« スノーフライ | トップページ | ネギとニラ »

2015/02/16

四十九日

”今日の練習は130キロ、途中登坂区間でちぎりあい”
”阪神高速の下で平地スプリントを何本か”
”バンクでポイントレースに出て早々に失格”
”沖縄のレースでほげほげ・・・”

という自転車一辺倒だった日記がいつのまにか山一色になり、ついには仏教カテゴリにまで及ぶとは、、、。
土曜日から小池さんの実家へ。前回同様に仏間を片付けて法事会場用にセッティングする。
結婚当初、長年団地暮らしの自分には信じられないほどの数の座布団やら湯呑茶碗やらのある家やのぉ~とその意味もわからずただただ驚きの連続だったが、それらが今まさに

フル活用。

そして場所を移動しての

004
会食。先日の法事の肉肉しさとは正反対の野菜・魚中心でとてもおいしかった。
ここでちょっと凄いと感じたシステムについて。
この地方だけかもしれないが、自宅に隣接する隣近所での助け合いの習慣が古くからあって、そのグループの中で祭事があったとすると、ボランティア+お祝い(または香典)で駆けつける。そして年に何度か開催される法事も同じく。そのたびに、お供えの手土産と香典を持っていくのだから、出費はかなりの額になるはず。

それがグループ内すべてにあるのだから、出したお金は結局形を変えて戻ってくるという。
小さなコミュニティの中で経済がうまく回っていることに、妙に感動してしまった。
ヒトが生きている限り、死ぬことはまぬがれない。そうするとそれにかかわる産業(寺、葬儀屋、墓石屋、お供え物を扱う商店、仏具屋)はよっぽどヘタを打たない限り、つぶれることはないんじゃないかな。

一通りのイベントが終わると、長らく床の間に飾ってあった位牌や戒名の掛け軸、飾り物を撤去。
家の中に、故人が亡くなる前の日常の風景が蘇った。なんとなくそれまでの謹慎ムードも解除。こうやって区切りをつけてゆくことで残された人は前へ進んでいくんだろう。

仏教って、けっこうやるやん。

小池さんが一泊していくというので、ローラーJDと二人で帰路へ。
150215_192838
思いつきで、大分風カラアゲ作って酒飲んだ。片栗粉もうちょっと入れてもよかったかな。

さぁ、遊ぶか!

|

« スノーフライ | トップページ | ネギとニラ »

コメント

やれやれですね。
ウチラの実家もよう似たもんですが葬式だけはセレモニーホールとやらができてかなりラクになってますね。

もう弾ける準備もできているようですから行っちゃってください。


投稿: ハム | 2015/02/16 10:25

●ハムあにき、ありがとうございます。ちなみに次は「百か日法要」らしいです汗。

投稿: ローラーおとこ | 2015/02/16 13:03

行事の疲労には御留意くださいませ…
ちなみに神道の方達は,御守りの御利益は一年限りなので毎年更新(買い直し)してね! と宣伝するのに忙しいそうですよ…(ー ー;)

投稿: sumi | 2015/02/16 15:15

●sumiあにき、ありがとうございます。神も仏もビジネスチャンスを逃さない姿勢、アッパレ!

投稿: ローラーおとこ | 2015/02/16 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スノーフライ | トップページ | ネギとニラ »