« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/31

青春18、大阪へもどる

P1060904
前日同様、じゃらんでしか探す方法を思いつかず、松本駅から少し離れたビジホへ。いつものようにコンビニで買った惣菜をいろいろと。

ここでも小池さんは一心不乱に時刻表を読む。
・飯田線に乗って秘境駅をしゃぶりつくす
・中央本線で名古屋を目指す
の二択。検討の末、後者に。ただし名古屋で乗り継ぎ時間を使って”世界の山ちゃん”の立ち飲みに寄るのと、名古屋から関西線に乗って笠置とか木津回って帰るプランに。

で、日曜朝は雨。
ビジホの650円和食バイキングは質・量ともに満足。
ロビーにザックを背負った紳士がいたので話しを聞いたら、今から燕岳に登って表銀座を縦走するとか。
雨だから大変ですねと労ったものの、北海道から来られているので雨でも決行と言う話はちょっと切ない。
以前にも、四国や九州からの人と北アルプスの山の中で会話したけど、遠路はるばるやってきて雨で断念、、、というワケにはイカンのだろうな。
自分なんか大阪からたかだか300キロの道のり、なんてシアワセな事だろう。

7:41発の中央本線に乗ったが、座席の回りをどっかの大学山岳部にかこまれてしまい、名古屋まで「汗臭さに」悩むハメに。
そして塩尻でまたもやグルメ的にショックな出来事が

※塩尻でも10数分待ち合わせがあったので改札まで散歩にいったら、何と!国内でも有数の狭い(定員2名)カウンターの立ち食い駅蕎麦発見(写真はあとで)。しかもメニューに名物「葉わさび蕎麦」とか書いてある。
前日のひもじさを反省してビジホの朝食バイキングで限界近く食べてきたので狭小っぷりを体感できず。
次は絶対入店すると固く誓って、、、泣く泣く車内へ。

P1060908
多治見からはロングシート車両に乗り換え、一気に日常へ。
山ちゃんで手羽先を暴食してビイルを飲み倒す。(写真はあとで)

P1060909
名古屋から新宮行きの列車があることに驚く。この時点でもまだ腹が減らんのでホームのきしめんも食えず。
小食って

不幸だ。

P1060913
どんどん見知った駅がでてくる。笠置とか木津あたりの景色はげっぷが出るほど自転車の練習で走ったので懐かしい。あのころまさかこんな旅をする日が来るなんて思わなかったな。

そして最後は、普段自分が通勤でオフィスへ向かうために乗り降りしている駅を通過して地元駅で三日間の旅はおしまい。嫌な会議や仕事がある日は、このまま駅でおりずにそのまま乗って行ったろかなと思うこともあるけど、乗って行った先には

特別変わった景色が広がってないってことがわかった。いきつく先は終着駅でまた折り返すだけってことも分かった(当たり前)。そんなことしたって苦しみからは逃れられないし、現実は何も変えられない。今自分が下りなければならない駅で降りて用事をすませてから次の駅まで乗ったほうが楽しいに違いない。

妙な夏休みだったけれど、この先もあんまりくよくよしないでおこう。次の楽しい旅のためにも。


P1060914

| | コメント (0)

青春18、松本目指す

糸魚川から南小谷までの大糸線のAveがあまりにトロイのと、景色がちょっと単調なのとで若干憂鬱になりつつも、”みょうが蕎麦”との感動の出会いや駅前で仕入れた淡麗350mlでやや復調。そして次の鈍行に乗るべく駅舎へ向かうと

P1060885
なんかしらんけど特急っぽい車両が入ってきた。18キップの自分には関係ないなと思っていたけどここで奇跡の朗報。

青春18でも520円追加するだけで乗車OK.しかも全席指定。

どうやらこの季節(?)の臨時列車らしい。とーぜん乗る。

P1060897
車内は驚きの広さ。東海道新幹線のグリーン車並みに、前との間隔広い。窓もデカイ!

P1060889
おまけに先頭にはかぶりつき席まで。
速度は鈍行だが、こんなゴージャスな鈍行なら大歓迎。おまけにいつか乗ってみたいと思っていたハイブリッド車両。ジーゼル機関とモーター駆動を場面に応じて切り替えて走る仕組み。

巨大なプリウスか。

しかも進行方向右側には圧倒的な北アルプスが連なっていて、晴れていれば燕~常念~蝶なんかがどばどば見えたけど、、、、あいにく雲が厚かったので残念。しかし、その景観を楽しめるように右側に一切の電柱を立ててないという放送にまたもや感動。

P1060894
なつかしの穂高駅でもちょっとおりてみる。
またこっから山登りたいなー。

ここでちょっとグルメ的に一大事

※信濃大町駅で16分停車。駅舎の中には大きなザックを背負った登山者がうじゃうじゃいたので、そーゆー人の起点っぽい。フト見ると、駅舎の中にホームから買える仕組みの「駅蕎麦」があった!50円で持ち帰り容器に入れてもらって車内で食べてる人がいたので、ああ、情報知ってたら自分も食べたかったなー、くっそー!

P1060899
ともあれ夕方に松本駅到着。臨時列車のおかげで随分楽に来たかんじ。

P1060902
松本駅から新島々へ行くホームを見ると、やっぱりいつかこっちからも上高地へ入ってみたくなる。

※松本駅改札内に駅弁の売店あるけど、開店が7:40からなので始発とか乗るときは使えない。

この日も乗車時間は約10時間。


| | コメント (3)

2015/08/30

青春18、能登から出る

P1060850
翌日は徒歩で駅まで。宿のヒトの話だと35分かかるのを実測15分、、、。

で、やってきた鈍行がなんと
P1060851
特別な遊覧列車。学生さんの勉強に最適。

P1060853
女子コーセーたちもスマホで閉じこもらずに歓談中。
こーゆーふうに、たまに偶然乗れる珍しい車両との出会いが楽しいな。

P1060856
七尾から再びこやつの世話になる。
途中「津幡」って駅の手前で交流から直流に変わるときに車内の電気が消えるのがおもしろい。
モーターどんな仕組み?

P1060863
直江津行に乗り換えてひたすら走る。車窓にはココロの故郷「剱岳」がちょろちょろ。老後は富山か金沢に住むか、、、。

てなことを考えたり寝たり起きたりあくびしたり、、、なかなか糸魚川につかん。こんな遠いのか、糸魚川。しかも腹ペコ。糸魚川でなんか食べよと思ったのに、ホームにも改札周辺にも

な~んもない。

※青春18には行動食が必須。

P1060875
ついに小池さんの非常食を出す。しかしその効果もつかの間、大糸線の南小谷駅の接続待ちが1時間ほどあったので食い物をもとめて町を彷徨う。

P1060879
駅前にある”えきまえ”という名前の食堂がポツリ。店の名前からただようやる気の無さを心配しつつも、飢餓感が優ってしまって恐る恐る入店。
こーゆー店では無難にうどんでも食っとけばいいかなと安全策を探していると、壁に手書きで

「今が旬、みょうが蕎麦」という張り紙発見。

どーせ申し訳程度にみょうがを刻んで乗せてあるんかな、まあなんでもエエわと思って注文したら

P1060878
アメイジング!
気が変になるほどのみょうがてんこ盛り、しかも風味最高、蕎麦も美味いし、冷たい出汁も風味豊か。

P1060877
小池さんオーダーの玉子丼もハイレベル(小池さん談)。

店のおやじは猟師もやってるらしく、熊の写真がレジ横に。あとやたら「熊汁」をプッシュしてたので好きな人は是非。

| | コメント (4)

2015/08/29

青春18プラス

気予報があんましよくないってことで、候補はふたつ。
南紀一周か、能登か。ところがこの前の大雨で南紀の一部が不通というニュースを知り、では能登へ。

※大阪発敦賀行新快速は絶対座りたいので、大阪駅から乗らずあえて尼崎まで戻る作戦をとる。
あとやっぱり以前行った氷見線でも感じ、今回の七尾線でも感じたけど、起点になる金沢までは旅情とか全然無いので、青春18を持っているからってムリして在来線乗る必要ないな。

で、結局大阪から金沢までホボ通勤電車っぽい車内を過ごして、ようやく駅ビルにあるスーパーで
P1060815


P1060816
近所ではまず見かけることのない鮮度の凄いヤツを買う。この辺、出張三昧の小池さんのノウハウが生きてくる。

P1060822
多分415系か。景色は延々田んぼの中をゆくのでちょっと拍子抜け。能登という響きだけで海沿いをイメージしていたので、、、。あと、電化されているから速度も思いのほか速いのと、たえずどこの駅でも乗り降りする人がいて、けっこう使われてる印象。

P1060825
七尾線よりも七尾の町にびつくり。恐ろしいほど綺麗に区画整理されて作り倒したふうな美観が凄い。
お金あるんやなー、この町。予定では駅まで戻って3セクに一駅乗るつもりだったが

P1060830
”路線バス番組”に誘発されて時刻表覗いてみたら、ちょうど行先が同じのがあったので

P1060833


P1060834
運賃360円でこの日のゴールまで。接続がよければ路線バスの旅楽しいだろうなとおもうけど、運賃がちょっとな。

P1060839
温泉はものすごい塩分で熱め。まさしく温泉宿。

※時間が無かったので「じゃらん」で探して申し込んだけどちょっと失敗。検索サイトに登録していないけどもっと格安で気楽なビジホが現地には沢山あった。そーゆーのをどうやって探せばいいのか、今後の課題。

和倉温泉の印象は、昔はさぞかし賑わったけどいったん客足が遠のいてショボクなったが新幹線開通と「まれ」効果で再び盛り上がりを見せてあちこちの旅館が増改築している、、、ってかんじ。
この日の乗車時間は約10時間。

| | コメント (0)

2015/08/26

南瓜

きのうは、逃げ出すように退社してさぁ、山への仕切り直しやなと思ったとたん、今度は小池さんがスクランブル発信。なんでも同僚がダウンして夜中に代打の電話がかかってきたもんで、

木、金と見事に出勤決定。

申請済の夏季休暇を今更取り消すこともできやん(会社って、そーゆーもんだ)ので、ま、いわゆる「サービス、、、」ってことになるけど、、、仕方ない。くよくよしたって勿体ない、元気出していこう。二日間、主夫に注力してみよう。

洗濯や掃除、床拭きとかあえて頑張ってみたので昼飯はご褒美に外食。
さて晩飯。

小池さんの実家の家庭菜園で爆獲れのカボチャをなんとかしないといけないので
P1060800
皮をむいてレンジでちん。

P1060801
やっぱりちゃんとしたフードプロセッサー欲しいかも。買ったとたんに使わん、、、ってなるけどね。

P1060803
料理は飲みながらがマスト。

P1060804
南瓜の冷製スウプにしてみた。もっとチンチンに冷たくしたかったが、タイムアウト。あと、裏ごししたらもっとすごくなるけど、家庭料理はそこまでしやんでもいいかな、、、って。

P1060805
高山のはずれにあるのに「乗鞍ファーマーズマーケット」の店舗名で売ってるトマトが、登山帰りに立ち寄る恒例になっている。このミニトマト、20個で千円近くしたんだけど後悔の微塵もないほど甘い。工夫したらこんな凄い味になるんだと感動。

P1060806
縦走に持っていくつもりで買い倒したブツ。

P1060807
ピーマンの内側に塗るのに便利。

P1060808
かしわの胸肉で。合挽きよりアッサリするからこっちのほうが好きだな。

P1060814
残りは小池さんの弁当のおかずに。ピーマンでもちくわでも、空洞になにか詰めたら美味しいってこと、発見した人凄い。

P1060809
ずいぶん日暮れ早くなった。明日の献立何にしようかな。
自分とほんの少しの身の回りのヒトがちょっと幸せな顔してくれるダケで明日も頑張ろうと思えるので、家事はいいな。見えない不特定多数のエンドユーザーは、果たしてそんな製品やソリューションを本当に望んでいるんだろうか?それを売って一番幸せなのは誰なんだろうか?予算ン十億達成のゴールの先にあるのはなんなんだろうか?

仕事、おもんないな。

| | コメント (2)

2015/08/25

いらんかも

もう、夏、終わってくれてもええかも。

過去の日記をひも解くと、「鈴鹿サーキットのレースも終わった。夏も終わりか、、、」とか「乗鞍のレースをゴールして畳平から下るとき、トンボ飛んでた」とか夏への惜別の気持ちとか未練たらたらの文字が見えたが、こー毎日毎日ええかげん暑いと

はよ、冬、来てくれ、、、と。

| | コメント (0)

2015/08/24

P1060749

すぐ近くに座ってるボスが先週から激しい咳き込み続いてたから、移ったら嫌やなと思っていたら案の定

夏風邪ひいた。しかも悪化の一途をたどるばかり。夏休みが途中でポッキリ折られたうえに風邪ひいて寝込むなど想像しただけでも悲しくなるのでなんとか避けたいと思ったのに、金曜夜から発熱で土曜は終日布団の中の人。

あんまりだ、、、。

P1060731
抗生剤の力を借りて一旦熱が下がったかに見えたので、上高地へ乗り込む。もうなんちゅうか、登れやんでもいいからとにかく山の空気を吸わんことには死ぬかも!ってことで。

去年は立山とか安曇野のほうばっかり行ったので、高山方面がなんだかすごい久しぶりな感じがしたけど、
大都市並みに安いガソリンスタンドは健在だったし(しかもサービスのトマトが無料!)、野菜や玉子の無人販売所も変わらず。そういえば、来週のマウンテンサイクル乗鞍参加を目論んでの練習(?)なのか、やけに沢山のサイクリストを見た気がする。みんな軽装なので、自分ちから自走で来ているのかな?

こんな道が近所にあったら、自分のサイクリングライフはどうなっていたんだろうか。案外、抑圧された街中に住んでいるほうが魂の解放を求めて走り回るんだろうか。


P1060734
小梨平の森の中に”サナトリウム”建設(なんのこっちゃ、、、)。

昨年の春も、業爆の小池さんの慰労のためにここでキャンプしたことを思いだした。
名だたる山の根本に居ながら、登らない贅沢、山をアテに酒の飲む贅沢。ちなみに回りを見回してもそーゆー「ノンビリしに来てる派」の人が多いのに驚いた。ガシガシ登るためばかりで上高地に来なくてもいいだよなぁ。

P1060748


P1060739
P1060740


スーパーなドライは350円(うるおぼえ)、写真のワインは1,200円けっこうおいしかった。
それとこのスモークチキンは期待していなかっただけに、絶妙な味。河童橋の根本の売店、けっこうこんなカンジの食材が豊富だし、コルク栓のワインには無料でコルク抜きをおまけに付けてくれる。
生めんの蕎麦も売っていたので(そばつゆ付き)、次に行くときはテント場でそれを湯がいてもいいなと思った。


P1060765
翌朝も、明神岳や岳沢をながめながら朝飯。夜中もいつ以来か忘れたぐらい快適な気温の中で気持ち良く眠れた。けれど、明神までの散歩だけで息が切れていたので、まだ体が完全に治ってないんだと思い知らされてがっかり。

けど登れなくても、こんな時間を過ごせることはとても幸せなんだと思う。


| | コメント (5)

2015/08/21

好事魔多し

世間が楽しく盆休みを過ごしているのをチラチラ見ながら、なるべく平常心を保ちつつ、やるせない業務に没頭してきたのも、週末から始まる自分の

リアル夏休みがあればこそ。

8月22日の夕方から8月29日の夜帰宅するまで7泊8日の縦走を企てていた。もうなんちゅうか毎夜地図見てるだけで2リットルぐらい鼻血でそうになって焦った。毎年20日以上の有給を捨てるので、夏季休暇にプラスして使うという目論見。数か月前から部署のメンバーの予定表を何度もチラ見して、あと関連部署の会議が無いことも確認して、このために根回しも、その気になれば皿回しもやっちゃうよ的な勢いで日々を過ごしてきた。

昨日までは。

一通のメールに全身凍結、、、、「25日の夕方の会議出席せよ」と。

聞いてない、聞いてないぞ、だれやその会議ぶちあげたやつは!?、、、、(犯人は大ボスだった)。

ただでさえここ最近メンタル弱ってんのに追い打ちをかける仕打ちで夏風邪の症状悪化
Rrr
オフィスの下の階にある医者で薬をもらって足取り重く帰宅。。。。

外食する気にもなれず飲みに行く元気もでず(われながら子供じみているとは思いますが)
結局ぼんやりと、ただただ手を動かして飯を作る。
冴えない頭で、「風邪ひいてるからたんぱく質とらなきゃなと」根拠のあるような無いようなおっちゃんの晩飯
501発目

P1060718
”かしわのロコモコ丼”
丼といっても下にあるのはキャベツの千切り。あと白く見えるのはホワイソースではなく玉子の白身をポーチドエッグ風にしてドロっとかけた。
P1060720
グレーピーソース無いから市販のステーキソウスでそれなりに。

食べながらも相変わらず一人でぶつくさ言ってしまう。
せめて休みのとっかかりとか最終日だったらええのに、なんでど真ん中やねん!とか。おまけに会議翌日あたりには台風二連発の影響がどーたらこーたらお天気ねーさんが言うのでショック倍増。

やはり定年までこんな事が続くんだろうか。ええ歳したおっさんが予定通りに遊びに行けないってことダケでこんなにも深く落ち込むことが情けない。もっと情熱と意欲を持って仕事しなアカン
、、、とわかってるけど、ちょっと今はだめや。

| | コメント (10)

2015/08/19

台風

仕事の台風は相変わらず勢力を強めながらぐるぐる自分の回りを回っている。
フト気になって自社の就業規則の退職金のコンテンツを見てみたら、今辞めるのと、定年で辞めるのとでは、退職金の差はなかなかのもの。

しがみつくか、金の無い自由を選ぶか、こたえはスグに出ない。

台風が二連発でヒタヒタと近づいている。
北アルプスの山小屋、荒天の中小屋に駆け込んできたトレラングループを一喝したという日記発見。
三千メートルには三千メートルなりの衣装と装備と心構えで来なさいということらしい。
ぴらぴらのランニングパンツいっちょうでは、確かに無謀。
縦走の締めくくりに乗鞍へ寄って、自転車レースの応援でもというプラン浮上。しかし、台風の進路次第で
、、、、。

久しぶりに夏風邪をひいた。
メンタルが弱っている証拠。

今日から小池さんは東京へ。ローラーJDも就活で東京へ。
どうやら卒業後は関東で一人暮らしする気配が濃厚。彼女の悩みの種はもっかのところ家事労働。

| | コメント (4)

2015/08/17

食糧事情

ブレーキパッドの減り具合を事前に知らせる装置を知る。

そういえばと思い出したが、ひと月ほど前にアクセルペダルのある足元から「カチカチ」という小さな金属片が何かに当たる音がしていた。ブレーキペダルを軽く踏むとその音が消える。まったく理解できないでそのまま運転していたらいつのまにか音が消えた。⇒この時点ですでにブレーキシューが無くなっていたという。

そんなこと知らんがな。

オートバイや自転車なら簡単に目視できるけど。やっぱりちょっとでも気になることがあれば修理工場へ行くのがよさそう・車って。

そんなことを思いながら修理にかかる時間をつかってIBSとモンベルをはしご。
縦走に足りないフリーズドライを買うかと思って行ってみたら、陳列棚にまったく覇気が感じられない。その規模の縮小ブリにビビル。たぶんネット通販の影響だろうな。サイズ合わせする必要のない物って、ネットで買ったほうが安いし交通費を考えると送料払ってもいいかなって気にもなるし。それと、以前は山の道具屋にしかなかったフリーズドライ食品が、近所のスーパーにもじわじわ浸透している。

防災用品としての位置付けや、一人暮らしのもう一品として手間いらず、、、のニーズに乗ったカンジ。

夜は、今回の山で予定している鍋料理の事前確認。けれど、深鍋でつくるのとフライパンでつくるのとでは、容量も同じで材料も同じで蓋もしたのに使う燃料が倍ほど違う。あえなくフライパンでの鍋は却下。

あと、山にはいるとしばらく頭洗えないってことで、小池さんがバッサリ髪の毛切って帰ってきた。
どっからみても「春高バレー」の選手やん、、、。


| | コメント (0)

2015/08/16

ブレーキ

土曜日が義父の初盆で、小池さんの実家へ。
高速道路の渋滞もすんでのところでかわし、気をよくして走っていたが、ブレーキをかけるたびになにか地面と車の間にダンボールでも挟んでいるかのような「ザー!ザ」!」という奇怪な音がする。
が、ふつうに止まり、ふつうに走るので気にしないようにして200キロ強の行程を走り終えた。

が、嫌な予感がするのでネットで症状検索したら

顔から血の気が引く、、、、。

翌朝一番、近所のディーラに持っていったら
001
「ブレーキパッドがゼロです。ローターまでイってます」という。

”イッてます”って、、、つまり、その、、、

たこつくってやつですか?と聞けば。

はい、、、だと。

せっかく高速で見事に覆面の追尾を見破ってサイン会を免れたというのに。

そんな週末でしたわ。

| | コメント (4)

2015/08/13

シュイナード

歯医者の予約日を間違えて定時退社してしまった。
(”してしまった”という言い方が、いかにも社畜的)

とぼとぼ帰宅すると、郵便ポストにパタゴニアのカタログが。

P1060714
いつもながら、ブランドストーリー的な写真とテクストでワサワサ書いてあるのでぼんやり眺めながら淡麗350mlをしばく。
そういえば、この前も創始者・シュイナード氏について熱く語る人がいた。古参のベテランクライマーの殆どは、シュイナードについて語りだすと止まらん傾向にある。そもそもがパタゴニアってクライミング用品の販売から始まった会社なので、みな思い入れが凄い。パタゴニアになる前のシュイナード社のザック見せてもらったけど、

激シブ。

訴訟を起こされてシュイナード社を守るためにブランド名を替えた話など、聞いてて飽きない。そんな熱いメーカーなのに、バーゲンに行くと高確率で失望する。はて?自分はおしゃれな普段着を買いに来たんちゃうねんけどな、、、、と。

P1060716
二本目の淡麗350mlをしばきながら、靴の手入れを。自転車用の靴は結局どれを履いてもタイムに差が出ることはなかった(と思う)が、さすがにゴム質のシビアな靴なので、岩の粒子に乗れるか乗れんかというタイトさ。

あとは技術を磨くだけ(ここ大事)。

近所にデカイ石垣のあるお屋敷ないかな。

残業から帰ってきた小池さんと、縦走中の献立を議論。
かなり切り詰めて軽量化を優先したいが、何日も続くと飽きて来るし、、、、とかいろいろで結論でず。
山は計画段階からすでにそーとー楽しいレジャーだな。

| | コメント (2)

2015/08/12

暑い、寒い

世間が夏休みなので通勤が楽。けれど仕事のほうは日々最悪。おまけに人の少ないオフィスは冷房効率が良すぎて”23度”とか表示してるし。今はただ、月末の縦走だけをココロの支えにして日々生きてるカンジ。
しかし、自分がウヘヘ、ウヘヘと縦走しているあいだに大事な会議が2つも。下山して出勤したら、煮えたぎった地獄の釜が口をあけてなけれいいけど。

なんて思いながら遊ぶのってヤダな、、、。

今朝からちょっとセミの鳴き方が秋バージョンに少し変わった気がする。
涼しくなったらもうちょっと真面目にクライミング行こうかな。日曜に行った岩トレで、改めて自分の立ち位置が「初級者」のままってことを再認識。初級者と中級者のカベってなんかものすごくデカイ。
なーんも考えずにただ、目の前にあるホールドに手を添えて梯子を上がるように登っているだけで、全然ムーブを理解していないことに少なからずショックを受けた。

リードクライミングの練習もせねばな。


| | コメント (2)

2015/08/10

金毘羅

京都のクライマーの聖地(?)みたいな場所の偵察をかねて。しかし初っ端からつまずく。
この日初めてお世話になるガイドさんとの待ち合わせがJR京都駅・八条口東改札という指定が。そもそも京都へ行くときは阪急電車しか乗ったことない。JR京都駅で降りるのは人生で2度目という経験の浅さから、ヨドバシカメラの方に出てしまった。そもそも八条ってどこ?
道行く人に尋ねると、聞くやつ聞くやつ全員「旅行者」というオチ。この街いったいどーなっとんねん!?

そんなこんなでなんとか合流し、ガイド車で京都・大原を目指す。
途中何台ものロードバイクの集団がさわやかに走っていた。市内を抜ければすぐに山っちゅう環境はスバラシイ。MTBを買っても十分に楽しめる環境がスグソコにって印象。
大原集落に着くと、噂に聞く「朝一」が大盛況。いわゆる地どり・朝どれのファーマーズマーケットの凄い版。
生鮮野菜だけでなくパンとか惣菜とかジビエ料理とか。
自転車でここまで走って朝一堪能してなんてプラン、最高やん。ますます大阪の自転車環境が(てんてんてん)。

そして肝心の岩場だが、一言「遠い」。

いや、正確には「遠すぎる」。
大阪から新快速で京都まで。そっから車(バス?)で小一時間揺られて、寂光院近くの駐車場(300円)に止めて、舗装路を20分あるいてようやく江文峠の登山口について、杉林の急登を30分近くがんばってやっとゲレンデは、

遠すぎる。

トップロープで、ホワイトチムニー5.4を登る。岩質は”チャート”とよばれるカチコチの岩。
次に皿割り5.10a。上手な人のムーブをみても全然登れる気がしない。
コーナーハング5.9。ハングしてる壁をレイバックするのでやっぱりこれも登れない。クライミングのグレードってやっぱりちょっと変だと思う。
初登した人の主観で5.9とか5.10とかついてるから数字だけでは推し量れないモノが。
しばらく通って練習してみるか、、、、と簡単に思えないほど

遠かったぜ、大原。

| | コメント (4)

花火

土曜日。
熱帯夜がつらくて4時半起床。布団の上でごろごろ本読んだりしているうちに陽がのぼってきたので、六甲山へ散歩に。足元はいつものルナサンダル。けど、中腹までにして早々に下山した。暑くて暑くて自分が今なすべき事は、ハイキングじゃなくて水風呂にでも浸かること、ビイルを飲むこと。

帰宅してみると、小池さんがラボで”早ゆで(2分)パスタ”を使ったスウプパスタの実験中。
スウプは、いわゆる粉末のコンソメだけを使ったシンプルなもの。あと乾燥野菜を少し。結論を言うと、山行に使うほどでもないかなってとこ。棒ラーメンにとてもよく似た味と食感だったので、それならあえてパスタ持っていかんでもいいやん、、、ってことに。

あと何したっけな、、、。
口実山荘行ってポイント使い切り作成慣行。ヨドバシカメラが発案したビジネスモデルやったかな?買い物ポイント制度。自分はこれ、あんまり好きじゃない。一方的な利益還元の押しつけみたいな印象があるので。
ともあれ、ガス缶×6、アルファ米×20、ダウン用洗剤できれいさっぱり使い切る。自分が必要としている食糧コーナーと登攀具コーナーの縮小の勢いが凄い。どうも某代理店との取引辞めたらしい。
もう行かないかもしれないな、口実山荘、、、、。

夜はおかんを招いて自宅ベランダから淀川花火鑑賞など。
初盆の義父も、見てくれただろうか。

| | コメント (0)

2015/08/07

実証実験

ラーメン大好き小池さん、、、、
P1060713
先週の白山で、塩分のあるラーメンが熱中症予防に効いたので、次の山で食べるあれこれを実験。

P1060711
山のラーメンといえばなぜだかコレを買ってしまう。別段軽いってワケじゃないけど何となく。

水が豊富で無い稜線伝いに歩く計画なので、指定された量より少ないお湯で作ってみた。
ちなみに雨水が1リットルで200円する場所。
P1060710
フリーズドライの小松菜が軽く苦くてよいアクセントになって美味しかったな。あとやっぱり今回はすべてフライパンで賄おうという作戦。ただし手の込んだものは全然考えていない。もしかすると焼かないかもしれない。

あと残るは果物の検証。
ドライフルーツってけっこう苦手だけど背に腹は代えられない。軽さをとるかみずみずしさを取るかといえば、、、、軽さしかないって状況。もっと軽いテント買うか?そうなるとツエルトに行きついてしまいそうだが、
雨の中、悲惨な状態のツエルトを何度か見たので、それは無いな、、、。

話しがコロコロ。
水に関していえば、山小屋で売ってる雨水とか雪解け水は結構平気なほう。消毒用の塩素の匂いなんかもあんまり気にならんので、もしかしたら鼻悪い?って自分で思うほど。
むしろ登山道の湧水なんかのほうがきになる。小さくて妙な動きをする生き物が混ざっていたことがあるのでそれ以来。
建て替える前の小池さんの実家には、こんこんと湧く井戸があった。家族はみなそれで歯を磨き、顔を洗い、風呂の水をため、、、、ゴクゴク飲んでいた。(もちろんふつうに上水道はあったけど)。
美味いから飲め飲めと勧められて何度か飲んだ記憶がある。伊吹山から流れてくる地下水なので、とても冷たくおいしいと思ったが、いつだったか保険所の検査で大腸菌が検出されて、家族一同

ポカーんとしたことが。

しかし生まれた頃からその井戸水飲んでる小池さんは、自分より100万倍「胃腸が丈夫」で羨ましい。だから毎晩淡麗350mlを4本飲んでも下痢しない。

自分はダメだ。

| | コメント (6)

2015/08/06

燃えてる?

001
午後7時をまわっているのに、自宅の室内がこのありさま。
はて?うちのアパートって蓄熱効果抜群なんてふれこみあったかしら???

室内がこんなだから、朝炊いて・出勤するときに冷蔵庫に入れ忘れた->哀れな炊飯器に入れたままの米は異臭を放ちながら

ちがう物質になっていた。(おそろしいので写真は無し)

昨晩の”男を磨くはだか料理”の一品とアルコホル。
002
ひさしぶりに、跳ねる油の熱さと痛みに耐えて揚げた鯵フライは激ウマ!

揚げ物ははだかに限る。

それとこのジムビームの缶。これを自作するとなると必要以上にバーボン濃度を濃くしてしまうので、それを恐れるあまり少々お高い値段だが、メーカーが設定した濃度のブツを買ってみた。けっこうおいしい。

| | コメント (5)

2015/08/04

頂上で探す山

失われた塩分や電解質がようやく戻ったカンジ。
熱中症ってほんまにおそろしいもんやと実感。

どこに行ってもまず探すのは富士山。見えるとなぜか自分がニッポンに住んでることを改めて実感するから。
その次に探すのが
036
乗鞍。山にまったく興味が無かった頃、唯一知っていた(標高の)高い山。けどあのころは畳平のゴール地点から見た景色の何に感動していたのか覚えてないや、、、、。

雲が下にあるわとか、ソラがひたすら碧いとか。

039
その次は立山から穂高まで続く北アルプス南部の稜線。まだまだ行ったことの無い山だらけ。こっちに登ればあっちが気になり、あっちに登れば(以下くりかえし)。

ダメや、また山に魂置き忘れてきてしまった。

そんなゆうべは淡麗350mlをしばきつつ道具のあと片付けをしていたら、クライミングハーネスにこびりついた綿毛を発見。ん?こんなとこに植物を栽培した覚えは無いがとよく見たら(よく見るまでもなく)

カビだ

そーいえば今まで散々命を助けてもらいながら、一度も洗ったことが無い。
で、洗濯機でグルグル。

| | コメント (0)

2015/08/03

スケール感の違い

白山登山での驚き。

前方から駆け足で下山してくる人がいた。遠目にみてもわかる「上下自転車衣装」。
サイクルジャージはちょいちょい見るが、レーサーパンツまで履いていたのはビックリ。
至近距離までちかづくと、金沢の自転車アニキと同じチームの衣装だと判別できたので、おもわず声をかけてみた。むろん、自転車アニキのことは御存じで、二言三言会話してこちらは先へ進んだが。

あとで驚愕の事実を知った。
なんと、金沢のサイクリストの数人は、自転車・自走で登山口まで走ってそっからシューズ履き替えて白山往復してまた自転車・自走で家に帰るという。
数字に表すと、標高1,260メートルまで自転車でヒルクライムしてそっから標高2,702mを登って下ってまた標高1,206メートルからダウンヒルして家に帰ると。

なんちゅうダイナミックさよ!?

朝から晩まで六甲を走るとか、淡路島や琵琶湖をぐるぐる回るのとはまったく別次元か。
一滴の排気ガスを吸うことも無く、あるのは天に向かって突き上げる道のみ。敵はマナー違反の車ではなく

ちゅうのがなんともワイルド。
大阪市内に住んでて自転車に乗る意味を見いだせないでいる人多いと思う(自分はそうでした)。

北陸に引っ越すか。。。。


070


| | コメント (4)

やっと登頂

027
日曜日は快便、、、じゃなくて快晴。

記録的な連日の暑さで雪渓もほとんど溶けてた。
テント類をそのままにして山頂へ行く。

031
このあたり、お花畑すごい。

033
ヒトの数もすごい。とくにツアー会社の団体登山のメッカみたいなカンジ。2,30人のグループなんぞザラ。
なので往復とも待ち時間のストレスがけっこうあったが、まぁいいかと。

042


047
いままでアッチ側から眺めていた白山に立つと、その遠さがよくわかった。

050
チビッコやシニアが他の山より多い印象。みんな楽しそう。風がつめた、、、、くないけど。(ほんま暑い!)

057
御岳山、まだおこってんのかな、、、、?

058
テント場までの下山も延々と花の中をゆく。
比べることに意味はないけど、荒涼とした雲ノ平よりこっちの牧歌的な優しい地形のほうが好印象。
(どっちも景色凄かったけど)

楽しい山だったけど、真夏はもうこりごり。登山道に日陰がなさすぎるのと風の通りが悪すぎる印象。
(パンツいっちょうシャツ一枚でシュラフに入らずに夜も眠れたほど)


| | コメント (0)

さらに白山

005
登山中、小池さんが撮ったらしきチングルマ(?)の群生にさえ気がつかないありさま。
暑いのも無理はない。登山口のある”別当出合(べっとうであい)” が標高1,260mなのにすでに気温32度とかいう信じらん状況。それなのにテント装備背負って普段の六甲登ってるペースでホイホイ行ったもんで、完全に給水ミスってしまった。

おまけに”整備し尽くした”感のある登山道なので、ちょっくら脇にそれてババでも垂れてくるか~っちゅう気安い茂みがまったくない。もうほんま焦った。ダッカを旅して以来「歩きながら垂れ流そうか」と何度思ったことか。
もうこの下痢で腹が痛いというのは全身に力が入らずザックを背負った状態でその場にへたりこむので、回りの登山の人も怪訝な顔して通り過ぎてゆく。

死にもの狂い(まじで)で避難小屋に付き、出し尽くしてしばし放心。しかし歩き始めて10分たたずにまた襲い掛かる激しい便意。折角登った道をまた避難小屋まで引き返して便所に飛び込む。
食糧は豊富に持ってきているし、なにより避難小屋は水や水洗トイレ完備なので、心配した小池さんが、今日はここで泊まるか?と提案してくれて、申し訳ないやら情けないやら。

※あとで検索したら、下痢の症状は熱中症のけっこう深刻なステージだったらしい。

このとき時刻は16:30。
テント場までのコースタイム40分。正露丸に一縷の望みを託し、、、

014
気合いで到着。なめてました白山、ごめんなさい。

テント場はチョー快適。なんせ一人300円という驚きのプライス。スーパーなドライは500円。
013
乾燥キャベツを入れて我が家の十八番・日清やきそばを食べる。ああ、うんこ我慢して来たかいがあったっちゅうもんで、、、、。

水豊富(タダ)やし地面は水はけがよいしエエことずくめかと思いきや、便所がアカン。
一応まだまだ予断を許さん状況だったので便器の下見でもしておくかと行ってみたら、、、、溢れてる。
立山と薬師の間にある”スゴ乗越”の便所のほうが100倍綺麗(小池さん談)。

そんなこんなで波乱の初日終了。


| | コメント (2)

2015/08/02

霊峰白山

001
標高二千超えたら熱帯夜もなく涼しい日々を過ごせるだろうという目論みで石川県の白山を目指したが、

「なんのなんの」

003
熱中症の地獄を見るのまき。。。。


メモ:
名神豊中~北陸自動車道福井北まで¥4,000
国道157号線で登山口近くまで、行くが、この国道走って金沢まで自転車で走ってみたいかも。
「別当出合」無料駐車場から登山口までバス輸送片道¥500は良心的だと思う。

自分と小池さん二人あわせて2.5リットルのお茶を持っていったがそれでも足りず、途中の避難小屋でじゃぶじゃぶ湧いている水をがぶ飲みしたらこれがキッチリ腹にきて
野糞三回出してもおさまらず。足から力がぬけて一歩も歩けん事態発生。

| | コメント (2)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »