« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/31

年末の記録

28日:
納会中も職場でふるまわれた缶ビイルを飲みながら、、、仕事。年明け4日から、肩も温まってないのに全力投球せねばならんと思うと、人生でこんなに年末感の薄い年末は初めてかも。ま、でも、「過ぎてしまえばみんな思い出」になるから、これからも楽しいこと楽しくないこと、書いていこう。

29日:
大掃除。普段、いかに家事を手抜きしているか如実にわかるほどの汚れよう。狭いアパートなのに、なぜ?

30日:
一日くらい冬休みっぽいことしようかなと山へ。
せっかくなんでさわりダケでも雪山へと思って、奈良の山奥にある関西最高峰「八経ケ岳」を目指し、高速道路やら狭い渓谷の道をガタガタ走った先に見たものは

Dsc06843
ここへ至る途中、積雪や凍結ってなに?どこ?ってカンジだったのに、、、。途方に暮れる。

Dsc06844
このあと、我が家の車に一大事が。

Dsc06862
こーゆー結末に。ちなみに足で登って足で下山したのでそれなりに満足。

Dsc06851
それなりに、、、どころか山頂は360度さえぎるもののなにも無い展望にびっくり。小学校の遠足の山だろうとナメてかかったけど、こんなにいい山だとはなぁ。

あー楽しかったと駐車場に戻って着替えてエンジンかけたら、、、、エンジンかけたら
床下からバリバリガラガラバリバリガラガラゲコゲコーーーーーーーーーーーーー

うぉぉぉぉぉ!!!!!なにが起きた!!!!どーなった~~~~~~~^!!!!

あわててエンジン切る。深呼吸してもういっかいエンジンかけたら

床下からバリバリガラガラバリバリガラガラゲコゲコーーーーーーーーーーーーー

うぉぉぉぉぉ!!!!!なにが起きた!!!!どーなった~~~~~~~^!!!!

症状からマフラーに穴がというカンジ。去年穴が開いて取り替えた部分よりもエンジンよりの箇所だろうと思う。
年末ギリギリなんでディーラもしまっている。困ったけど、乗って帰るしか手がない。
エンジンを二千回転にたもてば、気流がうまく流れていくのか、音はマシ。酷いのは、信号待ちと発進時。
ポンコツ暴走族のような音で恥ずかしさMAX.

ショック大!!!

| | コメント (9)

2015/12/28

モーレツ週末

大掃除の第二ステージがあるというのにハイキングに行ってしまった。あんまり天気がよいものだから。
小池さんもアウトレットで買った新しい靴の銚子を見るからってことで同行。しかし、モデルチェンジのたびに、細かいとこがリファインされているのはイイ事だと感じる部分と、なんでこうしてしまうの?って部分があるのが不思議。多数意見を反映させていくと少数派の意見には目をつむらねばならんのよね。仕方ない。

で、いつもどおり芦屋から3時間半ほどかけて有馬まで。久しぶりに有馬温泉に浸かって体ポカポカ。
しかし、冬景色なぞ微塵もなく年末なのにあたり一面晩秋のままって、やっぱり変だ。この冬は滝が凍るなんて無い予感がする。

日曜は法事で小池さんの実家へ。早い、早すぎる!
365日が365秒に感じるほど一年が早い。
1554
自分だけ日帰りなので18切符使用。季節毎に18切符を使いだしてから、新快速といえども鉄道旅がますます楽しくなってきた。
寝たり起きたり、目をつむってじっと線路のつなぎ目の音に酔いしれたり。車や自転車にはない醍醐味。

で、法事は無事終了。
緊急入院に始まり納骨までの一部始終が思い出される。亡くなった人の声、顔、好きだった食べ物、ちょっとしたしぐさ、いつまでも忘れないでいようと思う。

Pkl
一人で大阪に戻る。よく知らない銘柄でも、シートに深く腰を沈めてうすぼんやり暗くなっていく車窓をアテに飲む味は、

ココロに沁みる。


| | コメント (2)

2015/12/25

弾丸

どうしても金曜午前中に東京のお客さんのオフィスまで提出せねばならん書類が、

木曜夕方5時に発覚。

宅急便、郵便局、バイク便と手当たり次第に探したものの、どれも色よい返事がもらえず途方に暮れる。
中には「年末なんで配送状況が悪い」というデリバリ会社まで。そこはプロだろ!?って言いたいのをグッと我慢。同じ過ちを自分も犯そうとしているのだから。

結局、自分が書類を持って新大阪までダッシュし新幹線に飛び乗る。そして、翌朝東京にたまたま出張に行く上司に名古屋駅改札でバトンタッチ。そのままとんぼ返りして事務所に戻って仕事を再開する気分になれる筈もなく、

ぼんやりと新幹線の線路沿いを歩いていくと「世界の山ちゃん」発見。忘年会なのかクリスマス宴会なのか、どこかの職場の集団が盛り上がる後ろで、一人、手羽先を食べて生中をしばく。

砂を噛むようなとはまさにこのことか。

サラリーマンってホンマいろいろあるよなぁ。自営の人も個人事業者の人も多分同じように毎日胸を痛めながらも頑張ってんねんから俺も頑張れと思うしかない。仕事納めなんて言葉、、、縁無いわ、、、なんて毒づいたらアカンぞ俺。

時間作って山いくぜ。

| | コメント (5)

2015/12/23

天気が悪いので

布団の中でごろごろ本を読み、腹が減ったのでのそのそラボに行き、暖かいおろし蕎麦を作って食べる。

面倒な用事を片付けねばと思い立ち、カー用品店で冬タイヤとバッテリーを交換。店員はしきりにアウトレット価格でご提供と強調していたけど、事前にネットで見た値段より2割強も高い。
けど、別の店に移動することや待ち時間のことなどを加味すると、ここは黙って目をつむる。時間を金で買うことも必要かと。

楽しくない買い物の割には大金使ってちょっとしょんぼり。元気だそうと楽天食堂でランチ。担担麺と水餃子は盤石の美味さで一滴のこらず汁を飲む。

AEONに寄って、前倒しクリスマスのためのカシワとワインと野菜を少し買う。自宅に戻ると、連日の遊びすぎが祟って熱を出して寝込んでいる女が一人。仕方ないので鍋焼きうどんを作ってやる。

自転車かんけーの書籍の大量廃棄。パンターニやゲビス・バランのジャージで疾走するベルツィンの写真集など。ジャンニ・ブーニョくらい置いとけばよかったかなと思ったけど、まぁまたいつか縁があれば手元に帰ってくるかな。

住宅ローンや古い保険証書なんかも一斉廃棄。

今から風呂洗って昨日の残りの柚子入れて入るつもり。
休みの日は光速で過ぎ去ってしまう。

| | コメント (5)

2015/12/22

好きな山

恐らくここしばらくは、著名な女性登山家の滑落死の話題があちこちの日記に書かれるんだろう。

いつか登りに行きたいと思ってる明神岳から奥穂までのルート、北穂のゴジラの背、いずれもビデオを買って熱心に見ているが、画面に映るガイドが件の女性だった。日本の山の方が(海外より)難しいっていうけど、本当のことなんだろうな。

うちの近所に百名山ハンターを自負する御年67歳のおねーさんが居る。
時々朝の公園でトレーニングしておられるので挨拶に行くと、百名山興味ないの?と尋ねられるので、興味はあるけど登りたい山が多すぎて手が回りませんと答える。

計画立てて登った山の頂から見えた山が素晴らしくて、次はあそこへ行こうと思う。そしてそこへ行くとまたもや見えた山が気になって次はあそこへ行こうと思う。その繰り返し。
今年登った後ろ立山は恐らくこの先も一番沢山行くんじゃないかという予感がする。

二か月ほど前、山の雑誌のアンケートに(ネットで)好きな山は?ってアンケートに答えたら、編集者から直接メールが来た。詳しい話しを聞かせてほしい云々。いろいろ忙しくて結局締切過ぎてしまった。答えていたら今月号になにか一文でも載ったのかも。まぁいいや。

で、好きな山は三俣蓮華岳だったりする。

| | コメント (2)

2015/12/21

障子

快晴、冬晴れ、絶好のチャンス。
Dsc06840
5年間放置してきた障子を張り直すことに。ついでにプレ大掃除も少々。子供のころに作ったゴム動力の飛行機、一番わくわくした制作工程はと聞かれたら

「霧吹きした羽が翌朝ぴんぴんになってたこと」に尽きる。

障子張りも同様。面倒くさいのは古い障子紙を残らず剥がすことくらいかな。ついでにベランダのサッシ窓を拭いたり。子供がいたり友達呼んだりすると狭い狭いと感じた2LDKの間取りも、夫婦二人になったらジャストサイズ。
掃除の手間を含めると、ああ狭くてよかったなと。元来、ゲゲゲの実家のときから家や庭のメンテナンスが大嫌いだったので(そんな時間あったら遊び倒したかった)。

今後もじゃんじゃんモノを減らしていこう。

Dsc06837
晩飯は主食に菊正宗、副菜に大根の葉っぱ。
土曜日立ち寄った満濃池(香川県)の近くの道の駅に、なんと!大根の葉っぱだけをパッケージした商品を見つけて感動した。消費者のニーズをよく分かっていらっしゃる。

| | コメント (3)

2015/12/20

剣山

「安心してください、登ってませんから、、、」。

金曜日の残業後、説教部屋のような息苦しい忘年会を終え、心身ともに疲れて帰宅。
同日夕方には、この日で定年退職される先輩の挨拶があったり、今の仕事の先が見えずに自ら早期退職していく同期の挨拶があったりしたもんだから、いろいろな感情がないまぜになり、
サラリーマン人生で最大級の、悩める忘年会。多分この気持ち、一生忘れんと思う。

やれやれ。

たいして飲まなかったので6:00起床。
なのに昨夜の気持ちを引きづったまま、体は布団の中。のそのそと起きて山へ行く準備をノロノロする。
レジャー気分で登れるだろうという想像で、徳島県の剣山を目指して車を走らせる。
阪神高速~明石海峡大橋~淡路島~徳島道となんの問題もなく、天気もまずます。順調にいけば10時過ぎには登山口について、、、という妄想は、山間部に入ると一変

Dsc06816

6シーズン目に入ったスタッドレスタイヤは、ヘアピンカーブで何度も空転してビビリまくる。
登山口まで延々40kmの道のりを時速20キログラムで走り続けて喉もカラッカラに。

Dsc06818
自宅から6時間かかってたどり着いたトキには、すでに山容も見えやんほどのガス。駐車場もすかすか。
四国で唯一のスキー場がある土地はやはりダテじゃなかった。この先もおそらく四駆じゃないと無理かも。

同じ道を戻る根性持ち合わせていないので、陽のあたる南側斜面の国道で帰ろうと。途中観光スポットもあるしってことで下山。

Dsc06819
「かずら橋」架け替え中?

そこらへんに自生するツタを使った橋なので、またに架け替えるとは聞いていたけど、ドンピシャに当たるとは。
※この道の先にも別の”かずら橋”ってとこがあった。饅頭にも元祖やら本家やらあるから、橋にもそーゆーのがあるんだろうと自分を納得させる。

道はいつまでたっても狭いまま。時折集落があったりする程度でかなり寂しいかんじ。どうして平家の落人はこんな山深いところまで逃げ伸びる必要があったんだろう、、、。
てな事を考えつつ

Dsc06822
景勝地・大歩危到着。紅葉も終わってさむざむしさが残るばかり。けど、土讃線のたたずまいがステキなので次の青春18のターゲット候補にしてもいいかな。

Dsc06823
平家の落人の常食って書いてあった「祖谷蕎麦」をよばれる。”つなぎを使ってないのでボソボソ切れる”という説明書き通り、ぼそぼそ。やっぱりフツーの蕎麦がいいや。

Dsc06830
せっかくなんで琴平でうどんも食べておく。

Dsc06836
せっかくなんで讃岐富士も見ておく。

油と高速代を120ドル近く使って820円の蕎麦と150円のうどんを食べにいくという贅沢な日帰りになってしまったが、あとで調べたら、徳島の冬の山はアプローチが核心部だとわかった。

納得。

香川、徳島と、学生生活を送ったが、お金も無いし情報も無いしでどこへも出かけていなかったのは悔やまれるけど、まぁいいや。これからこれから。

| | コメント (4)

2015/12/17

しおからい

業爆でいろいろ余裕無し。

儲かるための業爆だったらいいのだけど、沈没を必死で食い止めるための作業はやるせない。
そんな状況で、朝から弁当作る余裕がない。昼休みも電話とメールの攻撃にあうのが嫌で、仕方なく外へ。
ショッピングモールみたいな場所でラーメン食べる。

しかし老いも若きもサラリーマンちゅうのはなんで「ライス大盛り無料」に激しく反応するんだろう?
そんなに食って大丈夫か?午後から土嚢でもかつぐとか炭鉱掘るとかするのか?

おまけに味の濃さに途中から疲れてしまった。

味付けの濃い昼飯食ったら夕方になっても全然腹が減らない。残業終わって家に帰って口にしたのは菊正宗を二合と板わさだけという。

次の車:

夢でも見たのかと思ったが、どうやら夢ではなかった。
トヨタのHIACEがごっついかっこええCMになって、TVに映ってた。どっかの河原にHIACEで乗り付けて、アユ釣り(?)とかやってるカンジの映像。どこにも媚びない・あるべき車の姿と使途、しかも本来商用車として開発されたHIACEがあまりに眩しすぎるぜ、、、、。

しかし、うちのアパートの立駐の(縦・横・重量)制限が厳しくて、憧れは憧れのまま。
今の車もまだ13万キロ強しか乗ってないから時間的な猶予はある。迷ってるのが楽しいかも。


| | コメント (4)

2015/12/14

雪崩 その2

土曜日:
朝から淡麗350mlをぐびぐび飲む小池さんを尻目に、ひとり六甲山越えて有馬までテクテク。しかし毎度のことながら、小池さんのONとOFFの差には目を見張るものがある。とりわけOFFと決めたら朝から淡麗350mlを飲んですぐに布団の中にもぐり途中目が覚めるとラーメンを作り食べ淡麗350mlを飲み、そして夜までテコでも動かない。まるで冬眠中の生き物みたい。

六甲は相変わらず優しい表情で紅葉が、、、、おいおいちょっと待てや12月も中旬やっちゅうのに「紅葉が見事で」ってどーゆーこっちゃ??? もっと必死のパッチでがんばれCOP21
それとは別に、心斎橋状態だった春先の人出も一段落したかのような静けさ。途中立ち寄ったキャッスルウォールも、先日兄弟子から貰った巨大落石情報を思い出し、登る気になれず(なので、ハナからロープとか持って行かなかった)。

有馬への下山途中、MTBダウンヒルの青年とちょっと立ち話。ハイカーとの共存はいろいろ大変そう。
もっと気を使わず飛ばしまくれるワンウェイの林道でもあればいいのにね。

黙々と歩き、有馬でビイルを一杯だけしばいて帰宅。近所の銭湯で小一時間ほど遊んで、熱燗飲んでこの日を締めくくる。19時消灯。

日曜日:
プレ大掃除開始。終了とホボ同時に宅急便が。
Dsc06808
入荷が遅れていた雪崩ビーコンの二個目到着。さっそく近所の公園で練習開始。ええ歳のおっさんとおばはんが、手に持ったブツをピーコピーコ鳴らしながら公園内を彷徨い歩く姿が郷愁を誘う、、、。

そして夜はヤフオクで錬金術。
Dsc06796
押し入れを掘り返してRaphaの厳冬期用ジャージを発掘。当時はこれ着ていろいろな所へ走りに行ったなぁと思い出す。
自転車衣装の生地って科学的なファブリックを相変わらず使わないのは、採算が合わないからだろうか?
それとも、荒天になったらコンビニ入るかどっか家の軒下にでも入ればいいってことなんだろうか?
雷ボンボン落ちてヒョウがバンバン降ってくるような遮るものの何もない山の稜線で身を守る山の衣装の進化が目覚ましいのも、やはりユーザーのマスの違いなんだろうか。

肉じゃがとひじきの煮物を作って熱燗しばいて、この日はおしまい。

| | コメント (2)

2015/12/10

雪崩

自転車休眠とともに物欲も減退。年齢からくる勢いもあってパーツがモデルチェンジする度に欲しくなって手に入れていたが、残念なことに山道具って全然モデルチェンジしない。(クライミング用のカムデバイスが来春沢山リリースされるって噂はあるけど)。

そんな中で今年の冬はもう一歩踏み込んでみたいなと思っていろいろ計画してたら、やっぱり要るよなぁと思ったので
Dsc06795
アバランチビーコン買っちゃった。原資は、着なくなったサイクルジャージをヤフオク放出+立ち飲み行ったつもりになって500円玉貯金(これけっこうデカイ)。

安い物ではないけれど、これがあれば死なずに済んだのにって後悔しないためにも、それと、、、、やっぱり最新のセンシング技術にも興味があったし。
使い方マスターしないとダメだな、練習しなきゃな。

しかし、以前のエントリーで「BCスキーはやらない」って書いたけど、なんだか深層心理で本当はやりたくて、こうして外堀から埋めて行ってるような気がしないでもない。関西にもテレマークスキーの教室あるみたいなんで、見学だけでも、、、、アカンアカン、、、、置き場所無いやん。

けど人生一度きりだぜ(どっちやねん)。


| | コメント (8)

2015/12/08

journey

ノーベル賞・基調講演のニュースを、家事の片手間にぼんやり見る。

大村さんのスピーチ字幕が「これからも、私は、世界中の人々に健康をもたらし、また経済的な状況を改善することができる化合物を探し続けます・・・」と出た時に発せられた単語が確か

”journey”って言わはったように聞こえたけど、そのまま「化合物を探す旅を続けます」って訳してくれてもロマンがあっていいなぁと思わず見入ったよ、おっちゃんわ。

弁当を作りながらスティーブペリーの歌う~Don't Stop Believin'~を思わず鼻歌で謳ったよ、おっちゃんわ。

運動:通勤+家事いろいろ+腰痛体操+腸腰筋ストレッチ
飲酒:淡麗350ml×1、菊正宗×1合

毎日いろいろやりたい事が増えてきたので、飲酒を減らす方向に。やめたりしないけどね。

| | コメント (2)

2015/12/07

法事

一年過ぎるの、ホンマに早い。

義父の具合が悪くて入院するって連絡あってドキっとして数日後には退院してホッとして、すぐにまた具合悪くなって入院してそのまま年末に亡くなって、予約してあったクリスマスケーキやおせち料理もいつどうやって食べたのか記憶に残らず年があけてしまって、それから膨大な残務整理に追われてやれやれと思えば、

あっちゅうまに一周忌。

すべての生き物は平等に365日与えられているって、本当は違うんじゃない?って気にもなる。

そんな事思いながら長浜市の実家へレッツラゴー。
田舎の、、、とひとくくりにするのはどうかと思うが、昔からの近所付き合いのある町ならではのやり方があるので、準備がなかなか大変。子供の頃から団地やアパート暮らしの自分には驚きの場面が沢山。
実家につくなり、まず座敷と仏間を仕切るふすまを外す。上敷きをはがして畳を出し、拭き掃除。
床の間の掃除と掛け軸交換。仏壇のセッティング。お参りにこられる人向けの粗供養(こんな言葉知らんかった)を手分けして作成。玄関やら庭の大掃除。邪魔になる家具や飾りの移動などなどまさに

プレ大掃除ってカンジの仕事がてんこ盛り。

法事用の座布団や湯呑の用意などもあって、チェックリスト作っておかないとえらいことになりそう。

日曜は、特に問題もなく粛々と法事は進む。けど、49日のときの日記にも書いたけど、平均年齢70歳の人たちを前にした30代のお坊さんのする説法の”なんと響かんこと”よ。

気の毒ですらあった。

けどまぁ、故人のことを思いだして人が集まるっていいことだと思う。義父も笑って見てくれてただろう。

土曜日の巻き戻し:
092
アマゾンで購入。普段は忙しくてやらないけれど、休みの日の朝飯に華を添えたいと思ったので。

093
リングのフチに油塗るの忘れたので玉子がうまく抜けずに困った。

096
トピックスは、粉カラシをマヨネイズで溶いてみたこと。市販のマスタードは何となく違うなと感じていたのでラボで実験した結果は良好。


| | コメント (1)

2015/12/04

続・スマホ

運動:通勤+腰痛体操+家事いろいろ+腕立て伏せ×8億回
飲酒:缶酎ハイ×2

Ik
今日はチャーハン弁当。溶き卵入れるタイミングはヒトそれぞれあるけど、自分はもっぱら”卵かけごはん”を事前に作っておいてぶち込む派。チンチンに熱くした大きな中華鍋とかあったら最初に玉子だけ炒めて鍋の中でクルンクルン回せるんだけどなぁ。いっぺんやりたいなぁ。

家事の中でも一番厄介だと思うのが、今朝みたいに寒い朝に干さねばならん”洗濯”もの。吐く息も白く、濡れた衣類は手指を凍らせてゆく。大阪でこれだから寒い地方の人はもっと大変やろな。
このまえ職場で洗濯ものを洗って干して畳む、、、までを全自動でやる器械が発明された話題が出た。
みな一様に凄いだの便利だの安なったら買おっかなーとか言うけど

きみら全然わかっとらんね。ほんまに家事やってる?

靴下一枚、ハンカチ一枚、干し方は千差万別なのだよ、畳み方や箪笥へのしまい方も同じく。
おかんとヨメのその差を見た時の衝撃は忘れられん。なので自分も知らず知らずのうちにオリジナルなやり方になっていった。ともすればイサカイの元凶になりそうな家電など

もってのほか。

で、スマホの続き。MVNOに関する情報をいくつか貰って(ばりちゃん有難う)再検討中。
その中で浮上したのが
・ウィルコムからのMNP手数料3,000円+ウィルコム解約手数料9,500円⇒13,500円(税込)

パソコンからコマンド一個打つだけに違いない労力に万コロ一枚軽く飛んでいくっちゅうのがどーにも納得いかん。手数料で儲けるっておかしくないか?

つづく


| | コメント (2)

2015/12/03

トレーニング

そんなデジタルガジェットの事をくよくよ考えても仕方ないので、腰のトレーニング始めてみた。

腸腰筋を鍛える、、、というか退化を少しでも遅延させる。

寝転んで「エア自転車漕ぎ」。空気の中で足をくるくる回転させるむなしさは、たとえようがない。
じゃぁ以前のようにローラー台やるか?っていうと

部屋の中を片付けて、お風呂マット敷いて、ローラー台をセットして、自転車乗せて、空気圧調整して、レーパン履いて、水を入れたボトルを準備して、退屈しのぎの何か(音楽プレイヤ)を探してという複雑怪奇な工程は
想像しただけで

腰が痛くなる。

あとは、ブルーワーカーで自ら成功体験を得た「アイソメトリック運動」を。声にならない低音のうめき声を出しながらひたすら下腹部に力を込めて骨盤を回転させる。

ひさびさの変態活動に満足だ。

| | コメント (3)

スマホ

初期開発に携わった関係上、実証実験から数えて(途中、紆余曲折を経て)20年以上使い続けてきたPHS。特に不便も感じず、とりわけ「そこそこ圏外」という機能制約が嬉しかったり(遊んでるときに仕事の電話が届かないってことで)するので、死ぬまでこのままでいいかなと思っていたが、

どうやらそうもいかなくなってきた。

単身赴任や長期出張の多い小池さんの仕事が、PHSではどうも立ち行かなくなってきたらしく。じゃぁ一人だけスマホにしたらええやんというワケにもいかないので(家族割の恩恵が崩壊するから)困った。
ついでに言うと、恐ろしいタイミングで社販のスマホがキャンペーンになるのでどーたらこーたら、、、っちゅう何とも悩ましい回覧メールも来るありさま。

こーゆーのを潮時っていうんだろうか。

けどなぁ、安いんだよなぁ->PHS。
通話とメールが無料で、一人当たり月額2千円でお釣りくるっていう現実。ただやっぱり機能としてはチープで、出先での遠隔会議には使えないしクラウドからデータ取ってきて見ることも当然できやんしで。

以下、自分へのメモ。
・大手キャリアのは論外
・PHSの解約は来年8月にしないと、解約手数料が一台あたり9,500円もかかる
・ワイモバイルだと、電話番号とメアドが引き継げる。ただし、月額3,980円は高い
・mineoなら、社販の筐体がある。防水だしドコモの回線だしGPS付いてるしで山でも使えそう
・ただしmineoにしたら電話番号もメアドも新規。月額1,500円は魅力。

面倒くさいなーもー。

結局悩むだけで、このままかもしれないというオチならいいけど。


| | コメント (7)

2015/12/01

最後の旅

年に一度、「おかんを連れてどこかへ行く」もかれこれ何度目になるんだろうか。以前はゲゲゲの実家まで車で迎えに行ってそっから旅行がリスタートっていうかなり過酷(?)なものだったが、今は隣の棟に住んでるのでこっちとしては随分楽ちんになった。

行先は、先週も訪れた八ヶ岳のふもとの原村にある一軒宿。自分と小池さんは行き慣れた道なので何とも思わないけど、おかんいわく「あんまり遠くて地の果てまで連れていくのか?」と思ったらしい。

Dsc06762
民宿の食堂には以前と同様にクライミングウォールが健在。(といっても山岳ガイドをしている人が宿のあるじってダケで、お客さんはほとんど山とは無縁の人ばかりらしい)

若い連中にボルダリングが流行っているらしく、この壁の件をローラーJDに話すと絶対登ってみたいというのでハーネス持って行った。

しかし、、、
Dsc06740
1mほど離陸すると満足したらしく、結局こーしてぶら下がりたかったダケらしい(おいおい、、、)。

Dsc06742
続いて小池さんトライ。けどやっぱり普通のスニーカーだと勝手が違うようでてこずっていたけど。

Dsc06754
腰に響かないように恐る恐る、親父の面目をかろうじて保つ、、、程度に登ってギブアップ。

Dsc06765
ローラーJD,家では飲まないのでアルコホルっぽいのを飲む姿を初めて見たかもしれない。このあと、肉類の一切ない和食を食べ(肉無しってけっこう嬉しかったりする)、自分含めて小池さんもおかんも「大丈夫か?」ちゅうぐらい飲み倒して消灯。

当然翌朝は
Dsc06771
美味い朝飯を目の前にして、一家全員(ローラーJD除く)お通夜の席のように食べ進む。
小池さんなどは一口食べただけで部屋へ退場、、、。(このあと終日二日酔いで苦しむはめに)
※以前も朝飯を台無しにしたので次行くなら、朝飯は付けないでおこう

月曜は身もだえするほどの快晴。
これは赤岳でも登っておくか!、、、ってなワケにもいかず、観光シーズ終わったビーナスラインをドライブ。
Dsc06783
晩秋を思わせる景色は美しいが、本当ならあたり一面に雪が広がって初冬のはずなのに、やっぱり地球は温暖化に向かって突き進んでる?

Dsc06792
ガイド板の向こうには、北アルプスがくっきり。自分と小池さんはテントかついであのあたりでいつも遊んでいるのだとローラーJDとおかんに解説。二人はどういうふうに感じたのかはわからんが、雪山の美しさは伝わってみたいで嬉しい。

Dsc06779
おかんとローラーJDの2ショットを見てたら、今まで一緒にいったいろいろな事を思い出してしまった。

Dsc06780
もうこやって並んで遠くを見るってこと、無いかもしれない。日々記憶領域が狭まってゆくおかんの思い出に、残ってゆくんだろうか。そんなこといろいろ思った。

集合写真とか家族写真に一切興味の無い自分なのに、なぜだかこの日は宿を出るときに四人で撮っておかないとダメな気がした。
Dsc06773
春から就職で(娘が)東京へ行くので、このメンバーでの旅行が最後かもってことで写真お願いできますかと宿の主人に言いながら鼻の奥がツーンとなりかけたので我ながらびっくりした。
ローラーJDが欠けるとともに、おかんとももう遠くへは行けないかもとか、こうして家族揃って遊べる時間って本当に短いんだという現実、

なんだか一瞬のうちに悲しい気持ちが大量に押し寄せてきたけど、ともかく笑って写真に写らなきゃやと
頑張ってみた。

大切な旅だった。いつまでも車で走っていたかった。


| | コメント (11)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »