« ニトリに行ってみた | トップページ | ニューカレドニア »

2016/03/14

ロープワーク

アパートの前に公園がある。朝夕散歩する人のための遊歩道があって、その中にちょっとした人工池(水は干上がってる)が。この人工池のフチの石垣、クライミングするときのカムやナッツを打ち込む練習にちょうどいいと気づいて、休みの日の朝など、遊び半分でやったりしていた。

去年の夏。その日も朝から気温がぐんぐん上昇し、汗だくでカムを入れて遊んでたら、なぜか石垣だけを選んで歩く人影が。お互い妙な事をしている者同士目が合い、これが知り合うきっかけに。

Oさん、68歳。

自分の手つきを見ていきなりカムのサイズを引き当てるので驚いてポカーンとしてたら、(公園の)ベンチに置いてあるザックの中にロープ入れてあるので、よかったら一緒に練習しないかと誘ってくださった。
連絡先を交換するのもなんか変かなとか、厚かましいかなとか思ったのでそれ以降、偶然に会うトキだけ、簡単なロープワーク教室みたいな感じ教えてもらっていた。

山で出会うそーゆー年齢の人って、自分の若かりし頃の武勇伝が多かったり、話しが押しつけがましかったりで、ちょっと苦手だなと思っていたけど、Oさん全然それが無い。
あとで知ったが、ほんの数年前にはソロで
燕岳~大天井~北鎌尾根~槍ヶ岳~南岳~大キレット~奥穂~ジャンダルム~西穂をテント背負ってスルーハイクしている。

絶句。

けどもう体力が落ち、腹も出たし、鬼籍に片足突っ込んでるから大きな山には行けないけど、せっかく持ってる知識を埋没させるのが勿体ないと言うのでこれも何かの縁だろうと思い、今更なぁと思いつつも、おっちゃん勇気を振り絞って弟子入りを志願した。同じ町内にそんな凄い人が住んでるってもっと早くから知ってたらな、、、。

-------------------------------------
そのOさんと山へ行く機会がようやく訪れた。
山と行っても、六甲山・芦屋地獄谷の入り口の広場で終日過ごした。
ロープワークの基本からおさらい。ガイドが使うショートロープの巻き方をようやく知る。
石を詰め込んだ重いザックをヒトに見立て、コンテニアスで歩きながら突然そのヒト(ザック)が滑落して止める練習を繰り返し繰り返し。
アッセンダーを使って1/4や1/6の滑車システム。ネットや本の情報だけではわからない細部が盛りだくさん。

ゲレンデでやるクライミングは楽しいしこれからもずっと続けて行きたいけれど、自分はやっぱり規模が小さくてもいいから、自然の中でロープを使ったアルパインをやりたいので、この日の内容はかなり沁みた。
関西には日帰りで行けるアルパインの山が沢山あるので、ルート含めて攻略法も今後は習いたいかな。

土曜日はこんなかんじ。

Oka1

|

« ニトリに行ってみた | トップページ | ニューカレドニア »

コメント

アニキ、ごっついニアミス!!(笑)
地獄谷、9時すぎごろやったかに入り口広場を通過しましたよ。

投稿: さかじい | 2016/03/14 12:59

アニキ、めっちゃいい感じですやん!
また、やられる時がありましたら見学させて下さい。

投稿: uechicchi | 2016/03/14 14:24

●さかじいアニキ、駅前凄い沢山人居ましたね。山の上までちょっぴり行きたかったなw
●uechicchiあにき、ロープワーク奥深いです。ボケ防止に自分も取り組んでみようかと汗。

投稿: ロラおとこ | 2016/03/14 15:07

なるほど!了解しましたぁw。

投稿: わがお | 2016/03/14 22:21

●わがお兄弟子、希望としては5.8までのルートが延々続くような楽しい山が希望です。また情報あったら展開しますね。

投稿: ロラおとこ | 2016/03/15 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニトリに行ってみた | トップページ | ニューカレドニア »