« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/29

アパート探しの旅

~今年に限って言えば、都内23区の空き物件探しは非常に難しくなっているんです。なんせ、退去する人が滅法少ないのに探している人が滅法多いものですから~

東京の一極集中はホンマだった。
不動産屋の担当者の運転する車に乗り込み、物件を見て回る中で開口一番こう切り出されて不安一杯。

土曜日、三人で新幹線に乗る。
自分も小池さんも仕事以外で新幹線乗るの、なんだかめちゃくちゃ久しぶりでぎこちない。なんせお互い、自分の乗り慣れている車両とかドアとか座席番号とか、使う階段や売店まで決まっているので(出張あるある)。
ともあれ品川で降りて、めざす京急羽田線に乗り換える。

京急といえばもうすぐ姿を消すらしい「インバーターモータ音階」が有名だが、この日は残念ながらその車両が来なかった。それよりも、生まれて初めて足を踏み入れた大田区、なんちゅう都会!なんちゅう下町!ちいさい町工場が沢山あって大阪の東大阪近辺にそっくり。
いきなり駅前の不動産屋に飛び込んだらさぞ苦労しただろうが、先週の出張時に小池さんがいくつかピックアップして事前予約しておいてくれたお蔭で、スムーズに”糀谷(漢字自信無し)”駅から物件案内がスタート。

けど、まだ住んでるから外観ダケって、、、全然イメージ湧かんのよね。南京虫は得意でもドロボーとか苦手なJDなので、オートロックとかドアカメラとかのセキュリティ面で折り合いがつかなかったり、メゾン一刻(JDは知らないけど)みたいな独特の雰囲気持ってる建物はアカンとかいろいろ厄介な注文が。

ある物件を案内された。
タワーマンションのばったもんみたいな外観で、エントランスもデザイナーズマンションのばったんもんで、パーキングにはえげつない外車が停まってたり、目の前が銭湯だったりで、中は見れんかったがローラーJDは乗り気満々。だがしかし、仮予約の方法が

免許証の写真をスマホで撮ってネットでアンケートに回答して申し込むという”怪しさむんむん”。
自分の第六感が「ここはやめとけ」とアラームを鳴らすほど。案の定、終日回答無しの放置状態。ま、見かけに騙されたらアカンちゅうこっちゃね。それとやっぱり室内を見られないってリスク高いな。
あとで分かったけど、このばったもんマンションの部屋、ガッツリ「北向き」だったらしい。ま、昼間働いてる人にはカンケー無いんかな、、、でもなぁ。
そしてちょっと疲れてきた夕刻、ようやく二軒に絞り込んでこの日を終える。

002
いつもの小池さんとの旅と同じく部屋で自炊。さすがにローラーJD面喰ってたけど。
しかしほんまに関東も関西もホテルが全然ない。この日もなんとか滑り込みで予約できたビジネス旅館だが、

004
窓の外はスバラシイ景色が。

006
せっかくなんで穴森稲荷神社へ翌朝参拝。
静かな下町ってカンジでいいとこやん。

で、迷った挙句
039
とある物件に決定。あそこがアレやとかここがもうちょっととか言い出せばキリが無い。なにより本人が気に入ってるから自分と小池さんは黙っているほうがよい。この先楽しく暮らすのは自分次第。別の場所に住みたい気持ちになったら次は自分でやるしかない。

親がするのはもうこのあたりまで(まだ引っ越しあるけど、、、)。

067
品川駅前で東京マラソンやってた。

自分が就職で大阪離れるとき、どんなだったかなとボンヤリ思い出す。
会社の寮で、六畳間に二人。トイレ・風呂は当然共同。結構楽しくやってたのは、2,3年で大阪に戻れるって聞いてたから。けど結局戻れたのは

10年後だったけどね。

069
品川駅構内でアツアツのハンバーグをテイクアウト(小池さんのしきたり)。

072
品川駅改札横のスーパーでワインとチイズのセットを買う(自分のしきたり)。

083
オードブルやら白菜のつけもんやらも仕入れて新大阪までグダグダになって帰る。

大変だったけど、こいういう大変さも大事な思い出になるんだろうなぁ。

帰りに乗った京急のインバーター音階、スバラシイ音色だったよ。

| | コメント (5)

2016/02/26

準備

最近の運動:通勤往復+家事いろいろ、、、のみに終始。他の事に手を出す余裕全然ない。
最近の飲酒:淡麗350ml×2、菊正宗の常温×三合。ストレスで増えてる感じ。

上司「今日、この車の不具合見つけて直ちに修理完了して、陸運局へ行って登録手続き済ませて、次のお客さん見つけて完売し、譲渡手続きまですべて終わって、お金を全額回収してくること」

自分「部品の入荷が三日後になるそうですけど、、、」
自分「故障原因が特定できないほどややこしいんですけど、、、、」
自分「陸運局の閉店まであと1時間なんですけど、、、、」
自分「買い手がなかなか見つからないんですけど、、、」
自分「月賦で買いたいと要望されているんですけど、、、」

上司「それをクリアするのが君のミッションだろ。いいから指示した通り、今日中に完結させて報告書出すこと。
   いいね!」

・・・例えれば最近、ずっとこんな毎日。
サラリーマンにとって年度末ってのはまさに死ぬか生きるかの瀬戸際。その瀬戸際が毎日やってくる。
夜中に何度も目が覚めるってこと、いままで無かったのにな。明日はどんな嫌な事が待っているんだろう、、、って思いながら日々過ごすのはやっぱりよくないよな。けど、打つ手も無いしな。

ともかくがんばろ。自分の愚痴はここまで。


全身のぶつぶつが介抱に向かい始めたローラーJD,いよいよ引っ越しに向けて始動。
手始めに、ゴミ屋敷になっていた部屋の片付けを始めた様子。その数ざっと、90リットルのゴミ袋が8個。ファストファッションの安いものとはいえ、Tシャツなんかも含めたら500着くらい捨てたんじゃないかな。
小学生の図工で作ったような置物まであったり、自分がツールドオキナワに行くたびに買ってきたお土産のご当地キティとかもうなにがなにやらわからん状態のものがごっそり六畳の部屋に押し込まれていたという。

何故いままで捨てなかったのか聞いても多分明確な答えが返ってこないと思ったので

聞かない。

それよりも、モノに埋もれて暮らしてきたことをいろいろ考えて欲しい。(この先も同じなら、それでもいいけどね。)

この週末はアパート探しに東京へ帯同。理想と現実のはざまで腰抜かすんじゃないか心配。
世の中甘くないぞー。


| | コメント (7)

2016/02/23

帰国

「空港の検疫から出してもらわれへんかもしれませぬ・・・」という(か細い声のような)メールが来たので、仕方ない、、、午後半休とって関西空港へローラーJDの引き取りに行ってみた。

4人で行って3人が同様に発症。南京虫説が有力だったので、車に乗せる際も来ていた怪しげな衣装は全部脱がせてビニール袋に密閉->帰宅後即廃棄。旅行鞄と履いていた靴は一晩ベランダに放置。
週末、時間見てバルサンで車の中をいぶさねば、、、あ~あ。

帰宅途中に近所の皮膚科に寄って診察してもらったけど、なにに刺されたのか特定は非常に難しいらしい。
水シャワーしか出ない一泊800円の安宿を泊まり歩けば、そーゆー症状が出てもまったく不思議ではないってことを身に染みた様子。
Jd

手にも若干のぶつぶつ。パジャマのずぼんもぶつぶつ模様。
けど羨ましいな。ドーハから鉄道とバスを乗り継いでイギリスーイタリアースペインードイツーチェコードーハと回って、手持ちのアイホンに入りきらん写真と入りきらずに零れ落ちそうな思い出が残った様子。

春から頑張って働けよー。

Ben3
親父は相変わらず平凡に家事をこなす。横着して買い物に行ってないので、ゆうべ酒のアテに食べたちくわが残ってたんで、磯部揚げに。ローラーJDの昼飯用に少し残してきたけど、最近の子って「久しぶりの日本食!」って感覚あんまり無いっぽい。どこで何食っても、それが何日続いても平気って凄いと思う。


| | コメント (4)

2016/02/18

ベルリンのカベ

「ダニではなく、南京虫の可能性高し!」という謎のメールが来た。
かなりの安宿で、ベッドがどうも南京虫の帝国っぽいという推測が出ているらしい。
ダッシュで薬局行けと指示を出しておいた。
Be1
こんな薄っぺらいコンクリで東西が分裂していたとは、親父は知りませんでしたわ。

崩壊のニュース報道を見たときは衝撃を受けたもんやけど、今も世界中には透明のカベを隔てて対立する国が山ほどあるが、、、なんとかならんもんかねー。
自分にとってドイツといえば、タミヤ35分の一戦車シリーズをおいて他に無いぜ。もういっかいタイガー戦車とか作りたいもんやのー。金にモノいわせて歩兵も1,000人くらい作りたい。

我ながら、ちっさい夢で嫌になる。

ローラーJDにせっかくドイツにおるねんからスコーピオンズ見てこいと言いたいが、グッと我慢。
重厚なジャーマンメタルなど理解できやんやろなー、寂しいわー。仕方がないので布団の中で、ルドルフシエンカーの演奏でも視聴するかと”フライングV"で検索したら44マグナムのジミーの画像ばっかり出てくる。

なぜ?

その中に、ジミーと高崎晃とマリノの吉田隆が大阪の東住吉の野外フェスで演奏する映像あってびっくりした。
全盛期の面影は無く、全員「おっさん」やん。

ロッカーは太ったらアカン!ロッカーは大盛りラーメン禁止!ロッカーは早寝早起き!

”ロッカーちゃうから別にええねん”というおっちゃんの昼飯300発目:
Be2
めでたい事など何もないけど赤飯っぽいメシ炊いてみた。1パック233円もする卵を買ってしまったので勢いで茹で卵もプラス。

早く週末来てくれ。ゆっくり寝たい。

| | コメント (7)

2016/02/17

ベルリンのダニ

Ss11
ドイツなう、、、、らしい。これとケバブを食べた写真もあったが、ハテ?ケバブてトルコの料理ちゃうのん???
しかしビイル飲めやんのにソウセイジ食って美味いんだろうか?と思うのは自分がおっちゃんだからか。

昨日スペイン村に居て翌日ドイツでメシを食うというのはどのくらいの距離を移動したんだろう。さっぱりわからん。
そしてダニに両腕を噛まれた写真も送ってきた。
スペインのダニなのかドイツのダニなのかわからんが、安宿ならではの光景だな。それに引き替え親父はというと、

休日の楽しさと平日の悲しさのギャップが凄すぎて、毎日クラクラしている。昨日も遅くなったのでロクなモノを食べてないけどまぁいいか。

| | コメント (4)

2016/02/16

スペイン村

ミラノに入った途端プツリと音信が途絶えたローラーJDから今朝がた

Ss1
スペインなうのメールと共に写真が。
本家・志摩スペイン村とうり二つやな、、、としか感想言えないのが情けない。あっちに見えるのは淡路島に似ている、、、としか感想言えないのが情けない。もう親父は死ぬまで行けませぬ国ですな。

旅行鞄が壊れたまま旅を続けて難儀しているとか、泊まる宿が見つからなくて途方に暮れたとか、さまざまな旅の洗礼を受けているらしい。

けど、「旅」はそうこなくっちゃな。

Ff3
志摩スペイン村のレストランで確か三千五百円ほど出して食ったおぼろげな記憶がある。
現地も似たような味なんだろうか???スペイン人も米が主食なんだろうか?
自分が知ってる有名なスペイン人といえば

ミゲル・インドラインとかれの弟(本場の発音はたぶんこっち)
ロベルト・エラス
ペトロ・デルガド
ボンテンビ、、、はスペインだかイタリアだか自信無し。

結局全部自転車選手やん、、、、。

車の事。
家に帰っても仕事のこと考えると体に悪かろうと思って、車のことを妄想している。
今のが来月車検だ。あと2年無事で走ってほしいが、そのあとの車種を検討。大阪におって四駆なんか絶対イラン派、、、むしろ四駆に敵意を持っていたのに
四駆でないと行けない登山口がいろいろあって、これは外せないなと思うようになってきた。
あとは前泊の宿代浮かせたいので車中泊できる最低限の広さ。それでなおアパートの立駐に入る(高さ155まで)という制限付き。車重は軽め、排気量もあんまり大きなのはダメ。

ないわー。

| | コメント (7)

2016/02/15

春一番

猪木の物まね芸人の中で、このヒトが一番好きだったなー。

昨日はポカーんと口をあけて西穂の日記を書いたり、ルーチンの家事をこなしたり、山で出た大量の洗濯ものを始末したり。

Ff1
洗い物の一つに、冬山用に調達した分厚いスパッツ。
氷ノ山に登った(登ってないけど)ときに自分の足につけたアイゼンを自分の足に引っ掛けて、ズボンをズタボロにしてしまった事もあり、ソッコー買いに行ったしろもの。

「凍結してしまうので開閉はマジックテープ一択」という事前のネット情報を鵜呑みにして店に乗り込んだが、自宅でお茶をすすりながらノンビリ装着するものではありませんし、加齢とともに手先がうまく動かなくなるので、何度も何度もマジックテープを張り直して整形するより、ファスナー一発で決まるこのタイプをオススメします

という店員の言葉を信じた。

本当だった。ファスナーを上げるだけでピシッと決まるしその上からマジックテープで覆うようになってるから全然凍ったりしなかった。なにより「純国産」というのが決め手(偏見も含めて)。けど、最後は好き好きなんだろうね。

Gg2
小屋で作りそびれたシイタケのチイズ乗せを昼飯に。

こんなの食ってたら、ますます”山に魂置き忘れてきた感”が強くなってきて悲しくなるんだよな。


| | コメント (2)

2016/02/14

西穂高の手前まで

065

12日、、、有給休暇取得。
晩秋とか残雪期のテントの中で震えながらパンをかじって、小屋のほうを恨めし気に眺める自分たちが、この日は反対側に居る。お金と引き換えに安全と余裕を手に入れ、反面、自由をちょっとだけ手放す寂しさも。
やっぱりテントがいいかな。。。

069
常念岳のほうから陽が登る。会社では今日もどんな出来事が起きるのやらと、なぜか一人この場所の空気を吸っていてうしろめたいのはなぜ。

070
登る途中で撮った写真はわずかにこれ一枚。
小屋を出てすぐに飛騨側からの暴風を受け続け、目出し帽とゴーグル、耳あて、フードをしっかりかぶり、インナー手袋+テムレスを着ける。凍傷が怖いので一切皮膚を露出しないようにビクビク。
小池さんとの意思疎通も怒鳴らないと聞こえないので、途中からほぼ無言。

075
天気のいい夏場は何でもない楽しいルートなのに、すべてが豹変していびっくりした。
とくに雪と岩でナイフリッジになってるとこなど、アイゼンささらなくてピッケルのブレード刺してそこだけで支えるので、気の小さい自分など喉カラカラ。

077
前穂高も奥穂高も、こんなちっさい人間をどう思ってみているんだろうね。

079
スキあらば行くかと思った西穂高の本峰は遥か先。先行者の姿が見えるが、自分ならとても丸腰ではいけないな。独標にボルトで支点作ってあったから、ロープとハーネス持ってきてまた挑戦する日もあるかな。

081
名残惜しいが下山。クライムダウンの順番待ちに並ぶ。アイゼンの前爪蹴りいれてピッケル思いっきり雪面に刺して心臓ドキドキさせて、一手づつ。

088
非日常からようやく安全地帯に戻って、乗鞍や白山を眺める余裕も。乗鞍の鞍部のしなやかなカーブはいつみても綺麗だなー。

101
さぁ、モンスターのあいだを抜けて現実に帰ろうか。

●今後へのメモ
 ・冬場は一泊なら二人で水4リットル+αで十分
 ・アイゼンの爪をもっと研ぐこと
 ・ロープウェイ駅~小屋まで登り1時間20分、下り1時間
 ・小屋から独標往復2時間
 ・トレッキングポールとアイゼンは部屋に持ち込まないと一晩で凍ってしまう
 ・ピッケルを持つ手が氷のように冷えるのでテープまかないと。

いい山だったな。怖かったな。

| | コメント (6)

2016/02/13

冬の西穂高

初めてのトキは、ハイキングの恰好で小屋まで行ってラーメン食べて帰ってきた。
次の年は少し奮発して道具をそろえて小屋のもう少し先まで。
その次の年はもう少し練習して独標往復。
その次の次の年はテント泊で西穂高岳の頂上へ。
こうしてちょっとづつちょっとづつ行ける範囲を延ばして行って、じゃあ次は?ってなったらやっぱり厳冬期ははたしてどんな世界が待ってるんだろうか?って思ってしまって挑戦したけど、あいにく天気が悪くて手も足も出ずじまいで終わった。今思えば、その時登ってたら多分どっかで滑落してたんじゃないかな。

11日祝日に移動。本当はこの日に登れば最高の天気だったけど、自分も残業続きだったし小池さんも夜遅く出張から戻ってきて、まったく登れる体調じゃなかったので、最低限小屋まで行こうぜってことで出発。

020
暖冬だといってもやっぱり標高二千を超えた場所だとラッセル状態。

029
重い登山靴やアイゼンをつけて気の遠くなるような斜面をひたすら登る。汗だく。

032
何度も歩いた道なのに、毎回思うのは「こんなにシンドかったか?」ってこと。歩きだしから1時間20分で小屋につく。

034
最初はテントにするつもりだったのに、最低気温マイナス15度の情報にひるんでしまってこの日は小屋(素泊まり)に変更。事前に予約したのでよい場所をあてがわれるかと期待したらば、なんと大部屋が満室だと言われた。
ここまで来たらやっぱり快適に寝たいなってことでプラス3,000円出して個室に変更。つまり、一人8,600円で素泊まり個室にアップグレード。

035
冬季は水がすべて有料になるので小池さんと手分けして8リットルの水を荷揚げした。水ってほんま重たいねー。

042
やさしい西日のさす小屋の中。傍らのおじさんは地図を広げて居眠りしてた。

053
窓のそとの赤い雲海をみながら、どんな楽しい話をしてるんだろうか。登った山の話とかこれから登りたい山の話とかそんなだろうか。

自分たちも晩飯の用意。
水といっしょにヒーヒー言いながら担ぎ上げた淡麗350ml×3本、缶チューハイ×2本、焼酎300cc、ラーメン鍋の具材一式。
暖かい小屋の中で熱い鍋をつついて酒をズビズビ飲んでたら、もう登らなくてもいいかなって気分になる。(いつも)


057
となりのカップルは表から雪を何度も運んでセッセと水を作ってた。
その苦労さえもいとおしそうに。

あしたにつづく。


| | コメント (0)

2016/02/10

イワシ弁当

遅い節分、、、、。
Be2

残業後に餌を求めてAEONへ寄ったら、イワシの缶詰が特価(100円)に。躊躇なくカゴに入れる。
なかなか余裕がなくて、この冬はブリ大根もイワシの味噌煮も作ってない。

この日のラボでの実験晩飯は、マーボー豆腐のモト(市販のやつ)で豆腐を入れずに大根と白ネギを煮込んでみた。大根からあまり水が出なくて悲しいけれど「妙な味」に。

| | コメント (2)

2016/02/09

みずびたし

S3
ベネチアなう、、、だって。見知らぬ外人さんを撮ったようだが、やはり外人さんは絵になるわー。
道頓堀でこれやったら果たして盛り上がるんだろうか?そんなことをボンヤリ考えた。

残業終わって一人鍋つついてたらタブレットに着信のお知らせが。松江に出張に行ってる小池さんとベネチアなうのローラーJDと三人でネット回線使って”エア団らん”。むかしのように回線の遅延も無く、音声・画像ともに大変明瞭。表舞台に立たない社会インフラの仕事はつらいばかりでなんもえーことあらへんと日々嘆いてばかりいるけれど、

こーして一人のエンドユーザーになってみると、便利な世の中になっているんだなぁと思ったり。

S1
で、そのベネチアだが、地盤沈下がひどくて、使い捨ての長靴(?)を1,000円で買わないとおちおち歩けないらしい。イタリアの人たちって毎日呑気に暮らしていると思ってたけど、そうでもないのね。

~格安スマホのこと~
小池さんが契約しているのは、3Gのデータ通信容量がついてて音声通話ができる一か月1,600円のコース。
母体はk-optね。自宅のネット回線契約がk-optなのでその流れで。ただし音声通話料金があんまり安くないので、IP電話アプリを入れて会話はそっちでやってる。ちょっと聞き取りにくいかな?って印象あるけど、実用上問題なし。問題なしどころか、音声通話料金がバカ安だし。
この前の武奈ヶ岳頂上で通話テストしたら、IP電話がつながらない。ふつうの電話はつながった。
ドコモもネットワークなので(というワケでもないだろうけど)、インターネットはまったく問題なくつながった。

大手通信キャリアが依然として不透明な料金体系と高額プランの姿勢を崩さないので、もう格安スマホ一択だな。

「酔っぱらったときに作りすぎた串カツを消費せねばならんおっちゃんの弁当」199発目:
S2
”串カツ弁当 and more....”

and moreの正体はケチャプライス。スプン持ってくんのわすれた。箸でこれを食べるのはけっこう残酷だ。

| | コメント (2)

2016/02/08

解約

月初から格安スマホを使い始めた小池さん。すこぶる調子が良いという感想を漏らしている。遠くない年金生活を視野に入れ、早めに手を打てる節約術をどんどん取り入れていこうという我が家の活動の一環。

で、格安スマホへの完全移行が完了したので、15年近く使い続けたPHSを解約しにいく。
ケータイ電話ショップでひと悶着あったら嫌なので、事前に必要書類や手続きについてくっそ熱心に予習してイザ乗り込む。結果として、詳しく書かないけれど、その場で解約すると手数料2,000円必要だが、無料オプションを今付けてあとひと月使って来月解約したら手数料0円だと。

0円という話にグラっときたが、ケータイショップに足を運ぶのが何よりも嫌いなタチなので(好きな人、おらんと思うけど)、2,000円で縁が切れるならそれでええわと即解約。
一週間ブリに風呂で頭を洗ったようなスッキリした気分だわい。しかしな、15年も使ってそれなりに思い出もあるケータイが紙切れ一枚でおしまいっちゅうのも(てんてんてん)。

~午後から掃除~
食器を沢山捨てる。引き出物でもらったに違いない、貴族が使うようなグニャグニャしたデザインのディーカップとか、おまけのグラスとか、知り合いからもらった捨てるに捨てられない義理と人情の詰まった大皿とか。ヤマザキ春のパン祭りでもらったぺらぺらの皿が2,3枚あったら死ぬまで暮らしてゆける気がする。
ついでに、自転車のパーツも大量廃棄。今回はおもにギア板中心に。
アルテグラになる前の”シマノ600”だの”7400番台のジュラエース”だの”スギノ75”も2セット廃棄。
クランクセットごと景気よく捨てたった。
そもそも四角いテーパーのBBなんて絶滅危惧だし、専用工具のカニ目レンチもどっか行ったし、組み付けてニヤニヤする時間がもう無いよなって思ったので決断。

Piic
ゆうべは、我が家の放浪者から「トスカーナなう」が。
珍しい(?)鉄道の写真もいくつか送られてきたけど、鉄道愛の無いJDの撮る鉄道写真はどれもいまひとつ、、、。
美術館で見た「ビーナス誕生の絵」がよかったとかどーたらこーたら。絵にはまったく関心のない親父はよくわからんけど、自分なぞ恐らくこの先実物を見ることはないだろうな。うらやましいわ。


| | コメント (2)

武奈ヶ岳

度重なる出費があったので近場でラララ~。

暖冬のせいもあって”スノーシューっぽい事”はしたけど”スノーシューしてない”のでこのままでは春が来てしまう、それはアカンやろってことで琵琶湖の西岸にある武奈ヶ岳を目指す。
しかし道中はおろか登山口にもまったく雪が無い。見上げる山容の中にもそれらしき雪の気配ゼロ。
持ってきたスノーシューは車に放置決定。
で、登ってみたらば

006
雪なんぞ殆どあらへんやん。

019
頂上もこのとおり。
以前ここに立ったときは、道標は半分雪に埋まっていたし、道中も腰まで雪に埋まりながらラッセルした筈なのに。
登山者の中には、せっかく背負って行ったのだからという感じで、あえてスノーシュー付けて無理やり歩いてる人もいたけど、もう関西のこの辺ではこれ以上降雪ダメなんじゃないだろうか。

024
ちょっと不完全燃焼。

| | コメント (2)

2016/02/05

みんな同じなんだな

~残業終わって深夜に帰宅。なので太巻き食ってない、豆蒔いてない。平日は邪気を払う余裕まったくなし~

今朝のNHKニュースをぼんやり見ていたら、あることに気が付いた。

”大阪府は、貧困の状態にある子どもへの支援を強化しようと、小、中学生がいる8000世帯を対象に、家庭の収入や生活状況などについて、初めての実態調査をおこなう方針を固めました。

内容に言及するつもりはない。自分が問題視しているのは「実態調査をさせられる人たち」の事。
「今日からXXまでに君たちは実態調査をしなさい。もちろん詳細な報告書を作成し提出しなさい。それをXX会議でプレゼンしなさい。プレゼンした後は振り返り資料を作成しなさい。振り返り資料を作成したあとは次年度への施策を検討しなさい。検討したら資料を作成しなさい。作成したらXX会議で報告しなさい。報告したら(以下延々と続く)。

自分が今陥っている忙しさの根幹が、まさにこれ。それがすべてが短納期かつ縦割り横割りの部署横断。
会議室の設定やひとのアテンドでもう毎日目が回る。やってもやっても終わりが無い。しかも、本来の仕事は

これだけではないのに、、、だ。

ものを作る作業も、それを売る作業も、受講せねばならん外部教育も、そして企業として避けては通れないありとあらゆる監査への対応とか。これではしっこ我慢して資料作って膀胱炎になる人間も出てくる筈やん、、、。

以上愚痴でした。

転職先に鹿猟師を検討中だが、鳥獣対策にいくつかの市町村が乗り出しているとはいうものの、それで暮らしていける仕組みがどこにも無いことがわかってきた。よくある猟友会って集まりも、育成機関としてはまったく機能しておらず、単に「鉄砲持った人の集まり」ってことも。

あかんやん。

Bachi
ローラーJDから今朝は「バチカン市国なう」がきた。
自分にとっては「それってどこやねん?」レベルの知らない国。

へ~、バチカン市国の空も碧いんだな、この建物はなんだ?浅草みたいな場所なのか?現地で食ったパスタの茹で具合が「バリカタ」もしくは「ハリガネ」レベルで驚いただと。
宿探しは順調にいっているんだろうか?

フト、いもとあやこもすごいが、やっぱりパイオニアといえば兼高かおるさんを思い出した。

| | コメント (7)

2016/02/03

感受性

鏡を見てビビル。この半年で白髪めちゃめちゃ増えた。

そしてここ数年の自分の中の変化。感受性の向きが随分変わってきていること。
清原が逮捕されたと知っても、ああそうなのかでおしまい。辛くも悲しくもなんともない。他に興味を引くことが無かったんだろうな、、、ぐらい。
世界レベルの自転車競技大会で、自転車にこっそりモーター仕込んだ記事も同じく。ネットでは避難GOGOだが、むしろ、それを成し遂げようとした技術者の創意や工夫に感動してしまう。流行りのセンシングも使えば泥濘地でもまったくぶれずに走行できるのにと、そんな後押し工作まで妄想中。

通勤電車内でこんなことがあった。
白い杖をついた男性が混雑した車内に乗り込んできた。雰囲気から日常的に通勤しているっぽい。自分はたまたま座席に座っていたので変わった方がいいんだろうか?と迷った挙句タイミングを逃した。
すると、混雑した車内の中央付近に座っていた人がドアのとこに立っていた彼のとこまで行き、手を引いて自分の座席にすわるように促した。
彼はなんとなく躊躇した様子で、それでも礼を言いながら座った。
ほどなく駅に着き、杖の彼も下車するんだろう、席を立ったが、ドアまでうまくたどり着けないでいる。

もしかしたら

彼のような人は、毎日の行動をきちんとルーチン化していて、乗るドアの位置や立つ位置、改札までの経路を決めていて、それが今回のような形で少し勝手が違うと もしかしたら困ったことになるんじゃないのか。

って思ったけど、どうなんだろう。ほおっておくってことも必要なときがあるかも。

(以前の日記にも同じことを書いた記憶があるけど、自分にはよほど印象深い風景なんだろう)

大きなバックパックを背負って一心不乱にスマホのゲームをしながら、下車する人々をディフェンスする今朝の男子高校生。
きっと今までいい人との出会いやいい本との出会いがなく生きてきたんだろう。
腹は立たず。ただ悲しくなっただけ。

York

| | コメント (5)

2016/02/02

卒業旅行

Doh
「ドーハ なう」って、、、メール来た。

昨晩たまたま仕事が早く終わったので、ローラーJDを関空まで送っていって、今すでにカタールで乗り換え待ちとか。地球ってほんまちーさくなってねんな、、、って感心してるばやいやない。
学生アルバイト代の単金が自分たちの頃とは比べ物にならんほど高額になっているし、往復の運賃はバカ安になっているし、安宿の情報はスマホなんかで簡単に手に入るしで、

今の若い子、そーゆー面では本当に恵まれてるんやな。

今日から一か月ほど欧州を転々と移動するという計画はまだしも、「毎日泊まる宿が違う」と聞いて、その体力にただただ唖然とするばかり。

4月からがんじがらめ(対 学生生活比)の暮らしがン十年続くと思うので、楽しい思い出作ってこい。

しかし羨ましいやら腹立つやら

| | コメント (3)

2016/02/01

ひたすら歩く

日曜日:
快晴。なにして遊ぼうかと考える。起きた時間が遅いので、雪遊びに行くというのは無い。桂川にシクロクロス見に行く?って一瞬思ったけど、自転車で淀川河川敷を往復するなんて想像しただけでゾッとする(体力的に)。
それに、空前絶後の参加者で溢れかえっているレース会場って、もうなんだか自分の行くベキ場所じゃないよなって思ったり。去年だったかおととしだったか、電車に乗ってバスに揺られて会場行って、顔見知りと会話出来てそれはそれで楽しかったけど、ポッカリ開いた気持ちの穴が家に帰ってもふさがることがなくて、

もう当分いいかなって感じたのを思い出した。泥んこの中でもがき苦しむのがワクワクしないって、いったいどうしたんだろう。ま、そのうちまた乗りたくなったら乗ろう。

部屋のスミに置き去りにしてあるロープやクライミングデバイスをチラリと見て、一瞬登りに行こうかなんて考えたけど、どうもそんな気分でもない。
”ホボ手ぶら”で芦屋川から有馬温泉まで一人でただひたすら歩いた。ほとんど何も考えず何も見ず。
有馬のバス停に着くなり帰りのバスが居たのでビイルも飲まずに乗車。駅に着くと今度はJRがすぐに来たのでここでもビイル飲めずに乗車。こんなことの繰り返しで、どこか寄り道して立ち飲みでもというたくらみはもろくも崩れ去り、否応なく帰宅。

こんなこともあるんだなぁ。

自宅で串カツ作って熱燗ガボガボ飲んで8時前に寝ました。


| | コメント (2)

水道工事やる

土曜日:
長かった。この一週間、一か月間、ほんま長かった。日々、オフィスでの拘束時間が長いわりに達成感の薄い関節業務に黙殺されてなにも成果を出せてないからっていうのが原因。このまま定年まで続くのか?
そんな悶々とした毎日に、鹿撃ち猟師募集の情報がちょっと気になるお年頃。ゆっくり考えよう。

で、午前中はお袋の通院介助。介助といっても車に乗せて行ったダケ。年年歳歳、こーゆー話題が増えていくんだろうな。昼からはセッセと一週間分の家事をこなす。金曜日に、20年間使い続けた給湯器がダメになり、山の費用を削って器械を刷新したけど、いまいち風呂シャワーの温度が上がらない。施工会社の見解は「シャワー蛇口の故障」だと。ここでネット検索。

同じ悩みを持ち、分岐蛇口を買い替えたやらDIYで何とかしのいだやらの情報が次から次へと出てくる出てくる。
取捨選択するカギになる現象をいくつかに絞り込み、我が家の出した結論は「水道の水圧が、給湯器から出てくるお湯の水圧より高いので、混合させた後の水温が、低い」という課程を導き出した。さっそく近所の”コーナンプロ”へ走り、水圧調整用専用ドライバーをお買い上げ。

この”専用工具”をケチって、過去何度も痛い目にあったので、ここは絶対ケチッテはいけないのだ。

結果は良好。専用ドライバー800円で解決。これもひとえに「年金暮らしになったら自分でできる範囲の修理は自分でやらなきゃ」っていう思いで。

| | コメント (4)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »