« 消えゆくもの | トップページ | 自転車を触る »

2015/01/26

法事

仕事をさぼって遊びに行くときに使える日本固有のキーワードのひとつに「法事」がある。
(俺だけですけど、そんな悪人わ)。

それがもはや現実になったの巻。

この週末、天気予報は春のような陽気になるという。絶好の行楽日和になるという。雪山に出かければ雪面はキラキラ輝き紺碧の青空に吸い込まれるはずだと目の前にそびえる明峰・伊吹山を横目で見ながら

自身限界を超えた正座の痺れに耐えつつ坊さんの説法を聴くのだ。

お通夜->告別式->初七日とステージをクリアし、この週末は「三七日(さんなのか)」というイベント。読んで字のごとく亡くなってから21日目の法事(らしい)。あまり聞いた事がなかったけど、歴史と仏事を重んじる湖北の町ならではの行事なんだろうな、、、。
ともあれ前日から仏間のセッティング開始。部屋を掃除して座布団を並べ、仏壇の”各種装備”を磨く。
ビジターに高齢者が多いので、そーゆー人たちは正座できない。なので隣近所へ椅子を借りに行ったり。

当日はそれらの人たちに頂いたお供え物を手分けして、お持ち帰りセットを組み立てる。ほどなくして坊さんが来たので読経開始。
お経のはしばしには「阿耨多羅三藐三菩提・・・」とレインボーマン世代にはなじみ深い文言が。そのたびに、

インドの山奥で修行する姿が目に浮かんで仕方ない。

そうすると妄想が停まらなくなり、ダイバダッタには檀家がいたのか?とかどうやって生計を立てていたのか?とか正座の痺れのあいまあいまにいろいろ思いめぐらせてしまった。
てなことをやったあとは場所を近所の料亭にうつしてのお食事会へ。
なんとなく、法事といえば精進料理かなとイミも無く思っていたらば、目の前に繰り広げられたメニューはスバラシイさしの入ったギラギラした

近江牛のすき焼きだった。

いろいろあったが最後はグッタリ。

なにかに書いてあったが、故人は仏壇や写真や位牌に宿るわけではない。残った人が日々暮らしてゆくなかで、どこかへ旅行に行ったときや何かを食べたときにフト、ああ、あの人はこの景色の事をよく話していたなとか、この料理を食べるときはおもしろい癖があったなとか、そーゆーことを時々思い出して重ねていくことだと。
法事もたぶんそーゆー機会提供の場なんだろう。

けどやっぱりいろいろ大変。


|

« 消えゆくもの | トップページ | 自転車を触る »

コメント

こちらも実家で法事がありまして
会食は豪華、お坊さん主賓のハードな飲み会状態でした。

わたしはハンドルキーパーで飲めず、やはりアルコホルと縁遠いです。

投稿: 一歩 | 2015/01/26 10:15

お疲れ様です。
こういう場合田舎独特の珍事ごとわけ解りません。
無宗教で生きたいと思います。

投稿: ハム | 2015/01/26 10:51

●一歩アニキお疲れ様でした。こちらも高齢者多数の宴席でしたので「イザ!」というときのタメニ、ノンアル慣行しました。次はダレ?という空気が重かったです(汗。
●ハムにーさん、死ぬときは裸で手ぶらですね。

投稿: ローラーおとこ | 2015/01/26 13:10

いまさら後には引けないさ。
だからゆくのさ..人の道、ってやつですよね~( ̄∀ ̄)

投稿: initialtt | 2015/01/26 20:31

あにき、うちの親父も菩提寺の都合で真言宗で見送りまして…会社の先輩から「レインボーマン」を思い出してしまったよ!と参列の感想を頂きましたさ。
しかし…「愛の戦士レインボーマン」ってのが正式なのですね…
「愛の戦士」なんて言うと…以降、自主規制(汗)

投稿: bfz | 2015/01/26 20:57

あにきお疲れ様です。うちも来週末は三回忌です。一応お寺さんに位牌持って行ってお経上げてもらいますが、何せ主催者がワタクシなので簡素極まりなく執り行う段取りです。ただ、まあ、故人の思い出話でもできたらエエかなと。(年末、ブログのコメントの方にお知らせ頂いていたようで、大変失礼致しました。)

投稿: kiyo_g | 2015/01/27 09:51

● initialttアニキ、当時のヒーローのテーマソングはそろいもそろって中途半端に強いのか強くないのかのグダグダ感がサイコーですよねw
●ブラジャーbfz!レインボーマンの敵はもはや色恋沙汰だったのかもしれません汗。
●kiyo_gにーさん、法事ご苦労さまです。残る人間にとって負担にならないようにするのも、もしかすると故人の遺志かもしれませんね(と勝手な想像すんません!)。

投稿: ローラーおとこ | 2015/01/27 15:52

ロラアニキ
お疲れ様でした

卒塔婆の裏に喪主の名前=ワタシの名前が書いてあるのを見るたび、ゲゲゲに鬼太郎のセットになったような気分になりますね(笑)

投稿: KAZZ | 2015/01/29 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えゆくもの | トップページ | 自転車を触る »