪は容赦ない。鼻の穴にも耳の穴にも雪が。顔痛い!手痛い!あ、ポール折れてる!フライ破けてる!テント、、、わからん!
翌朝用においといた雑炊用の汁を入れた鍋が凍りついて地面から剥がれない。

ごめん放置!

ペグが数本凍って抜けない。

ごめん放置!

ほかにもこまごました備品が風で飛んでいったが

もう知らん!わからん!

下山路も当然ホワイトアウト。必死でコース上に建てられた旗竿を探す。一本見つけては次、そしてまた次。
前日とはまったく違う路面やコースにGPSで確認したかったが、立ち止まることすらできない風と雪。
ピッケル、、、もってくりゃよかったな。そんなコト思いながらともかく歩いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分のいた山域でも数人が無くなったらしい。谷を挟んだ山でも滑落や低体温で4人。その隣でも5人。
晴れれば半袖のTシャツで過ごせる反面、荒れると一瞬で厳冬期になるのがGWの山って聞いてたけど、

本当だった。

テントや鍋が無くなったけど、自分の無くしたモノなんてその程度。山で死んだらアカン。
自然の中で遊ぶってホンマ大変。

シビレタ旅になりました。


|

« 蝶ケ岳 | トップページ | 剣山 »

コメント

よくご無事で。
読んでてシビレてきましたがな。

投稿: わがお | 2016/05/02 22:50

アニキ読んでて辛くなりましたわ。
ご自愛ください。マジでホントに

投稿: たかみん | 2016/05/02 23:23

ほんとシビれます。ご無事で何よりでした。

投稿: すず | 2016/05/03 08:30

御無事でなにより!

投稿: arkibito | 2016/05/03 10:32

拝読…俺も、低体温になりそうなくらいに迫真です。
とにかく、無事の生還で安心しました。

投稿: bfz | 2016/05/03 21:32

アニキ、ご無事で何より!
下界は暑いくらいの陽気になりましたが山はまだ冬ですね。
難しく、厳しい時期です。

投稿: PEANA2 | 2016/05/03 22:26

皆様方と同じで
「無事下山」なによりです。

投稿: ハム | 2016/05/04 07:34

無事帰って来られて、本当に良かったですね。
ニュースを見ていてドキドキしました。

投稿: uechicchi | 2016/05/04 12:52

●わがお兄弟子、テントのカタログには「強風に強い構造で」と書いてあるのを何度も思い出しては背中でテント支えました(汗。怖かったですね。
●たかみんあにき、望んで怖い思いをしに行ったのではないのに、なぜかこんなカンジでした。天気怖い!
●すずニーサン、風速のイメージ図通りでした。「立って歩けない」というのを見てそんなアホな!?と思ってましたが、、、ほんまでした。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/06 08:34

●arkibitoアニキ、ありがとうございます。夏の雷雨と同様逃げ場が無いのがつらいですね。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/06 08:49

●ブラジャーbfz!さらっぴんの缶酎ハイと一番搾り350mlも現場に放置してきたのがつらい、、、。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/06 08:51

●PEANA2 あにき、真夏と真冬が日替わりでやってきたので、何が何だかもうワケわかりませんでした。一番荷物が多く必要かもですねGW山行。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/06 08:53

●ハムあにき、ありがとうございます。下山も急傾斜やトラバースの連続で緊張を強いられました。反省いろいろ。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/06 08:56

●uechicchiニーサン、怖い思いをしたけど、、、また行きたいな。安全第一で。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/06 08:59

アニキ、無事に帰還、ご苦労様でした、安全第一に精進下さい、自分には出来そうにないなと再確認した感じです。

投稿: shunn papa | 2016/05/06 19:08

ニュースで遭難が多かったと伝えていましたが、アニキもその一歩手前だったとは
無事のご帰還お疲れ様でした

投稿: KAZZ | 2016/05/06 22:06

●shunn papaあにき、ありがとうございます。天候の悪化が予想されていても少々なら「遠くから来たのだし、もうちょっと行ってみるか」という貧乏性がいけませんね。しばらくおとなしくしておこうかと、、、。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/09 08:38

●KAZZあにき、ありがとうございます。避難した山小屋の無線にも多くの救助要請が入ってました。ヘリも飛ばせずに二日間山中で耐えた人もいたとか。恐ろしい遊びだと認識しました。

投稿: ロラおとこ | 2016/05/09 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝶ケ岳 | トップページ | 剣山 »