« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/26

犬?

まだ二か月しかたってないっちゅうのに、仕事的にはまさに

dog year!

って言葉がぴったり。

| | コメント (5)

2015/02/25

原 哲夫

運動:自転車通勤+家事いろいろ+コロコロローラー腹筋8回
飲酒:缶チューハイ×1、菊正宗×二合

”死筋(しにすじ)”商品を蘇らせる施策をボスから言われてあれこれ頭をひねってとりあえずグループ企業にメールマガジンみたいな形にしてばらまいたら朝からかつてないほど問い合わせが殺到して

その対応で昼飯も食えずに一日が終わる。

デスクワークという特異性があるにしても、人間ちゅうのはコーヒー三杯だけでも12時間以上働けるもんやと変なとこで感心した。で、腹ペコの帰り道

P1060547
衝動買い。

関西にはヘルメスを筆頭に、地場のソースがいつくかあって、オリバーのそのひとつ。長年、なんの迷いもなくカゴメのトンカツソースを使ってきたが、久しぶりのオリバーはなんともいえんアウトローな味わい。家で揚げたばったもんの串カツにもよく合う。
原 哲夫のCMを懐かしく思い出す。

飯食って弁当の用意して読む本もなく、ぼーっとインターネットしてたら「アメリカン・スナイパー」てな映画がよいらしいと知る。どっかで見たような内容の映画やなと思ってじーっと考えたら
ロバート・デニーロの”ディア・ハンター”に近いのかな?
片やベトナム戦争、片やイラク戦争とバックボーンは違えど、戦場と日常のあいだで気持ちが行ったり来たりグワングワン揺れ動くカンジの内容かなと思うと、

絶対見てみたい。

そろそろ山の計画も再始動せねばな。今年こそ今年こそ伊吹山も乗鞍も自転車イベントに復帰しようかとあれこれ考えたものの、エントリーにヒヤヒヤ、宿泊場所探しにドキドキ、、、うー困ったな。長年変速機のついた自転車乗ってないしなー、いろいろ迷惑かかりそうだしってことで回避予定。

| | コメント (5)

2015/02/23

ヒチ

日曜日の朝からパンを焼いて、そのうちの二枚ほどをお袋に持っていく。毎週休みになると軽トラにオートバイを積んでモトクロスの練習と試合に出かけ、雨の日はギターをかかえてバンドの練習に行き、家の中ではひたすら寝転んですごした息子が今ではセッセとパンを焼き家事をこなすのが信じられないらしく、

「このパン、食べてもどないもないんか?」と疑われた。

放蕩息子も歳いくのだよ、わかるか?オカン。

で、狭いアパートの中でうろうろしてたら回覧板回ってきた。内容的には毎月変わり映えのしない平和そのものだが、集合住宅なら避けては通れない”壁伝いの微妙な騒音や振動”に関する住民の苦情が出始めているらしい。
今に始まったこっちゃないが、禁止あるいは自粛項目のなかに

「室内でのボール遊びや器械を使った運動器具、自転車漕ぎ」を控えていただくようお願いしますの文言が。とうとうこの日が来たかというカンジ。
自転車と距離を置くついでに長年苦楽を共にしてきたローラー台を数年前に手放したが、遅かれ早かれこうなる運命だったのかもしれない。おまけにエレベーターでの自転車の運搬を禁止しますという張り紙も。

サイクルスポーツが市民権を得たと思ったらやっぱりそれに付随するさまざまな問題も出てくる。山登りだって登山届や排便の残置で、まじめにやってる人でさえ弾圧を受けかねない状況にあるっていうのに。

ちょっと気分がどよ~んとしたので、こんなトキは
004
銭湯に限る。

002
ケビン・シュワンツのゼッケン34を死守。
サウナと深湯と浅湯と水風呂を果てしなくローテーションしながらふらふらになってゆくのはサイコーだ。

世の中はデジタルサイネージなんて言葉があふれているけれども、そんな広告がヒトのココロを打つなんて俺は信じてないから。
001
「ヒチ」だ。泣ける。

そして隣の宣伝は「結婚・素行調査」だ。ますます泣ける。

そんな鏡をぼんやり見ながらスーパーなドライでもしばこうかと思ったら、ふいにコーヒー牛乳が目についた。
一本80万年払って、蓋はとーぜん「傷だらけの天使」式に口でかぽっと開けて男は2秒で飲む!

カンペキな日曜だったぜ。

| | コメント (2)

2015/02/22

パン焼く

P1060546
朝から雨なので、パン焼く。
すぐに飽きるやろなと思いながら買ったパン焼き器、いまだ大活躍という。

以前は自宅から徒歩3分ぐらいのとこに、それはそれは素晴らしく美味い(しかもそれでいて気取ってない)パン屋があったのに、店をたたんでしまわれた。かくなるうえは少々材料代に値が張ろうとも、焼き立てを食べるには自作しかないという。

随分間があいたので、冷蔵庫の中にある無塩バターの消費期限は四か月も過ぎてカピカピだ。
スキムミルクも湿気を含んでなんだか重たい。けどそんの気にしない。
焼き立てのパンをさらにトースターでこんがり焼く。塗るのは世間の風評(?)を一手に引き受けている「マーガリン」だ。含有しているなんちゃら酸が発がん性あるとかで。

気になるけど、気にしない。月に何度も食べる機会が無いので、気にしない。いつか、あの時マーガリンを食べていなければこんな病に苦しむことも無かっただろうにと

多分思わない。食べるものに関してはあるていど、あきらめるとか腹をくくるだとか、必要なんじゃないかな。
美味しいのもまずいのも、自己責任と自己完結。

楽しく食べよう。

| | コメント (3)

六甲山往復

ちょっとダラダラしながら家事終了後、六甲山へ。この日は登攀目的は無くて、ちょっとトレーニングでもすっかなぁ、、、と。
歩き出すと欲が出てきて、以前挑戦したときに有馬温泉まで3時間ちょうどだったので、この日の目標は3時間切り。
天気がよいと足取りも軽い。ただし、、、走らない。登山口に「アスリートとの出会いがしらに注意!」みたいな看板ができてた。これは暗に「トレランのヒトとの擦れ違いでトラブルが頻発しているので」という告知なんだろうか?

途中、半袖Tシャツの外人二人がやぶの中で迷っていたので道案内。
山頂まで行くつもり、でも地図持ってない、上着持ってないって言うのでやめたほうがいいよと言ったものの、あのあとどうしたかなぁ。

で、
150221_123453
ゼイゼイ言いながら山頂。芦屋駅から1時間40分で。上出来。当然そのまま有馬温泉に向かって歩き出したが、ちょっと待てよ。有馬に降りて何する?温泉入るつもりない(お金もったいない)し、大阪まで高速バスで戻るのもアレやし(お金もったいないし)、春節の観光客でごった返してるだろうとかいろいろ考えた末に、

折り返す。

舗装路だと悲しいが、登山道の折り返しは景色が違ってみえるからそんなに嫌いじゃない派。けど往路がんばりすぎて下り貴重の復路でまさに「ガックリ」きた。
結局登りよりも30分以上かかって下界到着。もう、駅前のコンビニでサッポロの黒いラベルをがぶ飲み。
もうちょっとペース考えないとダメやん。

楽しかったけどね。


| | コメント (5)

2015/02/19

アルプスのおまわりさん

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腕立て伏せ80億回
飲酒:菊正宗の熱燗×三合

半月ほど前に有給申請したのにそんなことおかまいなしに会議に連行されてサンドバッグにされたという、”サラリーマン・あるある”の日。組織の中で働くってのはいろいろある、、、。

業務命令でセミナー受けてこいと言われて、夕方いったん事務所を離れる。異業種の研究者とか文化人の話を聞いて業務のスパイスにしろ、、、ってやつ。いつもはあんまし気乗りしないが、この夜はこの人の講演だと知ったので軽くスキップしながら行く。

0218_2

元富山県警山岳救助隊長だった人。年齢的なものもあるんだろうか、ずんぐりした体形、ぼくとつとしたトーク。
やり方次第では、1分に1回は会場を爆笑させるネタが随所にあるのに勿体ない喋り方やなと関係ないとこに気が行ってしまったが、

救助して運搬している最中に、自分の背中でひとが息絶えていく話など、おもわず泣きそうになった。
とりわけ、去年自分が縦走してとても印象に残った黒部の源流付近や薬師岳のあたりとか、早月尾根から剱岳にいたる場所での厳冬期遭難救助など、まるで映画でも見ているかのように景色が浮かんだ、、、が、
山に興味の無い人やそのあたりに行った事が無い人は、どんな印象を持って話を聞いていたんだろう???
いいセミナーだったな(ビジネスに関与するとか別にして、自分にとっては)。

あとひとつ、ショッキングな出来事。
昼休みにオフィスの廊下で生保レディの張った網に引っ掛かるというよくある光景。昔なら百戦錬磨の”オカン”みたいな人ばかりだったのに、最近は大卒2年目ぐらいの子ばかり。掛け捨て以外の保険は一切加入していないと言うと異常な興味を示したみたいで、いくつかの保険を提案してきた。
帰って奥様と相談して、、、なんていうので妻は単身赴任でおりませんし、いちいち相談する必要も無いと言ったら「え~~~!!!男の人が家の用事とか大変じゃないんですかぁ~!?仕事しながらで~!」と言われて

ビックリした。

じゃぁ、女の人なら仕事しながら家の用事しても大変じゃないの!?と喉まで出かかった。
保険の話とかもうどーでもよくて、今の若い子は男女格差にとても敏感で前向きだろと思っていたのが、一蹴されたカンジ。中高年の考えが足を引っ張っているものだとばっかり思ってたけど、そーでもないんか、、、、。
ガ~ン。
0219
男でも女でもおかまでも、生きていくのは大変なのだよ。
今朝の弁当のメインは豚カツではなくて、ポーチドエッグ。果たしてポーチドエッグが手荒な通勤に耐えられるのか?という実験弁当。

今夜はローラーJDの誕生日をどっかの外食で。立ち飲み以外店知らんからちょっと弱ったな。

| | コメント (6)

2015/02/17

ネギとニラ

”ぐりとぐら”に似てるなと思いつつ・思いつきで作るおっちゃんの晩飯112発目:
P1060544

風邪の予防になるかと思い、白ネギとニラをごま油で炒めてラー油かけてとどめに塩こぶ混ぜるという、「手の届く範囲にあったもんをテキトーに入れた」シロモノ。こやつで菊正宗を二合しばくと

最高だ。

あと、部屋の中にころがってた”ポンカン”をひとつ。
若いころは柑橘類なんか女子供のくいもんだと敬遠していたのに(皮剥くんが面倒くさいから)、今やその過程すら楽しい。

で、ネギとニラとポンカンの効能が強すぎたのか、とても酷い夢を見て目が覚めたら四時半だった。
寝なおすのもアレかと思い、そのまま弁当作って洗濯してちょっとダケ本読んでTVの天気予報にウンザリして

今日も始まる。

| | コメント (3)

2015/02/16

四十九日

”今日の練習は130キロ、途中登坂区間でちぎりあい”
”阪神高速の下で平地スプリントを何本か”
”バンクでポイントレースに出て早々に失格”
”沖縄のレースでほげほげ・・・”

という自転車一辺倒だった日記がいつのまにか山一色になり、ついには仏教カテゴリにまで及ぶとは、、、。
土曜日から小池さんの実家へ。前回同様に仏間を片付けて法事会場用にセッティングする。
結婚当初、長年団地暮らしの自分には信じられないほどの数の座布団やら湯呑茶碗やらのある家やのぉ~とその意味もわからずただただ驚きの連続だったが、それらが今まさに

フル活用。

そして場所を移動しての

004
会食。先日の法事の肉肉しさとは正反対の野菜・魚中心でとてもおいしかった。
ここでちょっと凄いと感じたシステムについて。
この地方だけかもしれないが、自宅に隣接する隣近所での助け合いの習慣が古くからあって、そのグループの中で祭事があったとすると、ボランティア+お祝い(または香典)で駆けつける。そして年に何度か開催される法事も同じく。そのたびに、お供えの手土産と香典を持っていくのだから、出費はかなりの額になるはず。

それがグループ内すべてにあるのだから、出したお金は結局形を変えて戻ってくるという。
小さなコミュニティの中で経済がうまく回っていることに、妙に感動してしまった。
ヒトが生きている限り、死ぬことはまぬがれない。そうするとそれにかかわる産業(寺、葬儀屋、墓石屋、お供え物を扱う商店、仏具屋)はよっぽどヘタを打たない限り、つぶれることはないんじゃないかな。

一通りのイベントが終わると、長らく床の間に飾ってあった位牌や戒名の掛け軸、飾り物を撤去。
家の中に、故人が亡くなる前の日常の風景が蘇った。なんとなくそれまでの謹慎ムードも解除。こうやって区切りをつけてゆくことで残された人は前へ進んでいくんだろう。

仏教って、けっこうやるやん。

小池さんが一泊していくというので、ローラーJDと二人で帰路へ。
150215_192838
思いつきで、大分風カラアゲ作って酒飲んだ。片栗粉もうちょっと入れてもよかったかな。

さぁ、遊ぶか!

| | コメント (4)

2015/02/15

スノーフライ

HPをぼんやり眺めていたらアウトレット価格になっていたとか、
今のテントも購入後すでに30泊以上使って十分モトは取っているだろうとか、
いろいろこじつけて。

002
ようやく、こんなものを買う日常がヒタヒタ来た。俺はやっぱりそーとーお気楽な人間なんだろうな、、、、。
料理の愛読書のひとつにケンタロウさんの「ないならないで あったらあったで」という本があるけど、この雪山用フライもまさに

”ないならないで あったらあったで”かもしれないと思ったり。

しかし手にした瞬間、予想をはるかに超える(?)質量にびつくり。まるまるテント一個余分に持つカンジ。

厳冬期用の登山靴も買った途端にいろいろあって一度も履いてない。歩くことはおろか、雪山の姿さえまともにまだ見てないのでそろそろいっちょうドカンと妄想中。

| | コメント (2)

2015/02/12

甲南バットレス

運動:ハイキング+家事いろいろ
飲酒:菊正宗の熱燗×3合

”アカシア尾根”なるバリエーションルート(?)の調査に六甲山へ。この里山に通いだして6,7年にもなるというのに、今だ未踏ルートがあるって凄いことだと思う。
かつて自転車の練習中にも気になるダートがあると21Cのタイヤであるにも関わらず、おかまいなしにズンズン突き進んで行った。茨木市の山奥に「地獄谷」というどっかで聞いたことのある名前のそれはそれはスーパーな林道があった。人知れずたたずむダートの先には何が待っているのか?どこへ通じる道なのか?そんなワクワク感を探し求めて走っていたが、今密かなブーム(?)の”グラベル”という自転車の楽しみ方が、当時からあったのだ。

柏原の”のどか村”など存在しなかった頃も、あのあたりはグラベルの宝庫だったのに、全部舗装してしまってな、勿体ない。

で、そのアカシア尾根をようやく発見。
001
クライミング風景もハッキリ見える場所に、その尾根はあったのさー。季節がくればあたり一面アカシアの花が咲き乱れるんだろうか、、、。

そのまま立ち飲みに行くのもどうかと思い直してズンズン先へ。
007
またもや”まだ見ぬ景色”がそこに広がっててビックリした。山の中にある池って、なにかこう神秘的で結構背筋がゾワゾワするもんやねー。妙な生き物を見ないように目をそらして通過。
ここで一つの考えが。

1920年当時の、甲南高校山岳部員によく登られたという岩が確かあったなと思い出す。先日いただいた地図にもその岩の事が掲載されていたのと、あと、最近は「忘れ去られたクライミングゲレンデ」という形容がされているので、果たしてその実態は?

ってことで
008
寄り道なぞしながら。この小高い山の上から見る神戸港も格別。まさに春の海っちゅうカンジ。
しかし、ここから行けども行けどもそれらしい分岐があらへん。自分より先輩とおぼしきハイカーに聞いても「?」な顔されるし。こりゃますます見ておかねばという気持ちになってきた。

あと10分ほどで住宅街に出るというあたりに、ネットで見覚えのある塩ビパイプ発見。
025
道は無いけど、山の斜面をよく見たら明らかに人の踏み跡っぽいのが続いてる。おまけに残置ロープも張ってある。しかし正直、このロープが無ければ相当苦戦する、、、、それほどに急斜面。おまけに足元の土がやわらかいし落ち葉の堆積凄いので、ここをロープや登攀具一式背負って登る自信無いかも。この日は丸腰だったのでなんとかイケたが、

次どうすっかな~。

で、そのボッロボロの斜面をひーこらいいながら登ると
013
突如、ものすごい威圧感のあるハング現る。

015
まったく登れるイメージの湧かんエグさ(じょうずな人には屁でもないんだろうなぁ)。

016
こーゆーふっるいハーケンを見ると、なにか宿ってそうでちょっときしょこ悪い。
結論として、いっぺんぐらいは登ってみてもいいけど、陰気なカンジだし岩が苔だらけだしで、あんまり気持ちのいい場所じゃないかな。

下山後は阪急岡本~JR摂津本山~阪神青木と駅をつないでしらみつぶしに歩いてみたが、
032

立ち飲み不毛の地だと分かった。


| | コメント (4)

2015/02/10

この前のラーメン

P1060529
先日の昼飯にぼんやり作った。それっぽい味がしたので科学の力はすごいなぁと思う反面、

P1060526
プロが作るものとは、当然別物。しかもインスタントのくせに手数の多いこと多い事。山に持っていくシロモノではないという結論。

で、今月の仕事の山をようやく越えつつある。”今月の”というテクストが表すように、この先もこの過酷な担務はマンスリーでやってくるのだ。あいかわらず蕁麻疹が消えないのも、こーゆーストレスが因子なんだろうなぁ。けど、仕方ないかな。
アウトドアメーカーからセールのメールが来たので自身生まれて初めてのダウンジャケットを購入。
暖かさに腰抜かすほど。世間のひとびとは、こんなすごい衣装を着ていたのかと驚きを隠しえない(なんで今頃、、、)。
鳥から羽をむしるなんて残酷すぎるという声も聴くが、ほんならアザラシの毛皮来てるその国の人たちどーやねん?とか南極探検の白瀬 矗は?植村直巳さんは?とか
いずれにしても、人間のエゴと欲望に善やら悪やらつきつめようとしやんでええと思うがどうやろう。

夜は、「すち子&真也」の漫才をYoutubeで見て、寝る。
ギター一本で社会に立ちはだかるさまざまな問題を解決しようとする姿勢に胸を打たれる日々だ。

| | コメント (0)

2015/02/09

岩と立ち飲み

”山と渓谷” ”Rock & Snow”

いずれ山ブームをけん引する雑誌の名前だが、この週末もノコノコ出かけて行き、

「クジラ岩」
017
離陸できず。。。

「屋根岩」
024
途中で力尽きる。。。

と、やはり1mmの進歩も感じられなかった。こんなに難しいスポーツもそうそう無いやろなというカンジ。

004
スグ横のハイキングコースには、こいつさっきから何をやっとんねん?てな熱い視線投げかけていくシニア軍団が。こっちは空中から照れ笑いを返すのみ。
意地になって思いっきり飛びついてぶら下がったら、肩のあたりから「ゴリ!」っと嫌な音が出たので早々に片付けて街へおりる。やっぱりもうちょっと温かくならんとクライミングは無理かもなー、、、てなことを思いつつ、

自宅の近所・徒歩圏内に7件ある立ち飲みを片っ端から塗りつぶそうという活動。
結論からいうと3勝7敗。
やはり酒屋併設の”角打ち”タイプの店は夕方5時からってところが殆ど。

夕方から月刊長男。
お袋に頼まれていた食材を買って様子を見に行く。のっけからなにやら会話がうまく噛みあわない。
とうとう認知症が始まったかと一瞬息をのんだが(ホンマに焦った)、前夜に医者から処方された強めの風邪薬と普段常飲している睡眠導入剤的なのを抱き合わせた挙句、本人も夢なのか現実なのかわからなくなったという。
「きのう、親戚のだれそれが家を掃除しにきてくれてな・・・(その親戚はすでに鬼籍に入ってる)」
とか。

もう、おかん、ビビらすなや~!!!!

そんな焦りまくりの週末。


| | コメント (7)

2015/02/06

熱い

P1060531
あまりの寒さで、昨夜の一人鍋はキムチごっそり投入。

汗だらだらかきもって食べる鍋はサイコーにウマイが、

昼間の会議がサイコーに「イケてなかった」。キムチ鍋で3リットルほど汗かいたが、サンドバッグになってるあいだに倍の6リットル汗かいた。もう人間アカンときは全部あかん。遠隔地の事業部とつなぐ会議のネット回線が途切れるわ会議アプリは落ちるわ容易した資料どこいったかわからんわ、、、。
そうなると説明もしどろもどろになるしボスたちの機嫌も急降下していくし、ああ叶うなら、いますぐここ(会議室)から消えてなくなりたいと思った三時間。

サラリーマンてほんま厳しい稼業やの~。

明日は元気だそう。元気だして岩にでもぶら下がりにいこう。

| | コメント (4)

2015/02/05

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ヒンドゥースクワット×2万回
飲酒:菊正宗の熱燗×三合

基礎知識が無いので、鍋にするか焼くかの二択しか知らない。
P1060534
気を付けていないと野菜はすぐにミイラ化させてしまうので、冷蔵庫の整頓を兼ねて手持ちの材料を庫出し。
思ったとおり、エノキなどギリギリセーフ

【before】
P1060535
なんとなく思いつきで本ダシの粉末をパラパラかけてみた。

P1060536
オーブントースターの天板に皿乗せて温めておく。オーブントースターって値段安いし長持ちするしで家電の中ではなかなか優秀な部類だと思う。

【after】
P1060537
友達と外食したりお菓子くったりが多いローラーJDがめずらしく家にいたので2個焼く。和風の粉末ダシにオリイブオイルってどうかな~と思ったけど、違和感なくてやれやれ。
でもなぁ、、、なんていうのか、どうしてこう見栄えが悪いのだ。わくわくしながらアルミホイルを開けたら中からなにやら得体のしれないモノが出てくるって、自分でもちょっと悲しい。
プロは出来上がりをあらかじめ想像しながら仕込むんだろうか?

まぁいいか。

少し前からヒンドゥースクワットを開始。自転車乗らなくなると足がメッキリ細くなり、筋力も低下。
片足スクワットができなくなっていて焦った。ボルダリングに行くと、片足だけで体重を持ち上げるシーンが時々あって、それがうまくできなくて困ったのでちょっとどうにかしようかと。


| | コメント (2)

2015/02/04



自分の年代だと「おにのように忙しいわ~」と言うけれど、ローラーJDの言葉を借りれば「クッソ・忙しい~」と言うらしい。「メッサ」も「ゴッサ」も最近は言わないのね、、、。

結局は自分の要領が悪いことにすべてが起因する忙しさの中、午後から市内某所でセミナーを受ける。

年々制約の多くなるWEBデザインやスマホのアプリケーション画面のアイデアに行き詰っていたので、なにか起爆剤的な話が聴ければと思って。
蓋をあけてみれば、講師陣はデザイン系の人ではなく人間工学が専門の人だったので、そっち方面から見たユーザビリティの話が出てとてもためになった。モノづくりって、見た目だけじゃやっぱりアカンのか、そうかナルホドなって。
講座のあとに参加者全員でワークショップ。架空の装置を紙の上で模擬して描くというお題。

ところが一緒の班になった人が自分以外全員デザインの人で、全員「絵がうまい」(当たり前か)。
落書きにしろなんにしろ、ササと鉛筆でなぞるだけでステキな空間を即座に作りやがっておっちゃんモー、ど~してええのやら。こっちは小1レベルの難解な絵をかいて徹底抗戦。

ローマ帝国時代に生まれてたら、自分なんぞの絵文字では全然意思が伝わらんかったやろなと。

てなことして遊んでるあいだにも、本業の締切でじつは手に汗が。

夜は一応の節分行事をあれこれ。
ところがだ、AEON野田阪神店の”恵方巻き”の品ぞろえのひどさにヘナヘナだ。

”大間のマグロ巻き”1150万円

”たらば蟹の表巻き”1500万円

だれが買うねん!ちゅう一品。それ以外にもご当地”お好み焼き巻き”だの”串カツ巻き”だのこの日のこの店舗のバイヤーは恐らく

悪い夢でも見てたんだろう。

普通の太巻きを買いたかったダケなのに。

| | コメント (2)

2015/02/02

下町ならでは

土曜日に巻き戻し日記。

フツーに起床してフツーに掃除・洗濯・出張移動の小池さんを新大阪まで車でおくる。何して遊ぼうかな~と考えるこの時間がたまらん。
こんなとき、30分たらずで行けるスキー場とかサーフィンできる海岸とか、輪行せずにMTBで走り回れる里山が近所にあったらなと無いモノねだりしてもキリが無い。

ママチャリの前かごに風呂セット一式を搭載して近所をうろつく午後三時。
009
幸いなことに(?)、自宅近隣には8件ほどの風呂屋が健在。まだ全部押さえてないけど、どこも個性的。

008
手書きふうの下駄箱がなかなかよい。
自分の流儀というかほとんどのおっちゃんはまず、湯船の「ヘリ」に座る。そして洗面器で湯船から湯をすくって豪快に全身にかけ湯する。心配イラン、なんぼすくても湯が枯渇することは無い。で、次はすかさず熱い方の湯船につかって”全身をびりびり”させる。

そして洗い場へ移動。

この日もそんなカンジで動いてたら、かけ湯するなり電気風呂に入る勇猛果敢な爺さん発見。しかもなんか小さい声で唸ってるし。「10万ボルト」という響きは、昭和の人間にとって憧れの単位である。1万じゃー物足りんが100万は嘘くさい。やはり男は

10万ボルト。

てなことを思いつつ、体もあろたし頭もあろたしで、スチームサウナへ。恐らく200度はあろうかと思うほどの高温多湿、、、。スーパー銭湯にあるような「なまっちょろいサウナ」とは大違い。そんな中でも微動だにしない即身仏のような爺さんがかなず一人や二人いるから

世の中まだまだわからん事だらけやのー。

フラッフラになりながら外へ出て自転車キコキコ漕いで帰る気持ちよさ。
こよいは、中からも温める作戦の日。
004
蓋にタオルをまくのは、水蒸気が落ちやんように。今更蒸し器を買ってもなぁ、、、欲しいけど。

あまり得意ではないが、茶わん蒸しを。
005
味はまずまずだが、限りなく液体に近い。卵けちったらアカン。


| | コメント (8)

2015/02/01

行きたいところへ行こう

仕事でひどい目にあったので、週末だけはなんとしても”やりたいようにやる”を貫かねばと思ったものの、寒波が凄いとTVのキャスターは連呼するので、どーしょーかなー、、、、てな週末。
奇しくも、今や近畿を代表する自転車イベントになってしまった「開催シクロクロス」の最終戦もあるという。
自転車にパタリと興味をなくして以来なんとも思わなかったけど、寝床の中で見たタブレットのニュースを見て、瞬間思ったことは

「行きたい場所には行っておけ、買いたいものは買っておけ、食べたいものは食べておけ、会いたい人には会っておけ」

という我ながららやや放漫な座右の銘(?)だが、道をラララと歩いていてもテロ組織に殺戮される時代。そんな理不尽な瞬間が来ても後悔しないように(これホンマ)と思って。
で、慣れない京阪電車に乗り、あてずっぽうで伏見稲荷駅から会場に向かって徒歩で。
010
途切れない、参加者の列とか

012
河川敷を埋め尽くしてもなお、あとからあとからやってくる選手の車、車、車。
ともあれ、疎遠になっていた知り合いの数人に会えたけど、自分の顔を見るなり一様にびっくりされた。
びっくりしたのはこっちも同じで、聞いた話では参加者800人超え。しかも若い女の子のエントリーが爆発的に増えていること。しかもほとんどのひとが専用のクロス車だったり。

011
ロードにはまずホボありえない車種がステキだったり。フレームやパーツやタイヤを自由にチョイスできて自分で改造する楽しみと、周回遅れになっても卑屈にならずにゴールを目指せるというスタンスは以前と変わっていなかった。

けど、このアウェー感はなんだろう、、、、。

なんでもかんでもだれでもどこでもシクロクロス、シクロクロス、シクロクロス。

自分はまだちょっと、、、いいかな。おっさんになるに従い、大勢で集まってワッセワッセやるイベントが、ちょっと苦手になっているのかも。そーゆー楽しさとか熱さは否定しないが、今の自分にはちょっとつらいなと

思って

2時間後には

023
山へ行った。

013
こっちの知り合いは、一瞥をくれただけで忙しそう。

019
相変わらずへたくそで全然上手く登れなかったけど、小雪が舞って、だれも居なくて、寒くて、寂しくて、

そんな岩の上で飲んだ魔法瓶の白湯がサイコーに美味かったなんてな、

おれ、変わってんのかな、、、、。

まぁ、いいや。


| | コメント (8)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »