« 映画 | トップページ | 健康診断 »

2015/09/08

ローラ・ダーンについて

「わたしに会うまでの1600キロ」でウィザースプーンの母親役がちょっとステキだなと思って検索したら、ジェラシックパークの女性博士だった。そしてそのローラ・ダーンの出演作に、大好きな映画「遠い空のむこうに」があった。1960年代っていうキーワードを使った映画は、たとえば”フィールドオブドリームス”なんかも”遠い空の・・・”と近い匂いがする。未来への希望とか、家族や友達との関わりが暖かいものであったり。

いい作品に出ているんだなぁ。

|

« 映画 | トップページ | 健康診断 »

コメント

『わたしに会うまでの…』は、辿りついた地で全てゼロからの人生が待っているという意味の解説を某紙で読み、興味を持っていた作品でした。
「字幕が村上春樹っぽい」とのことで「いつか観る!」リストに入れました。
『遠い空のむこうに』もリストに入れます!

投稿: ぺろんぱ | 2015/09/08 12:25

●ぺろんぱねーさん、コメントありがとうございます。
「私に会うまでの・・・」は、本来の自分に会わせてくれたのは、大自然じゃなくて結局は出会う人だったり(ネタバレごめん、、、)。そしてゼロからの人生、、、羨ましくもあり、自分には出来ないなぁという一面もあったり。
ゼヒゼヒ!

投稿: ローラーおとこ | 2015/09/08 13:18

「私に会うまでの、、」ちょうど昨日ニューズウィーク誌で批評を読んだところでした。心温まる映画ではないですが、「ワイルドアットハート」のヒロインもローラ・ダーンだったんですね。印象深かったです。しかし、身長179cm。

投稿: コナ | 2015/09/08 14:10

●コナあにき、、「ワイルドアットハート」は見てみたい映画ですね。しかし179センチですか。キスするときつま先立ちにならないと、、、照。

投稿: ローラーおとこ | 2015/09/08 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画 | トップページ | 健康診断 »