« 洗濯 | トップページ | 赤岳 »

2015/04/30

マナー

メディアが報じるようなGWなどなく、ホボ・カレンダー通りの月末月初だが、それにしても週半ばの水曜が休日ってのはとても嬉しい。

たった一日でもやっぱり閉塞感のあるウィークリーマンションより自宅がいいわと、名古屋の単身赴任先から小池さんが火曜深夜に帰ってきた。朝起きたら淡麗350mlの”空き缶の林”が並んでたので、多分帰宅の解放感から朝まで一人で飲み倒していたのかな。
よその家と同様我が家も夫婦どちらかがどんだけ飲もうが一切干渉しない、自己責任家族。
そんなだから昨日は彼女が終日マグロだったあいだに、一人こまごまとした家事をこなして、ランニングしたり、本屋に行ったり、普段通りに。

夕方、小池さんが赴任先に戻って行くと同時に

003
風呂屋へGO.最近は週3ぐらいの割合で行ってるきがする。

小5まで自分の家に風呂が無かった当時の暮らしを懐かしみつつ、広い湯船に体を沈める気持ち良さ。
気持ち良さといえば、風呂屋の客は100パーセントマナーヨシ!

どのおっちゃんも浴室に入るなり「湯船の湯、無くなるやんけ!」いうぐらい豪快に洗面器でかけ湯してる。
それでいて、近くに座って洗ってる人には湯が飛び散らんような配慮も。
有馬温泉の入浴施設のように、服脱いでいきなりザブンと湯船に入って全身からダシを沁みださせるような”どあほ”はヒトリも居ない。

歩くのもおぼつかん爺さんにはみんな手をかしてやる。
手足が少々欠落していたり、体にいっぱいぶつぶつのあるおっちゃんも、高齢で皮膚がたるんでなんのデザインかサッパリ判別できやんボイディアートの爺ちゃんも、みんな一緒に湯船で静かに温まる。
特別楽しくはないが、悲しくも無い光景がなんとも心休まる。

のぼせたら脱衣場に行ってか弱い扇風機にあたりながら、テレビで阪神・ヤクルト戦を見る。

また湯船に戻る、、、、の繰り返し。

001


440円は安いと思う。


|

« 洗濯 | トップページ | 赤岳 »

コメント

なんだか読んでるだけでもココロ休まります。

投稿: ハム | 2015/04/30 11:20

●ハムあにき、近所の銭湯がジワジワ閉店しつつあります。なんとかしなければと通ってます。

投稿: ロラお | 2015/04/30 14:20

あにき!あたしも実家を出る24歳頃まで風呂が無かったので、銭湯でした。
こちらの銭湯も閉店が相次いでます。
実は…徒歩10分圏内に銭湯がありまして…
時々、行ってみようかな。
熊谷駅前なので、風呂上がりは…数少ない立ち飲みに♪

投稿: bfz | 2015/04/30 16:59

●ブラジャーbfz!ランニングにお風呂セットを背負ってぜひ!

投稿: ロラお | 2015/05/01 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗濯 | トップページ | 赤岳 »