« 鹿島槍ヶ岳 | トップページ | 駅蕎麦なのだ »

2015/09/24

下山

あと一日山に居られるけれど、どちらからともなく「おりよっか」となった。
翌日の天気が下り傾向なのと、以前ならまだまだ歩きたいとかまだ見てない景色があるんじゃないかとかもうちょっと達成感がとか思ったけど、今回の山に関しては
キレットの印象があんまり凄すぎたのと、思い描いていた「トコトン稜線を歩く」を満喫できたのとで、

やりたかったこと、全部できた、、、、で満場一致で下山!
345
しかしここ(爺ケ岳の斜面)の紅葉、涸沢より広くて凄いと思う。
ノンビリもしていられないのは、扇沢から信濃大町駅までの路線バスの最終があるから。


348
登山口を出てもまだ扇沢までの舗装路歩きがある。なんかもう足・カクカク。
朝、キレット小屋をでてから実に10時間近く歩き続けて足の指のまめもギリギリセーフ。
バスに揺られながらそういえば街中から双耳峰はどーゆーふうに見えるんだろう?と思って車窓を眺めたけど、自分たちを追いかけていた雲にすっぽり覆われて、その姿を二度と見ることがなかった。

バスに揺られてぼんやり。なぜか唐松岳や五龍、鹿島槍のコトはあまり思い浮かばなくて、ひたすら歩いた稜線のことや、キレットで自分が落とした大きな岩のコトや、出会った雷鳥の親子は何の用事があってあんなハイ松の中に居るんだろうとか、そんなコトばかり。

352
全身から異臭を放ちつつ、信濃大町駅で立ち食い蕎麦でしめる。山行前に食べたときはちょっと塩辛いなと思ったダシが、ああ、甘くておいしいって、不思議なもんで。

※持っていった装備で使わなかったものゼロはよかった。食料計画については、こういった”ややこしいコース”のときはアトラクション的なメニューは重たいダケで辞めた方がいい。自分の体力はそんなに無いってこともっと自覚せねば。もう一度同じコース行くなら絶対小屋にする。もうテント泊でのキレット越えは無いな。
そうそう、教えた覚えもないのに小池さんがマントリング使って岩登ってた。垂壁に近い壁でも怖がらずに上体を離してリズミカルに登るし、もしかしたら自分なんかよりずっとクライミングの適正あるかも。
腹立つ。

いい山旅だったな。

おしまい。


|

« 鹿島槍ヶ岳 | トップページ | 駅蕎麦なのだ »

コメント

美しい写真と長文レポートでまとめられました山行レポ、楽しく拝見いたしました。
もう少ししたら、タマシイさんも下山してこられると思いますので、もう少しこのままでヌケガラさんはお待ち下さいね(笑)

投稿: kiyoshi | 2015/09/24 16:46

アニキ、またまた素晴らしい山行でしたね。
美しい山の風景写真に恐ろしいキレットの写真、
ホントは写真では表現出来ないほどの美しさと
怖さだったでしょうね!自分には無理です(笑

投稿: uechicchi | 2015/09/24 17:26

私は怖くてまず行かないので
楽しく拝見だけして行った気に
なっときます。{無理かな)

投稿: ハム | 2015/09/24 18:48

アニキ、仕事や家事色々調整の上の山行きだけに充実感が凄そうですね。
羨ましい限り!
私もこの眼で見てみたいです。

投稿: PEANA2 | 2015/09/24 19:36

今までで最高レベルの山旅だったのではないでしょうか。
写真に写しきれなかった景色を見てみたいです。

投稿: DANGER | 2015/09/25 07:48

ロラあにき、ご苦労様でした!
若干ニアミスでしたね~。
しかし20kg背負って、キレット越えはすごいです。

投稿: arkibito | 2015/09/25 08:21

●kiyoshiあにき、魂戻ってくるまでボンヤリ待とうと思った矢先、朝から仕事で爆弾投下されました。やれやれ。
●uechicchiアニキ、「転滑落はなんでもない場所で多発」って記事をよく目にしますが、実感しました。それとは別に、”キレットに行かないと見られない絶景”ってのも無いんじゃないかというのが正直なところですわ。
●ハムにーさん、自分より遥かにセンパイのおにーさん、おねーさんが単独で行かれてるのには脱帽ですわ。
●PEANA2あにき、山は逃げないけれど、体力はどんどん逃げますね。自分も行けるうちに行かねばと焦ってます。

投稿: ロラ男 | 2015/09/25 10:22

●DANGERにーさん、楽しかった反動が怖いです。だんだん仕事が嫌になってます汗。
●arkibitoあにき、血尿?お大事に。荷物はだんだん無理って思えてきました。もう歳だわ、、、。

投稿: ロラ男 | 2015/09/25 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿島槍ヶ岳 | トップページ | 駅蕎麦なのだ »