« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015/04/30

マナー

メディアが報じるようなGWなどなく、ホボ・カレンダー通りの月末月初だが、それにしても週半ばの水曜が休日ってのはとても嬉しい。

たった一日でもやっぱり閉塞感のあるウィークリーマンションより自宅がいいわと、名古屋の単身赴任先から小池さんが火曜深夜に帰ってきた。朝起きたら淡麗350mlの”空き缶の林”が並んでたので、多分帰宅の解放感から朝まで一人で飲み倒していたのかな。
よその家と同様我が家も夫婦どちらかがどんだけ飲もうが一切干渉しない、自己責任家族。
そんなだから昨日は彼女が終日マグロだったあいだに、一人こまごまとした家事をこなして、ランニングしたり、本屋に行ったり、普段通りに。

夕方、小池さんが赴任先に戻って行くと同時に

003
風呂屋へGO.最近は週3ぐらいの割合で行ってるきがする。

小5まで自分の家に風呂が無かった当時の暮らしを懐かしみつつ、広い湯船に体を沈める気持ち良さ。
気持ち良さといえば、風呂屋の客は100パーセントマナーヨシ!

どのおっちゃんも浴室に入るなり「湯船の湯、無くなるやんけ!」いうぐらい豪快に洗面器でかけ湯してる。
それでいて、近くに座って洗ってる人には湯が飛び散らんような配慮も。
有馬温泉の入浴施設のように、服脱いでいきなりザブンと湯船に入って全身からダシを沁みださせるような”どあほ”はヒトリも居ない。

歩くのもおぼつかん爺さんにはみんな手をかしてやる。
手足が少々欠落していたり、体にいっぱいぶつぶつのあるおっちゃんも、高齢で皮膚がたるんでなんのデザインかサッパリ判別できやんボイディアートの爺ちゃんも、みんな一緒に湯船で静かに温まる。
特別楽しくはないが、悲しくも無い光景がなんとも心休まる。

のぼせたら脱衣場に行ってか弱い扇風機にあたりながら、テレビで阪神・ヤクルト戦を見る。

また湯船に戻る、、、、の繰り返し。

001


440円は安いと思う。


| | コメント (4)

2015/04/29

洗濯

あさからベアフットランニングで近所を二時間ほどテキトーに走る。
普段着でサンダル履きのおっちゃんが血相変えてぺたぺた走るのを、世間はどのように思っているんだろうか?
ましてやここは大阪市内有数の下町。

都構想が実現したら、この一見奇妙なランナーも認知されるかな?どうだろうか。

昼から思いつきで洗濯。
P1060655
クライミングロープ洗ってみた。洗濯機の中を覗くと、どぶ川のようなありさまでちょっとひるんだ。
どんなけ汚れててん、、、ちゅう話。

そしてアルパインクライミングの本を読んでいろいろ妄想。

都構想が実現したら、大阪城の石垣を開放してくれるように、、、、ならんのか?とかいろいろ妄想。


| | コメント (3)

2015/04/28

えぼし岩

茅ヶ崎にあるのは、えぼし岩。

そして兵庫県・三田の山奥にあるのが「烏帽子岩」。

茅ヶ崎とちがって、ヨットもサーフィンもいない、水着のねーちゃんも歩いてない。
Dsc00148
凝灰岩がズドンとそこにそびえるだけの場所。

Dsc00151
遠目にみるとザラザラしてそうで、クライミングシューズの摩擦もガッツリ効きそうに見えるが、

「なんでやねん!?」と毒づきたくなるほどの滑りよう。

一人でボルダリングしてるときの花崗岩と肌触りや体重かけたときの印象が随分違うので驚いた。
こんなおっちゃんになってから、ああもっと地学勉強しといたらよかったわーと、、、ちょっと思う。

Dsc00152
終了点まで30メートルほどで、長い長い。(わがお兄弟子写真いつもありがとうございます)
ルートにはなぜだか初登に成功した人に命名権があるみたいで、これは”太陽がいっぱい”という名前。

しかし名前以上に太陽が”いっぱい過ぎて”背中がカチカチ山状態。岩もどんどん焼けてくるし全身汗だく。

この烏帽子岩というゲレンデ、解説本なんかにはジムで登ってる人がアウトドアクライミングの初めの第一歩に最適と書いてあるが、、、、

それ、絶対ちゃうと思う。

もし自分も、初めてまもない時期にここに来てたら、なんもできやんまま日が暮れてぼんやり肩を落として帰ったやろなと。今も以前とさほど変わらず下手くそのまんまだが、ホールドやスタンスを教えてもらうと、とりあえず取ってみよう・乗ってみようとするようにはなったので。

Dsc00166
”タイムトンネル”という課題。薄くハングしているのでアカンやろな~と思いつつも、体の重心をなるべく壁に置くようにして、、、この体の重心ってな言葉よく聞くけど、平地で生活してたり平地でスポーツしてたりだけでは、感じるまでにものすごく時間かかると思うけど、

空中にいれば話は簡単。

Dsc00183
桜の花びらが散ったあとの新緑一色の森の中からソラに向かって突き上げて行くときのカンジ、途中でフト見下ろすときの鳥と同化したような視線とその先の景色、焼けつくような日差しの中に吹く風にTシャツが揺れて、

ああ、シアワセだなーと。

Dsc00193
帰りに偵察した駒形岩の圧倒的な威圧感。以前なら絶対無理やんありえへんやんと真っ先に思ったのに、イケるとこまで登ってみたいなーに心境が変わりつつあるのが自分で可笑しくなった。
楽しかったな。

やりたいことをやろう。
健康でいよう。


| | コメント (2)

2015/04/26

今日もベア・フット

日曜日もルナサンダル履いて山へ。

六甲・一軒茶屋おりかえし。
途中なんどかストラップの締め加減を調整してみた。そのたびにキロ4分~8分のペースで走って具合を確かめてみたけど、4分台で走るのはサンダルという形状からあんまりよくないカンジ。
ランニングで速度を上げようとするとどうしても蹴りの動作が強くなってしまうので、ベアフットの良さを最大に引き出す「フラット着地」ができない。足が流れだして、骨盤がうまく傾いてないのがハッキリわかる。

キロ6分ぐらいにして足裏全体でペタペタ地面を踏むようにすると、意識して蹴りださなくても体が勝手に前へ前へ運ばれる感触があって楽しい。

足裏の二本のアーチの動きもとてもよくわかる。

あんまり楽しいので、山からおりてからも芦屋周辺の丘陵地をウロウロ走ってみた。
ルナサンダルのコンセプトの一つに、普段着のまま走りたくなったらそのまま走れますよというのがあるけど、

普段着とスポーツのボーダーが無いって、こんなに自由だったとは目から鱗、、、ってカンジ。

衣装や道具をいちいち専用品に着替えたり装着したりも楽しいけどね。

クールビズ始まったらこれで通勤してみたいな。

| | コメント (0)

2015/04/25

ベア・フット

P1060647
その存在は、3年ほどまえからアウトドアのネットサイトで見て気になっていた。

過去にマラソンに熱中していた時期もあり、ただただ闇雲に走って距離を延ばすというだれしもが通る行程で体が悲鳴を上げだしてそれから疎遠になるというありちがなパターン。
登山が楽しくなってからその体の使い方をいろいろ考えることが多くなってきた。マラソンとか自転車とか、早い動きを必要とする運動はじっくり考える暇がないので、同じワナに陥りやすい。

「機は熟した」。

今日はさっそくこれを履いて六甲のいつものトレイル走ったみたけど、
ま~なんちゅうか、靴下も靴も履いていない、素足が空気や草木に触れるこそばゆさの気持ちよさがたまらん。
岩角や石ころや小枝に脚先が触れて危うい場面もあったけど、「そんなもんや」という意識改革があればぜんぜんへっちゃら。
靴に守られて、いままであまりに不用意に無意識に地面を歩いていたの、反省した。

むしろ、高機能な靴に守られていては、本来体がもってたセンシング機能はどんどん退化していくんやないか?と危惧することも。

これをはけばマラソンのタイムが、、、てな小難しい話はもうどーでもえーと思う。
速く走ることに意味を見出すことはもう死ぬまでやらない。ペタペタ鳴るサンダルの足音が森の中に鳴るだけで、自然と笑けるので、それ以上なんもいらんと思う。それで十二分にしあわせ。


| | コメント (0)

2015/04/23

本とマットと授業料

運動:自転車通勤+家事いろいろ+鉄棒で懸垂×6億回
飲酒:菊正宗の常温×二合

部署内で意見の食い違いがあり、それだけならまだしもメールに書かれた文言とか表現にとても傷ついた。
相手はどうおもってそんな事を書くんだろう?日本語ってホンマ難しい。

落ち込み過ぎて力なく帰宅したら

P1060644
テント泊につかうマット(座布団サイズ)が到着。
GWのテント場はまだまだごっさり雪がある(はず)ので、寝袋の背中とか腰の部分の冷えを少しでも軽減できればと試すつもり。

P1060646
手当たり次第にクライミングの本を買う。おもしろいことに巷に溢れている「初めての●ー●●●」とか「誰も言わなかった●ー●●●のヒミツ」とか「●ー●●●メンテAtoZ」にありがちなカタログ要素は一切無い。

あるのは随所に「重大な事故に繋がるので・・・」という恐怖の文言。
すなわち、道具の操作を一つでも誤るといともたやすく「堕ちますよ」「死にますよ」というシリアスタッチな内容ばかり。

高度感のある岩の写真とか読んでるしりから手に汗がジワ~っと。

で、楽しいお届け物2つのあとにつづくのは、ローラーJDから手渡された「大学授業料納付書」。これもやはり手に汗がジワ~っと。恐怖レベルではクライミングと双璧をなす。
来年キャツが卒業したらこんだけの銭が浮くのかと思うと、いっちょうなんかこう、でっかい買い物でも(てんてんてん)。


| | コメント (0)

2015/04/22

漂流

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ヒンズースクワット×500回
飲酒:淡麗350ml×2

野菜高い!えげつなく高い!
とくに葉物。チンゲン菜やらほうれん草やら菊菜やら、おっちゃんが愛してやまない「おひたし系」にするとバチグンに美味い葉物が高貴に見えるほど。
レタスなんぞ一個285円でっせ奥さん。
タケノコと木の芽が売ってたから若竹煮でもと思ったけど、タケノコの皮剥いてアク抜いて、、、、今はちょっとやりたくないのでパス。


白ネギだけがおっちゃんの味方。
P1060639

青ネギもおっちゃんの味方。
P1060641

かしわのミンチとカレー粉と一味唐辛子でテキトーに練る
P1060637


P1060640
煮込むときのダシ、オイスターソウスなかったからウスターソウス投入。ソウスと名がつけば何でも同じやろうという強引さで。

P1060643
ひっさりぶりの「ネギ・キーマカレー」を大量に。「今日は夜ごはん家でよばれるわ」とローラーJDが言っていたのにドタキャンの連絡。そして余ったキーマの漂流が始まる。

ある程度は冷凍にして、ある程度は翌日の弁当に、ある程度は朝飯用に買っておいたコッペパンに挟んでおく。
黄レンジャーもいろいろつらいのよ。

平日帰宅途中に立ち飲みに行かなくなった。習慣みたいなもんで、はるか昔はこれがパチンコだったが、勝ちもせず負けもせずただひたすらに打っていると、なんだか自分が永久機関になったみたいな気がして、アホらしくなってやめた(海物語の全盛期)。立ち飲みは、また再開したいけどどうかな。

日々三食自前なんで、毎日財布無くても平気なカンジ。そうしてたまった小銭を山の費用に回したり、ちょっと買いたい履物があるのでそれに使おうかなと。

仕事の方は、、、、新年度からいきなり低調。
”悩みの種”ってけっきょく自分で蒔いて自分で水をやっているのだと思う。だから自分で刈り取らなくちゃな。

楽しい種をまこう。

| | コメント (6)

2015/04/21

苦渋の選択

人間だれしも生きていくにはラボに立たねばならぬ。
P1060632
満を持してトンカツ弁当政策、、、ちゃう制作。ここで重大インシデント発生。

「生卵が一個しかない」。

カツの衣をつける生命線といってもいい生卵。しかし前夜からの計画ではゆで卵を持って行くというその思いは誰よりも熱く、、、。こんなことならニワトリでも飼っておけば生みたての卵の1コや2コどーにか

・・・・ならへんならへん。

結局初志貫徹。とんかつには気の毒だが、メリケン粉とパン粉だけで揚げてみた。


腰痛がピーク。ふくらはぎまで痺れてきたので思いつく限りのストレッチ。十年かそこら前まで、両足を頭の後ろに回して両手で体を支えて歩くとか得意技だったのに、もはやフツーの前屈すらままならんほどに体が硬い。
あきらめずに続けよう。憧れはタカラの「GI・ジョー」。彼のようにすべての関節をありえへん方向に曲げ伸ばしできるまでひたすらに。


P1060636
豚カツの下にはキャベツ敷いてあるので正確には”ソースかつ丼弁当”。

運動:電車通勤+家事いろいろ+アイソメトリック風の筋トレいろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

雨続きで、洗濯もんがカンペキな生乾きのままどんどん溜まっている。
浴室の天井に仕組まれた、よくある乾燥機なんぞまったく信じていないので使ったことない。
残業から帰って自分のとローラーJDの飯つくって休むまもなく洗濯するって正直ちょっとキツいけど、フツーにこなしているアニキはの夜中に大勢いる。こっちも負けてられんし励みになる。

GWは遊びたおしたる!


| | コメント (2)

2015/04/20

ちょっと進歩

土曜日:
飽きもせず、凝りもせず、荒地山・ボルダーに通う。
先週兄弟子のムーブを見て以来、ちょっとしたヒントみたいなものを感じたので忘れないうちに。それとたった一週間の付け焼刃ではあるけれど、指の力を付けるトレーニングの効果も見たくて。

スポーツっちゅうのは闇雲に回数こなしたらエエっちゅう話ではないことを自転車で思い知ったので(もっと無駄をそぎ落とした練習があったと気づいたときは後の祭りだったり)、できるだけ妄想を現実に近づけるための施策=上手な人のYoutubeを繰り返し見たり、

まぁ、そんなことしてたらワクワクしてきた。

”屋根岩”の課題へ。
結果として先週絶対アカンやろなと思っていた場所から50センチの進歩がみられた。
自転車のコナアニキが言うところの「ちょっとずつでも上手くなっていく感覚、うまくなろうとする感覚が面白いですね。」というテクストを励みにしようと思う。

帰り道にキャッスルウォールに寄ったけど、満員で登れず。
どこかのグループが大集団で練習されていたが、ズブの素人の自分が見ても明らかに「落ちたら止まらんかも」と思うような確保操作を使っていたけど、そーゆーのを見て勉強にもなるし反面教師としておこうと思った。
銭湯に寄ってチンチンに冷えたルービー飲んでおしまい。


日曜日:
家事三昧。あと、季節の変わり目の憂鬱行事「冬物と夏物の入れ替え」。
この面倒くさい作業、みんなどうやってる?とくに布団関係になるとシーツの入れ替えや毛布の収納とかてんてこ舞い。午後から赴任先の名古屋へ戻る小池さんを新大阪まで送って再び自宅の掃除の続きを。

夕方は月刊長男業務。
近所でお互いあまり干渉せずとはいえ、しらんまに白骨化されても困るので安否確認がてらいろいろと。
で、ぐだぐだ喋っているうちに、立ち飲み連れて行ってくれへんかと言われた。おかんと立ち飲み行っても多分おもんないのは承知だったけど、こんな形の親孝行あってもええかと

1軒目:大阪駅 梅田麹室 豊祝
2軒目:新梅田食堂街 初音
3軒目:ホワイティ梅田 大御所満員で入れず⇒赤柿屋
4軒目:地元のミスド

という妙なはしご。

150420_063539
今日の弁当は変わり映えしないエンビフライ。あとは思いつきで「具無しの酢飯」。朝っぱらから出来心で酢飯作ったのでシイタケやら人参やらなんぞ炊いてる余裕無し。
ブロッコリーがあいかわらず高値でちょっととまどったけど、これさえ食っとけば口内炎になってもすぐ直る(自分だけ?)ので弁当にマストアイテムなのだ。

明日は豚カツ弁当にしょうな。

| | コメント (6)

2015/04/17

登頂

仕事の山の高さってまちまち。登ったあとの達成感もまちまち。

年度末の活動報告総まとめ、、、みたいな会議が終わった。この日に向けて毎日毎日アホみたいな量の資料を作ったのに、、、3分ほどでスルーされた(しつこく絡まれるよりはイイけど)。デキなかったことの結果を分析して次への施策を練る、、、みたいな部分が一番経営層にとって興味深いというか”突っ込みたくなる”部分なので
テキトーにというワケにいかんのでまぁ仕方ないか。

これも仕事だもの。

キンチョーの糸が切れて昨日の晩飯はキャベツとかっぱえびせんだけというシンプルさ。
キーになる材料がなんも無い日はこんなもの。で、ひさしぶりに一人でぶらっと散歩に出かけてボトルの白ワインをアテにおいしい水餃子をよばれに行ってきた。自分の出鱈目に作る料理ばっかり食ってないでたまには、ちゃんとした料理を出すお店に行って舌の補正をせねば。

かっぱえびせん食べながら、火野 正平さんがぶらぶら自転車乗るTV番組を見た。
乗り方をレクチャーするだのタイムやポジションに執着するだのグルメスポットで大げさに食べてみせるだの、、、が一切無いので疲れた脳みそに心地よい。
雨の中、フツーのカッパを着てフツーの長靴を履いて田舎道をヨタヨタ走る姿を見てたら、今後自分がやりたい自転車の楽しみ方とか方向性は、多分こーゆーことなんだろうなと思った。

レーサージャージやビンディングベダルでキメて颯爽と走るのも楽しかったけれど、碧く光るオオルリとか桜の古木にコゲラが巣穴を掘る音とかずいぶん見逃したり聞き逃したりしてきた。のんびりいこう。

空気抵抗大歓迎。

で、テキトーに酔っぱらって帰ってきたら、このまえクライミングに行ってほおっておいたロープを解いて丁寧に巻く作業。道具は大切に、、、だ。とくに命を預ける道具はなおさら。
登れないのはなんでやねん?とロープを見ながら考える。握力だけでなく物をつまみあげる指の力が圧倒的に弱いのと恐怖心がコントロールできないのが大きな原因。体は地味に鍛えるとして恐怖心との付き合い方は、
「起きてもいない未来の事を(なるべく)心配するのはよそう」と思うことかな?

次の一手取りに行ったら絶対落ちるわと思うと手足がすくむ。

落ちても大丈夫なようにロープ付けてるねんから、未来が現実になったトキいろいろ考えてみようかと。
世の中に散らばってるいろいろな心配事って殆どは未来から来ているので、備えは備えとして(ロープ付けるとか)ちゃんとやっておいて、あんまりかまえずに時間軸の中でうまくやっていけばいいかな。

| | コメント (4)

2015/04/14

アスパラ

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腸腰筋ストレッチ
飲酒:淡麗350ml×たったの一本

献立を検討するうえで重視されるのは「今、何が食べたいのか」が一番にくるんだが、二番目に大切なのは

値段。

一束50円という光景が目に入ったので思わず後戻りして購入。
P1060628
めったに行けない上等な串カツ屋なんかで”一本揚げ”しているようなだったらエエのにと悔やみつつ、さて、この貧弱なアスパラどーすっかなー、、、、

”どーすっかなーと言っても結局選択の余地なしなおっちゃんの晩飯”808発目:
P1060630
見たまんまのパン粉焼き。

上からオリイブオイルとタバスコかけるだけというなんとも手抜き感が酒に合う。平日夜のラボであんまりややこしい事すんのもどうかと思うと、この程度になってしまうわな。
といいつつ

P1060624
シンクの回りを粉だらけにするという、一番「したらアカンこと」をしてしまう。つい魔がさして。

P1060625
カレーも無いのにナンを焼く。そこに深い理由はない。

妙なものが食べたくなる日が時々ある。

土曜日の振り返りをちょっと:
自宅のママチャイリ三台を一気修理。ローラーJDのは後輪のパンク、自分のと小池さんのはチェーン引き。
いずれもママチャリ整備で鬼門とされる後輪だ。パンク修理に特筆すべきことは何もない。丁寧にやるだけ。

伸びたチェーンの帳尻を合わせるために後輪をずらしてチェーンを張る。
ハブナットを緩めて引いたらええねん、、、は競技用ピストレーサーだけの話。ママチャリ整備のコツはなんといっても

「横着すな!」に尽きる。

ハブナット緩める、泥除けのステー抜く、荷台のステー抜く、スタンドのステー抜く、ここでようやく”チェーン引き金具”が全容を現す。大事なのはチェーンの無い側のチェーン引きを先に締めること。
ついついたるんでいるチェーン側を先に締めてピンピンに張りたくなるが、それをすると車輪とハンガーの隙間がチェーンのある側に偏芯してしまいそれを修正しようと反対側を締めてしまうので、ますますチェーンを張ってしまい、カッチカチになるので。

パンク修理のときも、ロードレーサーの用に車輪外せんやんから、付けたままチューブだけ出すのだが、
チェーンの無い方に出すこと厳守。チェーン側にチューブだしたらかなりの確率で後輪のスプロケットの歯でチューブに穴をあけてしまうから。

最後に、何年前に買ったのかもう記憶にもないチョー高級なチタン・テフロンオイルを惜しげも無くそこらじゅうにさして出来上がり。

毎日の足なんで、大事にしやんとな。

| | コメント (4)

2015/04/13

そして荒地山ボルダー

二日続けて四足歩行の日。

前日の下見の魂胆は「登れる可能性の低い岩には触らない」というダメ人間の見本みたいなもの。
そのダメ人間のダメ反省を踏まえて(?)久々兄弟子と共に六甲の荒地山へGO.

Dsc00051
”キャッスルウォール”をテキトーに登る。テキトーと言っても死にたくないので気持ちはいつもキンキンに張りつめております。
天気がよいのであとからあとからグループやってきて、そのうちいつものように「あやとり状態」になるんだろうなと思って撤収。

Dsc00056
自分のお弁当やらお茶やら暮らしの道具一式を背負って支点の回収に行くことにしたが

111
せなかから落ちるんちゃうか?おもたっちゅーねん!ほどの重さ、、、、。

で、次のボルダーは「屋根岩」。
頂上の松の木に支点を構築したらあろうことか”つるべ”にならずに”固定”式にしてしまうという重大なミス。
これではまったくロープが流れない。ええ歳のおっさんが猿のようにタダぶら下がって遊ぶワケにもいかんので、兄弟子にお願いして頂上まで直しに行ってもらうことになる。

下から確保していると、核心となる部分で動きがパタリと止まる。
自分がいつも登れないで挫折するトコなので、ああ兄弟子もやっぱりあそこで止まるよな~、そうだよな~、次の手が無いもんな~とボンヤリ見ていたら、
なんと!ジリジリ上がっていくのでビックリした。そして見事一撃で攻略、、、スゴイ。

興奮さめらやぬうちにさっそく挑戦。同じようなムーブを真似して何とか手さぐりで僅かに存在する岩の弱点を掴み間髪入れずにもう片方の手を伸ばすと

届いた!

、、、瞬間に落下。

さらに二度、三度、その場で何度かやってみたが腕に乳酸がどんどこ溢れだしてくるばかり。
少し冷静になって手がかりをよく観察してある明確な理由がホボ確信に。

今の自分には無理だ。

Dsc00095
同じ岩の違うルートには巨大なハングも。
まさに手も足も出ない。

Dsc00099
優しい部分から登ってみたものの、やっぱり達成感という点でいまいち盛り上がりに欠ける。

Dsc00104
これは道具(靴)の違いかもしれないと兄弟子のを借りてみる。機材のせいにしたくなるのは元自転車乗りのサガ、、、だな。

Dsc00108
極端な違いがわからなかったけど、自分に足りないものはダメでも粘り強くトライする気持ちの薄さ。
兄弟子を見ていつも思うのは、空中で休憩しながらでもなかなかあきらめずに降りてこない。
それとやっぱり

体重。

AEONの588円ワインがすこぶる美味くて、年明けからホボ毎日適量+αを飲んだ成果が出てしまって、以前登れていたときより2キロ近い増量。(毎夜のラボでの実験がうまくいきすぎるので仕方ない、、、、)
これじゃぁせっかく指一本ひっかかるホールド見つけても体が重たくて保持できない。
ぶら下がりながらあーでもないこーでもないと考えているうちに「カラータイマ・ぴ~こぴこ」はダメだな。

ま、けどこれから冷酒がうまい季節がくるので深く考えるのはよそう(アカンやん)。


つづく


| | コメント (2)

2015/04/11

荒地山ボルダー

予習をかねてクライム、、、。

001

のはずが、いきなり知り合いに出くわし行く手を阻まれるのまき。

002
そこ、とおりたいんですけど。

005
課題が登れず自撮りでごまかす。

010
やまつつじは五分咲きでしたな。


| | コメント (0)

2015/04/10

マーボー茄子「改」

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ハンドグリップ×6億回+腹筋8億回
飲酒:AEONの白ワイン×三合

買いすぎた厚揚げの成敗が終わったとおもったら次なる試練は豆腐だ。
赤札だからと言ってなんでもかんでもカゴに入れるのはあれほどやめようと思ったのに、、、。

”マーボー豆腐の改造に取り組むおっちゃんの晩飯”29発目:
P1060621
マーボー茄子「改」・・・

うーむなんだか”柿本・改”のようでカッコイイやん、、、、てな話はどーでもよくて(マニアックでごめん)、市販のマーボー茄子のもとを使って茄子の代わりに豆腐を入れたというラボでの実験。
ビジュアルは、危うくチャンプルーになりそうだったがなんとか踏みとどまる的な妙なものが。
しっかし市販のタレのあのなんとも言えん毒々しい濃さってどっからくるんやろ?
甜麺醤に何かよくない仕掛けでもしてあるかのような薄気味悪い濃さっていうのか、、、、まぁ深く追及するのはよそう。

で、今年も来たぜ。

固定資産税納付書が。

もはや家なんぞ資産でもなんでもないのにこーゆーデラックスな名称、そろそろやめてくれんかな。
てなこと言っても払わんことにはこの国に住めんワケで、
なんかよしもと新喜劇・すっちー&吉田裕の「ドリルすんのかい」(youtube参照してくれ)を思い出して

「払うんかい、払わんのかい」を延々言い続けたい気ににもなるっちゅうもんで。

予告:
明日はワケあって、自転車いじり倒す日。
しかも三台いっぺんにでっせ~奥さん。


| | コメント (7)

2015/04/08

大根

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ハンドグリップ×100万回
飲酒:AEONの白ワイン×三合

前夜に引き続き厚揚げをちんちんに焼く。
P1060612
かつお節てんこ盛り。買い物しているときのプランとしてはあつあつの厚揚げに大根おろしを盛大に盛ったろかいな!と思っていたが、、、、

P1060609
このたたずまいを見ていたら、どーも違うような気がしてきた。
(しかしこの状態で税込100円は明らかに高いぜアベノミクス)

で、厚揚げを食べもってさっそくラボで実験開始。
外気温的にはおでんだが、ほかのネタが無い。冷凍室を覗くとかしわのミンチ発見。面倒臭いなと思ったけど食べたいなという意思が強くて、
大根に隠し包丁入れたり片栗粉混ぜたり実験はジョジョに熱を帯びる。

”手間かけたわりには一瞬で食ってしまう悲しいおっちゃんのおかず”409発目:
P1060620
大根そぼろあんかけ。
残念ポイントその1.冷凍のネギしかなかった。
残念ポイントその2.大根の面取り忘れた。

で、こーゆー和食をちまちま小鳥のようについばんで酒をゴキュゴキュ飲んで翌朝空腹感で目覚めることを楽しみに(腹が減ってぐーぐー鳴って目が覚めるのは最高だ)眠るのだが、最近よく布団の中で

足が攣る。

自転車時代の某氏の名言「足が攣るのはマグネシウムが足りないんじゃないんです。練習が足りないんです」を思い出すが、さすがに寝ているあいだに足が攣るのは、、、なんの練習足らんねんいう話やなくて、やっぱりマグネシウム足らんんねんという結論。

Imjelume
このまえ登山用品店で見かけたマグネシウムごっそり入ったジェルを思い出したので、飲んでみよかと。


| | コメント (6)

2015/04/07

一年前

P1060598
昨晩、いつものようにノープラン晩飯に突入。

P1060606
生姜を摩り下ろす体力が残っていなくてネギ載せで。フト思い立ち、去年の今頃何食ってたんかな?と思って日記をさかのぼって「びつくり」

おんなじやん。。。。

歴史は繰り返されるというが、ナルホドと思った。

2,3日前に煮物を作って貧乏性なもんで汁ダケ残しておいた。何かの役に立つことがあるだろうと思ったけど、その「何か」が訪れる気配もなくそのまま大阪湾に垂れ流す運命かと思いながら汁を眺めていたら
不憫に思えてきたので

”不遇の汁に生きる道を与えるおっちゃんのおかず”911発目:
P1060602
玉葱のみじん切りとシーチキンを汁で煮込んで”そぼろ”を作ってみた。
まったくの思いつき・デタラメにしてはまぁまぁの味。甘辛さが酒に合うし、このまま残りを弁当に流用。

自分のために、自分の食べたいものを、食べられる量だけ、作るって
ホンマ楽しいな。

あとは、腓腹筋とハムストリングの柔軟体操。前屈のできなさ加減が日に日に増しているので危機感バリバリ。
有酸素運動よりも血管とか筋繊維の老化(劣化?)速度を遅延させたほうが、いいことあるんじゃないかな、、、多分。

~就活について~

「晩御飯家で食べます」

最近のローラーJDとの接点は、むこうから送信されくるこのメールだけ。生活パターンがまるっきり違うので、同じ家に住んでいるのにまったく顔を見ていない。大学へも毎日スーツ着て行ってる”らしい”。洗濯かごの物量を見るとそんなカンジ。最近は就職にエントリーするとその企業からいろいろな粗品が送られてくる。
ビイルだったり、ウィスキーだったり、洗剤だったり、化粧品だったり。エンジニアとは全く正反対の文系学部なのでそーゆー方面に自分などはからきし疎いが、普段の業務はそっち方面の企業が言うなればクライアントになるので、業種の事情はいい話しもよくない話しも漏れ伝わってくる。

学生って、自分もそうだったが、企業情報のほんのうわべだけしかわからなくて、入社してビックリ!なんてことがふつうにある。もっかのところ何となく興味のあるとこへ面接に行ってるみたいな気配だが、企業規模の大小問わない姿勢は、、、、褒めたる。いくさきがいろいろな意味で楽しみ。

なんとなくだが、来春以降はローラーJD、就職で家を出る予感。

なんとなくな。


| | コメント (5)

2015/04/06

百か日

ひさびさの「法事リシーズ」。

この日で一応の区切りをつけると書いてある。悲しみに暮れるのもこの日まで。故人をしのぶのは大切なことだが、法事を召集するほうも参加するほうも結構いろいろ大変だと思う。時代やライフスタイルに合わせて法事も変わっていくんだろうか、、、。

てなこと思いつつ次の法事シリーズは6月の「納骨」へ。

法事のあいまに家の外へ出て伊吹山をちらちら眺めたが、8合目から上にまだまだゴッソリ雪が乗ってた。
標高そんなに高くないけど、岐阜県側の寒気が融雪を許さないんだろうな。
ホボ毎年フルコースが使えなくてあそこでヒルクライムイベントやる意味ってあるんだろうか?
伊吹町や長浜市にお金が落ちる可能性もきわめて低いし、、、どうなんだろ?
登山道から見下ろす、琵琶湖に向かってまっさかさまに落ちてゆくようなカール地形の凄さもドライブウェイから見えないのに、イベント会社はそのあたりどう思っているんだろうか。

| | コメント (0)

2015/04/05

さくらまつり

六甲ハイキングから下山して偶然見つけて以来、毎年楽しみに来ている芦屋のイベント。
001

雨で中止だったり震災で自粛(?)だったりいろいろありつつも、こうして継続して咲き続ける桜は偉大だなぁ。
002
地元の商工会とか婦人会とかのグループで露天を出しているのでいろいろ仕入れて、レジャーシート広げてグダグダすんのが楽しい。この日は某大学のOB(?)の露天で400円の生中をオーダーしたら、350円分の泡と残り50円分の液体という配合。コップを手で持った瞬間明らかに軽いと察知したけど、なんていうか気持ちの良い場所で慣れないアマチュア商売に妙な言いがかりだと思われてもアレやし、楽しい雰囲気を壊すのもアレやし、、、
いろいろ思いめぐらせてここは黙って

引く。

※次回から、絶対透明のプラコップで売っている露天にしましょう。それとやっぱり折角の”芦屋”まで来ているのだから美味しい調理パンなんぞ買ってワインも持参でというスタイルにそろそろ変えてもいいかなってのが正直な感想。

004
地元に帰って最後を銭湯でしめる。

005
銭湯を利用するおっさんたちのマナーの良さが気持ちええ。それを思うと郊外のスーパー銭湯のマナーは荒廃しきっておる。小学校の保健体育の授業にクラス全員で銭湯行こうぜみたいなカリキュラムあってもええんちゃうのかな。

| | コメント (2)

2015/04/02

春を告げる魚

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腕立て伏せ5万回
飲酒:淡麗350ml×1、菊正宗の常温×二合

退社後、何件かのスーパーに寄って「鰆」を探すが高い!
鰆の塩焼きで酒のぬる燗をゴキュゴキュ飲む妄想がここで崩壊。仕方がないといっては魚にしつれいだが、仕方がないので「鱈」を買う。

P1060592
鍋にするほどの気温でもないのでちょっと迷った末に、塩・胡椒・バジルの粉とかふりかけて生卵とパン粉でサンド。


”鰆に思いをよせつつ食べるおっちゃんの晩飯”23発目:
P1060595
ミラノ風鱈カツレツ。

今年の目標は自転車に乗ることだが、もうひとつはマラソンひさびさに走ってみようかと。
とあるランニングシューズが数年前から気になってはいたが、ちょっとそういうの履いて走ってみたいなって不純な動機で。そーゆー邪悪な気持ちでYoutubeを見ていたら、マラソン大会の完走を目指す感動ムービーみたいなのを見つけた。

けど、自分がやりたいことは制限時間があってお祭りみたいなマンモス大会に出る、、、ではなくて欲望のおもむくままに走り続けてシンドクなったら銭湯探して風呂上りにビイル飲んであとはてきとーにさまよい歩くみたいな活動かな。

| | コメント (8)

2015/04/01

今年は桜をあまり見ていない

覆いかぶさってくるような桜並木の下に出かけて行ってないからだろうか。
今年はなんとなく「あ、咲いてるわ、、、」程度の印象しかない。生きてるあいだにもっとこう四季をどっぷり味わっておかないとアカンわな。

仕事のほうは年度末ギリギリまでいろいろあった。そして終業後、フロアの奥の方でぱちぱちと拍手する音がするので何かなと思って首を伸ばすと、2こ下の後輩が退職の挨拶をしていた。入社当時はまだ部署も小さくて、よいことも悪いこともいつも一枚岩になっていたので、その後輩とも一緒に仕事をして平日休日問わず飲み歩きよく遊んだ。
一番の思い出は、彼の強い勧めがあって当時なんのことやらサッパリわからんままにマッキントッシュのSE30を買わされてしまったこと。のちのち”音楽の打ち込み”なんかに手を出して楽しかったが、お互い建屋も部署も離れてしまい、たまに便所で顔を合わしてもチラッと視線を合わせる程度になってしまった。

最後もそう。

なにか声かけよかなと思って廊下に出たら、小さな花束を乗せたスーツケースを音も無く引いて、エレベーターの中に、消えて行った。
あまり社交的ではなかったけれど、頭のいいヒトなのでどこかでうまくやっていくだろうな。

そうあってほしいな。

”考えるのが面倒くさかったおっちゃんの晩飯”222発目:
576
豚もやしキムチ。
長らく放置していたら強靭な酸味になったキムチをなんとか食べようと苦心惨憺した結果。

16
あとやっぱり黄レンジャー活動も。

| | コメント (2)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »