« 雪崩 | トップページ | しおからい »

2015/12/14

雪崩 その2

土曜日:
朝から淡麗350mlをぐびぐび飲む小池さんを尻目に、ひとり六甲山越えて有馬までテクテク。しかし毎度のことながら、小池さんのONとOFFの差には目を見張るものがある。とりわけOFFと決めたら朝から淡麗350mlを飲んですぐに布団の中にもぐり途中目が覚めるとラーメンを作り食べ淡麗350mlを飲み、そして夜までテコでも動かない。まるで冬眠中の生き物みたい。

六甲は相変わらず優しい表情で紅葉が、、、、おいおいちょっと待てや12月も中旬やっちゅうのに「紅葉が見事で」ってどーゆーこっちゃ??? もっと必死のパッチでがんばれCOP21
それとは別に、心斎橋状態だった春先の人出も一段落したかのような静けさ。途中立ち寄ったキャッスルウォールも、先日兄弟子から貰った巨大落石情報を思い出し、登る気になれず(なので、ハナからロープとか持って行かなかった)。

有馬への下山途中、MTBダウンヒルの青年とちょっと立ち話。ハイカーとの共存はいろいろ大変そう。
もっと気を使わず飛ばしまくれるワンウェイの林道でもあればいいのにね。

黙々と歩き、有馬でビイルを一杯だけしばいて帰宅。近所の銭湯で小一時間ほど遊んで、熱燗飲んでこの日を締めくくる。19時消灯。

日曜日:
プレ大掃除開始。終了とホボ同時に宅急便が。
Dsc06808
入荷が遅れていた雪崩ビーコンの二個目到着。さっそく近所の公園で練習開始。ええ歳のおっさんとおばはんが、手に持ったブツをピーコピーコ鳴らしながら公園内を彷徨い歩く姿が郷愁を誘う、、、。

そして夜はヤフオクで錬金術。
Dsc06796
押し入れを掘り返してRaphaの厳冬期用ジャージを発掘。当時はこれ着ていろいろな所へ走りに行ったなぁと思い出す。
自転車衣装の生地って科学的なファブリックを相変わらず使わないのは、採算が合わないからだろうか?
それとも、荒天になったらコンビニ入るかどっか家の軒下にでも入ればいいってことなんだろうか?
雷ボンボン落ちてヒョウがバンバン降ってくるような遮るものの何もない山の稜線で身を守る山の衣装の進化が目覚ましいのも、やはりユーザーのマスの違いなんだろうか。

肉じゃがとひじきの煮物を作って熱燗しばいて、この日はおしまい。

|

« 雪崩 | トップページ | しおからい »

コメント

土曜日に行けば、一緒になったかもしれませんね、
日曜日のキャッスルウォールはえらく賑わっていましたよ。

投稿: uechicchi | 2015/12/14 13:28

●uechicchiアニキ、土曜日の午前10時、改札口でアニキを探しましたよ(笑。午後の早い時間にもかかわらず、有馬までの道で誰とも合わず、晩秋の寂しさが身に沁みました。

投稿: ロラおとこ | 2015/12/14 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪崩 | トップページ | しおからい »