« ノボッタ | トップページ | 内定 »

2015/09/28

信濃大町山岳博物館

9月19日のきろく。

縦走前日の移動日、せっかくなんで信濃大町駅周辺を散策。

010
駅舎に登山ポストがあるってやっぱりすごいなと。

015
若狭~京都間にある”鯖街道”みたいなもんだろうか、たしかにここって海から遠いので、塩の流通ルートがあったのかも(想像)。

017
蕎麦屋かと思って近づいたら、蕎麦粉専門店だった。この街のひとたちは粉を買って自宅で打つのか!?(想像)。

019
なにやら”食べログ”に載ってそうなカツ丼屋。混雑時の並び方とか書いたホワイトボードが表にあったけど、登山客以外でこの商店街ブラつく用事の人少なさそう。
結局、駅蕎麦食ったら満足できたので、この日のメインの用事に移動。

053
大町山岳博物館とやらへ。
街のはずれの小高いトコにあるので歩いていくとちょっと遠いかな。しかしもんのすごい立派な建物に圧倒される。入場料払って中へ(モンベル会員は50円引き)。

順路としてはまずエレベーターに乗って3階まで。
055
北アルプスを一望てきる開放的な窓と望遠鏡が3台(全部無料)。しかも、写真撮りやすいように、窓を自由に開閉してもいいよって書いてある。物凄く綺麗な室内、訪れる人も少ないのか、本当にノンビリできた。ソファに座ってぼーっと山見ているダケで400円の元は取れたかんじ。
キリが無いので2階におりると、

059
こんなやつとか

061
ガオー!なやつとか置いてあった。

「触らないでください」と書いてあったけど(てんてんてん)。

058


063
剥製好きな人もそうでない人も大興奮。

「黒部の山賊」の一人、鬼窪なんとかさんが実際に使った自家製銃弾と刃物も。

067


071


072
本の中での出来事は全文ほんとうの事だったんだよーって展示にわくわくして血圧あがるあがる。
一階には喫茶室もあったけど今回はパス。また行ってみたいけどね。
で、展示はここだけにとどまらず建物の裏側に回ると

074
生き物の匂いがするのでそっちへ行ってみる。

076
生きたカモシカがいた。あと生きたキツネとか生きた雷鳥とか生きたタヌキとか、アルプスに生息する生き物がケージの中に飼われていた。最初見た時、こんなトコに入れられて気の毒やなと思ったけど、説明書きを見ると彼らはみな、山のなかで傷ついたり育児放棄されたりしているところを保護され、ここでリハビリ生活しているらしい。元気になったら山に帰れるみたい。

073
願い届かずここで終わる生き物もいるっぽいけど、生まれ育った山のそばで眠るってシアワセかも。
いい博物館だったな。

080
※大阪市内よりガソリン安かった。

じつはこっからがちょっと大変。縦走用にテントも寝袋も持ってきたからどっかのキャンプ場で寝ればいいやというグダグダな計画で来たんだが、どーもこの辺のキャンプ場の評判があんましよくない(夜、うるさいとかいろいろ)。案内所で聞きまくっても空いてる宿なんかどっこもあらへん。陽はどんどん傾いていく。
しかたないから駐車場の隅っこにマット敷いて野宿するかと用意始めたが、駅でもらったパンフレットのすみっこに小さく何件がスキー宿の連絡先が載ってて、

結論を言うと一部屋だけキャンセルかなんかで空いてたので、事なきを得る。けど、信濃大町じゃなくて
ホボ「青木湖」。

021
昭和50年代後半の典型的なスキー宿。

023
素泊まり一人4,000円。うちは203号室なのに隣は

022
寿、、、。

084
こーゆー注意書きも昭和50年代後半のスキー宿ならでわ。
ちなみに宿からゲレンデまで徒歩20秒ぐらいしか離れてなかった。就職してスグぐらいに青木湖へスキーしに行ったことがあって、湖に向かって突っ込んでいくような錯覚ができるステキなゲレンデだったなという思いで。
あと、栂池や苗場よりかわいい女の子が少なかったという今となっては

どーでもえー恥ずかしい記憶が蘇る。

しかし青春18に手を出していなければ、信濃大町なんて一生縁が無かったはずだし、このあたり興味を持つこともなかっただろうと思うと、山だけでなく鉄道の旅もほんまに楽しいなと

おしまい。


|

« ノボッタ | トップページ | 内定 »

コメント

糸魚川から松本につながる千国街道は塩の道ですね。
「敵に塩を送る」という言葉のもとになった道です。

投稿: arkibito | 2015/09/28 11:03

●arkibitoあにき、さすが!しかし凄い道のりだったでしょうね、当時は。

投稿: ロラ男 | 2015/09/28 13:08

信濃大町も数年前にめちゃくちゃきれいに改装されました。

学生時代、軒先で寝袋にくるまって寝てましたwww

白馬駅は30年前と全く変わらないたたずまい、当時はテニスラケットを携えたかわいいねーちゃんが行き交うのを横目に(白い目で見られながら)、汚い格好で飯盒でご飯炊いてましたわwww

投稿: か退院 | 2015/09/28 22:07

●か隊員殿、白馬駅の階段にスキーキャリーバッグ専用のスロープが設置してあるのが感動しました。今でもスプリンターカリブとか真っ赤なカローラⅡとかセリカの四駆が走ってそうな街ですね。w

投稿: ロラ男 | 2015/09/29 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノボッタ | トップページ | 内定 »